七ツ釜(唐津市呼子町)

f0364707_22075070.jpg

朝市の後は、マリンパル呼子へ。
遊覧船、くじらのジーラかイカ丸か迷ったのですが、国の天然記念物である七ツ釜が見たかったのでイカ丸に。

遊覧船大好きなのでワクワク♪




f0364707_22123589.jpg

イカ丸乗車券 大人1600円。
ジーラは2100円でした。

なんだか色覚検査のときの用紙みたいな看板。




f0364707_22254189.jpg

イカ丸船内。




f0364707_22082939.jpg



f0364707_22094297.jpg

生憎外は曇り。
晴れた日は空と海がとてもキレイだそうです。

呼子大橋が見えます。




f0364707_22101241.jpg

くじらのジーラ。
こちらは船底が深く、海中で泳ぐ魚を見ることができます。





f0364707_22105822.jpg

窓のすぐそばまで波しぶき。
窓は自由に開け閉めができますが、濡れないように注意が必要です。(自己責任)





f0364707_22112641.jpg



f0364707_22133388.jpg

いよいよ自然の作った神秘的な洞窟、七ツ釜です。




f0364707_22143138.jpg

この独特の岩肌。
玄武岩が荒波で削られ、このような柱状節理になっています。





f0364707_22145948.jpg

直視していると何か別物のように見えてきますね。




f0364707_22153434.jpg



f0364707_22155723.jpg



f0364707_22173973.jpg



f0364707_22180745.jpg

自然の造形って凄い。
ただただ圧倒されて見つめるだけです。
(写真も撮ったけど)




f0364707_22184263.jpg

七ツ釜。
七つの窯が並んでいるように見える海食洞です。





f0364707_22191141.jpg



f0364707_22193605.jpg

見る角度によって表情がどんどん変わっていきますね。




f0364707_22195792.jpg

船はどんどん接近。
帆先を中の方まで入れて停泊してくれます。





f0364707_22201928.jpg

岩肌を目の前で見ることができました。
迫力ありすぎて・・・・




f0364707_22203714.jpg

怖いくらいです。




f0364707_22205617.jpg

f0364707_22211726.jpg

簡単に削れそうな岩には見えない。
こんなに侵食されるまでにどのくらい膨大な年月がかかったことか。





f0364707_22220217.jpg

少しずつ離れていきます。

一番端の洞窟は開通していて、向こう側の光が見えるそうです。





f0364707_22224730.jpg

見えました!!
開通してる~~!!(/・ω・)/





f0364707_22232324.jpg

このときはまだスピードを落としてくれているので、前方の甲板に出て撮影することができます。
酔いやすい人は厳しいかも。
かなり揺れますので。




f0364707_22234533.jpg

船でないと見ることができない七ツ釜。
乗って良かったです。




f0364707_22240613.jpg

もとのマリンパル呼子へ。

イカの壁画が可愛い。
(まさか呼子町のマーク!?)




f0364707_22242554.jpg



f0364707_22245331.jpg

40分の回遊時間でしたが、あっという間でした。
(ジーラも40分)

海は浄化作用がとても強く、潮風にあたるだけでも色々なものが排出されていきます。
こうやって波しぶきに当たり、海風に吹かれ、そして自然の驚異的な造形を見る・・・
きっと身体中が大喜びしていますね!







[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-11 22:47 | 自然・散策

f0364707_21422075.jpg

2017年9月4日。呼子朝市。
チェックアウトしてすぐに出発。
9時45分頃に着きました。

朝市はもっと早くからでしょうけれど、まだやっているはず。
呼子にはむかーーーーし、一度だけ来たことがあります。
そのときはイカを食べるために来たのでそれだけが目的でした(笑)。
お店の記憶しかありませ~ん。




f0364707_21424463.jpg

朝市通りのすぐそばに駐車場がありますのでとても便利。
漁港の様子です。




f0364707_21425692.jpg

マリンパル呼子。
くじらのジーラが停まっています。
朝市の後、イカ丸の方に乗りました。




f0364707_21430795.jpg

呼子朝市、のぼり旗。
日本三大朝市だそう。
あとの二つは勝浦朝市と輪島朝市。
ところが調べてみると、飛騨高山朝市もあり、どれが正しいのかわかりません。
まぁ、たくさんあっても客側としては楽しいのでOK(笑)。





f0364707_21432188.jpg

朝市通り。
この日は月曜で、時間も遅かったためか人通りが少なかったです。
それが幸いして買い物もスムーズ。

おばちゃんたちからずーーっと声をかけられました。





f0364707_21433080.jpg

朝市通りのマンホール。
歓迎されています!




