<   2017年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

f0364707_10181131.jpg

すごーく懐かしい写真を掘り出してしまいました。
一昨年12月に京都に行ったときのものです。

一昨年~~~!(どれだけ放置していたの)

数年間伏見区に縁があったのに、最大級の関心のある酒蔵には一度も足を運んだことがなかったので、この時は思い立って行ってみたのです。
記憶は鮮明なようでそうでもなく。(笑)
とりあえず写真をあげておきます。





f0364707_10202530.jpg

多分、京阪線の伏見桃山駅で降りて歩いて行ったかと。
初めて行くところでルートも全然わからなかったのに、(おまけに方向音痴なのに)適当に歩いて行きました。
良い度胸をしています。
それでも目的地に着いたのですから酒好きの勘は侮れない。




f0364707_10204858.jpg



f0364707_10211030.jpg

よく見る風景♪ と思ってテンションが上がりました。




f0364707_10214543.jpg



f0364707_10220984.jpg



f0364707_10222990.jpg



f0364707_10224713.jpg

伏見はあちこちで美味しい湧き水が出ているので、お酒も美味しいのだそうです。




f0364707_10231305.jpg

黄桜だったか月桂冠だったかもう覚えていません・・・




f0364707_10233633.jpg



f0364707_10242965.jpg


ここは写真の中のお箸袋に店名が書かれてあったので大丈夫。
商店街の中にあるこのお店は、お酒屋さんですが、店内で京都の地酒を盃一杯から利き酒のように飲むことができるお店です。
お酒の種類ごとにお値段が違います。

京都在住の友人にメールで色々聞きながら、お勧めのお酒を試してみました。


一人で利き酒をする女。(アリですか、ナシですか?)
これシリーズになりそう



f0364707_10245056.jpg

ちゃんとお酒の瓶も置いてくれるんです。
どれを飲んだかがわかります。



f0364707_10251065.jpg

失敗だったのは、最初に良いお酒を飲んでしまったこと。
後になるにつれてランクダウンのお酒を飲んでいったので、やっぱり味が・・・
ていうか、こんなに飲むつもりはなかったもので。

盃一杯ずつって曲者ですね。
キュッといけるので、ついつい数を飲んでしまいます。
と言っても9杯ですけどーーー。
お銚子にしたらどのくらいかな?
大した事ないですよね?
ね?
ね?




f0364707_10253279.jpg



f0364707_10255620.jpg



そういえば、油長に行く前に月桂冠酒造でも3杯くらい飲んでました(笑)。





吟醸酒房 油長




[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-30 22:30 | 自然・散策

f0364707_22195243.jpg

大分県日田市の大原八幡宮のほぼ敷地内と言っていいほど近くにある、大はら茶屋。
八幡宮がとても気になったのですが、閉店時間が近づいていたので、そちらは諦め茶屋へ。




f0364707_22204013.jpg

竹林の中を進んでいきます。




f0364707_22210082.jpg

竹に囲まれたお雛様!
そう、この日は2月も末。お雛様が飾られる時期でした。
茶話会しているみたいです。



f0364707_22212072.jpg



f0364707_22213525.jpg



f0364707_22220507.jpg



f0364707_22230527.jpg



f0364707_22234816.jpg

大はら茶屋の「花てぼ弁当」
このお店のオーナーが摘んでこられた山菜などを使って、一品一品丁寧に作られています。
(亀の井別荘の総料理長を務められていたそうです)

てぼ、というのは、うどんなどをゆでるザルに柄を付けたもの、だとのこと。
確かに柄付きのザル(というかカゴ)ですね。
その中に所せましと詰められたお料理・・・
お弁当と言う名前にぴったりで、ワクワクします。



f0364707_22241173.jpg

当時は天ぷらの種類も覚えていたのですが、何しろ2月のことなのでもううろ覚え・・・
やっぱり記事はすぐにアップしないとダメですねー。

けれど私にはとても嬉しいお料理でした。
山菜万歳!!!(笑)




f0364707_15191887.jpg


緋毛氈の敷いてある台に傘が立っています。
バックの竹林と相まって良い雰囲気ですね。

今度はすぐお隣の大原八幡宮へも参拝に行きたいです。





[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-29 21:44 | そとごはん

f0364707_21453317.jpg

友人たちと創作寿司ダイニング「かい」に行ってきました。

つい最近まで新飯塚にあり、ランチもあるので行ってみたいね、と話していたところ、いつのまにか横田に移転していました。
前のお店がどんなだったか知らないのですが、こちらは場所もわかりやすく駐車場完備で便利です。
私たちには新飯塚より近いのでありがたいです。

