f0364707_21163552.jpg

バルーンフェスタの会場から車で約30分ほどのところでシチメンソウまつりが開催されています。
東よか干潟公園。(11月4日です)
海水に晒されながら干潟で育つシチメンソウ。
四季を通して、緑、ピンク、赤と色が変化していくのでシチメンソウだそうです。
この時期は赤く色づき、海岸は真っ赤になるはずだったのですが・・・

ちょっと色が・・・。




f0364707_21164744.jpg

こういうものなのか、それとも来るのが早かったのか遅かったのか???
何しろ初めてみる植物なのでよくわかりません。



f0364707_21165922.jpg

ムツゴロウの絵。


f0364707_21183999.jpg

少し近づいてみるとこんな感じ。


f0364707_21184988.jpg

土曜日だったので観光客がたくさん。
ツアーのガイドのような雰囲気の方が説明してくださっているのを小耳にはさんだところ、ここ数年色づきが悪いのだとか。
塩分濃度が下がっているそうなのです。
しょっぱいほど色づくということでしょうか。
不思議な植物です。
この干潟は希少動物である海鳥たちもたくさん飛んでくるので、花?が終わったシチメンソウを剪定すると、どんどん出てくる若芽が食べられてしまうので、切ったりせずにそのままにしておくそうなのです。
なので、茶色になってしまった古いシチメンソウも一緒になっていて、そのため鮮やかさに欠ける部分もあるそうです。




f0364707_21190185.jpg

満潮になると海水がこうやって流れ込んできます。




f0364707_21194629.jpg



f0364707_21195752.jpg



f0364707_21200937.jpg



f0364707_21201815.jpg



f0364707_21202806.jpg

更に間近で見ると、おお~、なんだかキレイ。



f0364707_21203706.jpg

やっぱり海草の仲間になるのかな。
多肉植物のようです。
(触ってませんが)




f0364707_21204513.jpg

公園内では地元の物産も販売されていました。
野菜や果物などなど。

子どもたちのために干潟の生き物の展示もありました。

これは有名なムツゴロウ。
私も滅多に見ません。



f0364707_21205443.jpg

ワラスボ。
顔が怖い(笑)。




f0364707_21210432.jpg

シオマネキ。

片方のハサミが大きいですね~。




f0364707_21254520.png

シチメンソウまつりのチラシ。
こんなに真っ赤になるんですねーー!
こういうとき見てみたい。

でもシチメンソウという植物を知ったのは初めてです。
おまつりまであるというのに、世の中まだまだ知らないことだらけですね。
もっと見たいし知りたい。

去年から今年にかけて、私の周りで思いがけず早く亡くなる方が多いです。
今度会ったら、とか思っていたらその今度がもう来ない。
今度行こう、と思っていても、その今度がもう来ないかもしれません。
世界の知らないこと全部を見て回れるとは思いませんが、琴線に触れるものは出来る限り目にしたいです。
そして大事な人とも、今の自分の精一杯で関わりたいと思うのです。

まあ、それほど切羽詰まった生き方をするには私はボンヤリし過ぎているんですけどね。
基本、ボンヤリのんびりが好きですから。
だから常にこうやって思い返していかないと、そのまま人生終わってしまいかねないのです(笑)。







[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-05 21:28 | お花見

f0364707_17391717.jpg
バルーンフェスタ・1



強風のため午前中の競技は中止、との放送を受け、ガッカリして帰路に着こうとしていたら・・・

何やらブースの端の方に人だかり。




f0364707_17392720.jpg

バルーンのようです。
広げているみたい。

え、もしかして立ち上げてくれるの??と期待が高まりました。

集まっていたのはHONDAの気球スタッフの方々。
競技を見られなかった私たち観客のために、一基だけ立ち上げてくれることになったのです。
HONDAのアシモくん気球です。




f0364707_17393846.jpg

最初は冷風を入れるとか。
ゆっくりと膨らんでいく気球。




f0364707_17394773.jpg

スタッフが気球に繋がれたロープを一本ずつ持ち、バランスをとっています。
あれ、かなりの重さですよね。
そうしながらも、あっちにユラリ、こっちにユラリと風の影響を受けています。
本当に立ち上がるのかハラハラしました。




