f0364707_15323183.jpg

2017年11月5日。
阿蘇の朝日を見た直後、前日見事に玉砕した佐賀バルーンフェスタの様子がSNSに続々上がってきました。
今朝は上がったとのこと!
ガーン・・・

この日は気持ちもすっかり熊本で、スケジュールも出来上がっていて、帰宅時間まで決めていたのですが。

時間は午前7時。
悩んだのは一瞬。
熊本はまた行けますが、バルーンは逃すと一年後です。
高速飛ばして行くだけ行こう!ということになりました。


予想通り、会場近くは渋滞。
バルーンさが駅の隣りの久保田駅前に駐車できたのでそこからJRで向かいました。



f0364707_15323916.jpg

ところが、ここでも、線路に飛来物が付着しているために(なんだそれーーー)、運転見合わせ。
9時50分発だったのが10時をとっくに過ぎてからの発車でした。




f0364707_15325096.jpg

会場はすでにバルーンファンタジアが終了。
後は15時からのキー・グラブ・レースしかチャンスはありません。
(その後のライトアップショーは時間が遅すぎて無理でした)

せっかく来たのだから見て帰らないと!と、気持ちの切り替えは早いのでとりあえず食事(笑)。



f0364707_15331279.jpg

今日は米粉麺のきつねわかめうどん。
佐賀市の特産物販売ブースの「うまかもん市場」で出されていました。
米粉100%の麺なのです。
つるつるでコシがあってすごく美味しい!

あー、前の日は豚汁だったなー・・・


途中でこんなものを発見。

f0364707_15332279.jpg

石炭ソフト。

道の駅おおとうのフードコートでも食べたことがあります。
さっそくゲット(⌒∇⌒)♪


f0364707_15333356.jpg

決して、チョコソフトではない漆黒の闇色。
(でも味はチョコ味)

写真を撮ってる最中にも雪崩が起こりそうでした。
そのくらいこの日は暑かったのです。
ソフトクリーム日和♪


f0364707_15334586.jpg

わらびもち日和♪



この時点でまだ13時前。
時間をつぶさないといけないので、すぐ近くの防災センター前で開催されていた、かかしまつりを見に行きました。




f0364707_15310999.jpg



f0364707_15312556.jpg

バルーンの代わりにって・・・いじらしい(´;ω;`)



f0364707_15313528.jpg



f0364707_15340390.jpg

さっそく、明治の賢人たちが出迎えてくれました。




f0364707_15341217.jpg



f0364707_15342166.jpg



f0364707_15344859.jpg



f0364707_15345834.jpg



f0364707_15350656.jpg

今人気のミニオンズ。



f0364707_15351632.jpg

私の一押しかかしはこれ!
ツボにドはまりです。
このキリッとした表情!
いたら一緒に歩きたいくらい。
かかしコンテストの一般投票をやっていたので、もちろんこれに一票です。



f0364707_15352571.jpg



f0364707_15353528.jpg



f0364707_15354675.jpg



f0364707_15355675.jpg



f0364707_15360583.jpg



f0364707_15361558.jpg

まだまだたくさん並んでいました。
ほのぼのとして楽しかったです。

この時点でまだ13時半・・・







[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-09 15:22 | お祭り

f0364707_22255588.jpg

2017年11月5日。
この日は4時出発で阿蘇へ。
大観峰からの朝日を見るのが目的でした。
目的地に近づく頃、まだ空には煌々とお月様が。
十四夜の月です。明るかったです。




f0364707_22263820.jpg

少し離れたところにお星さま。
これは明けの明星でしょうか。
(久しぶりです。あぁ懐かしい)




f0364707_22265146.jpg

空がだんだんオレンジ色に染まってきました。




f0364707_22270331.jpg



f0364707_22271665.jpg

大観峰。
6時18分。
涅槃像が見えるところで待機です。




f0364707_22273366.jpg

九重でしょうか。
噴煙が上がっているのが見えます。




f0364707_22275078.jpg



f0364707_22280742.jpg

6時27分。




f0364707_22283011.jpg



f0364707_22284433.jpg



f0364707_22285922.jpg



f0364707_22313045.jpg

6時37分。
お日様が顔を出し始めました。




f0364707_22314877.jpg



f0364707_22322301.jpg

6時41分。
出てきました。




f0364707_22323942.jpg



f0364707_22330382.jpg



f0364707_22331527.jpg

草原の草が黄金色に輝いています。




f0364707_22332581.jpg



f0364707_22333797.jpg



f0364707_22335044.jpg



f0364707_22340581.jpg

この日は見事な朝日で、思わず両手を合わせていました。
厳粛な気持ちになります。


ものすごく寒かった!
写真を撮り終わり、戻ろうとする頃には手がかじかんで動かなくなってました(笑)。
でも、朝焼けの中の涅槃像も見られたし、来て良かったです。







[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-08 22:11 | 熊本

f0364707_16502567.jpg

11月4日。
超朝活だったので、午後はもう帰途につく予定で車を走らせていました。
すると、ナビの中に「御手洗の滝」と出てきました。
しかも帰り道沿いです。
かなり迷いましたが結局滝の魅力には勝てず寄ることに・・・

