三叉の大楠と言われる、平山天満宮の大楠を見に行ってきました。
写真でしか知らなかったので、どんな雰囲気なのかドキドキワクワク・・・

お屋敷とも言えるような大きな民家が立ち並ぶ路地を抜け、農道かな?と思うような道の向こうに鳥居が立っていました。
こんなところに??とビックリ。
車だと危うく通り過ぎてしまうところでした。
けれど近くに駐車場は無し。
少し坂道を登ったところに駐車できそうなスペースがあったのでそこに停めさせてもらいました。

鳥居の先は階段です。

f0364707_19423138.jpg

階段をテクテクと上りきった目の前に大楠が立っていました。
三つに分かれた幹が見えます。
周りは木々に囲まれ、鳥の声しか聞こえません。
とてもとても静かな空間でした。
f0364707_19435490.jpg
天然記念物、と記された石碑がありました。

f0364707_19433179.jpg
祠の中には七福神の何人かの像が置かれてありました。
けれど風雨にさらされたせいか、いくつかは崩れて下敷きになってしまっていたり。

f0364707_19444639.jpg

樹齢400年の楠です。
福岡にある楠としてはまだ若い方ですね。
それでも堂々とした風格、枝は広がり見上げると眼前を覆うほどです。
その楠の先に、本殿へ向かう階段がありました。

f0364707_19451774.jpg

扁額には「天満宮」の文字。
f0364707_19454889.jpg


本殿が見えました。
f0364707_19462077.jpg



f0364707_19465012.jpg



f0364707_19471711.jpg



f0364707_19474253.jpg



f0364707_19482216.jpg

周りの雑木林にはこれまた大きなイチョウの木も立っていました。
ひんやりとした透明な空気、苔むした階段は、熊本の上色見熊野座神社を思い出させてくれました。

f0364707_19501688.jpg

楠が大好きで、自宅の庭にある木を始め、近くの神社などにある楠を見によく出かけていましたが、いつの間にか他の楠にも会いたくなり、少し遠くまで足を伸ばすようになってしまいました。
一本一本に、まったく違う精霊が宿っているのでしょう、出会う木それぞれにいつも圧倒されてしまいます。

宗像市の市の木は楠。
きっとまだ私の知らないところに大楠がいるかもしれませんね。


平山天満宮
福岡県宗像市吉留


[PR]
# by dawn1225aki | 2016-10-30 20:17 | 巨樹

あまりお天気も良くない中でしたが、以前から行ってみたかった手打ち蕎麦のお店、「つつじ庵」に行ってきました。
山の上の方にありますが、すぐ近くまで車で行けるので安心。(駐車場あり)
でも冬場、道路が凍結したりするとここまで登って来られないようで、お店はお休みになります。
車を降りて砂利道を少し上ると、まるで普通のお家のような雰囲気の「つつじ庵」が。

f0364707_20084597.jpg
暖簾のあるところが入り口です。本当に普通のお宅の玄関のよう。
長いお縁があります。
そして大きな窓。
店内の様子が少し見えます。



f0364707_20093021.jpg

つつじ庵の由来のつつじ園。
店内からも見渡せます。
花盛りの時期になるとキレイなんでしょうね~。
今日はあいにくの曇り空。晴れていれば、遠くに山々が見えているはず・・・
f0364707_20100964.jpg

店内は本当にお家みたいでした。
大きなリビングルームのよう。
木造家屋なのでとても落ち着きます。
f0364707_20114940.jpg

メニューはいたってシンプル。
あまり品数がありません。そういうところにもこだわりを感じますね。
お茶請けに蕎麦を揚げたものが出されました。
そしてそば茶。
f0364707_20122484.jpg

友達2人と一緒に行きましたが、3人とも天ざる蕎麦(1300円)。
色白の更科風の蕎麦ですね~。
細目で食べやすく、コシもあり美味しかったです。
天ぷらは、カボチャ、ピーマン、レンコン、ナス、玉ねぎ、ゴボウ、そしてエビ。
最後には美味しい蕎麦湯が出てきました。
蕎麦湯大好きなので嬉しかった~~!
f0364707_20130751.jpg

窓側にテーブルが並んでいるので、外の景色がよく見えます。
本当にお天気が良かったらどんなに気持ちよかったことか!
(今度は絶対晴れの日にきます!)

f0364707_20134852.jpg

f0364707_20141686.jpg
手打ち蕎麦「つつじ庵」


つつじ庵の後はつい最近も行ったばかりの魚楽園へ。
雪舟庭はこの前見たので、今日はカフェのみです。(お天気も悪いし)
この前来たときは閉店時間の16時ギリギリに到着。
けれどお店の方が、飲み物だけになりますがそれで良ければ、と優しく迎えてくださったのです。
今日はちゃんと大丈夫な時間に来れました。