ついてみて「かい」さんて「回」だったんだーと。




f0364707_21460663.jpg

普通のお家のような玄関。
大きく「お靴のまま おあがりください」と書かれてあります。




f0364707_21462917.jpg



f0364707_21465135.jpg

入ってみると、わざわざ大きく書かれていたのがわかるような入り口でした。
生憎写真はないのですが、一段高くなっていてマットが敷いてあり、本当に土足で上がっていいの?と躊躇してしまう感じ。
だからあんなに大きく書かれてあったのです。
なんだか申し訳ないような気持で上がりました。
とくにこの日はかなりの雨だったので余計でした。




f0364707_21472436.jpg

店内は広々。
テーブル席で、ホールと個室があります。
個室はロールカーテン式になっていて人数によって広さを変えられるようです。
ちゃんとした部屋になっているのではなく、仕切りが取り外せるようにも見えましたので、もしかしたら大人数の立食などでも可能なのかも。
暗めの間接照明で、いい雰囲気でした。




f0364707_21475092.jpg

箸袋もお洒落です。




f0364707_21481422.jpg

右にある瓶の中にはお醤油。




f0364707_21483567.jpg

個室からホールを見たところ。




f0364707_21485934.jpg

突き出し三種とドリンク。
煮卵と鶏のたたき(親子!?)、お豆腐のウニソース、カキのオリーブオイル和え。
ドリンクは大分カボスソーダと福岡あまおうソーダです。
どちらもノンアルコール。




f0364707_21492064.jpg



f0364707_21494945.jpg

カルパッチョサラダ。
さっと湯引きしたお刺身とお野菜のサラダです。
ドレッシングが美味しかったです。



f0364707_21502150.jpg

ホタテのカルパッチョ、チーズソース。




f0364707_21504315.jpg



f0364707_21511162.jpg

揚げ出し豆腐、柚子庵かけ。
このお豆腐は普通の木綿ではなく、ざる豆腐のようでした。
とっても滑らか。
美味しかったです。




f0364707_21513421.jpg

かんぱちのお刺身。




f0364707_21515433.jpg



f0364707_21521756.jpg

お刺身盛り合わせ。
お魚の仕入れにこだわりがあるだけに、美味しいお刺身でした。




f0364707_21524096.jpg

マグロは手前から赤身、中トロ、大トロ、でしょうね。
トロと言ってもやっぱり美味しいお刺身とそうでないものがあります。
完璧なトロ!というのは高級店くらいでしかお目見えしませんが、こちらの大トロは絶品でした!
口の中であっという間に溶けてしまった感じ。
滅多に食べられないものをいただいてしまいました♪




f0364707_21530553.jpg

おからクリームと豆腐のサラダ。
甘めのおからクリームが面白い味。




f0364707_21533112.jpg

こちら、「かい」さんの看板料理ともいえる、寿司ロール。
と、握り。
珍しいもの好きなので、「寿司ロール!寿司ロール!」と言い張っていた横で、「やっぱり握りでしょ」と一人友人がチョイスしたのがこちら。




f0364707_21535126.jpg

特上にぎり8かん!!



f0364707_21541299.jpg

寿司ロールセットと同じネタの握りがありますが、明らかに質感が違います(笑)。
きっとランクがあるんでしょうね。




f0364707_21543537.jpg

カマの塩焼き。ブリかな?
美味しかったですけれど。
お皿が・・・・・(^^;
さっきから器が斬新だなーと思ってはいましたが、これはちょっとーーーー
あまり見つめたくない感じですね。
店主が選んで買い付けているんでしょうか。
サラダ類やカルパッチョなど洋風のお料理には洋風の磁器。
お刺身やお寿司などの和食には個性的な陶器。
使い分けているようです。




f0364707_21545310.jpg

最後に注文したお味噌汁。
鯛の赤だし。




f0364707_21551386.jpg

わかめとお豆腐のお味噌汁。
具のお豆腐は、揚げ出し豆腐にも使われたざる豆腐、というか、すくい豆腐?でした。

そして、なんと!
抹茶茶碗で出てきたのです。
初めてです!
これには驚き。
茶道のお作法のように、しげしげと眺めてしまいました。
最後にやられたー!(笑)

お魚もサラダも美味しかったです。
アルコールも色々と種類がそろっているようでした。
今回は単品を選んで注文しましたが、各種コースもあります。
そして珍しいことに各テーブルには灰皿が常備。
喫煙可のようでした。
外にも喫煙コーナーはありましたが。

ウロコが生えそうなくらい、お魚をいただきました。
ごちそうさまでした(⌒∇⌒)




