f0364707_22285749.jpg

iPhone8に機種変して最初に撮った写真が・・・・・

こうの湯温泉~~~~


あまり絵になりませんでした。
綺麗な紅葉か何か撮れば良かった。
せっかく初めてなのに。

画像の大きさがiPhone6よりかなり大きくてしかもクリア。
これはスゴイかも。
(もしかしたら月も模様入りで撮れる????)



・・・それはともかくとして、今日はとても寒かったので、こうの湯温泉に行ってきました。
自宅からは20分かからないほどの距離。
もう庭ですね庭。
その気になれば毎日通えそうです。



f0364707_22305844.jpg

九州一の含有量を誇る、ラドン泉の温泉。
放射性物質ですが、自己治癒力を高め、老化防止や、癌にも効果があるとか。
飲用の水もあり、飲むと更に効果アップ。
浴室にも飲めるようにコップが置いてあります。(湯船のお湯は飲用不可)

そんなすごい温泉なのに、建物は地味。
でもそれが良い雰囲気なのです。



f0364707_22342900.jpg



f0364707_22312060.jpg

飲用の水汲み場。
汲みに来る人が多いです。
今日もひっきりなしでした。




f0364707_22332994.jpg



f0364707_22341067.jpg

水汲み場です。




f0364707_22334942.jpg

そのそばにある、こうの湯温泉自販機。



f0364707_22344799.jpg

建物の前の駐車場のところにバス停あり。
バスも通っている道なのですね。




f0364707_22350540.jpg

駐車場も完備です。

お風呂は岩風呂。
かなり広めでゆっくり入れます。
露天風呂はありませんが、窓を開けることができるので、露天気分にはなれるかも。
冬場は寒いですけど。
そして明かりがとてもいいんです。
黄色くて丸い明かりがぽわーんと天井にともっています。
山小屋風で、古いんですが掃除もちゃんと行き届いていて、快適です。
いつまでもボンヤリと浸かっていられるお風呂です。




f0364707_22270360.jpg

駐車場から見た景色。




f0364707_22274169.jpg

橋!!!
ここから見たら細~く見えるんですが。
渡れるのかな。



f0364707_22283508.jpg

休憩室、宿泊施設も備えてあります。

詳しくはこちら→「こうの湯温泉


実はつい最近まで、こんなところに天然のラドン温泉があるなんて知りませんでした。
温泉が出ているわけではなく、天然の冷鉱泉が湧き出ているので、それを加温しているそうです。
飲用の方が先だったのかもしれませんね。
それにしてもよく、お風呂にして浸かろうと思い立ったこと!!
すばらしーい。
いつまでも豊かな水量を保っていてほしいです。



伊川温泉「こうの湯温泉」



[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-21 22:25 | 温泉巡り

f0364707_10500196.jpg

バルーンフェスタからシチメンソウまつり、その後向かったのが三瀬村。
実はフェスタ会場の物産ブースで見つけた三瀬の柚子胡椒がとっても美味しそうで欲しかったのですが、数が少なく品切れ。
そこの方が、三瀬の物産ですから扱っているお店がありますよ、と教えてくださったのが、ここやまびこの湯・・・・
・・・のちょうど向かい側の物産館。(写真はありませんが)
着いたときは空模様が怪し気で今にも降りそうな雰囲気。
きっと午後からもバルーンは飛ばないだろうな、と空を見上げて思いました。ホントがっかり😞(そのときは。それから先、驚きのオチあり)

無事、購入し、ここまで来たからにはと温泉へ。




f0364707_10501359.jpg

これが物産販売所。




f0364707_10502459.jpg

やまびこの湯、入り口です。

靴は有料ロッカーに。(100円ですが返却されます)
入浴券、タオルなどのアメニティ、そして整体・マッサージなども券売機で先に券を買ってから受付へ。
50分4000円、30分3000円、20分2000円だったかなー(しっかりチェック(笑)。



f0364707_10503539.jpg

車もそこそこ停まっていました。
けれど土曜ということを考えると少ないです。
平日はもっと少ないかも。

やまびこの湯のキャラクターが可愛いです。
オリジナルタオルにもついています。
今週はこちらの長寿の湯、というのが女湯。


脱衣所には10円の有料ロッカーあり。
よくある、すぐに扉が閉じてしまうパターンのロッカーなので、ちょっと着替えにくいです。
だいたいその手のものが多いですから仕方ないですね。
浴室は広いです。
一見シャワーが少なく見えますが、すぐ隣にも同じ広さの浴室があり、そこにも同じようにシャワーが何台かついていますから、そちらに行けば大丈夫。
入ってすぐの浴槽は通常の湯温。
隣りの浴槽はぬるめの湯温になっていました。

もちろん私はお隣へ。
ぬるい湯温の浴槽があるのは嬉しいですね~~♪
うっすらと黄色味がかって見えるお湯でした。
打ち身や五十肩(嬉しい)、神経痛、麻痺、そして高血圧や動脈硬化症などに効能あり。

露天もありますが、狭かったです。
男湯の「招福の湯」の露天は写真で見た限りですが、まだ広そうです。




f0364707_10504361.jpg

館内の様子。

休憩できる広間がありました。
広々としています。



f0364707_10505153.jpg



f0364707_10511340.jpg



f0364707_10512391.jpg

さりげないお花の飾り方がいいですねぇ。
トルコキキョウ、カスミソウ、バランスよく生けてありました。


f0364707_12261857.jpg






浴室内は撮影できなかったので、お借りしてきた画像です。↓


f0364707_10553365.jpg
※HPからお借りしてきました

f0364707_10555770.jpg
※HPからお借りしてきました
「長寿の湯」の露天風呂







三瀬温泉 やまびこの湯(公式)



