f0364707_09034859.jpg
かみさまがすまう森のアート展/御船山楽園・1



「神様の御前なる岩に憑依する滝」というタイトル。

なんにもない真っ暗な空間から滝が流れ落ちてくる様子に見入っていました。




f0364707_09044899.jpg



f0364707_09050805.jpg

岩を流れる水。




f0364707_09053034.jpg



f0364707_09054942.jpg

ちょうど岩の後方に祠。
神様の御前なる岩、でした。




f0364707_09071567.jpg

大きな岩に鮮やかな色の魚たちが泳ぎ回っています。




f0364707_09073438.jpg

まるで宇宙のようです。





f0364707_09075811.jpg

順路を進んでいくと、建物の中に入りました。
外の蒸し暑さから一転した涼しさ~~~
室内ですから、冷房がしっかり効いていました。

今はもう使われていない、旧大浴場だそうです。
そこで、色とりどりの生き物たちが空間いっぱいに動き回っています。
これは、お客さんたちが描いた絵。
生きているようです。
自分の描いた生き物を探すのも楽しいでしょうね。




f0364707_09081676.jpg



f0364707_09083835.jpg



f0364707_09091207.jpg


廃墟となっている浴場の古びた壁や床が、今は鮮やかです。




f0364707_09100915.jpg

外に出ると周囲はこんな感じ。




f0364707_09102756.jpg

室内の鮮やかさとは対称的ですね。




f0364707_09115669.jpg



f0364707_09150744.jpg

壁掛け様式の竹灯籠。



f0364707_09151668.jpg

一か所で長居したつもりはなかったのですが、全部は回れませんでした。
チームラボのサイトでも、全部の写真が上がっているわけではありませんので、残念です。


そして、とにかく暑い!!
いくら夜とはいえ、真夏に行くのはちょっと厳しいかもしれません。
もう少し涼しくなってからがいいですね。





チームラボ「かみさまがすまう森のアート展」




[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-23 11:52 | 自然・散策

f0364707_08522829.jpg
佐賀県武雄市の御船山楽園にて、資生堂presentsチームラボ かみさまがすまう森のアート展が開催されています。
(7月14日~10月9日)
昨日の22日、行ってきました。
(後々考えたら、こんなに暑いときに行かなくても、10月までやん!)

武雄の街全体でライトアップのイベントが行われていて、同時期に武雄神社、大楠、図書館、武雄温泉楼門などが照らされています。
武雄のあかり展
その中でも御船山楽園はプロジェクションマッピング様式になっていて、かなりの規模。
広い敷地全体に展開されています。
去年はわずか1作品だったのが、今年は14作品も展示されています。
(資生堂presentsになったから?)



f0364707_08525486.jpg

武雄には何度か来ているのに、ここは初めてです。
昼間の様子は全然知りません。
紅葉の時期にあちこちのSNSで写真が投稿されているのを見たことがあるだけ。
武雄に来る目的と言えば、いつも武雄神社の大楠ですしね(笑)。





f0364707_08552606.jpg

入場料は大人1600円。
(ちょっと悩む金額です)
入って少し歩くと大きな池が見えてきました。
水面に蓮の葉が写り、鯉が泳いでいます。




f0364707_08542970.jpg

しばらく見ていると、船頭さんが船をこぎだしました。
静かに中央へ出てきます。
鯉や蓮などの動きは設定されているのではなく、この櫂や船の動きに反応して動くのだとか。
そんなことが出来るのですねー!
まるで生きているみたい。
(量子学的には有り?)





