f0364707_22144537.jpg

若杉山のお蕎麦屋さん「文治郎」さんに向かう途中、またまた気になって仕方がない一画あり。
何だろう、ここ・・・と思いながら通り過ぎ、鳥居が目に入ったので神社だとわかりました。
まずはお蕎麦屋さんへ行き、帰りに再びここに立ち寄りました。

「太祖宮」と書かれた扁額。



f0364707_22153390.jpg

どうして気になったか、ここに立った瞬間にわかりましたが、とにかくこの神社も並々ならぬ由緒を感じさせます。




f0364707_22160381.jpg



f0364707_22163662.jpg

ご由緒。
なんだかよくわからない・・・
でもよく読むと、
祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)。
神功皇后が三韓征伐の折に御神託を受けてここにお祀りになったとのこと。
かなり立派な神社ですね。
若杉山の山頂に上宮があり、ここは下宮。



f0364707_22170639.jpg

いったい今までいくつ、神功皇后にまつわる神社にお参りしたことでしょう。
福岡は朝鮮半島に一番近いですから、征伐のためにこの地に来られることは当然と言えば当然。
おかげで歴史の足跡が感じられ、面白いです。
(最近はその神功皇后が倒したと言われる、朝倉の羽白熊鷲も気になっていますけど)




f0364707_22173987.jpg

狛犬さん。
独特の顔をしているので思わずパチリ。
後でご由緒を見ると、有形文化財指定の狛犬があるとか。
拝殿の前にもう二体いますが、多分こちらの方でしょうね。


f0364707_22181119.jpg



f0364707_22192555.jpg



f0364707_22200594.jpg

ここにも土俵があります。
ホントに今時、土俵のある神社は珍しいのですよ~~。





f0364707_22205354.jpg

拝殿。
こちらにいる狛犬さんはよく見かけるお顔立ち。
文化財はやっぱりさっきの方だろうなー。




f0364707_22230950.jpg

拝殿とご本殿。
この太祖神社には伝承されてきた太祖神楽があるそうです。
年に二回、保存会の方々によりお神楽が奉納されます。
新しい立派な拝殿ですが、ここで舞が行われるのでしょうね。




f0364707_22244101.jpg

やっと真打登場!

何故気になったのか・・・の理由です。
絶対この木の集団が呼んでました。
オイデ~って言ってる!絶対!(笑)
なんでしょうね~~、この空間。




f0364707_22252676.jpg

呼ばれたら行かなきゃ。


f0364707_22255607.jpg

囲まれてる感満載。
今日も呼んでくれてありがとう。




f0364707_22263929.jpg

ご本殿の裏の方にもこんな立派な木がいました。



f0364707_22271739.jpg

一番大きかったのがこちら。
注連縄も何もなかったのですが、御神木の風格をたたえています。




f0364707_22274971.jpg



f0364707_22282499.jpg



f0364707_22293631.jpg

やっぱり楠は温かい感じがします。
この後ろに大きな別の木が立っていたのですが、触れて比べてみると感覚が違うのがわかります。
楠に慣れているからかもしれません。

けれど・・・気になって仕方がないところにはいつも楠がいますねぇ。
こればっかりはずっと前からなのです。
本当に不思議です。
もうほとんど心の友ですね(笑)。




f0364707_22184067.jpg

銀杏の木もいました。
新しい命が根元から。
こんなにちっちゃくて、木というよりは茎みたいなのに、ちゃーんと葉っぱがついています。
いじらしいです。

上宮には途中まで車で行けるようです。
今度は登ってみたいです。



太祖神楽

[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-04 22:23 | 巨樹

津江神社(八女市黒木)

f0364707_07480989.jpg

八女市黒木の町の中に入る手前、道路沿いにいきなり現れた神社。
津江神社です。
案内板には「津江神社の樟」とあるので、えっどこどこ?と見まわすと、鳥居の向こうにスックと立った大きな楠。


f0364707_07480196.jpg


見事な立ち姿です。
もっと下の方から枝分かれして伸びている姿の木ならよく見かけるのですが、これは上の方まで幹が真っすぐ。
絵に描いた木のようです。



f0364707_07445103.jpg

裏には広いスペースがあるのですが、根っこの養生のために車は進入禁止です。
木の周囲も大きく柵がしてあり、中へは入れません。

てくてくと歩いて近づいていくと、たちまち両手に反応がきました。
一時期弱まっていたのですが、このところよく感じるようになりました。
四十肩で神経過敏になっているせいでしょうか?(まさかね~)
何かの本で、木々と交流するときは、木の幹に手のひらをベッタリとくっつけるのではなく、少し離して木からのパワーを手に受けるようにするのだとありました。
そうしてみると、近づいたときの反応とはまた違った感覚を手のひらに感じます。
ジーンとくるような・・・
時には手のひらだけではなく包み込まれるような感じになるときもあります。