f0364707_21434028.jpg



f0364707_21435203.jpg


市場だけではなく、史跡もありました。
チラッと見てくればよかった。




f0364707_21440359.jpg

今朝捕れたという、お魚たち。
すごーくサービスしてくれました。

我が家は人数が少ないので3匹くらいで、と買うと、「本当は1000円以上の人にしか付けないんだけど」と保冷バッグをつけてくれました。
そんなこと言われたら「じゃあ1000円分買う!」となってしまい・・・
それにさらにオマケのお魚をどんどん付けてくれたので結局何匹になったんだろ・・・(^^;
おばちゃんたちは売り上手です。




f0364707_21441459.jpg

味見していって~~と声をかけられ、ついついパクリ。
お店によって味が違うのです。
こちらのお味は好みでした。




f0364707_21442504.jpg

そしてやっぱりこれです。イカ。
イカも並べてみると色々種類があるのですね。
この日はあまり捕れなかったとのこと。
このところ不漁なのだそうです。

後で活け造りを食べましたが、イカが少なく早い時間で終わるお店がいくつもありました。


次は新月明けを狙って行きます!







[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-11 22:04 | 自然・散策

f0364707_20221980.jpg

2017年9月3日。蕨野の棚田。

「銀乃湯」さんにチェックインしたあと、こちらの棚田を見に行ってきました。
本当は大浦の棚田の夕陽がとてもキレイだということだったので、そちらに行く予定だったのですが、宿からかなり時間がかかり、夕食の時間までに間に合わなかったのです。
お宿の方に、この辺で他にお勧めの場所はありますか?と尋ねると、蕨野の棚田を教えてくださいました。




f0364707_20225289.jpg

夕陽とは逆の方向に向いているので夕焼け空とのコラボは残念ながら無理。




f0364707_20230607.jpg

緑の階段を楽しみました。




f0364707_20231431.jpg



f0364707_20232620.jpg



f0364707_20233666.jpg

あんな上の方まで田んぼがあるのです。
凄いです。




f0364707_20234869.jpg

山の多い地域ならではの田んぼの姿ですね。
こうやって貴重な土地を無駄にしないように、丁寧にお米が作られてきたのです。
こんな風景を見ると、お米の大事さをひしひしと感じます。
お米には八十八の神様がいる、とか、お米は八十八回もの人の手が入って作られた、とか言われます。
八十八と言うのはそのままの数ではなく、八百万の神、などと同じような意味で、とてもたくさんの数を表現しています。
それも理解できる気がします。





f0364707_20235699.jpg



f0364707_20240812.jpg

見たかった夕焼けはこんな感じ。
山の向こうに沈んでしまいます。




f0364707_20251160.jpg



f0364707_20252237.jpg



f0364707_20253142.jpg

ところどころにこうした看板が立っています。
持ち主のお名前なのでしょうか。

夕陽は逆向きで見られませんでしたが、豊かな緑が目の前いっぱいに広がって、のびやかな気持ちになりました。
もう少ししたら黄金色の階段になるのですね~。



蕨野の棚田







[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-11 21:39 | 自然・散策

f0364707_23024823.jpg
真玉海岸・1



じわじわと再び顔を出し始めたお日様。




f0364707_23032005.jpg

干潟のリフレクションもキレイです。




f0364707_23034134.jpg



f0364707_23040010.jpg

あ~!この程度にしか撮れないのが残念!




f0364707_23041584.jpg



f0364707_23044197.jpg

18時を過ぎた頃、再び雲の中へ隠れたお日様。
この状態ですからもう無理だろうと。
ただ、もう少し上の方の雲が、焼けてくれるかもしれません。
そう思って、もうしばらく待ちました。






f0364707_23045602.jpg

すると!

またしても雲から出てきてくれました。

感激!



