f0364707_09034859.jpg
かみさまがすまう森のアート展/御船山楽園・1



「神様の御前なる岩に憑依する滝」というタイトル。

なんにもない真っ暗な空間から滝が流れ落ちてくる様子に見入っていました。




f0364707_09044899.jpg



f0364707_09050805.jpg

岩を流れる水。




f0364707_09053034.jpg



f0364707_09054942.jpg

ちょうど岩の後方に祠。
神様の御前なる岩、でした。




f0364707_09071567.jpg

大きな岩に鮮やかな色の魚たちが泳ぎ回っています。




f0364707_09073438.jpg

まるで宇宙のようです。





f0364707_09075811.jpg

順路を進んでいくと、建物の中に入りました。
外の蒸し暑さから一転した涼しさ~~~
室内ですから、冷房がしっかり効いていました。

今はもう使われていない、旧大浴場だそうです。
そこで、色とりどりの生き物たちが空間いっぱいに動き回っています。
これは、お客さんたちが描いた絵。
生きているようです。
自分の描いた生き物を探すのも楽しいでしょうね。




f0364707_09081676.jpg



f0364707_09083835.jpg



f0364707_09091207.jpg


廃墟となっている浴場の古びた壁や床が、今は鮮やかです。




f0364707_09100915.jpg

外に出ると周囲はこんな感じ。




f0364707_09102756.jpg

室内の鮮やかさとは対称的ですね。




f0364707_09115669.jpg



f0364707_09150744.jpg

壁掛け様式の竹灯籠。



f0364707_09151668.jpg

一か所で長居したつもりはなかったのですが、全部は回れませんでした。
チームラボのサイトでも、全部の写真が上がっているわけではありませんので、残念です。


そして、とにかく暑い!!
いくら夜とはいえ、真夏に行くのはちょっと厳しいかもしれません。
もう少し涼しくなってからがいいですね。





チームラボ「かみさまがすまう森のアート展」




[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-23 11:52 | 自然・散策

f0364707_08522829.jpg
佐賀県武雄市の御船山楽園にて、資生堂presentsチームラボ かみさまがすまう森のアート展が開催されています。
(7月14日~10月9日)
昨日の22日、行ってきました。
(後々考えたら、こんなに暑いときに行かなくても、10月までやん!)

武雄の街全体でライトアップのイベントが行われていて、同時期に武雄神社、大楠、図書館、武雄温泉楼門などが照らされています。
武雄のあかり展
その中でも御船山楽園はプロジェクションマッピング様式になっていて、かなりの規模。
広い敷地全体に展開されています。
去年はわずか1作品だったのが、今年は14作品も展示されています。
(資生堂presentsになったから?)



f0364707_08525486.jpg

武雄には何度か来ているのに、ここは初めてです。
昼間の様子は全然知りません。
紅葉の時期にあちこちのSNSで写真が投稿されているのを見たことがあるだけ。
武雄に来る目的と言えば、いつも武雄神社の大楠ですしね(笑)。





f0364707_08552606.jpg

入場料は大人1600円。
(ちょっと悩む金額です)
入って少し歩くと大きな池が見えてきました。
水面に蓮の葉が写り、鯉が泳いでいます。




f0364707_08542970.jpg

しばらく見ていると、船頭さんが船をこぎだしました。
静かに中央へ出てきます。
鯉や蓮などの動きは設定されているのではなく、この櫂や船の動きに反応して動くのだとか。
そんなことが出来るのですねー!
まるで生きているみたい。
(量子学的には有り?)





f0364707_08545214.jpg

ゆっくりと泳いでいた鯉の数がだんだん増えていき、船のところに集まってきたあと、水面は一転。



f0364707_08564267.jpg

魚たちに導かれるように光の帯が。




f0364707_08570398.jpg



f0364707_08572884.jpg



f0364707_08575153.jpg



f0364707_08580888.jpg

実際はもっとキレイでした。
iPhoneカメラではこれが限界・・・





f0364707_08585816.jpg

ところどころにスタッフが立ち、順路を説明してくれています。
危なくないよう、足元もしっかりと照らされています。




f0364707_08592251.jpg



f0364707_08594187.jpg

光によって次々に表情を変えていく木々。





f0364707_09000113.jpg



f0364707_09002315.jpg



f0364707_09004358.jpg



f0364707_09105175.jpg

山を背景に広がるツツジたち。
光の動きがとても幻想的でした。




f0364707_09022242.jpg



f0364707_09030697.jpg



f0364707_09032424.jpg



f0364707_09111154.jpg




f0364707_09145968.jpg

竹灯籠もありました。




かみさまがすまう森のアート展/御船山楽園・2


チームラボ「かみさまがすまう森のアート展」







[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-23 10:28 | 自然・散策

田んぼとアイガモ

f0364707_22080370.jpg

思い立ってお散歩。

自宅のちょうど裏の山を挟んだ先にある、田園です。
合鴨農法の田んぼなので、コガモちゃんたちがワラワラと泳いでいるのが見えます。




f0364707_22085867.jpg

苗が植えられてない空いた場所に集まっています。
とてもかわいいです。




f0364707_22092550.jpg

一心不乱にお散歩する決意が一瞬でくじけました。

こんなことしてたら進みゃしない。




f0364707_22095579.jpg

まだ苗を植えていない田んぼ。
あまりキレイじゃないリフレクションになってしまいました。




f0364707_22101843.jpg



f0364707_22104785.jpg

またまたコガモちゃんたち。




f0364707_22110611.jpg

iPhoneをかまえて傍に行ったので、警戒するかと思いきや、スイスイとこちらへ来るではありませんか。




f0364707_22112104.jpg

上がってきた・・・

人為的に餌とか・・・あげてるのかな?

