f0364707_22144537.jpg

若杉山のお蕎麦屋さん「文治郎」さんに向かう途中、またまた気になって仕方がない一画あり。
何だろう、ここ・・・と思いながら通り過ぎ、鳥居が目に入ったので神社だとわかりました。
まずはお蕎麦屋さんへ行き、帰りに再びここに立ち寄りました。

「太祖宮」と書かれた扁額。



f0364707_22153390.jpg

どうして気になったか、ここに立った瞬間にわかりましたが、とにかくこの神社も並々ならぬ由緒を感じさせます。




f0364707_22160381.jpg



f0364707_22163662.jpg

ご由緒。
なんだかよくわからない・・・
でもよく読むと、
祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)。
神功皇后が三韓征伐の折に御神託を受けてここにお祀りになったとのこと。
かなり立派な神社ですね。
若杉山の山頂に上宮があり、ここは下宮。



f0364707_22170639.jpg

いったい今までいくつ、神功皇后にまつわる神社にお参りしたことでしょう。
福岡は朝鮮半島に一番近いですから、征伐のためにこの地に来られることは当然と言えば当然。
おかげで歴史の足跡が感じられ、面白いです。
(最近はその神功皇后が倒したと言われる、朝倉の羽白熊鷲も気になっていますけど)




f0364707_22173987.jpg

狛犬さん。
独特の顔をしているので思わずパチリ。
後でご由緒を見ると、有形文化財指定の狛犬があるとか。
拝殿の前にもう二体いますが、多分こちらの方でしょうね。


f0364707_22181119.jpg



f0364707_22192555.jpg



f0364707_22200594.jpg

ここにも土俵があります。
ホントに今時、土俵のある神社は珍しいのですよ~~。





f0364707_22205354.jpg

拝殿。
こちらにいる狛犬さんはよく見かけるお顔立ち。
文化財はやっぱりさっきの方だろうなー。




f0364707_22230950.jpg

拝殿とご本殿。
この太祖神社には伝承されてきた太祖神楽があるそうです。
年に二回、保存会の方々によりお神楽が奉納されます。
新しい立派な拝殿ですが、ここで舞が行われるのでしょうね。




f0364707_22244101.jpg

やっと真打登場!

何故気になったのか・・・の理由です。
絶対この木の集団が呼んでました。
オイデ~って言ってる!絶対!(笑)
なんでしょうね~~、この空間。




f0364707_22252676.jpg

呼ばれたら行かなきゃ。


f0364707_22255607.jpg

囲まれてる感満載。
今日も呼んでくれてありがとう。




f0364707_22263929.jpg

ご本殿の裏の方にもこんな立派な木がいました。



f0364707_22271739.jpg

一番大きかったのがこちら。
注連縄も何もなかったのですが、御神木の風格をたたえています。




f0364707_22274971.jpg



f0364707_22282499.jpg



f0364707_22293631.jpg

やっぱり楠は温かい感じがします。
この後ろに大きな別の木が立っていたのですが、触れて比べてみると感覚が違うのがわかります。
楠に慣れているからかもしれません。

けれど・・・気になって仕方がないところにはいつも楠がいますねぇ。
こればっかりはずっと前からなのです。
本当に不思議です。
もうほとんど心の友ですね(笑)。




f0364707_22184067.jpg

銀杏の木もいました。
新しい命が根元から。
こんなにちっちゃくて、木というよりは茎みたいなのに、ちゃーんと葉っぱがついています。
いじらしいです。

上宮には途中まで車で行けるようです。
今度は登ってみたいです。



太祖神楽

[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-04 22:23 | 巨樹

津江神社(八女市黒木)

f0364707_07480989.jpg

八女市黒木の町の中に入る手前、道路沿いにいきなり現れた神社。
津江神社です。
案内板には「津江神社の樟」とあるので、えっどこどこ?と見まわすと、鳥居の向こうにスックと立った大きな楠。


