2016年7月23日に英彦山神宮に参拝。
参道沿いにある修験道の宿坊を見学しました。
画像だけ上げます。
f0364707_11365754.jpg

f0364707_11381084.jpg

f0364707_20363623.jpg

f0364707_20372896.jpg

f0364707_20380232.jpg

f0364707_20381921.jpg

f0364707_20384179.jpg

f0364707_20390073.jpg

f0364707_20392828.jpg

f0364707_20401940.jpg
駆け上がり大会って・・・・
絶対無理~(笑)。



ここの財蔵坊の管理をなさっている方のブログです。
英彦山の美しい自然の姿がたくさん掲載されています。

英彦山からの便り




[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-26 11:33 | 古民家・建物

f0364707_10151142.jpg

明治の館と並ぶ、グリーンピア八女を代表する建物、「旧伊佐邸」です。
1815年に福岡市に建築された「油屋」を、昭和55年に黒木町が譲り受けてこの地に復元されました。
時代を感じさせる建物です。



f0364707_10154216.jpg

喫茶や雑貨屋さんとして営業されていたようですが、現在は休館中です。
看板にその名残がありますね。
奥に見える暖簾も昔使われていたものなのかも。




f0364707_10160780.jpg

裏へ回ってみると、スゴイ!
「ザ・厠!」的な雰囲気で立っています。
トイレです。
これも昔通り復元・・・?
お店が営業していたころは実際にここがお手洗いだったのでしょうか。
定かではありません。

昔はこうやって外にトイレがあったのですよね。
なんという・・・裏はうっそうと樹木が生い茂った山ですよーー。
怖すぎます。

(あ、これは移築されたのでしたっけ)




f0364707_10163975.jpg

休館中とはいえ、ちゃんと手が入れられています。
刈り込みもキレイです。

裏が山や雑木林というのは、どうやっても薄暗くて湿気が多いのです。
そのせいか、こちら側の雨戸はかなり傷んでいる様子。
もう開け閉めできないのではないかな。
修繕もできないのかも。
重要な建築物だそうなので、すごく勿体ないです。



f0364707_10171871.jpg

キレイな形の植木とは裏腹に、傷んだ雨戸が寂しいですね。
縁台なんて、少し形が変わっていてオシャレなのです。
開いているときにもっと見たかったです。




f0364707_10175978.jpg



f0364707_10182543.jpg

伊佐邸概要。
この看板も気合が入っています。
当初は明治の館と一緒に中心的存在の古民家だったのでしょうね。

このまま朽ちていくのかなーーー(涙)





[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-26 11:23 | 古民家・建物