f0364707_17400009.jpg



f0364707_17401360.jpg

ロープでバランスを取るスタッフさん・・・
すごく大変そう。
下のバスケットは風に煽られないように、20人がかりで押さえているそうです。




f0364707_17403175.jpg



f0364707_17404674.jpg

上がりました!!
バーナーで熱風が入れられています。

会場内から拍手。
そしてHONDAのスタッフさんたちからも、バーナーでボーッ、ボーッとお返事が(笑)。





f0364707_17410615.jpg



f0364707_17412125.jpg



f0364707_17415997.jpg

アシモくんの手が、まるで振っているようにユラユラヒラヒラと動いていました。




f0364707_17430839.jpg

向きを変えて。
こちらが正面。




f0364707_17432666.jpg

たった一基だけでしたが、とても素晴らしい光景です。
嬉しかったです!!!
HONDAの皆さまに感謝です。



f0364707_17440236.jpg

来年はたくさんのバルーンがこうやって浮かんでいる姿を見たいなあ。




f0364707_17441697.jpg

万国旗のシルエットが揺れています。




f0364707_17443573.jpg

物産館のテントで豚汁セット、400円。
佐賀米のご飯がとても美味しかったです。
寒かった身体も温まりました。

たくさんのバルーンは見ることはできませんでしたが、運営スタッフさんたちの一生懸命な思いが伝わりました。
会場にいた人も嬉しい気持ちで帰れたのではないでしょうか。

競技を見るはずだった人たちがダダーーッと飲食ブースや物産ブースへ殺到したので、どこもかしこも大賑わいでした。
フェスティバル、って雰囲気満載で、とても楽しめました。








[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-04 18:18 | お祭り

f0364707_17355769.jpg

念願の佐賀バルーンフェスタに行ってきました。
出発したのは11月4日、フェスタ4日目の午前3時。
会場である嘉瀬川河川敷の専用駐車場が5時に開くということだったので、間に合うように出ました。
ところが5時前に到着したのに既に大渋滞。
どんどん車が入ってきました。
物凄く広い駐車場だったので、それほど待たずに入れましたが、会期中キャンプをして泊まり込んでいる人たちも大勢いたようで驚きました。
普通の駐車場とは別にキャンプスペースの区画もありました。
キャンピングカーもたくさん!

車を停めたところは、競技会場から徒歩30分くらいのところ。
シャトルバスにも乗れますが、歩いて向かいました。




f0364707_17361187.jpg

まだ暗い空には十四夜の月が煌々と。
明るかったです。



f0364707_17362803.jpg

沈みかけていたのでより一層大きく見えて、思わず何枚もパチリ。
バルーンよりまずお月様の鑑賞でした。



f0364707_17363760.jpg

ちょうど河川敷の木々とマッチして本当にキレイでした。



f0364707_17364986.jpg

出るときはかなり雨が降っていましたが、佐賀県に入ると晴れていました。
その代わりかなりの風が吹いていたのでバルーン競技も決行されるかどうか怪しいところ。
風が強いと上げられないのです。

そしてやっぱり寒い。
防寒対策をしっかりしていて良かった。




f0364707_17365857.jpg

テクテク歩いて、やっと会場入り口。




f0364707_17370783.jpg



f0364707_17372208.jpg

この時間なのにほとんどの出店が開店していました。
こうしてみると本当にお祭りですね。
(早朝で人は少ないですが)



f0364707_17373149.jpg



f0364707_17374299.jpg

おなじみチョコバナナ。
ただ、チョコレートがかかっているというわけではなく、凝っています。
ミニオンバナナかな~?可愛いです。




f0364707_17375519.jpg

祐徳の梅ヶ枝餅。



f0364707_17380644.jpg

生地の上にあんこ、その上に生地を絞り出します。
まるでソフトクリームをかけているような感じで面白かったです。




f0364707_17381444.jpg

見た感じ太宰府の梅ヶ枝餅と変わりませんが、かなりもちもち、そしてトロッとしていますね。
食感が全然違います。
これはこれで美味しいです。



f0364707_17382304.jpg

バルーンさが駅。

こんな駅があったなんて知りませんでした!




f0364707_17383504.jpg

競技会場の河川敷に到着です。
遠くには歩いてきたばかりの出店通り。
明るくて賑やかです。



f0364707_17384478.jpg

気球の柵!




f0364707_17385385.jpg

通常なら、この広場にたくさんのバルーンが係留してるそうなのですが、今日は一基もなし。
風が強くて係留もできないほどだったのです。

ほどなく放送が入り、午前中の競技は残念ながら中止との発表がありました。
本当に残念!!!(涙)

まだ風がマシなときは、飛ばなくても膨らませて立ち上げてくれるパフォーマンスが見られることもあるのです。
でも全然でしたね。
強風だと煽られて危険が伴うので仕方ありません。
諦めて帰るしかないと歩き出したところ・・・