f0364707_07480196.jpg


見事な立ち姿です。
もっと下の方から枝分かれして伸びている姿の木ならよく見かけるのですが、これは上の方まで幹が真っすぐ。
絵に描いた木のようです。



f0364707_07445103.jpg

裏には広いスペースがあるのですが、根っこの養生のために車は進入禁止です。
木の周囲も大きく柵がしてあり、中へは入れません。

てくてくと歩いて近づいていくと、たちまち両手に反応がきました。
一時期弱まっていたのですが、このところよく感じるようになりました。
四十肩で神経過敏になっているせいでしょうか?(まさかね~)
何かの本で、木々と交流するときは、木の幹に手のひらをベッタリとくっつけるのではなく、少し離して木からのパワーを手に受けるようにするのだとありました。
そうしてみると、近づいたときの反応とはまた違った感覚を手のひらに感じます。
ジーンとくるような・・・
時には手のひらだけではなく包み込まれるような感じになるときもあります。

2年位前は手のひらがビリビリするような感じだったのが、だんだん治まってきて穏やかな感覚になりました。
変化していくのですね。



f0364707_07450032.jpg

樹齢は800年以上のようです。
根元も隆起していてたくましいですね。
まだまだ元気いっぱいの楠です。



f0364707_07451273.jpg



f0364707_07452761.jpg



f0364707_07454168.jpg

土俵がありました。
昔は神社と言えば、こういう土俵がどこでもあって子供相撲などよく開催されていたのですが、今は滅多にありませんね。
珍しいです。



f0364707_07455174.jpg

境内へ入る門の前にも楠がありました。
こちらは横たわっています。



f0364707_07460630.jpg

この楠は触れる!と思っていそいそと近くに行くと、どこからともなくアゲハ蝶がヒラヒラ・・・
そして木のところまでくるとフッとどこかに行ってしまい、わからなくなりました。
小動物を見たり、日ごろ見ないような生き物を見たりということがあると、それは神様が歓迎してくれている証だそうです。
昆虫はどうなのでしょう。
アゲハ蝶、と言えば思い当たる方がいるのですが、まだご健在なので、きっとこの日は神様の歓迎の証だと思います。
わーい(⌒∇⌒)



f0364707_07461896.jpg



f0364707_07463863.jpg

門の真正面に拝殿が見えます。



f0364707_07470791.jpg

門の中。
左右に狛犬さんと右大臣左大臣の装束の像がいました。
門番なのでしょうか。



f0364707_07470026.jpg




f0364707_07464671.jpg

拝殿です。
改築されたようでとてもキレイになっています。




f0364707_07471635.jpg



f0364707_07472589.jpg



f0364707_07473285.jpg

ご本殿。




f0364707_07474046.jpg

これはいったいどなたを祀っているのでしょう。




f0364707_07475442.jpg

850年祭記念の灯籠。
この神社が850年ということは、あの大楠もそのくらいの年齢なのでしょうね。

他にもあちこち末社が祀ってあったのですが、ここは帰路の途中で偶然見つけて訪ねたこともあり、あまり時間がなかったのでゆっくり見学ができませんでした。
けれど思いがけず、出会うことができてとても嬉しかったです。
こうやって偶然見つける率がかなり高いということは、やっぱり楠はちゃんと呼んでくれているのだなぁって思います。


f0364707_07500229.jpg
(2017年6月22日)





津江神社

津江神社の大楠

[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-23 07:51 | 巨樹

国指定天然記念物の金毘羅杉に行ってきました。
下調べをしていったのに結局迷ってしまい、地元の方に聞いてやっと入り口の鉄製の階段を発見。
(注意して見て行かないと見逃します)

あまり使われてなさそうな錆びた鉄階段・・・

f0364707_21241051.jpg


f0364707_21344846.jpg
鉄階段を上ると更に石段が続きます。


f0364707_21364375.jpg
周りはほとんどこんな状況です。
雑木林に囲まれ、岩肌に囲まれた中を登って行きます。

f0364707_21354592.jpg
途中で分かれ道がいくつかあるのですが、まるで道案内のように石仏が鎮座してあるのです。
ひとつひとつに手を合わせながら、石仏が座っておられる方へ進みます。

f0364707_21372704.jpg
いったい・・・・

何処を通るの?


f0364707_21374905.jpg
何処を・・・?