創作寿司ダイニング かい



[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-29 17:25 | そとごはん

アオスジアゲハ

f0364707_21055122.jpg

2017年10月26日。
アサギマダラが二頭飛んできています、との某所からのお知らせを聞き、もしかしたらこっちにも来てるのでは、といつもの場所に行ってみましたが、あたたかくて良いお天気だというのに影も形もなし。
代わりにお馴染みのタテアゲハたちが舞い飛んでいました。
フジバカマは盛りを過ぎて枯れ始めていますから、もう来ないかもしれません・・・
残念に思いながらも立ち去り難く、辺りを見回していましたら、珍しいお客さんが。


アオスジアゲハです。



f0364707_21061152.jpg

時々は見かけるのですが、フジバカマ周辺に現れたことはなく、かなり久しぶりでした。
黒い羽根に青い模様が美しい蝶です。

飛び方が羽を細かく震わせてパタパタパタと忙しいので目につきました。
ヒラヒラ~ッと風に乗るように飛ぶアサギマダラとは大違い。
こう見てみれば蝶々も一頭一頭飛び方が違うのですね。



f0364707_21063328.jpg

けれど、突然ピタリと止まり、スーーッと羽根を広げたのです。
羽根いっぱいにお日様の光を浴びて日光浴しているように見えました。




f0364707_21064976.jpg

蝶々で、こんな風に止まるものは珍しいですよね。
なんだか蛾みたい。



f0364707_21070526.jpg

もう1枚。
お花にとまって吸蜜していても、すぐにあちこち飛び回るのでなかなか撮れません。
このときはチャンスでした。
それでもあまり近づけず、割と遠くからズームでパチリ。
昆虫を撮るのは難しい。
いかにアサギマダラが撮りやすかったかがわかります。


アサギマダラ。
今年は、初めて知った新しい場所で何度も会うことができましたが、今までご縁があったところでは一度も出会えなかったのです。
毎年心待ちにしているのに。
だいたい、そこには週に2日、多い時は3日も通っていたのです。(夜もありましたが)
なのに、ことごとく避けられました。
悲しい~~~~~

来年は会いたいです。






[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-28 21:33 | 自然・散策

f0364707_15362939.jpg

行者杉の入り口の、道路を挟んだ向かい側に、山菜料理のお店「惣助」があります。
ここに来たときにいつも看板を見ながら通り過ぎるだけで、気になりつつも入ったことがありませんでした。
この日は思い切って入ってみることに。




f0364707_15371443.jpg

古民家風の佇まい。




f0364707_15544045.jpg
駐車スペースも十分です。
観光シーズンでも車はかなり停められるかもしれません。




f0364707_15482996.jpg

入り口。




f0364707_15490619.jpg

手作り感が溢れすぎている看板。
ヤマメの絵が・・・!!
可愛いですね~。




f0364707_15493277.jpg

席はすべてお座敷。
お客さんが少なかったためか、お好きな席に、とのことでした。




f0364707_15500204.jpg



f0364707_15502574.jpg

2人掛け用のテーブルは、真ん中が空いていましたが、お盆で上手にふさいでありました。
冬場はしし鍋料理もあるとのことなので、そのときに火を使うためのものなのかもしれません。




f0364707_15504887.jpg

定食には細かく料理名が書いてあります。
定食(A)、(B)とありますが、Bの方にはヤマメとこんにゃくが付かないようです。




f0364707_15511749.jpg

せっかくですから、もちろん山菜定食(A)です!

(一人で定食を食べる女・・・・)←アリですか、ナシですか?(笑)
                  友人の間でしばらく盛り上がりました

前菜が色とりどりでキレイです。



f0364707_15514426.jpg

ピンクのかまぼこみたいな形のものは、山芋でした。
山菜ですもんね~~♪(かまぼこじゃなくて良かった)



f0364707_15520458.jpg

だご汁と米ナスの田楽。
山地方はだご汁を扱うお店があちこちにあります。
熊本でもよく見かけました。

田楽はお店の一番人気だそう。
とても美味しかったのでよくわかります。
けれどかなり濃い目の味付けだったので、私にはお味噌半分でもいいくらいでした。
このナス田楽は、ないときもあるそうです。
ナスも季節ものですから、冬場は手に入らないときもあるんでしょうね。




f0364707_15522723.jpg

可愛い形の串こんにゃく。
ピリ辛煮です。
味がしっかりと中まで染みていました。
こんにゃくってこんなに味が染みるものだったんですね。驚きました。
(今度、砂糖揉みしてみます)




f0364707_15524843.jpg

ど~ん。



f0364707_15532706.jpg
ヤマメの塩焼き。
顔、こわ~い。噛みつかれそう。

実際には私が噛みついてやりましたが(笑)。

お魚の食べ方には自信があります。
キレイに骨だけにするので、お見せできるくらい。

鯛の九つ道具探しも好きです。
鯛中の鯛なんて、壊さずに完璧に取り出せます!