バルーンフェスタ2へ続きまーす。



f0364707_17391717.jpg





[PR]
# by dawn1225aki | 2017-11-04 17:35 | お祭り

f0364707_10181131.jpg

すごーく懐かしい写真を掘り出してしまいました。
一昨年12月に京都に行ったときのものです。

一昨年~~~!(どれだけ放置していたの)

数年間伏見区に縁があったのに、最大級の関心のある酒蔵には一度も足を運んだことがなかったので、この時は思い立って行ってみたのです。
記憶は鮮明なようでそうでもなく。(笑)
とりあえず写真をあげておきます。





f0364707_10202530.jpg

多分、京阪線の伏見桃山駅で降りて歩いて行ったかと。
初めて行くところでルートも全然わからなかったのに、(おまけに方向音痴なのに)適当に歩いて行きました。
良い度胸をしています。
それでも目的地に着いたのですから酒好きの勘は侮れない。




f0364707_10204858.jpg



f0364707_10211030.jpg

よく見る風景♪ と思ってテンションが上がりました。




f0364707_10214543.jpg



f0364707_10220984.jpg



f0364707_10222990.jpg



f0364707_10224713.jpg

伏見はあちこちで美味しい湧き水が出ているので、お酒も美味しいのだそうです。




f0364707_10231305.jpg

黄桜だったか月桂冠だったかもう覚えていません・・・




f0364707_10233633.jpg



f0364707_10242965.jpg


ここは写真の中のお箸袋に店名が書かれてあったので大丈夫。
商店街の中にあるこのお店は、お酒屋さんですが、店内で京都の地酒を盃一杯から利き酒のように飲むことができるお店です。
お酒の種類ごとにお値段が違います。

京都在住の友人にメールで色々聞きながら、お勧めのお酒を試してみました。


一人で利き酒をする女。(アリですか、ナシですか?)
これシリーズになりそう



f0364707_10245056.jpg

ちゃんとお酒の瓶も置いてくれるんです。
どれを飲んだかがわかります。



f0364707_10251065.jpg

失敗だったのは、最初に良いお酒を飲んでしまったこと。
後になるにつれてランクダウンのお酒を飲んでいったので、やっぱり味が・・・
ていうか、こんなに飲むつもりはなかったもので。

盃一杯ずつって曲者ですね。
キュッといけるので、ついつい数を飲んでしまいます。
と言っても9杯ですけどーーー。
お銚子にしたらどのくらいかな?
大した事ないですよね?
ね?
ね?




f0364707_10253279.jpg



f0364707_10255620.jpg



そういえば、油長に行く前に月桂冠酒造でも3杯くらい飲んでました(笑)。





吟醸酒房 油長




[PR]
# by dawn1225aki | 2017-10-30 22:30 | 自然・散策

f0364707_22195243.jpg

大分県日田市の大原八幡宮のほぼ敷地内と言っていいほど近くにある、大はら茶屋。
八幡宮がとても気になったのですが、閉店時間が近づいていたので、そちらは諦め茶屋へ。




f0364707_22204013.jpg

竹林の中を進んでいきます。




f0364707_22210082.jpg

竹に囲まれたお雛様!
そう、この日は2月も末。お雛様が飾られる時期でした。
茶話会しているみたいです。



f0364707_22212072.jpg



f0364707_22213525.jpg



f0364707_22220507.jpg



f0364707_22230527.jpg



f0364707_22234816.jpg

大はら茶屋の「花てぼ弁当」
このお店のオーナーが摘んでこられた山菜などを使って、一品一品丁寧に作られています。
(亀の井別荘の総料理長を務められていたそうです)

てぼ、というのは、うどんなどをゆでるザルに柄を付けたもの、だとのこと。
確かに柄付きのザル(というかカゴ)ですね。
その中に所せましと詰められたお料理・・・
お弁当と言う名前にぴったりで、ワクワクします。



f0364707_22241173.jpg

当時は天ぷらの種類も覚えていたのですが、何しろ2月のことなのでもううろ覚え・・・
やっぱり記事はすぐにアップしないとダメですねー。

けれど私にはとても嬉しいお料理でした。
山菜万歳!!!(笑)




f0364707_15191887.jpg


緋毛氈の敷いてある台に傘が立っています。
バックの竹林と相まって良い雰囲気ですね。

今度はすぐお隣の大原八幡宮へも参拝に行きたいです。





[PR]
# by dawn1225aki | 2017-10-29 21:44 | そとごはん