f0364707_08545214.jpg

ゆっくりと泳いでいた鯉の数がだんだん増えていき、船のところに集まってきたあと、水面は一転。



f0364707_08564267.jpg

魚たちに導かれるように光の帯が。




f0364707_08570398.jpg



f0364707_08572884.jpg



f0364707_08575153.jpg



f0364707_08580888.jpg

実際はもっとキレイでした。
iPhoneカメラではこれが限界・・・





f0364707_08585816.jpg

ところどころにスタッフが立ち、順路を説明してくれています。
危なくないよう、足元もしっかりと照らされています。




f0364707_08592251.jpg



f0364707_08594187.jpg

光によって次々に表情を変えていく木々。





f0364707_09000113.jpg



f0364707_09002315.jpg



f0364707_09004358.jpg



f0364707_09105175.jpg

山を背景に広がるツツジたち。
光の動きがとても幻想的でした。




f0364707_09022242.jpg



f0364707_09030697.jpg



f0364707_09032424.jpg



f0364707_09111154.jpg




f0364707_09145968.jpg

竹灯籠もありました。




かみさまがすまう森のアート展/御船山楽園・2


チームラボ「かみさまがすまう森のアート展」







[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-23 10:28 | 自然・散策

f0364707_23053654.jpg
射手引神社の宮移り・1



いよいよ、上の階段での舞です。
私は中段のところで観ていましたので、ここからは上を見上げる形になります。
下から観るのも迫力があります。




f0364707_23070601.jpg



f0364707_23082178.jpg

2組目の獅子たちが中段へ上がってきました。
こちらも力いっぱい舞っています。





f0364707_23093554.jpg

この2組がどう違うのか、よくわかりません。
舞いの一部が少しだけ違っているような気もしたのですが・・・
気のせいかも。

こちらの獅子頭には鈴がつけてあり、振ると音が鳴ります。
が!振らないと鳴らないので、しっかり振っているかどうかが丸わかり。
それはそれは叱咤激励の言葉が飛んでいましたよ~~~




f0364707_23101570.jpg



f0364707_23105567.jpg

こちらの組も上の階段へ。




f0364707_23133968.jpg

獅子舞について、参拝客も階段を上っていきます。




f0364707_23142351.jpg



f0364707_23145838.jpg

無事到着。


けれど残念ながらここでタイムリミットでした。
この先を観ないまま帰らなければならず、とても残念でした。
今回、階段を上りきるまでが約1時間。
長いと思っていましたが、あっという間に感じました。
上では神殿に入るまでずっと舞が続けられるのでしょう。

あ~~~ 来年こそは最後まで観たいです!!



射手引神社




[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-21 23:10 | お祭り

f0364707_22370521.jpg

嘉麻市上山田にある、射手引神社。
3日間の祇園祭の最終日に、「宮移り」という神事があります。
祇園祭の間に地域を獅子舞が回りますが、最後の日に神殿に帰らなければなりません。
地域にすっかり馴染んだ雌獅子は、神殿に帰るのを嫌がり、戻ろうとします。
早く帰りたい雄獅子は、雌獅子を宥めたり、励ましたり、叱咤したりしながら神殿へ連れて帰ろうとする舞が「宮移り」。
130段ある参道の階段を、約2時間かけて舞いながら上るのです。

一度見たいと思っていたので、この日は楽しみにしていました。




f0364707_22375870.jpg


階段・・・
参拝のときに普通に上っても、フ~~ッと言いたくなるほどなのに、これを舞いながら・・・?
凄いです。



f0364707_22385454.jpg



f0364707_22432166.jpg

午後8時から開始。
境内はすっかり暗くなっていました。




f0364707_22425221.jpg

拝殿にお参りします。




f0364707_22454447.jpg

獅子が2組。
最初の組は白装束、次の組は雄獅子雌獅子の衣装をつけています。




f0364707_22464125.jpg

かがり火が焚かれ、舞が始まりました。
お囃子は獅子より上の方で見守りながら演奏します。
急な階段なので、舞い手のすぐ後ろには次に交代する舞い手がピッタリ待機し、サポートしています。