2年位前は手のひらがビリビリするような感じだったのが、だんだん治まってきて穏やかな感覚になりました。
変化していくのですね。



f0364707_07450032.jpg

樹齢は800年以上のようです。
根元も隆起していてたくましいですね。
まだまだ元気いっぱいの楠です。



f0364707_07451273.jpg



f0364707_07452761.jpg



f0364707_07454168.jpg

土俵がありました。
昔は神社と言えば、こういう土俵がどこでもあって子供相撲などよく開催されていたのですが、今は滅多にありませんね。
珍しいです。



f0364707_07455174.jpg

境内へ入る門の前にも楠がありました。
こちらは横たわっています。



f0364707_07460630.jpg

この楠は触れる!と思っていそいそと近くに行くと、どこからともなくアゲハ蝶がヒラヒラ・・・
そして木のところまでくるとフッとどこかに行ってしまい、わからなくなりました。
小動物を見たり、日ごろ見ないような生き物を見たりということがあると、それは神様が歓迎してくれている証だそうです。
昆虫はどうなのでしょう。
アゲハ蝶、と言えば思い当たる方がいるのですが、まだご健在なので、きっとこの日は神様の歓迎の証だと思います。
わーい(⌒∇⌒)



f0364707_07461896.jpg



f0364707_07463863.jpg

門の真正面に拝殿が見えます。



f0364707_07470791.jpg

門の中。
左右に狛犬さんと右大臣左大臣の装束の像がいました。
門番なのでしょうか。



f0364707_07470026.jpg




f0364707_07464671.jpg

拝殿です。
改築されたようでとてもキレイになっています。




f0364707_07471635.jpg



f0364707_07472589.jpg



f0364707_07473285.jpg

ご本殿。




f0364707_07474046.jpg

これはいったいどなたを祀っているのでしょう。




f0364707_07475442.jpg

850年祭記念の灯籠。
この神社が850年ということは、あの大楠もそのくらいの年齢なのでしょうね。

他にもあちこち末社が祀ってあったのですが、ここは帰路の途中で偶然見つけて訪ねたこともあり、あまり時間がなかったのでゆっくり見学ができませんでした。
けれど思いがけず、出会うことができてとても嬉しかったです。
こうやって偶然見つける率がかなり高いということは、やっぱり楠はちゃんと呼んでくれているのだなぁって思います。


f0364707_07500229.jpg
(2017年6月22日)





津江神社

津江神社の大楠

[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-23 07:51 | 巨樹

秋月の杉の馬場の通りを真っすぐ進んでいくと、数々の観光名所が並んでいます。
城址や黒門、神社など。
そして、突き当たったところに鳥居が立っていて、更に上へと登る道がありました。
神社があるのはわかるのですが、車でこのまま登っていけるのか、駐車スペースがあるのか、初めて来たのでその辺りがさっぱりわからず、同行の家族は「え、ほんとに行くの?」と怖々でした。
けれど運転手の独断(笑)で強引に進んでいきました。

気になりつつもスルーしてしまうところと、半ば強引ともいえる勢いで行ってしまうところとありますね。
この日は後者。
必ず何かある、と思う、その勘は大抵当たります。




f0364707_07284347.jpg

当たりました。
楠です!


車が着いたのは、神社の裏側に当たるところで、駐車できるスペースがちゃんとありました。
そこから境内の方へ回って行ってすぐにこの木を発見。
他の人は違う木に目が行って、大きいねーとか言っていたのですが、こっちは圧巻でした。



f0364707_12070427.jpg

人と並べた写真が大きさがわかりやすいですね。
こんなに大きいのです。




f0364707_07285736.jpg


斜面から伸びているために、がっしりと地面を掴んでいる力強い根っこ。




f0364707_07291985.jpg



f0364707_11345892.jpg



f0364707_11355936.jpg

木肌はフワ~ッと温かい感覚でした。
手を包み込まれるような感じ。



f0364707_11361142.jpg



f0364707_11363545.jpg

アイドルの写真撮影をするファンみたいに何枚も何枚も撮ってしまいました。




f0364707_11365083.jpg



f0364707_11371008.jpg



f0364707_11374261.jpg



f0364707_11375577.jpg

あ、そうそう。忘れてましたが神社でした、ここ。
今回はきっと木が呼んでくれたのだと思ったので、ひとしきり巨樹を堪能した後、おもむろに境内を鑑賞です。
(それに御神木ですから最初に敬意を表してもいいと思うのですよ~)

楠の傍に鳥居が立っていました。
ここが表の入り口なのかな、と思いきや、ご本殿の方には向いていません。
これはいったい何処のための鳥居なのでしょうか?