御手洗の滝。
「みたらい」と思っていたら、「おちょうず」
昔、修験道の行者が修行中ここで手を洗ったことからそう言われているそうです。
案内板を見るとキャンプ場にもなっています。
そこにも駐車場があるので車で行けるのかなと思ったのですが、車止めが設置されていて徒歩でしかダメなようでした。
シーズンオフだからかな。

それほど長距離でもなさそうなので歩いていきました。




f0364707_16512638.jpg



f0364707_16515985.jpg



f0364707_16521853.jpg

道はきれいに整備されています。




f0364707_16523864.jpg

坂道ですが、ゆるやかで道幅も広いのでなんとか大丈夫。
でもやっぱり息切れしました。
体力がないとは思わないのですが、山歩きに慣れていないからでしょうね。
効率よい体の使い方をしていないのです。
(あぁここでも・・・)
結局私は自分の身体を上手に使えていないのですね。
それって訓練と慣れで何とかなるものなのでしょうか。
(´Д`)ハァ…



f0364707_16530094.jpg



f0364707_16532584.jpg

キャンプ場近くの東屋が見えてきました。



f0364707_16534921.jpg



f0364707_16542957.jpg

水が湧いているところがありました。




f0364707_16544944.jpg

川沿いを歩けるようになっています。
水の流れが速いので、小さい子が落ちたら大変かも。




f0364707_16554848.jpg

ここから先の案内図です。
こうしてみると御手洗の滝まですぐのように見えますねーーーー(笑)。




f0364707_16560454.jpg



f0364707_16563061.jpg

キャンプ場に入るところでお大師様が見守ってくださっています。



f0364707_16565183.jpg

仏様。
こちらはどなたでしょう。
密教の御本尊は大日如来だから、そうなのかも。

熊本の金毘羅杉に行ったときも、山道を散々登って行きましたが、道々にお大師様の石像がお祀りされていました。




f0364707_16572796.jpg



f0364707_16574642.jpg

キャンプ場を抜けると道がどんどん険しくなってきます。



f0364707_16580622.jpg

川を左側に見ながら登ります。



f0364707_16583559.jpg

登山の様相を呈してきました・・・

途中で湧き水が。



f0364707_16590140.jpg

本当に山道です。
なんか最近こういうとこ行くの多いな・・・

そしてだんだん滝の音が大きくなってきました。
ふと上を見上げると黄色に色づいた葉っぱが見えました。
疲れが吹き飛びます。
緑の中にパッと浮かび上がる黄色。



f0364707_16592964.jpg

滝とツーショット。(かなりギリギリ(笑)




f0364707_17004296.jpg

着きました!
御手洗(おちょうず)の滝です。





f0364707_17022192.jpg

水しぶきが舞い散っています。
マイナスイオン~~~~♪♪




f0364707_17024619.jpg

滝の真横にもっと上に上がる石の階段がありました。
そこを上っていくと、岩穴のような祠があり、その一番奥に大日如来が祀られていました。
暗くて姿がよく見えませんでしたが、後で調べて大日如来だとわかりました。
その手前にはお大師様の像。
すぐ横に滝が流れているので迫力です。
ちょっと怖いくらいでした。



f0364707_17030921.jpg

上から見た滝つぼ。


これも後から知ったのですが、お不動さまもどこかにお祀りされているそうなのです。
滝と言えば不動明王。
南蔵院でもたくさん祀られていましたから。
見つけることができず残念でした。




f0364707_17035230.jpg

下りの早いこと!
幸い滑ることもなくサッサと下りられました。
途中の二の滝。




f0364707_16510570.jpg

滝はやっぱり気持ちがシャッキリとなりますね。
身体の中の澱んだものを、全て吹き飛ばしてくれるようです。
そのために山道を登らなければならないのもまたいいことです。
苦しい中でひたすら登っていると、無心になります。
その時間が良いのですね、きっと。

無心になる時間。

マイナスイオンもしっかり浴びました。


寄り道が多い旅も終了。
この後はちゃんと帰宅しました(笑)。



4日は、バルーンフェスタ→シチメンソウまつり→やまびこの湯→三瀬そば→御手洗の滝→帰宅、という流れ。
歩数は、10816歩でした。
よく歩いた~~







[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-06 17:33 | 自然・散策

三瀬温泉 やまびこの湯を出て、三瀬と言えば三瀬蕎麦!そりゃー食べないと!
近くのお蕎麦屋さんを探しました。

すると、名前の知られた「三瀬そば」をすぐ近くに発見。
以前、違うお店に行ったときに、そのお店の前を通り過ぎて行ったのです。
車がたくさん停まっていたのを思い出しました。
多いかもしれないと思いつつ、そこへ向かうと案の定・・・
駐車もできないくらいの多さでした。