店内に入るとなんだかオーナメントを飾ったような面白い観葉植物が。
なんだろう・・・? 近づいてみると・・・
f0364707_20145201.jpg

オーナメントではなく、この木の実だったのです。
なんて鮮やかな赤!
遠くから見るとクリスマスツリーのようです。
そして今開いているこの葉っぱ、帰りに見てみたら閉じていました。
f0364707_20152020.jpg

余裕のある空間づくりをされていて、リラックスできます。
席から見える周りの様子がとても素敵です。
f0364707_20154513.jpg

先ほど食事をいただいたので、私と友人1人はデザートです!
栗と大納言の和風ホットケーキ、ドリンク付き(880円)。
頼んだときはあまり気にしていなかったのですが、このあんこの量!そしてお団子まで。
栗に小豆にお団子、更にホットケーキ!
こ、これはデザートというより軽食の域になってしまいました。
f0364707_20164095.jpg

友人その1はフルーツのパンケーキ。(お値段を忘れてしまいました)
キラキラしててキレイで可愛い。リンゴの影にアイスクリームもついています。
パンケーキとホットケーキの違いを聞いたのですがよくわからず・・・
来てみたのを見ると、なるほど。
友人曰く、パンケーキは小さいけどずっしりと詰まった感じがして、お腹に溜まる~と。
(いやいや、ついさっきお蕎麦を食べてるんだから、パンケーキに限らずだよ(笑)
ホットケーキのほうがふんわり軽やかな感じでしょうか。
f0364707_20170954.jpg

ドリンクのアップルティーが到着しました。
砂時計を設置して待ちます。
向かい側に見えるのは、友人その2が「蕎麦だけじゃ物足りない」と注文した野菜カレーセット。
カレーの上にお野菜がどどんと乗っかって美味しそうでした。
ピクルスとサラダ、お味噌汁、ドリンク付きです。
f0364707_20173853.jpg
デザートがボリュームたっぷりだったので、いただくのに時間がかかりましたが、そのあともしばらく居座っていました。
とても居心地の良いお店です。



つつじ庵で遭遇!
入り口を入ると壁に昇龍の絵がかかってありました。
お店の方に、「これ一筆書きの龍ですよね!」とお尋ねすると、そうです、と。
テレビで製作の様子が放送されたのを見て、そのあとすぐに注文したけれど4か月待ったとのこと。
凄い人気のようです。
私は某動画サイトで見て知っていたのですが、まさか実物を拝見できる日が来るなんて!
感激してしまいました。

f0364707_20182624.jpg
魚楽園 亀草庵(きそうあん)



[PR]
# by dawn1225aki | 2016-10-28 21:04 | そとごはん

御祈願を始めてから5回目の高塚地蔵尊です。

f0364707_00095550.jpg

この日は祈願成就の御礼参りに来ました。
最後と言っても参拝をこれっきりにするつもりはありませんが。
一応、区切りということです。

成就・・・成就と言えるのかどうか。それは考え方次第ではあります。
ある人の健康回復を願い、毎月お願いに来ましたが、回を重ねるごとにその願いは変わっていきました。
どうか苦しむことなく、心が健やかでありますように、と。
最初の祈願が変わったことで、こちらの神様がお怒りになることはないと信じています。
おかげさまで、その願いは叶いました。

しかしながら・・・
今まで居た人がもういない。
なんという喪失感、そして寂しさ。
私もこれまでに人を看取ったことはあります。
けれど今回これほどとは、予想外でした。

気持ちの整理をつけなければなりません。
そういう意味でも御礼参りは必要なことでした。

f0364707_00101576.jpg

f0364707_00103858.jpg
この日はたくさんの参拝客でした。
いろいろな思いを抱えた人たちが手を合わせに来られています。


f0364707_00105578.jpg
祈願文入りのおみくじ。
このおみくじを引くのは最後かな。
今日の縁起物は福狸です。なかなか良いではありませんか。
しかも運勢まで大吉!
祈願文にお礼の言葉を書いて貼りました。


御朱印をいただきました。
f0364707_00110973.jpg

祈願を始めてからの御朱印です。
毎月詣でていたんだな、と今更ながらに気づきました。
それでもたった5回。
5ヶ月でした。
早かったです。

f0364707_00112238.jpg


高塚愛宕地蔵尊
〒〒879-4121
大分県日田市天瀬町馬原3740
フリーダイヤル 0120-417-381 (AM8:00~PM5:00)

http://takatukasan.com/

[PR]
# by dawn1225aki | 2016-10-10 00:03 | 神社巡り

日田祇園祭に行ってきました。
この日は初日の顔見世。
日田駅の前に9基の山鉾が集まり、お客さんの前でパフォーマンスをします。
あいにくどうしても間に合わず、9基そろったところは見ることができませんでした。
(すぐ下の画像はいただきものです)
大きな大きな山鉾が並んでいる様は壮観!