ご本殿の正面にあたるところに階段がありました。


f0364707_12152531.jpg

これって、落ちないようにガードしてあるのでしょうか。
きっとそうですよね。(通れます、と書いてあります)
ものすごい急な階段です。
途中が見えませんもの。
こわ~~~・・・



f0364707_11380662.jpg

思い切ってガードの扉の向こうを覗いてみました。
階段マニアの人が大喜びしそうです。
本来の参道なのでしょう。
こう見ると降りられなくもなさそうですが、何しろ車は裏手、ここを降りてまた登ってくる気にはとてもなれず・・・
眺めるだけでした。



「秋月八幡宮 ご由緒」

秋月八幡宮由来
 秋月八幡宮の歴史は古く、平安時代中期の940年、朝廷に謀反を起こした藤原純友の追補使としてこの地に来た大蔵春実が、神功皇后の旧地とされる宮の丘(現在の社のある周辺)で戦運を祈願したところ、たちまち純友の乱を平定することが出来たことから、946年、この地に武人の守護神として神社を建立したのが始まりと記されています。その後、鎌倉時代に移り1203年、秋月氏の祖といわれる秋月種雄公(大蔵種実の八世孫)が秋月の地に移り住むようになり、現在の社の本宮を造営したとされています。社は秋月氏によって400年にわたって代々修造が加えられて多くの信仰を集めてきましたが、秋月氏の高鍋への移封によって久しく退廃していったとあります。江戸時代に入り、1624年、秋月藩初代藩主黒田長興公が就封されてからは、15年ごとに数次にわたって社の本宮、拝殿の改修が行われて施設が完備されると共に、夏秋二度の祭事が賑やかに行われるなど、近隣の住民の信仰がたいへん厚かったと記されています。現在も七月の夏祭り、十月の御神幸の御降りなどが行われています。
 歴史ある郷土秋月でも由緒ある建造物として800年にわたって現在まで受け継がれている八幡宮は数少ない歴史的建造物となっています。
 (参道入口案内板より)




f0364707_11381880.jpg

階段を上ってきた辺りから正面。
この鳥居は拝殿、ご本殿をむいています。




f0364707_11382886.jpg

拝殿。
やっと参拝します・・・。




f0364707_11383900.jpg



f0364707_11385632.jpg

ご本殿。
ご由緒に書かれてあるとおりだと、鎌倉時代の建築なのですね。




f0364707_11390957.jpg

周りは緑に囲まれています。
かなり広い敷地です。



f0364707_11392080.jpg



f0364707_11393010.jpg



f0364707_11394181.jpg


神社の隣り、少し下がったところに忠魂の碑がありました。



f0364707_11395030.jpg

杉の馬場から城址へ向かう階段からも来れます。
4月のときはここまでは来ましたが、その隣りの八幡宮には気づきませんでした。
今回は来られて良かったです。



f0364707_11400765.jpg

関連記事などを検索してどんどん調べていくと、古代この地で起こったことが紐解かれて行って、大変興味深いです。





[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-18 13:11 | 巨樹

f0364707_17542567.jpg


須賀神社の楠の相方、女楠がある安長寺へも足を伸ばしてきました。
神社から徒歩4分。
フクロウを飛ばさなくても大きな根っこが繋がりそうな近距離です。


f0364707_17543384.jpg


本堂の裏に大きな木が見えています。



f0364707_17544682.jpg


門を入って右側には鐘楼。



f0364707_17545557.jpg



f0364707_17550509.jpg

本堂の裏に回ると、すごい存在感の大楠が登場します。
(初めて見たときはオオッ!と圧倒されました)



f0364707_17551553.jpg

枝ぶり!!