多分、長年の風雨で足場が崩れたのでしょう。
丁度よい具合に倒木が横たわっているので、それを手すり代わりに掴まりながら斜面を渡ります。
(ところが四十肩を患っているくせに、とっさに悪い方の右手で木に掴まってしまい、激痛に苦しむことになりました。こんな岩場の斜面で・・・)



f0364707_21382765.jpg

そして、この二体の石像(お大師様と仏様ですね。お名前はちょっとわかりませんでした)の前に出てきました。
右に進むと、目的地はすぐです。

f0364707_21385199.jpg
進んでいくと見えてくるのですが、ちょうど逆光で巨木に後光が差し、まぶしくてなかなか視認できず。
徐々に表れた姿を見ると思わず震えました。

f0364707_21391476.jpg

素晴らしい杉です。


f0364707_21395505.jpg

金毘羅杉。樹齢1000年だそうです。



f0364707_21402167.jpg


f0364707_21413671.jpg


f0364707_21415875.jpg

地元の人たちに大切にされているのですね。


f0364707_21410316.jpg

登ってみてわかったのですが、私が来たルートとは別に、県の史跡のある場所から入るルートもあるようでした。
多分、教えてもらったこのルートは地元の人の最短ルートなのでしょう。
迷って地元の人に出会ったことも何かの巡りあわせかもしれません。


f0364707_21381153.jpg

あちこちで見かけたマムシ草。
マムシが鎌首をもたげているように見えるからついた名だとか。
けれど、それだけではなく、やっぱり毒があるんですって。
触らなくて良かった!


金毘羅杉はお天気が悪いと足元が危ないかもしれません。
やっぱり晴れの日に歩きやすい運動靴で来るのがベスト。
もうひとつのルートはどうなのかわかりませんが、今回の道はお大師様や仏様たちに護られているように感じました。



金毘羅杉


[PR]
by dawn1225aki | 2017-04-30 22:44 | 巨樹

平山天満宮を後にして、次の目的地は光岡八幡宮。
ここにもパワーあふれる大楠があるそうなのです。

f0364707_20285563.jpg

鳥居の扁額は風雨にさらされ、文字がほとんど読めません。
かすかに八幡宮と彫られているような・・・
それにしても、このしめ縄は面白いです。

f0364707_20292216.jpg

参道を歩いていると左側にすぐに見えてきました。
近づいていくとだんだん手のひらにじんわりと汗がにじんできたのです。
手のひらがビリビリしたり、ジーーンとしたり、そういう感じ方はよくあるのですが、こういうのは初めてでちょっとビックリしました。

そしてこのむき出しになった根っこ!
すごい迫力でした。

f0364707_20295118.jpg

樹齢500年。
これだけの巨木の下ではこんなに力強く逞しい根っこが息づいているのですね。
何十メートルも伸びることができるはずです。
確かに異形の楠ではありますが、おどろおどろしい感じはしません。
もっと暖かいものを感じます。

f0364707_20303700.jpg


と思っていたら、紫の光が来ました。
この色が写る樹木は不思議と受ける印象が似ています。
触ると手を包まれるような感じがするのも同じです。

ほとんど人通りのない神社なのですが、この日は一人参拝客がいて、一心にお参りをしていらっしゃいました。
御神木のこの木にも何度も手を合わせ、根っこに触れ、真剣そのもの。
傍らで写真を撮るのが申し訳ないくらいでした。
けれど、そうやって祈り続ける気持ちはわかります。
これは、そういう存在の木なのですね。


f0364707_20310673.jpg

根っこの合間には、つわぶきを始め、様々な草花が生えていました。
大いなるものの足元で静かに小さな命が育まれています。


f0364707_20313622.jpg

拝殿にはお賽銭箱がありませんでした。
どうしたら、と思って近づいてみると、引き戸の一部にお賽銭を入れる穴があけてありました。
盗難防止のためでしょうか。
それを思うと何とも悲しい気持ちになります。
その穴からお賽銭を入れ、お参りをしました。

