f0364707_23053654.jpg
射手引神社の宮移り・1



いよいよ、上の階段での舞です。
私は中段のところで観ていましたので、ここからは上を見上げる形になります。
下から観るのも迫力があります。




f0364707_23070601.jpg



f0364707_23082178.jpg

2組目の獅子たちが中段へ上がってきました。
こちらも力いっぱい舞っています。





f0364707_23093554.jpg

この2組がどう違うのか、よくわかりません。
舞いの一部が少しだけ違っているような気もしたのですが・・・
気のせいかも。

こちらの獅子頭には鈴がつけてあり、振ると音が鳴ります。
が!振らないと鳴らないので、しっかり振っているかどうかが丸わかり。
それはそれは叱咤激励の言葉が飛んでいましたよ~~~




f0364707_23101570.jpg



f0364707_23105567.jpg

こちらの組も上の階段へ。




f0364707_23133968.jpg

獅子舞について、参拝客も階段を上っていきます。




f0364707_23142351.jpg



f0364707_23145838.jpg

無事到着。


けれど残念ながらここでタイムリミットでした。
この先を観ないまま帰らなければならず、とても残念でした。
今回、階段を上りきるまでが約1時間。
長いと思っていましたが、あっという間に感じました。
上では神殿に入るまでずっと舞が続けられるのでしょう。

あ~~~ 来年こそは最後まで観たいです!!



射手引神社




[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-21 23:10 | お祭り

f0364707_22370521.jpg

嘉麻市上山田にある、射手引神社。
3日間の祇園祭の最終日に、「宮移り」という神事があります。
祇園祭の間に地域を獅子舞が回りますが、最後の日に神殿に帰らなければなりません。
地域にすっかり馴染んだ雌獅子は、神殿に帰るのを嫌がり、戻ろうとします。
早く帰りたい雄獅子は、雌獅子を宥めたり、励ましたり、叱咤したりしながら神殿へ連れて帰ろうとする舞が「宮移り」。
130段ある参道の階段を、約2時間かけて舞いながら上るのです。

一度見たいと思っていたので、この日は楽しみにしていました。




f0364707_22375870.jpg


階段・・・
参拝のときに普通に上っても、フ~~ッと言いたくなるほどなのに、これを舞いながら・・・?
凄いです。



f0364707_22385454.jpg



f0364707_22432166.jpg

午後8時から開始。
境内はすっかり暗くなっていました。




f0364707_22425221.jpg

拝殿にお参りします。




f0364707_22454447.jpg

獅子が2組。
最初の組は白装束、次の組は雄獅子雌獅子の衣装をつけています。




f0364707_22464125.jpg

かがり火が焚かれ、舞が始まりました。
お囃子は獅子より上の方で見守りながら演奏します。
急な階段なので、舞い手のすぐ後ろには次に交代する舞い手がピッタリ待機し、サポートしています。

獅子舞といえば、地元のおくんちの舞しかしらないのですが、獅子頭はかなりの重さ。
きっとこの獅子も同じように重いのでしょう。
それを高々とかかげ、振りながらの演技です。
しかも、嫌がる雌獅子を宥めるとかいうんですから、スローペース・・・




f0364707_22481543.jpg



f0364707_22493007.jpg



f0364707_22500707.jpg

徐々に上ってきています。
もうすぐだよ~~~




f0364707_22504183.jpg



f0364707_22522380.jpg



f0364707_22533107.jpg



f0364707_22542863.jpg



f0364707_22551774.jpg

中段に到着。
ホッとしたのもつかの間、ここから先は今度は神殿へ向かう階段になります。




f0364707_22555823.jpg



f0364707_22565830.jpg



f0364707_22575028.jpg



f0364707_22583536.jpg



f0364707_22591628.jpg



f0364707_23002249.jpg



f0364707_23011265.jpg



f0364707_22493973.jpg

迫力です。
まわりからは、「振らんか!!」「辛抱しろ!!」などの掛け声が飛びます。
静かだと、年長者から「声出せ!声!!」と叱咤激励。
きっとこの掛け声も昔からの伝統なのでしょうね。

こういうことって今のご時世、少なくなってきましたよね。
地域の中でビシバシ鍛えられるということはとてもいい経験になると思います。
(ふと、こういう感慨に浸るところが、年を取ったなーと思うところ(笑)




f0364707_23023463.jpg



f0364707_22505660.jpg



f0364707_23041595.jpg


言葉にできない感動があります。




f0364707_23045599.jpg

さあ、いよいよこれを上ると境内です。

ガンバレー!



失礼ながら、HPがあるとは思いませんでした・・・(;´▽`A``
射手引神社



射手引神社の宮移り・2



[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-21 22:43 | お祭り

日田祇園祭に行ってきました。
この日は初日の顔見世。
日田駅の前に9基の山鉾が集まり、お客さんの前でパフォーマンスをします。
あいにくどうしても間に合わず、9基そろったところは見ることができませんでした。
(すぐ下の画像はいただきものです)
大きな大きな山鉾が並んでいる様は壮観!

f0364707_08275839.jpg

私がやっと見られたのは外も暗くなってきてから。
山鉾の明かりがひときわ目立っています。
もう顔見世をしてそれぞれの場所に戻る直前のようでした。
一基ずつ前に出て、その場で旋回します。
だいたい一回りなようですが、二度、三度と回る鉾もいて、そのたびに会場は沸いていました。
旋回した後は向きを変え、大通りに出ていきます。
それからそれぞれ、各町の収納場所へと戻っていくのです。
f0364707_08281691.jpg


f0364707_08280795.jpg


f0364707_08282396.jpg


大通りを行くときは良いのですが、街中になっていくと細い道を通らなければなりません。
その時の山鉾の操作が大変で、それも見どころのようでした。
路地でその様子を見ようと待っている人もたくさんいました。
目の前をゆっくり通り過ぎる山鉾を見て、私もドキドキと興奮です。
f0364707_08283143.jpg


見事なさばきで収まりました。
上にいる人はどうやって降りてくるんだろう・・・と興味津々。
横に設置してある非常階段のようなところを渡ってくるのかな?と思いきや、なんとそのまま、鉾の中を通るように下へ下へとスルスル降りてきていました。
f0364707_08284443.jpg

この日は日帰り。
なので、この後すぐに帰途につきました。
大きなお祭りもいいものです。
私は子供のころから地元の山笠に触れて育ってきたせいか、夏祭りが大好き。
時間が許せばもっともっと見に行きたいくらいです。
来年は顔見世だけではなく、最終日を見に行けるといいな~。



[PR]
by dawn1225aki | 2016-07-22 08:34 | お祭り