f0364707_23054079.jpg

じわじわと全貌を表してくるお日様。
雲があるのではっきりと円形に見えています。




f0364707_23055529.jpg



f0364707_23060975.jpg

顔を出しました。
まんまる。

実際はこんな色ではなく、真っ赤な円でした。
カメラでは写りません。




f0364707_23062650.jpg



f0364707_23071307.jpg



f0364707_23073782.jpg

これから沈み始めます。




f0364707_23080816.jpg

沈んでいく様子もしっかりと見ることができました。




f0364707_23083502.jpg

夕陽のそばに立っている2人のシルエットが絵になります。




f0364707_23085114.jpg



f0364707_23091054.jpg



f0364707_23093324.jpg



f0364707_23094678.jpg



f0364707_23100234.jpg

沈みました。
干潟に赤い雲が映っています。

18時26分。




f0364707_23100902.jpg



f0364707_23102352.jpg

夕焼雲がキレイでした。




f0364707_23104028.jpg



f0364707_23104885.jpg



f0364707_23105650.jpg

もうダメかと思っていましたが、くっきりと沈む姿が見え、本当に幸運でした。
こんなところがあったのですね。

知らないということは、存在しないのと同じ。

私の中ではこの場所は昨日まで存在していませんでした。
でも今日から生き生きと存在し始めます。
なんて素晴らしいのでしょう。

雲がないときの様子もぜひ見てみたいです。









[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-09 23:40 | 自然・散策

f0364707_22555629.jpg

大分県豊後高田市の真玉海岸に行ってきました。
ここは、日本一の夕陽が観られる海岸として有名だそうです。
干潮と日の入りが重なる晴れた日に、干潟に沈む夕陽が見られます。

iPhoneでどこまで撮れるかわかりませんが、とにかく見てみたい!(笑)




f0364707_22561565.jpg

干潟が一望できる場所に、海の家のような施設が立っています。
(海の家かも)
シャワーの設備もあるようです。




f0364707_22563105.jpg


リズミカルなBGMがずーっと鳴り響いていました。




f0364707_22570101.jpg

車から降りてすぐに見た光景がこれ。

干潟に残る海水が太陽に照らされてとてもキレイです。
眩しい~~。




f0364707_22572241.jpg

潮干狩りもできるみたいです。




f0364707_22574724.jpg

砂地の上では小さなカニが所せましと動き回っていました。




f0364707_22580490.jpg

16時半頃。

ちなみに日の入りは18時半です。





f0364707_22583907.jpg

風景はとても美しいけれど、とにかく暑い!
やっぱり海は日差しが強いですね。
ジリジリと焼き付けられる感じでした。





f0364707_22585373.jpg

波の模様。
その合間隙間をカニがウロウロ・・・




f0364707_22592006.jpg


セメントの段ができていますが、既に三脚を持ったカメラマンさんたちが陣取っていました。
凄い一眼レフを持ったおじさんが、「逆光だから難しいでしょ」と声をかけてこられましたが、そちらとは違い所詮スマホ撮影です。
スマホですから~、と言うと、「スマホの方がどうかしたらキレイに写る」と仰るではないですか。
いやいや、まさか~~
「コンデジよりよっぽどいいよ~。今は500円くらいでいいアプリもあるからね」と。

く、詳しい・・・

いっそそのオジサマもスマホで撮ればいいのに。

ていうか、感性のある方は、コンデジでも一眼レフでもスマホでも、上手に撮影できるんですよね。
(要は才能)




f0364707_22594528.jpg

凡人の私はこの程度で我慢です。




f0364707_23000396.jpg

サーフボードが置いてありました。
満潮時はサーフィンする人もいるんでしょうね。




f0364707_23001995.jpg



f0364707_23011037.jpg

この時はまだお日様が顔を出していましたが、下の方の雲がかなり厚い感じでした。
17時半を過ぎたころには沈んでいくお日様がすっかり雲に隠れてしまい・・・




f0364707_23014125.jpg

見えなくなってしまいました。

雲が流れていくのを期待していましたが、なかなか流れずそのまま。




f0364707_23020496.jpg

夕陽は無理かもしれないなーとあきらめかけていました。
それでもせめて18時半の日の入りまでは、と待つことに。


すると・・・




f0364707_23022075.jpg

50分近くになると、雲間から光が!

もしかしたらちょっとは日差しが見えるかも。

期待は高まります。



真玉海岸・2へ



[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-09 23:17 | 自然・散策

f0364707_21564426.jpg

広い農園いちめんにひまわりを植えて、毎年無料公開している熊ヶ畑のひまわりファームです。
今年初めて行ってきました。
夕方の斜光の中、ひまわりが群生しています。
すごい迫力。

入り口からは後ろ向きしか見えませんが。




f0364707_21570267.jpg

山の上にお月様も出ています。




f0364707_21571964.jpg



f0364707_21573754.jpg

随分、上の方まで上がっていって振り返ると、やっとこっちを向いてくれた!(笑)


・・・でも逆光。




f0364707_21575488.jpg



f0364707_21581315.jpg



f0364707_21585866.jpg

視線を感じる・・・・(笑)

ひまわりって独特です。
夜に一人でこの場に立つのは怖いでしょうね。





f0364707_21592529.jpg

夕日、そして逆光ですが、お日様の光がとてもよく似合う花です。




f0364707_21594454.jpg



f0364707_22000207.jpg



f0364707_22002190.jpg



f0364707_22010293.jpg

ファームの一番上の方から。

壮観!!

