f0364707_17271644.jpg

本堂です。
靴を脱ぎ、堂内へ上がって自由に参拝できます。




f0364707_17273141.jpg

開基は行基菩薩。



f0364707_17281836.jpg

あら、猫が。



f0364707_17282746.jpg

なんとまあ。

人が近づいてもピクリとも動きません。
無警戒!(笑)



f0364707_17280047.jpg

そして本堂の横には、ここに集まってきたたくさんのかえるたちが鎮座している「かえる部屋」があります。
こがえる寺にもありました~~。
ご住職が、中国からヒスイのかえるを持ち帰ったことがきっかけで、それから続々と集まるようになったとか。

それにしてもこの量!
すごいですね~。
かえるは腰が低く、常に前へと飛び跳ね、目的を達成すると言われています。
中国では仙人の使いとされているそうです。




f0364707_17280921.jpg

クスノキでできたかえる。
部屋に入った瞬間に香りがしたのはこのためだったのですね。
楠の香りがしました。




f0364707_17290486.jpg

風鈴は1つ500円で下げることができます。
せっかくなので下げてきました。




f0364707_17291470.jpg

下げる場所を探すのがまた大変で・・・あちこちキョロキョロ。
運よく七福神の前が空いていましたので、そこに下げてきました。



f0364707_17292945.jpg



f0364707_17294358.jpg



f0364707_17295339.jpg



f0364707_17300188.jpg



f0364707_17301020.jpg



f0364707_17303200.jpg


ご住職が居られるときは、見開きの御朱印をいただけます。
今日は幸運でした!
かえるの絵。
思わずこちらも笑顔になります。


思い立ったが吉日。
やりたいときにやる。
やりたいことをやる。
お出かけだけではなく、何事もそうありたいです。
後悔のないように。



かえる寺・1

かえる寺・2



[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-03 20:00 | お寺巡り

f0364707_16505943.jpg

お不動様のお堂です。
お不動様もいつも助けていただいている仏様。
南蔵院以来ですね~~。

のうまく さんまんだ ばざらだん かん
(短くてすみません)



f0364707_16582569.jpg

修行大師様の像でしょうか。



f0364707_16585683.jpg




f0364707_17240998.jpg

七福神まで。
その前にはかえるの七福神!




f0364707_17245895.jpg

お水をかけてお参りします。



f0364707_17251084.jpg

ふと横を見ると階段が。
ここが正門からの参道のようです。
私は裏門から入ってきたのですね。

風鈴が凄い。
風がずっと吹き続け、音も鳴り続けています。

階段を降りていったところは山門です。




f0364707_17252650.jpg

順番が逆ですが、山門から改めて。

かえるの・・・金剛力士??
可愛い(笑)。
飯塚の「こがえる寺」にはド迫力の金剛力士像が左右に立っておりますが・・・こちらは何ともかわいらしい。




f0364707_17254519.jpg

風鈴・・・



f0364707_17260002.jpg

この音の中に立ち尽くしていると、まるで別の世界にいるような気持ちになってきます。
なんという音色。
これに祈りを込める気持ちがわかります。
彼岸まで届いているようではありませんか。




f0364707_17262281.jpg

こちらにもかえるくぐり。

・・・せまっ

一人だったので、くぐる勇気は無し。
途中でつっかえたら困りますから~~~(助けもないし)




f0364707_17263843.jpg

手水場の代わりにもなっているのでしょうか。
お不動様にお水をかけ、手を浄めます。



f0364707_17265019.jpg

道守地蔵菩薩、こちらが九州二十四地蔵尊霊場の札所です。
道守地蔵尊とは、人々が道を踏み外さないよう、事故に合わないよう、見守ってくださる地蔵尊です。
ビニール製のかえるがずらり。



f0364707_17274276.jpg

本堂の左奥に入っていく道があり、そこに「癌切不動明王」が祀られていました。
癌になる人があまりにも多い現代。
平成九年に鎮座されたそうです。
のちにお堂が建立されました。
平癒される方も多いそうです。