f0364707_08275839.jpg

私がやっと見られたのは外も暗くなってきてから。
山鉾の明かりがひときわ目立っています。
もう顔見世をしてそれぞれの場所に戻る直前のようでした。
一基ずつ前に出て、その場で旋回します。
だいたい一回りなようですが、二度、三度と回る鉾もいて、そのたびに会場は沸いていました。
旋回した後は向きを変え、大通りに出ていきます。
それからそれぞれ、各町の収納場所へと戻っていくのです。
f0364707_08281691.jpg


f0364707_08280795.jpg


f0364707_08282396.jpg


大通りを行くときは良いのですが、街中になっていくと細い道を通らなければなりません。
その時の山鉾の操作が大変で、それも見どころのようでした。
路地でその様子を見ようと待っている人もたくさんいました。
目の前をゆっくり通り過ぎる山鉾を見て、私もドキドキと興奮です。
f0364707_08283143.jpg


見事なさばきで収まりました。
上にいる人はどうやって降りてくるんだろう・・・と興味津々。
横に設置してある非常階段のようなところを渡ってくるのかな?と思いきや、なんとそのまま、鉾の中を通るように下へ下へとスルスル降りてきていました。
f0364707_08284443.jpg

この日は日帰り。
なので、この後すぐに帰途につきました。
大きなお祭りもいいものです。
私は子供のころから地元の山笠に触れて育ってきたせいか、夏祭りが大好き。
時間が許せばもっともっと見に行きたいくらいです。
来年は顔見世だけではなく、最終日を見に行けるといいな~。



[PR]
# by dawn1225aki | 2016-07-22 08:34 | お祭り

自宅から車で約2時間半、片道90キロの道のりを走って到着しました。
佐賀県武雄市にある、武雄神社
今日はどうしてもこちらの神様に会いたかったのです。


f0364707_23031878.jpg

縁結びのご利益のある夫婦檜も素敵な佇まいなのですが、とにかくひたすら目的地へ向かいます。
(先にしっかりとお参りはすませました)

f0364707_23053935.jpg

そう、どうしてもお会いしたかった神様。

武雄の大楠です。

神社の裏の方の鳥居を抜けて、歩道をてくてく歩いていくと竹林があります。
静かで、鳥の声しか聞こえない竹林を抜け・・・ふと前方を見ると。




f0364707_23042779.jpg



パッと開けたその中に、立っておられます。
樹齢三千年。
その姿はまさに神の木・・・
ここだけ空気が違う、光が違う。
言葉にならず、ただ立ち尽くして見つめるだけです。





f0364707_23051596.jpg

根元の方は大きな空洞になっていて、そこには天神様の祠が祀られてあります。
以前は中に入ることができたそうなのですが、今は養生のために木の周囲に広く柵がされてあり、立ち入り禁止になっています。
いつか触れてみたいと思うのですが、そんな日は来ないかもしれませんね。


大楠を側面から見てみました。



f0364707_23335858.jpg

iPhoneのカメラしか持たないので大した写りではありませんが、時々木漏れ日の中に美しい紫色が見えるのです。
光の加減だろうという人もいますが、私がこの光をとらえるのは、木々を撮影したときだけなのです。
それ以外はどんなに角度を変えても見つけることができません。


f0364707_23324203.jpg
紫色がはっきりと。


この日は大事な人が体調を崩してしまったため、健康祈願に来ました。
いつもお薬師様をお参りしているのに、今回は何故かここに来ようと思ったのです。
自宅から2時間半もかかるし、時間も午後になりかけていたので、普段なら別の日にと思うのですが、決行してしまいました。
ところが、渋滞続きで時間はやたらかかるし、やっと着いたと思ったら駐車場は満車。
予定よりずいぶん遅くなってしまったのです。
なんだか色々と心配で不安で、神社に入ったときは少し情緒不安定になっていました。

ところが・・・



f0364707_23331601.jpg

まるで後光がさしているようです。
なんというタイミング。
この時間でないと撮れなかったでしょう。
しかも、この1枚きりです。
シャッターを切って、それからもう一度のぞいたときは、どう角度を変えてもこれは現れてくれませんでした。

楠が、これを撮らせてくれたのかも。



f0364707_23345176.jpg

武雄神社だけの御守りです。
大楠の中で御祈祷したもので、これを持って難病が治ったと、お礼参りに来る人も多いとか。
楠にあやかった願意を祈願するのですから、本当に楠の神様の御守りということですね。
「延命長寿」「病気平癒・無病息災」「商売繁盛・金運」
だそうです。
ほとんど全てを網羅していますね。
凄いご利益!




f0364707_23342705.jpg

御朱印もいただきました。
見開きに捺していただくものと、片面だけのものの2種類あります。
(御朱印料が変わります)
大楠の金印が素晴らしいですね。



自然を崇拝し準じて生きる。
日本人にとって自然は神様そのものです。
だとしたら、どこにいても何をしていても、いつも神様と共にいる、ということ。
この楠を見ると、その存在をしっかりと感じます。





武雄神社

〒843-0022

佐賀県武雄市武雄町大字武雄5335

電話:0954-22-2976

FAX : 0954-22-3517


http://takeo-jinjya.jp/

[PR]
# by dawn1225aki | 2016-07-18 23:01 | 巨樹