これ、全部植えたんですよねぇ。
素晴らしいです。




f0364707_22014720.jpg

おかげでこんな美しい風景を見ることができるのですから。

本当に感謝です。



f0364707_22020905.jpg



f0364707_22023024.jpg



f0364707_22025429.jpg



f0364707_22031166.jpg

旧上山田線だそうです。
この先にトンネルがあり、そこからとても冷たい風が吹いてきていました。
小川があるのかと思ったくらい。




f0364707_22035232.jpg



f0364707_22041090.jpg



f0364707_22042738.jpg



f0364707_22044839.jpg



f0364707_22050869.jpg



f0364707_22054180.jpg

写真を選べなくてたくさん載せてしまいました。
花って、どれだけ撮ってもキリがありません。
それでもある程度撮ると、あとは自分の目にじっくりと焼き付けました。
ちゃんと見ておかないともったいないですもんね。






[PR]
by dawn1225aki | 2017-08-08 21:56 | 自然・散策

f0364707_10040757.jpg

車内で19時前まで待ち、そろそろ様子を・・・と外へ。
それでもまだ明るかったです。
やっぱり夏だなー・・・

夕方に見た場所と同じところでまたパチリ。
ボートが少し見えるようになっていますが雨が降ったりやんだりだったので、靄はまだまだ残っていました。




f0364707_10042545.jpg

歩道に竹灯籠が下げてあり、明かりがついていました。




f0364707_10043628.jpg



f0364707_10045006.jpg



f0364707_10050689.jpg

こうしてみると周りがだんだん暗くなっていっているのがわかりますね。




f0364707_10051732.jpg

滝を照らしているのはこんな感じのLEDライト。




f0364707_10052819.jpg



f0364707_10053928.jpg

ライトに照らされて葉っぱもキラキラ。




f0364707_10055201.jpg

下へ降りる階段も足元が明るいので安心です。




f0364707_10060818.jpg

真名井の滝。
ライトの色が変化していきます。



f0364707_10062812.jpg



f0364707_10063761.jpg



f0364707_10064806.jpg



f0364707_10070011.jpg



f0364707_10072876.jpg



f0364707_10073919.jpg

何もなく、ただライトが滝を照らしているだけ。

もしかしたら、これがいいのかもしれません。

蛍でもなんでも、商業化されていて周りに何かあるのに慣れていて、それがない環境だと不便に感じたり寂しく感じたりする。
でも実は、なんにもないのが本当の姿。
ライトアップだって作られた姿なのですから、間違いなのかもしれませんね。

けれど、これも人と自然との共存の姿のひとつ、なのではないかと思ったりもするのです。



高千穂峡ライトアップ2017






[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 23:01 | 自然・散策

f0364707_09324676.jpg
高千穂峡・1

高千穂峡・2




遊歩道。
上りの石段が続いています。




f0364707_09331633.jpg



あの橋のところまで行けます。
とても年季の入った橋に見えますね〜。





f0364707_09340270.jpg

「とり塚」?




f0364707_09343581.jpg

先ほど、廃墟っぽい、とか言ってしまった建物・・・
ちゃんとお店として営業されています。
(ごめんなさーい)

ここまで遊歩道を歩いてきた後に、ホッと一息つけるというのはいいですね。
この日は閉店間際の時間帯だったので、そのまま通り過ぎました。




f0364707_09350567.jpg

あららぎ乃茶屋、との看板。




f0364707_09354866.jpg

擬宝珠付きの古い欄干。
苔むした姿が年期を感じさせます。




f0364707_09361703.jpg



f0364707_09370974.jpg

来た方向とは逆の方に続く遊歩道。
この先を進むと高千穂神社に繋がるそうです。




f0364707_09384333.jpg

面白い奇岩。
この穴の中に渦巻きが発生して、中の石が回転することによってできた穴だそうです。
大きな足跡のようです。


橋のところでいったん歩道は終了。
これからまた戻っていきます。






f0364707_09393174.jpg

遊歩道入り口まで戻ってきたあと、駐車場へ向かいました。
この後のライトアップにはまだ明るすぎるので、車内で点灯を待つことに。
鯉の泳ぐ池の前でふと上を見上げると・・・

岩に半円の形。

この岩形は「月形」というそうです。


f0364707_09400169.jpg

スサノオノミコトが彫ったとされているんですから、人の手で彫られたというわけではありませんよね・・・?
相対する日形もあったなんて凄い!
見てみたかった~~~




f0364707_09403232.jpg

鯉の泳ぐ池にぽつんとお社。



f0364707_09413515.jpg

神社の名残のようです。



f0364707_09421893.jpg

今は鵜ではなくて、カモ??が佇んでいます。




f0364707_09424724.jpg

売店などがあるところに黄色のポスト!


