平山天満宮を後にして、次の目的地は光岡八幡宮。
ここにもパワーあふれる大楠があるそうなのです。

f0364707_20285563.jpg

鳥居の扁額は風雨にさらされ、文字がほとんど読めません。
かすかに八幡宮と彫られているような・・・
それにしても、このしめ縄は面白いです。

f0364707_20292216.jpg

参道を歩いていると左側にすぐに見えてきました。
近づいていくとだんだん手のひらにじんわりと汗がにじんできたのです。
手のひらがビリビリしたり、ジーーンとしたり、そういう感じ方はよくあるのですが、こういうのは初めてでちょっとビックリしました。

そしてこのむき出しになった根っこ!
すごい迫力でした。

f0364707_20295118.jpg

樹齢500年。
これだけの巨木の下ではこんなに力強く逞しい根っこが息づいているのですね。
何十メートルも伸びることができるはずです。
確かに異形の楠ではありますが、おどろおどろしい感じはしません。
もっと暖かいものを感じます。

f0364707_20303700.jpg


と思っていたら、紫の光が来ました。
この色が写る樹木は不思議と受ける印象が似ています。
触ると手を包まれるような感じがするのも同じです。

ほとんど人通りのない神社なのですが、この日は一人参拝客がいて、一心にお参りをしていらっしゃいました。
御神木のこの木にも何度も手を合わせ、根っこに触れ、真剣そのもの。
傍らで写真を撮るのが申し訳ないくらいでした。
けれど、そうやって祈り続ける気持ちはわかります。
これは、そういう存在の木なのですね。


f0364707_20310673.jpg

根っこの合間には、つわぶきを始め、様々な草花が生えていました。
大いなるものの足元で静かに小さな命が育まれています。


f0364707_20313622.jpg

拝殿にはお賽銭箱がありませんでした。
どうしたら、と思って近づいてみると、引き戸の一部にお賽銭を入れる穴があけてありました。
盗難防止のためでしょうか。
それを思うと何とも悲しい気持ちになります。
その穴からお賽銭を入れ、お参りをしました。

f0364707_20320588.jpg



f0364707_20324478.jpg

地面は箒目がつき、綺麗にお掃除されてありました。
居心地がよく、全体的にあたたかな雰囲気の神社でした。


光岡八幡宮
福岡県宗像市光岡

[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-30 21:06 | 巨樹

三叉の大楠と言われる、平山天満宮の大楠を見に行ってきました。
写真でしか知らなかったので、どんな雰囲気なのかドキドキワクワク・・・

お屋敷とも言えるような大きな民家が立ち並ぶ路地を抜け、農道かな?と思うような道の向こうに鳥居が立っていました。
こんなところに??とビックリ。
車だと危うく通り過ぎてしまうところでした。
けれど近くに駐車場は無し。
少し坂道を登ったところに駐車できそうなスペースがあったのでそこに停めさせてもらいました。

鳥居の先は階段です。

f0364707_19423138.jpg

階段をテクテクと上りきった目の前に大楠が立っていました。
三つに分かれた幹が見えます。
周りは木々に囲まれ、鳥の声しか聞こえません。
とてもとても静かな空間でした。
f0364707_19435490.jpg
天然記念物、と記された石碑がありました。

f0364707_19433179.jpg
祠の中には七福神の何人かの像が置かれてありました。
けれど風雨にさらされたせいか、いくつかは崩れて下敷きになってしまっていたり。

f0364707_19444639.jpg

樹齢400年の楠です。
福岡にある楠としてはまだ若い方ですね。
それでも堂々とした風格、枝は広がり見上げると眼前を覆うほどです。
その楠の先に、本殿へ向かう階段がありました。

f0364707_19451774.jpg

扁額には「天満宮」の文字。
f0364707_19454889.jpg


本殿が見えました。
f0364707_19462077.jpg



f0364707_19465012.jpg



f0364707_19471711.jpg



f0364707_19474253.jpg



f0364707_19482216.jpg

周りの雑木林にはこれまた大きなイチョウの木も立っていました。
ひんやりとした透明な空気、苔むした階段は、熊本の上色見熊野座神社を思い出させてくれました。

f0364707_19501688.jpg

楠が大好きで、自宅の庭にある木を始め、近くの神社などにある楠を見によく出かけていましたが、いつの間にか他の楠にも会いたくなり、少し遠くまで足を伸ばすようになってしまいました。
一本一本に、まったく違う精霊が宿っているのでしょう、出会う木それぞれにいつも圧倒されてしまいます。

宗像市の市の木は楠。
きっとまだ私の知らないところに大楠がいるかもしれませんね。


平山天満宮
福岡県宗像市吉留


[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-30 20:17 | 巨樹

あまりお天気も良くない中でしたが、以前から行ってみたかった手打ち蕎麦のお店、「つつじ庵」に行ってきました。
山の上の方にありますが、すぐ近くまで車で行けるので安心。(駐車場あり)
でも冬場、道路が凍結したりするとここまで登って来られないようで、お店はお休みになります。
車を降りて砂利道を少し上ると、まるで普通のお家のような雰囲気の「つつじ庵」が。

f0364707_20084597.jpg
暖簾のあるところが入り口です。本当に普通のお宅の玄関のよう。
長いお縁があります。
そして大きな窓。
店内の様子が少し見えます。



f0364707_20093021.jpg

つつじ庵の由来のつつじ園。
店内からも見渡せます。
花盛りの時期になるとキレイなんでしょうね~。
今日はあいにくの曇り空。晴れていれば、遠くに山々が見えているはず・・・
f0364707_20100964.jpg