f0364707_20320588.jpg



f0364707_20324478.jpg

地面は箒目がつき、綺麗にお掃除されてありました。
居心地がよく、全体的にあたたかな雰囲気の神社でした。


光岡八幡宮
福岡県宗像市光岡

[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-30 21:06 | 巨樹

三叉の大楠と言われる、平山天満宮の大楠を見に行ってきました。
写真でしか知らなかったので、どんな雰囲気なのかドキドキワクワク・・・

お屋敷とも言えるような大きな民家が立ち並ぶ路地を抜け、農道かな?と思うような道の向こうに鳥居が立っていました。
こんなところに??とビックリ。
車だと危うく通り過ぎてしまうところでした。
けれど近くに駐車場は無し。
少し坂道を登ったところに駐車できそうなスペースがあったのでそこに停めさせてもらいました。

鳥居の先は階段です。

f0364707_19423138.jpg

階段をテクテクと上りきった目の前に大楠が立っていました。
三つに分かれた幹が見えます。
周りは木々に囲まれ、鳥の声しか聞こえません。
とてもとても静かな空間でした。
f0364707_19435490.jpg
天然記念物、と記された石碑がありました。

f0364707_19433179.jpg
祠の中には七福神の何人かの像が置かれてありました。
けれど風雨にさらされたせいか、いくつかは崩れて下敷きになってしまっていたり。

f0364707_19444639.jpg

樹齢400年の楠です。
福岡にある楠としてはまだ若い方ですね。
それでも堂々とした風格、枝は広がり見上げると眼前を覆うほどです。
その楠の先に、本殿へ向かう階段がありました。

f0364707_19451774.jpg

扁額には「天満宮」の文字。
f0364707_19454889.jpg


本殿が見えました。
f0364707_19462077.jpg



f0364707_19465012.jpg



f0364707_19471711.jpg



f0364707_19474253.jpg



f0364707_19482216.jpg

周りの雑木林にはこれまた大きなイチョウの木も立っていました。
ひんやりとした透明な空気、苔むした階段は、熊本の上色見熊野座神社を思い出させてくれました。

f0364707_19501688.jpg

楠が大好きで、自宅の庭にある木を始め、近くの神社などにある楠を見によく出かけていましたが、いつの間にか他の楠にも会いたくなり、少し遠くまで足を伸ばすようになってしまいました。
一本一本に、まったく違う精霊が宿っているのでしょう、出会う木それぞれにいつも圧倒されてしまいます。

宗像市の市の木は楠。
きっとまだ私の知らないところに大楠がいるかもしれませんね。


平山天満宮
福岡県宗像市吉留


[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-30 20:17 | 巨樹

自宅から車で約2時間半、片道90キロの道のりを走って到着しました。
佐賀県武雄市にある、武雄神社
今日はどうしてもこちらの神様に会いたかったのです。


f0364707_23031878.jpg

縁結びのご利益のある夫婦檜も素敵な佇まいなのですが、とにかくひたすら目的地へ向かいます。
(先にしっかりとお参りはすませました)

f0364707_23053935.jpg

そう、どうしてもお会いしたかった神様。

武雄の大楠です。

神社の裏の方の鳥居を抜けて、歩道をてくてく歩いていくと竹林があります。
静かで、鳥の声しか聞こえない竹林を抜け・・・ふと前方を見ると。




f0364707_23042779.jpg



パッと開けたその中に、立っておられます。
樹齢三千年。
その姿はまさに神の木・・・
ここだけ空気が違う、光が違う。
言葉にならず、ただ立ち尽くして見つめるだけです。





f0364707_23051596.jpg

根元の方は大きな空洞になっていて、そこには天神様の祠が祀られてあります。
以前は中に入ることができたそうなのですが、今は養生のために木の周囲に広く柵がされてあり、立ち入り禁止になっています。
いつか触れてみたいと思うのですが、そんな日は来ないかもしれませんね。


