長楽館(京都市東山区)

f0364707_09312935.jpg


京都の八坂神社の中を通り、円山公園を抜けていくと、そこに長楽館という洋館があります。
明治四十二年に実業家村井吉兵衛が建てた迎賓館です。
文化財の指定を受けた今も、カフェ・レストラン、宿泊施設として営業されています。

一見、資料館のように見え、入れるのかな??と不安。
そして見るからに敷居が高そう。
長楽館、って名前はついてるけど、気楽に入れるものでしょうか・・・
などなど、様々な思惑が頭をよぎる中、せっかくだからとカフェに入ってみることにしました。





f0364707_09314151.jpg

さすが迎賓館。

入り口にはスタッフ(と呼べるのか)の方が立っていて、お出迎えしてくれるのです。
お茶しにきた普通の客なのに、賓客扱い!!




f0364707_09315300.jpg

迎賓館らしく、いくつもいくつもお部屋があり、お客さんはそれぞれのお部屋に通されます。
そこでティータイムを過ごせるのです。
家具も多分当時のまま。
丁寧に椅子を引いて座らせてくれます。
(お尻が緊張する・・・)




f0364707_09320379.jpg

日本の古民家も好きですが、こういう洋館も大好きです。
時代を超えて残っているものって、本当に大事にされているので雰囲気がとてもいいんですよね。
建物にもきっと宿るものがあって、喜んでいるのだと思います。




f0364707_09321473.jpg



f0364707_09322576.jpg

ちょうど15時過ぎのお茶の時間でした。




f0364707_09323323.jpg

モンブランとコーヒー。

下世話な話ですが、お値段もさすがに素晴らしい(笑)。
お尻だけじゃなくてお腹まで緊張してしまいそう。
でもでも、そんなにしょっちゅうあるわけではないので、こういうときは思い切ります!




f0364707_09324844.jpg

一緒に来た娘は、スコーンセットとレモンティー。

こういうところって飲み物がとても美味しいのです。
雰囲気のせい??
まぁいいや。

貴族な時間(笑)をひととき楽しみました。





長楽館



[PR]
by dawn1225aki | 2015-12-11 22:30 | 喫茶・カフェ