カテゴリ:温泉巡り( 1 )

f0364707_23174493.jpg

杖立温泉の観音岩温泉。
くまモンが出迎えてくれています。

ここはすべて個室の家族風呂です。
一人で来るとちょっとお値段が張りますが、何人かで来るとリーズナブルですね。
お部屋もそれぞれ趣向が違うようです。



f0364707_23180174.jpg

天然温泉100%!
この日は遅めの受付だったので、お客さんの姿はほとんど見えず・・・
シーンとして貸し切りのような雰囲気でした。

平日一時間。
土日祝は六十分。

・・・え?
結局同じってこと?(笑)


f0364707_23181522.jpg

この鄙びた感じがいい雰囲気です。
今風のオシャレなところもいいですが、どちらかというとこんな雰囲気が好き。
年齢を重ねるにつれて、自分の本来の好みが形作られてくるみたいです。


f0364707_23183318.jpg


廊下に沿って設置されている家族風呂。
観音岩温泉は川沿いに個室が並んでいるのです。
反対側の道から見ると、ゆけむりの中ぼんやりとした家族風呂の明りが川岸に並んでいて不思議な雰囲気です。



f0364707_23185691.jpg


7番、檜の湯。
この雰囲気!見ただけで胸がキューンとします(笑)。



f0364707_23191558.jpg


脱衣スペースです。
まるで鏡台さながらに存在していますが、実は脱いだ服を仕舞うためのものです。
引き出しは2つあるのに椅子は1つ・・・
身支度は一人ずつ交代で??(笑)

でも畳の感じがすごくいいので細かいことは気にしない。




f0364707_23192747.jpg



f0364707_23193860.jpg


メタケイ酸の湯。
私もそれなりになるのでしょうか~~~。



f0364707_23200235.jpg


檜のお風呂。
左右で深さが違っています。
右が浅めなので体を横たえて浸かることができます。
湯温はかなり熱め。
そなえつけのシャワーから水を出し、しばらく足していました。
そうしないと入れないくらいです。



f0364707_23201725.jpg


この個室は天井の窓が開いて露天になるのです。
壁についているスイッチを押すと開きます。
浴室の電気を消してみましたが、湯気がすごくてお月様もボンヤリ。
徐々に目が慣れてくると星も見えてきました。
でも写真にはお月様だけ。
この日は半月でした。


f0364707_23210510.jpg


よーーく見ないと何が何だか・・・ですね。
半月お月様だけは意外にクッキリ写りました。

晴れた日の昼間も気持ちいいでしょうね。



f0364707_23212000.jpg


観音岩温泉ですから、ちゃんと観音様が鎮座しておられました。
湯かけ観音様だそうです。
私も柄杓でお湯をかけさせていただきました。

月見風呂をしっかり堪能しました。
雪が降る日は雪見風呂もできるのでしょうか。
ここまで来るのが大変かも・・・
杖立温泉街の雰囲気も大好きです。
以前、旅館に泊まりましたが、お客さんがとても少なかったです。
前は外国の方もたくさん来られていたそうなのですが、震災以来すっかり減ってしまったとか。
直後はしばらく「自粛」という言葉が飛びかって、何をするにも積極的にやれない状況がありました。
遊びにいくにも「自粛」・・・
けれど、被災地にとってはそれはプラスにはならないことに気づきました。
遊びに行って現地のものをお土産に買ったり、現地の美味しいものを食べたりすることで経済効果が上がります。
それも立派な支援だと思います。
自分のできることをやればいいのです。
それが楽しければ尚良し(笑)。

それから、東北のことも忘れません。
東北の一番の被災地では、立ち入ることも、その場でCMを作ることも、その場の食材をいただくことすら、
場合によってはスムーズにできません。
個人の力で出来ることが、更に限られてきます。
自分の周りにアンテナを張って、できそうなことをキャッチする・・・
東北から遠く離れた今、私はそうやって些細なことでも続けていこうと思っています。

杖立温泉から東北の話題になってしまいました。
ま、被災地つながりってことで(笑)。




観音岩温泉

[PR]
by dawn1225aki | 2017-04-03 23:30 | 温泉巡り