そこで、隣接しているもう一軒のお蕎麦屋さんへ。
「大八そば」さんです。
(そこも多かったけど、三瀬そばほどではなかったです)




f0364707_12331341.jpg



f0364707_12325864.jpg

こっちもほぼ満席に近いお客さん。
「三瀬そば」さんの影響もあるのかもしれませんね。




f0364707_12332444.jpg

そばの特徴、効能が書いたポスターが貼ってあります。
へーー、お蕎麦一杯食べただけですごい量の胚芽なんですね。




f0364707_12333335.jpg



f0364707_12334273.jpg



f0364707_12335610.jpg



f0364707_12340819.jpg

向こうが山菜そば。
手前がごぼう天そば。

温かい蕎麦はあまり食べないのですが、この日は雨がとうとう降りだして寒かったので思わず温麺にしました。
温めるとコシが弱くなるお蕎麦が多いのですが、これはしっかりしていました。
歯ごたえもあって、美味しかったです。

ごぼう天蕎麦は650円+税3%(笑)。


この日4日は超朝活だったので、お昼過ぎには帰路へ着く予定。
雨は降っていましたが、日が差してきたので周りを見ながら車を走らせていると・・・


f0364707_12341905.jpg

虹!!!

しかもこんな低いのは初めてです!!

山の深い緑を背景にして、くっきりでした。
思わず近くの空き地を探して停車。




f0364707_12343254.jpg

しっかり撮りました。
半円が低すぎて、まるで彩雲のよう。
珍しかったです。









[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-06 12:26 | そとごはん

f0364707_10500196.jpg

バルーンフェスタからシチメンソウまつり、その後向かったのが三瀬村。
実はフェスタ会場の物産ブースで見つけた三瀬の柚子胡椒がとっても美味しそうで欲しかったのですが、数が少なく品切れ。
そこの方が、三瀬の物産ですから扱っているお店がありますよ、と教えてくださったのが、ここやまびこの湯・・・・
・・・のちょうど向かい側の物産館。(写真はありませんが)
着いたときは空模様が怪し気で今にも降りそうな雰囲気。
きっと午後からもバルーンは飛ばないだろうな、と空を見上げて思いました。ホントがっかり😞(そのときは。それから先、驚きのオチあり)

無事、購入し、ここまで来たからにはと温泉へ。




f0364707_10501359.jpg

これが物産販売所。




f0364707_10502459.jpg

やまびこの湯、入り口です。

靴は有料ロッカーに。(100円ですが返却されます)
入浴券、タオルなどのアメニティ、そして整体・マッサージなども券売機で先に券を買ってから受付へ。
50分4000円、30分3000円、20分2000円だったかなー(しっかりチェック(笑)。



f0364707_10503539.jpg

車もそこそこ停まっていました。
けれど土曜ということを考えると少ないです。
平日はもっと少ないかも。

やまびこの湯のキャラクターが可愛いです。
オリジナルタオルにもついています。
今週はこちらの長寿の湯、というのが女湯。


脱衣所には10円の有料ロッカーあり。
よくある、すぐに扉が閉じてしまうパターンのロッカーなので、ちょっと着替えにくいです。
だいたいその手のものが多いですから仕方ないですね。
浴室は広いです。
一見シャワーが少なく見えますが、すぐ隣にも同じ広さの浴室があり、そこにも同じようにシャワーが何台かついていますから、そちらに行けば大丈夫。
入ってすぐの浴槽は通常の湯温。
隣りの浴槽はぬるめの湯温になっていました。

もちろん私はお隣へ。
ぬるい湯温の浴槽があるのは嬉しいですね~~♪
うっすらと黄色味がかって見えるお湯でした。
打ち身や五十肩(嬉しい)、神経痛、麻痺、そして高血圧や動脈硬化症などに効能あり。

露天もありますが、狭かったです。
男湯の「招福の湯」の露天は写真で見た限りですが、まだ広そうです。




f0364707_10504361.jpg

館内の様子。

休憩できる広間がありました。
広々としています。



f0364707_10505153.jpg



f0364707_10511340.jpg



f0364707_10512391.jpg

さりげないお花の飾り方がいいですねぇ。
トルコキキョウ、カスミソウ、バランスよく生けてありました。


f0364707_12261857.jpg






浴室内は撮影できなかったので、お借りしてきた画像です。↓


f0364707_10553365.jpg
※HPからお借りしてきました

f0364707_10555770.jpg
※HPからお借りしてきました
「長寿の湯」の露天風呂







三瀬温泉 やまびこの湯(公式)



[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-06 10:48 | 温泉巡り