・・・マニアックすぎますね。




器は地元小石原焼きのもの。
小石原焼きと言えばすぐに思い浮かぶ飛び鉋の模様を始め、色々な器にお料理が盛られていました。
だご汁のお椀になっていたお茶碗?がとてもかわいくて気に入りました。
鉋で渦巻き模様が付けられてあるのです。
お茶碗で使いたいなーと思いました。
探してみようかな。




f0364707_15535744.jpg

お店の入り口にもモミジ。


f0364707_15541896.jpg

紅葉と大杉とお料理。
三拍子そろった楽しい一日でした。




山菜料理 惣助(東方見聞録)





omake
[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-28 16:34 | そとごはん

行者杉(朝倉郡東峰村)

f0364707_14375741.jpg

紅葉を見た後は、目的地の行者杉へ。

嘉麻峠を上って進んでいくと小石原のT字路があります。
そこを左折して道なりにずーーっと行くと、右側に大きな看板があるのですぐにわかります。
その手前に駐車場もあります。
看板から右に入り進んでいくと、左側に少し小さな案内板があります。
林の中へ入る小道があるので奥に進んでいきます。


すると右手に見えてくるのが行者の母と言われる「霊験杉」



f0364707_14280501.jpg

これも大きな杉の木です。

ここの杉林の杉は樹齢200~600年。
その昔、修験者たちが修行の折に杉の穂を植える習わしがあり、そのときの杉が長い年月をかけて巨木群に成長したと言われています。
ここは英彦山に繋がる修験道の聖地でもありますから。




f0364707_14282820.jpg

近づくと・・・あ~ぁまた~って感じで両手が(笑)。
植物はどれもすべて、対象に対してフィトンチッドを出すそうですから、私に対してもちゃんと反応しているはずなのです。
ということは、何かを感じても当たり前のような。




f0364707_14285305.jpg

修行が行われていた頃からずーっと、見守ってきていたのですね。




f0364707_14295471.jpg

更に行くと、行者の父「大王杉」




f0364707_14304334.jpg



f0364707_14310552.jpg

森の巨人たち100選、№84。
樹齢600年です。
さすがお父さん!




f0364707_14313697.jpg

生き物には虫以外会ったことがなかったのですが、この日は足元にヘビが。
私の前をスルスルと進んでいっていました。
神社だと良い兆しらしいです。
ここではどうなのかな? ~>゜)~~~ ←蛇の顔文字
パワースポットではありますが。




f0364707_14315901.jpg

更に先に行くと、境目石。
今は全国一つの国ですが、昔はあちこちが細かく分かれた別の国だったのです。
国境の石、という記され方に歴史を感じます。



f0364707_14322388.jpg



f0364707_14331531.jpg



f0364707_14333731.jpg



f0364707_14340298.jpg

国境の石の傍に立つ行者杉。
二つの国を見続けているから「国見太郎」という名前がついているのでしょうか。




f0364707_14342488.jpg




f0364707_14355634.jpg



f0364707_14364607.jpg


とても静かな杉林でした。
うっそうとしていて決して明るくはないのですが、お天気の良い穏やかな日は木々もきっと穏やかなのでしょう、本当に気持ちの良い空気が流れています。

私の大好きな場所のひとつです。



水害以降、ところどころ危険防止のためのコーンは立っていますが、この辺りまでは普通に来ることができました。
かなり道路は復旧しているようです。良かったです。
風化してしまわないよう、これからも自分のできる手助けをやっていくつもりです。
もちろん、東北のことも忘れないように・・・。





[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-28 15:23 | 巨樹

紅葉(朝倉郡東峰村) sanpo

f0364707_14121032.jpg

2017年10月26日。晴天!
久しぶりに小石原の行者杉に行きたくて出発しました。

晴れの日の嘉麻峠はとてもキレイです。
光がちょうどいい具合に入ってきます。
あまりのキレイさに途中で車を停めてパチリ。

・・・でも車内からだったので、フロントガラスの汚れまでしっかり写り込み、大失敗でした。



気を取り直して出発。

ちょうど窯元が並び始める辺りまでくると、すでに紅葉している木を見つけました。




f0364707_14123001.jpg

真っ赤!

