郷膳うさ味(大分県臼杵市)・1

f0364707_09212812.jpg

蓮の花と国宝石仏をしっかりと拝覧した後は、石仏観光センターへ。
その中にある「郷膳うさ味」さんで、今回の一番の目的である蓮料理を戴きます。
センターの横の小川がとても良い雰囲気です。

草だらけに見えますが、ちゃんとお手入れされ、草花も考えて植えられていることがわかります。




f0364707_09215355.jpg

まだ予約時間には早かったので、少しここで休憩。


その後、お店へ向かいます。
観光センターに入ると、蓮料理の予約の人は二階の大広間へ。



f0364707_09221544.jpg

通常は普通の広間なのでしょうけど、布と衝立で仕切りがしてありました。
まるで廊下があって、左右が個室、という感じ。
センスが良いですね。
布がユラユラと揺れているので圧迫感がなく、涼し気でリラックスできます。



f0364707_09223286.jpg



f0364707_09225419.jpg



f0364707_09230489.jpg



f0364707_09233158.jpg

席につくと、蓮のくき茶が出てきました。
すごい独特の香りです。
苦手な人もいるかもしれません。




f0364707_09234435.jpg

献立表です。イラストが可愛い~~
この品の良さ。
外から見ただけでは、まさかこんな普通の観光センターで、こんな雰囲気を味わえるとは想像もできません。




f0364707_09240160.jpg

氷室豆腐、新生姜とレモンと青梅のスパークリング。

ど~んと広がった蓮の葉っぱが圧巻。
その上に寒天で覆われたお豆腐が乗っています。
上からは生姜の餡がかけてあります。
まるで蓮の葉の上を転がる水滴のようですね。
とてもキレイです。

蓮の葉っぱはすぐに周りがクルクルと丸まってくるそうなのです。
開いた葉の上でお料理をいただけるのはほんの短い時間だけです。
贅沢です。



f0364707_09241348.jpg



f0364707_09242361.jpg

蓮の葉入りのスパークリング。
ストローは蓮の茎です。



f0364707_09243408.jpg

蓮の茎からチューッと飲むのです!
楽しすぎる!




f0364707_09244698.jpg

六種の野菜の小箱。
サイズがピッタリ。

f0364707_09245814.jpg

パプリカが湯剥きされていたのに驚きました。
そうすると味が染みやすいですね。
パリパリとした食感はなくなりますが、柔らかくて美味しいです。




f0364707_09250741.jpg

そら豆の重ね煮スープ。

重ね煮は野菜だけでも十分旨味が引き出せる独特の作り方です。
味付けは塩のみ、とのことでしたが、旨味が凝縮されているので塩だけでも驚くほど美味しいです。

こちらは食養生の観点からもお料理を作られているのかな・・?




f0364707_09253278.jpg

竹のスプーンが気に入りました(笑)。




f0364707_09255231.jpg

お水は蓮の花びら入り。
これも香りが移りますが、くき茶よりは柔らかいので飲みやすいです。


郷膳うさ味・2







[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-16 10:01 | そとごはん