臼杵石仏(大分県臼杵市)・1

f0364707_21400952.jpg

蓮畑の後はそこからほど近くの国宝、臼杵石仏へ。
ほぼ同じ場所にあるといってもいいくらいなので、テクテク歩いていけます。
どこにも日差しを遮るところがないので、この時期は日傘があればベターかと。
とーっても暑かったです。

でもここまで来たので絶対観る!(笑)



f0364707_21402359.jpg

石仏が鎮座するお堂がよく見えます。
全ての石仏にあんな風に屋根がつき雨風で風化してしまわないよう、守られています。




f0364707_21403655.jpg

受付です。
大人は540円。
階段や上り坂が多いようなので、足腰に自信のない人は、ご利益杖を借りられます。




f0364707_21405061.jpg

石仏の由来。
飛鳥後期から奈良時代!
なんという古さ・・・
しかもこれは個人で造られたもののようですね。
驚きです。
この一帯は、広大な寺院だったのですね。




f0364707_21410213.jpg



f0364707_21411674.jpg



f0364707_21413871.jpg



f0364707_21415691.jpg



f0364707_21430398.jpg



f0364707_21435979.jpg

観音の水、とかかれた看板の向こうに、下へ降りる階段があります。
そこを降りて行くと、「観音の水」があります。
飲用なので、中にお賽銭を投げ込まないよう注意書きがありました。



f0364707_21442928.jpg



f0364707_21451216.jpg

中に観音様の像がありました。
びっくりするほど冷たい水です。
底の方をよく見ると、少しずつ湧いてきているのがわかります。
ここで手と口をお浄めして石仏の方へ。




f0364707_21454481.jpg



f0364707_21463229.jpg

阿弥陀様の像が並んでいます。

堂内に入った瞬間、風が変わりました!
ヒンヤリとした風がヒューーッと。



f0364707_21475241.jpg



f0364707_21490829.jpg



f0364707_21494713.jpg



f0364707_21501709.jpg

ロウソクとお香を立てたのですが、結構風が強くてロウソクの火がすぐに消えてしまい、結局お香だけになってしまいました。




f0364707_21505943.jpg



f0364707_21513892.jpg

お地蔵様です。


f0364707_21520949.jpg

これは驚きました。
細工もくっきり、そして色がはっきり残っているのです。
思わず「わあ~」と声をあげてしまいました。
地蔵菩薩の半跏像なんてあまり見かけません。
珍しいです。




f0364707_21525399.jpg




f0364707_21532624.jpg

欠けてしまっていますが、両側を菩薩様に囲まれた如来像です。
真ん中が大日如来、右が釈迦如来、左が阿弥陀如来。
下の穴は何だろう、と思ったのですが、もしかしたらお香やお供え物を入れる場所だったのかも。




f0364707_21540309.jpg



f0364707_21551266.jpg

こちらも座っているのは如来様たちですが、左はお薬師様です。
不思議と親しみを感じます。




f0364707_21554840.jpg



f0364707_21562409.jpg


石仏だけではなく、鳥居などもところどころで見かけたので、散策すれば他の史跡を見ることもできると思います。
とりあえず、順路通りにテクテクと。
最後は、絵葉書やパンフレットなどでお馴染みの、あの石仏です。



臼杵石仏


[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-15 23:22 | お寺巡り