f0364707_09431986.jpg

ここからお手紙を出したらなんだか想いが伝わりそうですね。

(そういえば最近全然手紙なんて書かない・・・)


ライトアップシーズンだというのに、売店は18時前にはすべて閉店していました。
昼間は受付に人がいる駐車場も無人に。
ライトアップは無料、ということのようですが、これだとちょっと休憩したいな、っていうときに天候が悪ければ車がない人は困りますね。
というか、自家用車じゃないとライトアップを観るのは不可能に近いかと。
わざわざ手をかけて開催しているのにちょっともったいない気がしました。







[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 22:42 | 自然・散策



f0364707_09194242.jpg
高千穂峡・1



本当に心底暑く、ありとあらゆるところから汗が出ている感じだったのですが、戻ろうとは全く思えない。
身体の不快感など消し去ってしまうくらいのパワーがあります。




f0364707_09204524.jpg





f0364707_09212662.jpg



f0364707_09220127.jpg



f0364707_09223776.jpg

遊歩道から見える杉の木々も圧巻。




f0364707_09231241.jpg



f0364707_09234665.jpg



f0364707_09242357.jpg

ところどころに大きな穴があります。
それぞれに名称があるようですが、確認不足です。




f0364707_09261992.jpg



f0364707_09275513.jpg

これが自然にできるなんて。




f0364707_09255044.jpg



f0364707_09265559.jpg

上の方に橋が見えます。
行くことが出来るようです。

その向こう側にもまだずっと遊歩道が繋がっていました。




f0364707_09282566.jpg



f0364707_09292881.jpg



f0364707_09300150.jpg

わ。
廃墟っぽい。

(・・・ぽい、のですけど、ちゃんと営業されています(汗)

(でもなんか事件が起こりそう。絵になる建物です)



(・・・不謹慎でした)




f0364707_09303950.jpg

この辺りまでくると、少し下がっているせいなのか、フッと涼しくなりました。
勢いのある流れからの風が吹いてくるからなのかも。
ここ一帯は涼しかったです。




f0364707_09321699.jpg


高千穂峡・3





[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 10:00 | 自然・散策

f0364707_08581539.jpg

2017年7月29日。
ずっと行きたかった憧れの高千穂峡に、とうとう行くことができました。

この時期はライトアップが行われていて、今年は夕方18時半~22時までの間、高千穂峡でも有名スポットである真名井の滝周辺がLEDライトで照らされているそうです。
それも目的のひとつだったのですが、何より明るいときに景観を見てみたかったので、早めに向かいました。





f0364707_08584902.jpg

車を降りた途端、ものすごい迫力の崖が目の前に迫ってきました。
圧倒されます。



f0364707_08592188.jpg

この日は直前まで雨が降っていたので辺りは靄で真っ白。
川にはボートがつないでありますが、それもよく見えないほど。
でもまたそれが幻想的だったり。
(水かさが増えているのでボートの貸し出しはありませんでした)




f0364707_08595341.jpg

真名井の滝を反対側から。




f0364707_09002904.jpg

見事な柱状節理。
長い長い時間をかけた自然の芸術作品ですね。





f0364707_09024979.jpg

あーーーー!これです!!!!
ここ!

向こう側が真っ白でよく見えないのがまたいいですね。

水量の落ち着いたときにはこの間をボートが行き来しているのでしょうね。
乗りたかったな~~
(この日は時間的にも無理)



f0364707_09065475.jpg

雨に濡れた遊歩道。




f0364707_09073732.jpg



f0364707_09081070.jpg



f0364707_09084754.jpg



f0364707_09092259.jpg

凄まじい(と言っても決して大げさではありませんでした)湿気と暑さ。
渓谷なので涼しいのかな、と思っていたのですが、気温が高い上にミストが!(笑)
身体中に湿気がまとわりついていました。

もちろん、汗びっしょり。
遊歩道は階段なので更に汗びっしょり(笑)。




f0364707_09105573.jpg



f0364707_09114555.jpg

河原に巨石。
「鬼八の力石」、約200トンだそうです。



f0364707_09123310.jpg



f0364707_09134060.jpg



f0364707_09141561.jpg

涼し気な滝・・・・

(実際はどこにいても暑い)




f0364707_09173002.jpg

カモも水浴びしてました。
暑いよねーー



高千穂峡・2






[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 09:54 | 自然・散策