店内は本当にお家みたいでした。
大きなリビングルームのよう。
木造家屋なのでとても落ち着きます。
f0364707_20114940.jpg

メニューはいたってシンプル。
あまり品数がありません。そういうところにもこだわりを感じますね。
お茶請けに蕎麦を揚げたものが出されました。
そしてそば茶。
f0364707_20122484.jpg

友達2人と一緒に行きましたが、3人とも天ざる蕎麦(1300円)。
色白の更科風の蕎麦ですね~。
細目で食べやすく、コシもあり美味しかったです。
天ぷらは、カボチャ、ピーマン、レンコン、ナス、玉ねぎ、ゴボウ、そしてエビ。
最後には美味しい蕎麦湯が出てきました。
蕎麦湯大好きなので嬉しかった~~!
f0364707_20130751.jpg

窓側にテーブルが並んでいるので、外の景色がよく見えます。
本当にお天気が良かったらどんなに気持ちよかったことか!
(今度は絶対晴れの日にきます!)

f0364707_20134852.jpg

f0364707_20141686.jpg
手打ち蕎麦「つつじ庵」


つつじ庵の後はつい最近も行ったばかりの魚楽園へ。
雪舟庭はこの前見たので、今日はカフェのみです。(お天気も悪いし)
この前来たときは閉店時間の16時ギリギリに到着。
けれどお店の方が、飲み物だけになりますがそれで良ければ、と優しく迎えてくださったのです。
今日はちゃんと大丈夫な時間に来れました。

店内に入るとなんだかオーナメントを飾ったような面白い観葉植物が。
なんだろう・・・? 近づいてみると・・・
f0364707_20145201.jpg

オーナメントではなく、この木の実だったのです。
なんて鮮やかな赤!
遠くから見るとクリスマスツリーのようです。
そして今開いているこの葉っぱ、帰りに見てみたら閉じていました。
f0364707_20152020.jpg

余裕のある空間づくりをされていて、リラックスできます。
席から見える周りの様子がとても素敵です。
f0364707_20154513.jpg

先ほど食事をいただいたので、私と友人1人はデザートです!
栗と大納言の和風ホットケーキ、ドリンク付き(880円)。
頼んだときはあまり気にしていなかったのですが、このあんこの量!そしてお団子まで。
栗に小豆にお団子、更にホットケーキ!
こ、これはデザートというより軽食の域になってしまいました。
f0364707_20164095.jpg

友人その1はフルーツのパンケーキ。(お値段を忘れてしまいました)
キラキラしててキレイで可愛い。リンゴの影にアイスクリームもついています。
パンケーキとホットケーキの違いを聞いたのですがよくわからず・・・
来てみたのを見ると、なるほど。
友人曰く、パンケーキは小さいけどずっしりと詰まった感じがして、お腹に溜まる~と。
(いやいや、ついさっきお蕎麦を食べてるんだから、パンケーキに限らずだよ(笑)
ホットケーキのほうがふんわり軽やかな感じでしょうか。
f0364707_20170954.jpg

ドリンクのアップルティーが到着しました。
砂時計を設置して待ちます。
向かい側に見えるのは、友人その2が「蕎麦だけじゃ物足りない」と注文した野菜カレーセット。
カレーの上にお野菜がどどんと乗っかって美味しそうでした。
ピクルスとサラダ、お味噌汁、ドリンク付きです。
f0364707_20173853.jpg
デザートがボリュームたっぷりだったので、いただくのに時間がかかりましたが、そのあともしばらく居座っていました。
とても居心地の良いお店です。



つつじ庵で遭遇!
入り口を入ると壁に昇龍の絵がかかってありました。
お店の方に、「これ一筆書きの龍ですよね!」とお尋ねすると、そうです、と。
テレビで製作の様子が放送されたのを見て、そのあとすぐに注文したけれど4か月待ったとのこと。
凄い人気のようです。
私は某動画サイトで見て知っていたのですが、まさか実物を拝見できる日が来るなんて!
感激してしまいました。

f0364707_20182624.jpg
魚楽園 亀草庵(きそうあん)



[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-28 21:04 | そとごはん

御祈願を始めてから5回目の高塚地蔵尊です。

f0364707_00095550.jpg

この日は祈願成就の御礼参りに来ました。
最後と言っても参拝をこれっきりにするつもりはありませんが。
一応、区切りということです。

成就・・・成就と言えるのかどうか。それは考え方次第ではあります。
ある人の健康回復を願い、毎月お願いに来ましたが、回を重ねるごとにその願いは変わっていきました。
どうか苦しむことなく、心が健やかでありますように、と。
最初の祈願が変わったことで、こちらの神様がお怒りになることはないと信じています。
おかげさまで、その願いは叶いました。

しかしながら・・・
今まで居た人がもういない。
なんという喪失感、そして寂しさ。
私もこれまでに人を看取ったことはあります。
けれど今回これほどとは、予想外でした。

気持ちの整理をつけなければなりません。
そういう意味でも御礼参りは必要なことでした。

f0364707_00101576.jpg

f0364707_00103858.jpg
この日はたくさんの参拝客でした。
いろいろな思いを抱えた人たちが手を合わせに来られています。


f0364707_00105578.jpg
祈願文入りのおみくじ。
このおみくじを引くのは最後かな。
今日の縁起物は福狸です。なかなか良いではありませんか。
しかも運勢まで大吉!
祈願文にお礼の言葉を書いて貼りました。


御朱印をいただきました。
f0364707_00110973.jpg

祈願を始めてからの御朱印です。
毎月詣でていたんだな、と今更ながらに気づきました。
それでもたった5回。
5ヶ月でした。
早かったです。

f0364707_00112238.jpg


高塚愛宕地蔵尊
〒〒879-4121
大分県日田市天瀬町馬原3740
フリーダイヤル 0120-417-381 (AM8:00~PM5:00)

http://takatukasan.com/

[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-10 00:03 | 神社巡り