いやいや、カモの餌は田んぼの中の雑草や害虫などのはず。
田んぼで常に人がいるから慣れているのでしょう。

この可愛いカモたちも、大きくなると食用に出荷されます。
合鴨農法とは、同時にご飯(主食)とおかず(副食)が作れる、というのが歌い文句ですから。
なおかつ、害虫や雑草を食べてくれるので、殺虫剤や除草剤いらず。
そしてカモが泳ぐことで田んぼの水が攪拌されるので酸素が行きわたり、栄養分も豊富になるのです。




f0364707_22114483.jpg

中断ばかりするので先になかなか進めません。
これじゃ歩く訓練にならないなー。(訓練か!(笑)



f0364707_22120366.jpg

田んぼの裏側が山になっているので、夕方になると辺りはヒグラシの鳴き声が響き渡ります。
夕焼け空と田んぼとヒグラシの声。
ボーーッとその場に立ち尽くしてしまいます。



f0364707_22121920.jpg

この日はそれほどキレイな夕焼けではない方だったのに、とてもとても美しく見えました。
ヒグラシ効果ですねーーー。

ヒグラシは彼岸からのメッセージを届けてくれるそうですが、響き渡りすぎてどれが誰のメッセージやら・・・
けれど、大事な人がいなくなってしまっても、この声を聴くたびに思い出すことができますね。
また何かを伝えにきてくれた、と。
何を伝えたいのかな、と遠い人に想いを馳せることができます。




f0364707_22123291.jpg



[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-18 22:33 | 自然・散策

f0364707_10045981.jpg

八女市黒木町の総合施設、グリーンピア八女の敷地内にある、山中渓谷。
そこに町指定天然記念物の「重箱岩」があります。
散策路ではなく、車道沿いにどーんと立っているのでわかりやすいのですが、最初はうっかり通り過ぎてしまいそうになりました。



ちなみにグリーンピアとは・・・

<年金福祉事業団が施設を整備した、日本の大規模年金保養施設であった。公的リゾートホテルとしての性格を持っていた。

グリーンピアは、日本列島改造論を掲げる田中角栄内閣の計画の元で、厚生省(現・厚生労働省)が被保険者、年金受給者のための保養施設として、旧年金福祉事業団が1980年から1988年にかけて、日本全国に13ヶ所設置したが、2005年度までに廃止することが、2001年12月に閣議決定された。公的施設として引き続き活用されるように地方公共団体等への譲渡を進め、2005年12月に、全てのグリーンピアの譲渡が完了した。【ウィキペディアより】>

・・・だそうです。



f0364707_10051304.jpg

私たちが通った車道の左側にその岩があり、通り過ぎた辺りに看板がありました。
最初はわからず、どれが重箱岩?とキョロキョロ。
この先の駐車場の地図に載っていた写真を見て、ここだとやっとわかりました。



f0364707_10054486.jpg

箱が重なっているようにも見えますね。




f0364707_10055734.jpg

どうやってできたのかが説明されています。
大昔のお話なのですね~。

福岡って巨石が多いように思います。
うきはには、阿蘇が噴火したときに飛んできたと言われる巨石がたくさん立っていて、パワースポットになっています。
散策しながら巨石巡りもできます。
まぁ、山だらけの日本ですから知らないだけでどこも多いのかもしれないですね。



f0364707_10061128.jpg

重箱岩の間には、観音様が祀られていました。



f0364707_10063228.jpg

渓谷を流れる川の上を渡る橋。
道路から続く階段を降りて行きます。



f0364707_10064330.jpg

ここはキレイなのですが、橋の上は濡れ落ち葉がたまっていて滑りやすくなっています。
掃除してもどんどん落ちてくるのでしょうね。
(わかります・・・)



f0364707_10065608.jpg



f0364707_10070734.jpg

橋の上からみた川。
岩の上を水が流れていく様子がキレイです。



f0364707_10072330.jpg

自然の石なのでしょうか。
なんとなく人工的に見えてしまいます。



f0364707_10073269.jpg

石の階段。
苔むしていていい雰囲気です。
放置されていればもっと草だらけになっていると思うので、きっと定期的に手入れをしているのだと思います。



f0364707_10074540.jpg

どこかの遺跡みたい。



f0364707_10081900.jpg

川のところが開けていて、道路の方が見えます。
重箱岩も見えました。
今は葉っぱが生い茂っているので隠れてよく見えませんね。

駐車場も広く、トイレも設置されてありました。
グリーンピアが盛況だったころは観光したり散策したりする人も多かったのでしょう。
今は人通りがなく、寂しい感じ。
夏休みくらいになるとまたお客さんが増えてくるのかな。
昔、コテージやキャンプ場を利用したことが何度かあります。
コテージは使いやすく、二家族が一緒に泊まれていたので便利でした。
そこに泊まり、レジャー施設のローラースケートやプールで遊んでいました。
小さいお子さんのいるところはきっと楽しめるでしょう。



グリーンピア八女



[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-25 16:47 | 自然・散策