f0364707_17553312.jpg



f0364707_17554894.jpg



f0364707_17555867.jpg

根っこがすごいですね。



f0364707_17560835.jpg

大楠の由来や逸話が書かれてありました。
フクロウに託して語り明かすなんて、素敵です。



f0364707_17563536.jpg



f0364707_17565061.jpg



f0364707_17570212.jpg

こちらにも祠がありました。
雷が落ちて焼けてしまったのでしょうか・・・
幹が白骨化しています。


f0364707_17571180.jpg



f0364707_17572479.jpg

それでも樹勢は衰えずに、全ての枝に青々とした葉っぱが茂っています。



f0364707_17573941.jpg



f0364707_17574943.jpg

何百年と生きてきた巨樹は生命力に満ち溢れています。
パワーをいただけます。



f0364707_17580188.jpg

朝倉市のマンホールを見つけたのでパチリ。


f0364707_17581035.jpg




甘木山安長寺


[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-03 23:53 | 巨樹

須賀神社(朝倉市甘木)

f0364707_17002693.jpg

朝倉市甘木の須賀神社。
神社なのですが、もとは大雄山祇園禅寺という臨済宗の寺院でした。
その境内に祀られてあった牛頭天王の社殿がずっと地域の信仰の中心であったそうで、それが前身。
鳥居の扁額にも「祇園社」の文字がありました。


f0364707_17005618.jpg



f0364707_17011491.jpg

鳥居横の大楠。
大きくて、見惚れるほどの美しい枝ぶりです。




f0364707_17025860.jpg

本殿。
県指定の有形文化財です。



f0364707_17015853.jpg



f0364707_17020648.jpg



f0364707_17014418.jpg

本殿の横に大楠が祀られていました。
今日会いたかった木です。



f0364707_17032986.jpg

大きな祠があり、石仏が鎮座しています。




f0364707_17034419.jpg

安長寺の大楠とは夫婦楠として伝えられていて、縁結びのご利益もあるとか。
こちらが男楠、安長寺が女楠です。

安長寺の大楠の記事



f0364707_17035364.jpg




f0364707_17040245.jpg




f0364707_17041026.jpg



f0364707_17045155.jpg



f0364707_17052847.jpg



f0364707_17054244.jpg

幹にコブ・・・
五所八幡宮のムーミンの木を思い出しました。
こっちは子どもがしがみついているみたい(笑)。
お母さんの木ですねーー。(あ、男楠か)



f0364707_17051259.jpg




f0364707_17042304.jpg


木の傍から拝殿を撮ろうとしたら、お馴染みさんが入ってきました。
こんなに鮮やかな色を見たのは久しぶりです。



f0364707_17065645.jpg

本殿を撮ろうとしてもこんな調子・・・
まぶしくて何が何だかわからない写真になってしまいました。




f0364707_17071124.jpg

光を避けてパチリ。
御本殿です。




f0364707_17072793.jpg

本殿近くから後ろを振り返ると、鳥居横の大楠の全景が見えました。
あまりにもカッコイイ立ち姿に見とれてしまいます。
見事ですね。



f0364707_17075483.jpg



f0364707_17162186.jpg


おみくじやお守りを置いてあるところにインターホンがあるのでそれを鳴らすと、向かいの社務所から神社の方が出てきてくださいました。
御朱印もお願いできました。
去年、ちょうどお祭りが開催されているときにこの神社の近くを通りました。
たくさんの人出でとても賑やか。
盛大なお祭りでした。
昔から大事にされてきた神社なのですね。







[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-03 17:48 | 巨樹

f0364707_21465465.jpg

町の指定文化財になっている木城の大藤を見に行ってきました。
Google mapで探して行こうとしましたが、出ない!!
県道417号線沿いに「木城の大藤」と書いた看板があるのでそこを入り、さらに進むと今度は絶対見落とすだろうなと思うくらいの小さな看板(貼り紙?)があり、T字路を右折と記載してあります。
(いつから貼ってあるのかは不明。また今後どうなるのかも不明・・・)
その通りにずーっと進んでいくと右側に見えてきました。

藤棚自体は小さめですが、その上から下がっている藤の姿は迫力です。

f0364707_21434080.jpg

写真と現物を見比べてみると、今がちょうど満開みたいです。


f0364707_21460694.jpg

上の方は観音堂になっています。
境内にあるモチノキに藤のツルが巻き付き、そのまま一緒に伸びていっているそうです。


f0364707_21445882.jpg


f0364707_21443632.jpg

モチノキと藤・・・かな?