獅子舞といえば、地元のおくんちの舞しかしらないのですが、獅子頭はかなりの重さ。
きっとこの獅子も同じように重いのでしょう。
それを高々とかかげ、振りながらの演技です。
しかも、嫌がる雌獅子を宥めるとかいうんですから、スローペース・・・




f0364707_22481543.jpg



f0364707_22493007.jpg



f0364707_22500707.jpg

徐々に上ってきています。
もうすぐだよ~~~




f0364707_22504183.jpg



f0364707_22522380.jpg



f0364707_22533107.jpg



f0364707_22542863.jpg



f0364707_22551774.jpg

中段に到着。
ホッとしたのもつかの間、ここから先は今度は神殿へ向かう階段になります。




f0364707_22555823.jpg



f0364707_22565830.jpg



f0364707_22575028.jpg



f0364707_22583536.jpg



f0364707_22591628.jpg



f0364707_23002249.jpg



f0364707_23011265.jpg



f0364707_22493973.jpg

迫力です。
まわりからは、「振らんか!!」「辛抱しろ!!」などの掛け声が飛びます。
静かだと、年長者から「声出せ!声!!」と叱咤激励。
きっとこの掛け声も昔からの伝統なのでしょうね。

こういうことって今のご時世、少なくなってきましたよね。
地域の中でビシバシ鍛えられるということはとてもいい経験になると思います。
(ふと、こういう感慨に浸るところが、年を取ったなーと思うところ(笑)




f0364707_23023463.jpg



f0364707_22505660.jpg



f0364707_23041595.jpg


言葉にできない感動があります。




f0364707_23045599.jpg

さあ、いよいよこれを上ると境内です。

ガンバレー!



失礼ながら、HPがあるとは思いませんでした・・・(;´▽`A``
射手引神社



射手引神社の宮移り・2



[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-21 22:43 | お祭り

f0364707_14420561.jpg

添田町にある、中元寺の薬師如来。
福岡県の有形文化財です。
去年一度訪問して以来ご無沙汰していて、やっと今日は二度目の参拝です。
中元寺と言ってもお寺があるわけではなく、地名。
そこに小さな薬師堂があり、薬師如来像と、十二神将像がお祀りされています。
薬師堂までは案内板に沿って真っすぐ行くと迷うことなく到着。




f0364707_14422705.jpg

ここ、駐車場がすごく広いのです。
え・・・いったい何のためのスペースですか???と疑問に思うほどの広さです。
だって、薬師堂は・・・



f0364707_14424564.jpg

こんな感じなんですから。

思わず、お堂と駐車場を見比べてしまいます(笑)。

でも周りにかかっている幟をみると、お札所になっているようです。
巡拝の時期になると、巡礼の方々がたくさん参拝に来られるのかもしれませんね。




f0364707_14430577.jpg

可愛いサイズの石灯籠。




f0364707_14432477.jpg

薬師堂。



f0364707_14434468.jpg

手水鉢がありますが、お水は入っていません。




f0364707_14440131.jpg

記帳所がありました。
なんの記帳なのでしょう。




f0364707_14442355.jpg



f0364707_14472031.jpg

お堂は施錠されておらず、誰でも自由に入ってお参りができるようになっています。
実はここに安置されてある十二神将像は、2013年に3体が盗難に合いました。
こんな風に常に開放されているからです。
それなのに、地域の信仰のために、いまだ施錠はされていません。
凄いですね。




f0364707_14450761.jpg

薬師如来を囲んで十二神将像(今は9体のみ)が並んでいます。




f0364707_14452902.jpg

独特のお顔のお薬師様。
なんとも優しげで、いつまでも見つめていたくなる表情です。

盗んだ人は、このお薬師様のお顔を、どんな気持ちで眺めていたのでしょう。
悔いることはあったのでしょうか。
そう願います。




f0364707_14455840.jpg



f0364707_14461985.jpg



f0364707_14463837.jpg



f0364707_14465872.jpg



f0364707_14444621.jpg



f0364707_14474718.jpg

お札所なので御朱印があるかな、と思ったのですが、それらしきものはなく、祭壇に護符が積まれてありました。
希望者は、300円をお賽銭箱に入れてください、とのこと。
拝見すると、薬師堂の印が捺されてありました。
これを戴いたら、来年は返納しないといけないのかな?
でもずっと御守りを持ち続けている人もいますしね。
結局、戴いてきました。

山と田んぼに囲まれたところに、ぽつんとある薬師堂。
でも、とても大事にされているのがわかります。
こういう静かな信仰っていいですね。



中元寺の薬師如来




[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-19 15:19 | お寺巡り