f0364707_17285370.jpg

白い小さな石にお願い事を書き、真ん中の石をさすりながら祈願します。

本堂へ向かうまでが長いこと。
あちこちで途中下車してしまいます。
ゆっくり時間が取れるときに参拝に来た方がいいですね。

今日は比較的ゆっくりと過ごし、お参りもすることができました。

境内で過ごしている間にお天気が回復してきました。


かえる寺・3」へ






[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-03 18:13 | お寺巡り

f0364707_16425510.jpg

雨のパラつく中、思い立って「かえる寺」に行ってきました。
小郡市横隈にある、かえる寺と呼ばれる清影山如意輪寺。
九州二十四地蔵尊霊場、第十番札所です。
到着してすぐ目に留まったのは可愛いMAP。
すぐそばの雑貨屋さんの駐車スペースに停めてしまったので、とりあえずMAPを見て駐車場を探してみると・・・
なんだかこの周辺は「P」と書いてある場所はどこでもいいみたい。
お寺も雑貨屋さんもカフェも、みんなで仲良く営業のようです。
(なかよしMAPだし)




f0364707_16431917.jpg

雨が降っていましたが、周囲に下げられた風鈴の音に癒されました。
風が強かったのでずっと鳴り続けていました。
今月風鈴まつりがあるそうで、風鈴の下の短冊に願い事を書き、それを境内中に下げて祈願しています。




f0364707_16432968.jpg



f0364707_16433909.jpg

かえるだらけ~~~
所せましとかえるが鎮座して出迎えてくれます。

集まったかえる、以前は3000体、5000体と言われていましたが、一番最近の情報では1万体だとか。
雨の日の訪問はちょうどよかったかもしれません。
かえるも嬉しそう。



f0364707_16441111.jpg

この・・・なんというか、のんびりとした文字(笑)。




f0364707_16442426.jpg

仏様もずらりと並んでいます。



f0364707_16443922.jpg



f0364707_16445044.jpg

道に沿ってかえるのレリーフが続いています。



f0364707_16473105.jpg

かえるくぐり。
かえるの口の中をくぐったら、良縁、仕事運、健康運にご利益があるそうです。




f0364707_16474292.jpg

禅語が刻まれた石碑。



f0364707_16475352.jpg



f0364707_16480459.jpg

ところどころに言葉を刻んだ石板が置いてあります。
元気づけられたり、ハッと気づかされたり。




f0364707_16481937.jpg



f0364707_16484592.jpg

薬師堂。
お薬師様にお会いするのは岩屋神社以来です。

おんころころ せんだり まとうぎ そわか



f0364707_16491984.jpg

堂内に下がる念珠。
これを繰りながらお経を上げたり真言を唱えたりするのですね。


敷地内にはものすごい数のかえると、各々の仏様が祀られたお堂、石碑、石板などがたくさんで、見て回るのがとても楽しいです。
時間があっという間に経ってしまいました。



かえる寺・2」へ



[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-03 17:37 | お寺巡り

f0364707_22421235.jpg

投稿してなかった画像を上げます。
白糸の滝。
阿蘇郡西原村にある隠れたパワースポット。
お天気が悪い上に、16時過ぎという遅めの時間・・・
でもどうしても行きたくて強行しました。




f0364707_22424938.jpg

お立ち岩の上に立つと、滝から離れているのに凄い水しぶき。
マイナスイオンたっぷりです。
滝からの氣をいただけたかな~~~。



f0364707_22435752.jpg



f0364707_22443565.jpg

これを画像フォルダの中に入れっぱなしにしておくのはもったいなくて、投稿です。
素晴らしい滝。
白蛇の伝説もあるそうです。
夏にはそうめん流しも楽しめるとか。
白糸の滝らしいですね。

この日は3月。
下旬とは言え、滝は肌寒かったです(笑)。


白糸の滝






[PR]
# by dawn1225aki | 2017-07-01 22:53 | 熊本

水無月晦日

6月30日は、夏越の大祓でした。
6月と12月の半年に一度ずつ、それまでのケガレを祓い清める儀式です。
神社では茅の輪くぐりをしてお祓いします。
この時期、あちこちの神社にかかっていますね。
新暦でなく、旧暦で行う神社もあります。
去年、そんなことを何も考えずに参拝に行った英彦山神宮に茅の輪がかけてありました。
奉幣殿横の、上宮まで行く参道の鳥居です。
その日は7月31日だったので、きっと旧暦で大祓が行われるのでしょう。

実は気がついたのが今日当日。
どこかの神社にバタバタッとお参りに行こうかとも思いましたが、よくよく考えれば私は何でも旧暦でやっているじゃない。
これも旧暦でいいかーー・・・
と結論。
旧暦の6月晦日にお参りします。

でも今年は閏皐月が入る年で、水無月は7月22日から8月19日まで。
ということは、8月19日が夏越の大祓になるのかな。
うーん。
どうなのでしょう〜



f0364707_20532691.jpg
去年の茅の輪です。





[PR]
# by dawn1225aki | 2017-06-30 23:04 | 備忘録