大楠を側面から見てみました。



f0364707_23335858.jpg

iPhoneのカメラしか持たないので大した写りではありませんが、時々木漏れ日の中に美しい紫色が見えるのです。
光の加減だろうという人もいますが、私がこの光をとらえるのは、木々を撮影したときだけなのです。
それ以外はどんなに角度を変えても見つけることができません。


f0364707_23324203.jpg
紫色がはっきりと。


この日は大事な人が体調を崩してしまったため、健康祈願に来ました。
いつもお薬師様をお参りしているのに、今回は何故かここに来ようと思ったのです。
自宅から2時間半もかかるし、時間も午後になりかけていたので、普段なら別の日にと思うのですが、決行してしまいました。
ところが、渋滞続きで時間はやたらかかるし、やっと着いたと思ったら駐車場は満車。
予定よりずいぶん遅くなってしまったのです。
なんだか色々と心配で不安で、神社に入ったときは少し情緒不安定になっていました。

ところが・・・



f0364707_23331601.jpg

まるで後光がさしているようです。
なんというタイミング。
この時間でないと撮れなかったでしょう。
しかも、この1枚きりです。
シャッターを切って、それからもう一度のぞいたときは、どう角度を変えてもこれは現れてくれませんでした。

楠が、これを撮らせてくれたのかも。



f0364707_23345176.jpg

武雄神社だけの御守りです。
大楠の中で御祈祷したもので、これを持って難病が治ったと、お礼参りに来る人も多いとか。
楠にあやかった願意を祈願するのですから、本当に楠の神様の御守りということですね。
「延命長寿」「病気平癒・無病息災」「商売繁盛・金運」
だそうです。
ほとんど全てを網羅していますね。
凄いご利益!




f0364707_23342705.jpg

御朱印もいただきました。
見開きに捺していただくものと、片面だけのものの2種類あります。
(御朱印料が変わります)
大楠の金印が素晴らしいですね。



自然を崇拝し準じて生きる。
日本人にとって自然は神様そのものです。
だとしたら、どこにいても何をしていても、いつも神様と共にいる、ということ。
この楠を見ると、その存在をしっかりと感じます。





武雄神社

〒843-0022

佐賀県武雄市武雄町大字武雄5335

電話:0954-22-2976

FAX : 0954-22-3517


http://takeo-jinjya.jp/

[PR]
by dawn1225aki | 2016-07-18 23:01 | 巨樹

6月14日に高塚地蔵尊へ参拝に行ってきました。
祈願成就に大変ご利益があるという、この地蔵尊。
4のつく日にお参りすると良いとのこと。
地蔵尊の前には大きな広い駐車場があります。(一番下の第一駐車場です)
そこに車を停めてエンヤコラと参道の階段を上るのも良いのですが、もう少し先に進んで左折して、坂道を上っていくと第二、第三駐車場があります。
そこからですと随分と楽に上まで行けます。
第二駐車場の先の鳥居に向かって一礼。それから参道へ。
参道の両側はお店が並んでいます。
4のつく日は参拝客も普段よりは多いのでお店の雰囲気も賑やかです。
階段を上って到着。
f0364707_21223568.jpg
お線香とろうそくを買い、火を灯します。
お香の煙を浴びてご利益をいただきます。
f0364707_21224272.jpg
参拝。
本堂の後ろにとてもたくさんのお地蔵さまが見えます。
f0364707_21224889.jpg
たくさんの方がたくさんの想いを持って奉納されたものです。
圧巻です。

本堂に向かって右側に、お守りや木札などを売ってある社務所があります。
おみくじを引いたり、お神酒をいただくこともできます。
おみくじは2種類あり、普通のものと、お願い事を記入して奉納する紙(祈願文)が入っているものがあります。
祈願文にお願い事を書き、本堂の周囲の専用スペースに貼ります。
画像はありませんが、そこにはたくさんの数の祈願文が所狭しと貼られていて、人の想いの深さや強さを感じます。
ここにお願いし、手を合わせるとき、信仰の気持ちは更に深まるのでしょう。