f0364707_21441839.jpg

もともとはここに植栽されたようです。


f0364707_21451995.jpg

修行大師様の石像。
そしてその後ろにも大きな木が立っています。
この観音堂はこうやって木々に守られているのですね~。



f0364707_21471440.jpg

藤の花の周りは蜂がブンブン。


f0364707_21473217.jpg


f0364707_21475538.jpg


f0364707_21481487.jpg


f0364707_21483649.jpg


f0364707_21485482.jpg

河内藤園や黒木の大藤も素晴らしいけど、こんな自然の姿はこういうところでしか見られません。
とても美しく迫力があります。
いつまでも地域のシンボルとして花を咲かせていてほしいです。



木城の大藤
問い合わせ 川崎町観光協会 0947-73-3838


[PR]
by dawn1225aki | 2017-05-05 23:02 | 巨樹

国指定天然記念物の金毘羅杉に行ってきました。
下調べをしていったのに結局迷ってしまい、地元の方に聞いてやっと入り口の鉄製の階段を発見。
(注意して見て行かないと見逃します)

あまり使われてなさそうな錆びた鉄階段・・・

f0364707_21241051.jpg


f0364707_21344846.jpg
鉄階段を上ると更に石段が続きます。


f0364707_21364375.jpg
周りはほとんどこんな状況です。
雑木林に囲まれ、岩肌に囲まれた中を登って行きます。

f0364707_21354592.jpg
途中で分かれ道がいくつかあるのですが、まるで道案内のように石仏が鎮座してあるのです。
ひとつひとつに手を合わせながら、石仏が座っておられる方へ進みます。

f0364707_21372704.jpg
いったい・・・・

何処を通るの?


f0364707_21374905.jpg
何処を・・・?



多分、長年の風雨で足場が崩れたのでしょう。
丁度よい具合に倒木が横たわっているので、それを手すり代わりに掴まりながら斜面を渡ります。
(ところが四十肩を患っているくせに、とっさに悪い方の右手で木に掴まってしまい、激痛に苦しむことになりました。こんな岩場の斜面で・・・)



f0364707_21382765.jpg

そして、この二体の石像(お大師様と仏様ですね。お名前はちょっとわかりませんでした)の前に出てきました。
右に進むと、目的地はすぐです。

f0364707_21385199.jpg
進んでいくと見えてくるのですが、ちょうど逆光で巨木に後光が差し、まぶしくてなかなか視認できず。
徐々に表れた姿を見ると思わず震えました。

f0364707_21391476.jpg

素晴らしい杉です。


f0364707_21395505.jpg

金毘羅杉。樹齢1000年だそうです。



f0364707_21402167.jpg


f0364707_21413671.jpg


f0364707_21415875.jpg

地元の人たちに大切にされているのですね。


f0364707_21410316.jpg

登ってみてわかったのですが、私が来たルートとは別に、県の史跡のある場所から入るルートもあるようでした。
多分、教えてもらったこのルートは地元の人の最短ルートなのでしょう。
迷って地元の人に出会ったことも何かの巡りあわせかもしれません。


f0364707_21381153.jpg

あちこちで見かけたマムシ草。
マムシが鎌首をもたげているように見えるからついた名だとか。
けれど、それだけではなく、やっぱり毒があるんですって。
触らなくて良かった!


金毘羅杉はお天気が悪いと足元が危ないかもしれません。
やっぱり晴れの日に歩きやすい運動靴で来るのがベスト。
もうひとつのルートはどうなのかわかりませんが、今回の道はお大師様や仏様たちに護られているように感じました。



金毘羅杉


[PR]
by dawn1225aki | 2017-04-30 22:44 | 巨樹

f0364707_00003694.jpg

樹齢1000年くらいのこの杉、高森殿の大杉と同じウラスギという種類の杉のようです。
杉と言えば、植林された真っすぐなイメージが強いので、この木を見ると目を疑います。
遠目からも圧倒される存在感で、言葉もありません。


f0364707_00011143.jpg

f0364707_00014922.jpg

f0364707_00022893.jpg

f0364707_00030526.jpg

f0364707_00034410.jpg

間近で見るとまさしく異形の杉。
畏怖を感じて近づくのにも時間がかかりました。

大抵近づくと平気になって周囲をまじまじと眺めたりできるのですが、この木ばかりはそれもできませんでした。
直視もできず、サラッと見て終わり。
写真もこれだけで精一杯でした。
そして、もう限界とばかりにこの木を後にしました。