背景が青いから、葉っぱがいっそうくっきりと浮かび上がっています。
本当にキレイです。




f0364707_14125073.jpg

周りを見回してみると、まだ紅葉している木の方が少ないくらいでした。
気温差がちょうどいい場所というのがあるのでしょう。




f0364707_14130890.jpg



f0364707_14132788.jpg

まだ緑の葉っぱとのコラボも美しいです。




f0364707_14135278.jpg



f0364707_14141621.jpg



f0364707_14143422.jpg

見事な赤色。
iPhoneカメラで、加工なしです。
お日様の光の加減にもよりますね。



とうとう、この時期がまたやってきました。
リベンジしたい場所がいくつもあるのでちょっと闘志が湧いてきましたよ~~~(笑)
今年はたくさん見られるといいなあ、と思います(⌒∇⌒)







[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-28 14:24 | 紅葉

f0364707_22380296.jpg

青空の下、ものすごいハードスケジュールで太宰府天満宮まで走ってきました。
というのも、今回は頼まれた用事を済ませることがメイン。
とにかく時間がないけど用事だけはすませ、そして参拝だけはしなければ、と天満宮へ向かいました。

今日は25日。
天神様の日です。
まーーー、人の多いこと多いこと。
ほとんど外国からの観光客のようでした。
25日に参拝に来たことはありますが、いつも参道のお店が開店する前くらいの早い時間に行くので、こんなに人が多い25日には遭遇したことがありません。
なので、当たり前なのにビックリしてしまいました。
お茶菓子屋さんで、「今日、人が多いですねぇ」と言うと、「25日ですからね」と当然のように返されてしまい、あぁそうだった、と納得する始末(笑)。




f0364707_22382590.jpg

参道も境内も人の海。
赤い太鼓橋も行く人戻る人でギッチリでした。




f0364707_22384869.jpg

拝殿は、祭典のために周囲が立ち入り禁止。
柵が立てられ、その手前にお賽銭箱が設置されてありました。
お参りはそこでします。

おかげで、というかなんというか、人のいない拝殿の写真が撮れました。




f0364707_22391845.jpg

毎月25日の天神様の日は、ヨモギの梅ヶ枝餅が出るのです。
ちなみに17日はキューコクの日で、古代米の梅ヶ枝餅が出ます。

いただきました。
(時間が無くてもこれだけはしっかり食べるという・・・)





f0364707_22393919.jpg

25日の日付の御朱印。

今まで御朱印料は300円だったのですが、今日は「お気持ちをお入れください」と箱が置いてありました。
これが常になったのか、25日だけなのか・・・まだ未確認です。
いつも御朱印を捺していただいた後、「ようこそお参りくださいました」と言葉をかけてくださるのですが、今日は「どうぞお健やかにお過ごしください」と。
どちらもかけていただくと嬉しい気持ちになります。
でも後者の言葉だと、思わずこちらも「ありがとうございます」と返したくなりますね。
気持ちが通じ合える、いい言葉だと思いました。

滞在時間35分。
何しにいったんやー!という感じ(笑)。

もちろん、参拝です!!
今度またゆっくり行こう。










[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-25 22:37 | 神社巡り

f0364707_09160656.jpg

道の駅勧遊舎ひこさんの駐車場内にある、「もち工房」。
名前の通り、お餅の注文を受け付けます、とのこと。
そして、ここはちょっとした休憩処になっています。



f0364707_09163711.jpg



f0364707_09171215.jpg

わらびもちやソフトクリーム、ぜんざいなどがここでいただけます。




f0364707_09174047.jpg

以前はここまでしっかりとした屋根はついていなかったんですけどね。
今はこんな風になっています。




f0364707_09181011.jpg

おでん!!




f0364707_09183390.jpg

壁で仕切られているわけではないので、風の強い日は吹きさらし・・・
この日はそれほど寒いわけではなかったのですが、台風一過で風が強く体感的にはちょっと難あり(笑)。




f0364707_09185340.jpg

山々を眺めていると気持ちがいいので、気候の良いときは休憩にピッタリでしょうね。




f0364707_09191148.jpg

ぜんざい、150円です。(安!)



f0364707_09192987.jpg

ちゃんとお餅です。
さすが「もち工房」♪


さすがにソフトクリーム、かき氷は無理でした(^^;






[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-25 21:11 | 道の駅

グリムス

f0364707_20364943.jpg

グリムスがハロウィン仕様になってました。
早く大人の木にならないかな~。
記事を投稿すればするほど成長するのです!
頑張ろう!(何を(笑)




[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-25 20:42 | 備忘録