社務所で参拝の証である御朱印をいただきました。

f0364707_23325770.jpg


f0364707_21260974.jpg
御神木の大銀杏。
樹齢1300年以上です。「乳銀杏」とも呼ばれ、子宝に恵まれる、母乳の出が良くなる、などのご利益があるそうです。
→(高塚地蔵尊の由来
以前来たときは、この御神木の幹に何枚もの小銭が差し込まれていました。
すでに月日が経っているので成長する幹に食い込んでしまい、取れなくなっていたのです。
本当に痛々しい様子でした。
この日見たときは外されていて、目につかなかったので安心しました。
幹は人の身体と同じ。そこに小銭を差し込まれ、どれほど苦しいでしょう。樹木と言えども生きているものです。自分の身に置き換えて考えてみるとそんなことはできないでしょう。
もう二度とそのようなことが無いように願います。

f0364707_21250043.jpg
私は巨樹が大好きなので、参拝を済ませると御神木の傍でしばらく過ごします。
こちらの木は触ることができるのでとても嬉しいのです。
長い時を生きている巨樹は、大きく豊かで、すべての生き物を受け入れてくれるような気がします。
傍にいると気持ちが落ち着いてきますね。

参道のお店も楽しいですよ。
売られているものはそれぞれあまり変わり映えしませんけど(笑)。
名物のゆで万十、高塚地蔵尊せんべい、お漬物、珍味・・・
特にお気に入りなのは、第二駐車場からすぐのお店にある、生揚げと地蔵揚げ。
この生揚げがもーーのすごく美味しいのです。
地蔵揚げは普通の油揚げと違い、分厚い!いろいろな使い方ができそうです。
参拝に来たら必ず買って帰るほどのお気に入りです。
お念珠やお香、仏具を置いてあるお店もあります。
見ているだけでも楽しいです。

4のつく日の中でもやはり月初めの4日が一番の人出だそうです。
それを避けて14、24、と参拝する人もいるそうですが、時にはにぎわう境内も良いものではないでしょうか。


高塚愛宕地蔵尊
〒879-4121 大分県日田市 天瀬町馬原3740 
フリーダイヤル 0120-417-381 (AM8:00~PM5:00)
http://takatukasan.com/

[PR]
by dawn1225aki | 2016-06-19 21:12 | 神社巡り

太宰府天満宮参拝のもう一つの目的・・・

大きな楠たちです。

f0364707_11514271.jpg
天満宮内には樹齢何百年も経っているような大きな楠がところ狭しと存在しています。
それはそれは素晴らしいパワーです。
ここにいるだけで森林浴!
マイナスイオンが降ってくるようです。


見事な夫婦楠。
f0364707_11521243.jpg
本殿の裏に回ったところに仲良く並んで立っています。
推定樹齢1500~2000年。
根元のところはコンクリートで固めて補修してあります。
こうやって二本一緒に膨大な年月を重ねていっている姿は、素直に感動を覚えます。


f0364707_11524791.jpg

f0364707_11542991.jpg

f0364707_11543617.jpg

他にも樹齢1000年を超えている楠がまだまだあちこちにあります。
ひとつひとつ違う樹木のカタチを楽しみながら散策するのも良いものです。


f0364707_11531516.jpg


[PR]
by dawn1225aki | 2016-05-25 21:49 | 巨樹

f0364707_23322679.jpg
太宰府天満宮。
学業の神様として菅原道真公をお祀りしてある有名な天満宮です。
県内在住なので昔からご縁のある場所でしたが、子供時代、親に連れられて参拝していたころは太宰府行きはかなりの遠出でした。
今は車でなんと30分の距離。
まるで庭のようにスイスイと行けてしまいます。



f0364707_23325192.jpg
天満宮拝殿の左右にある飛梅。
菅原道真公を慕って、都から飛んできたというお話です。



f0364707_23331585.jpg



f0364707_23334058.jpg


f0364707_23341559.jpg
狛犬さんが白い!


f0364707_23350573.jpg
くすの木千年、の石碑の後ろにある大楠。
後ろを回っていくと触れます。


f0364707_23355415.jpg
木肌にほかの植物がびっしりと共生しています。


f0364707_23362450.jpg


f0364707_23365290.jpg
境内の中は楠の大木だらけです。
いるだけでパワーをもらえそうな気がしますね。


f0364707_23371929.jpg


太宰府天満宮



[PR]
by dawn1225aki | 2016-02-06 23:04 | 神社巡り