ちょっと相性が合わなかったのかも・・・。



[PR]
by dawn1225aki | 2017-03-27 23:04 | 巨樹

平山天満宮を後にして、次の目的地は光岡八幡宮。
ここにもパワーあふれる大楠があるそうなのです。

f0364707_20285563.jpg

鳥居の扁額は風雨にさらされ、文字がほとんど読めません。
かすかに八幡宮と彫られているような・・・
それにしても、このしめ縄は面白いです。

f0364707_20292216.jpg

参道を歩いていると左側にすぐに見えてきました。
近づいていくとだんだん手のひらにじんわりと汗がにじんできたのです。
手のひらがビリビリしたり、ジーーンとしたり、そういう感じ方はよくあるのですが、こういうのは初めてでちょっとビックリしました。

そしてこのむき出しになった根っこ!
すごい迫力でした。

f0364707_20295118.jpg

樹齢500年。
これだけの巨木の下ではこんなに力強く逞しい根っこが息づいているのですね。
何十メートルも伸びることができるはずです。
確かに異形の楠ではありますが、おどろおどろしい感じはしません。
もっと暖かいものを感じます。

f0364707_20303700.jpg


と思っていたら、紫の光が来ました。
この色が写る樹木は不思議と受ける印象が似ています。
触ると手を包まれるような感じがするのも同じです。

ほとんど人通りのない神社なのですが、この日は一人参拝客がいて、一心にお参りをしていらっしゃいました。
御神木のこの木にも何度も手を合わせ、根っこに触れ、真剣そのもの。
傍らで写真を撮るのが申し訳ないくらいでした。
けれど、そうやって祈り続ける気持ちはわかります。
これは、そういう存在の木なのですね。


f0364707_20310673.jpg

根っこの合間には、つわぶきを始め、様々な草花が生えていました。
大いなるものの足元で静かに小さな命が育まれています。


f0364707_20313622.jpg

拝殿にはお賽銭箱がありませんでした。
どうしたら、と思って近づいてみると、引き戸の一部にお賽銭を入れる穴があけてありました。
盗難防止のためでしょうか。
それを思うと何とも悲しい気持ちになります。
その穴からお賽銭を入れ、お参りをしました。

f0364707_20320588.jpg



f0364707_20324478.jpg

地面は箒目がつき、綺麗にお掃除されてありました。
居心地がよく、全体的にあたたかな雰囲気の神社でした。


光岡八幡宮
福岡県宗像市光岡

[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-30 21:06 | 巨樹

三叉の大楠と言われる、平山天満宮の大楠を見に行ってきました。
写真でしか知らなかったので、どんな雰囲気なのかドキドキワクワク・・・

お屋敷とも言えるような大きな民家が立ち並ぶ路地を抜け、農道かな?と思うような道の向こうに鳥居が立っていました。
こんなところに??とビックリ。
車だと危うく通り過ぎてしまうところでした。
けれど近くに駐車場は無し。
少し坂道を登ったところに駐車できそうなスペースがあったのでそこに停めさせてもらいました。

鳥居の先は階段です。

f0364707_19423138.jpg

階段をテクテクと上りきった目の前に大楠が立っていました。
三つに分かれた幹が見えます。
周りは木々に囲まれ、鳥の声しか聞こえません。
とてもとても静かな空間でした。
f0364707_19435490.jpg
天然記念物、と記された石碑がありました。

f0364707_19433179.jpg
祠の中には七福神の何人かの像が置かれてありました。
けれど風雨にさらされたせいか、いくつかは崩れて下敷きになってしまっていたり。

f0364707_19444639.jpg

樹齢400年の楠です。
福岡にある楠としてはまだ若い方ですね。
それでも堂々とした風格、枝は広がり見上げると眼前を覆うほどです。
その楠の先に、本殿へ向かう階段がありました。

f0364707_19451774.jpg

扁額には「天満宮」の文字。
f0364707_19454889.jpg


本殿が見えました。
f0364707_19462077.jpg



f0364707_19465012.jpg



f0364707_19471711.jpg



f0364707_19474253.jpg



f0364707_19482216.jpg

周りの雑木林にはこれまた大きなイチョウの木も立っていました。
ひんやりとした透明な空気、苔むした階段は、熊本の上色見熊野座神社を思い出させてくれました。

f0364707_19501688.jpg

楠が大好きで、自宅の庭にある木を始め、近くの神社などにある楠を見によく出かけていましたが、いつの間にか他の楠にも会いたくなり、少し遠くまで足を伸ばすようになってしまいました。
一本一本に、まったく違う精霊が宿っているのでしょう、出会う木それぞれにいつも圧倒されてしまいます。

宗像市の市の木は楠。
きっとまだ私の知らないところに大楠がいるかもしれませんね。


平山天満宮
福岡県宗像市吉留


[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-30 20:17 | 巨樹