[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-06 10:48 | 温泉巡り

f0364707_14094308.jpg

2017年10月7日。
九州八十八湯めぐり対象施設、原鶴温泉「延命館」に行ってきました。
杷木にある温泉館ですが、水害のときは無事で、被災された方々に無料開放してあったそうです。
一日の終わりに温かいお風呂に入ることができる、それだけでどれほど安心感があったことでしょう。





f0364707_14101422.jpg



f0364707_14103607.jpg



f0364707_14110873.jpg

駐車場の隅に足湯がありました。




f0364707_14112465.jpg



f0364707_14113935.jpg

気持ちよさそうです。




f0364707_14115684.jpg



f0364707_14122204.jpg



f0364707_14123890.jpg



f0364707_14125532.jpg



f0364707_14131630.jpg

八十八湯めぐりのスタンプはここ。





f0364707_14134767.jpg

館内を歩いていくと、中庭にはプールがありました。
冬場はバドミントンのコートになっているそうです。




f0364707_14141138.jpg

大浴場入り口。




f0364707_14143009.jpg

向かって左が女湯。

こんな狭い入り口から入るんですねーー!
浴場入り口と言うには全然似つかわしくない入り口。
どこに繋がっているんだろうと、ワクワクします。




f0364707_14144544.jpg

開ければ、まあ普通に脱衣所(笑)。




f0364707_14150764.jpg

有料ロッカーつきです。
安心ですね。




f0364707_14152750.jpg

洗面台も。

浴室内はお客さんがいたので撮っていません。


ゆっくり浸かれるぬるめのお湯。
そして、炭酸泉だったのです。
浸かっていると身体中に細かい泡がびっしり。
軽いつるつる感もあり、気持ちのいいお湯でした。





f0364707_14155470.jpg

鶴のオブジェの外灯。
通りにずらりと並びます。
これに明かりが灯っているところも見てみたいな~。



原鶴温泉「延命館」





[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-10 14:36 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_17182598.jpg

九州八十八湯めぐり対象施設の二日市温泉「博多湯」へ行ってきました。
二日市温泉、初めてです。
その住所も、筑紫野市湯町。
湯町!!!
いかにもって感じですね~~
博多湯、とありますが、博多からは距離アリ(笑)。
外観は昔のままの木造三階建てですが、中は改装されたとのこと。
改装前を知らないので何とも言えませんが、地域に根付いたアットホームな温泉という雰囲気です。
八十八湯めぐりの泉人の方たちの中には、昔の狭い古い浴場の方が良かったという方もいらっしゃいます。
私も鄙びた感は好きなので気持ちはわかるような・・・

近くまではすんなり来れたのですが、駐車場がないのにちょっと焦りました。
けれど落ち着いてよくみると、お隣に有料パーキングあり。
平日と土日で料金が違うようです。
今日は60分200円。まぁいいか。




f0364707_17183965.jpg



f0364707_17184686.jpg




f0364707_17185207.jpg



f0364707_17190582.jpg

玄関内にはロッカー式の靴箱と、有料の温泉水汲み場がありました。
靴箱は100円必要ですが、後から戻ってきます。




f0364707_17191104.jpg

入浴料が破格のお値段。
これだと遠くからでも通いつめたくなりますね。
こんなお値段のところ、滅多にないですもん。(ていうか他にあるのか?)

この下に券売機があるのでチケットを買ってフロントに出します。




f0364707_17192327.jpg

コーヒーも販売されてました。
一杯100円。
缶じゃないところが私的には嬉しいです。




f0364707_17193043.jpg

フロントの方に了解を得てこの辺りだけパチリ。
他にお客さんがいるときは浴室の中は絶対に撮影しません。
いなければ許可してくださるところもあり。
携帯電話自体が使用不可のところももちろんあります。
その辺りはちゃんと決まりに従って行動します。


更衣室にもロッカーがあります。
料金は100円、これも後で戻ってきます。




f0364707_17395613.jpg
(画像は九州八十八湯巡りのHPより)


お湯は薄く黄色みがかった濁り湯。
浴室に入るなり、硫黄の香りがしてきます。
浸かるとつるつるした感じ。
何が良いって、湯温がぬるめなこと!
ゆーーっくりと浸かっていられます。本当に気持ちよかった~!
今日は日曜だったのにそれほどお客さんがいなくて、心置きなく過ごせました。
湯口からはお湯が勢いよく流れ落ちてきます。
湯量が豊富なんですね。

個人的にポイント高いなと思ったのは、ドライヤー(笑)。
勢いが強い。
温泉のドライヤーって、たいてい弱いんですよね。
髪が長いと乾くのにとても時間がかかります。
こればかりは仕方ないなと思っていますが、ここのはスイッチを入れたとたん、ゴオオオオオオオーーッとターボが!
おおお~!と小躍りしそうでした(心の中で)。
これ全然温泉とは関係ない部分ですが、重要です(笑)。




f0364707_17193725.jpg

こんなポスターが!
お月見ですって!
花火が上がるのか~・・・お月様と花火のコラボですね。


そしてハンコも戴きました。


f0364707_17194798.jpg

フロントの方が、「たくさん行かれてるんですね、お勧めはどこですか?」と聞いてこられました。
おススメできるほど行ってないんですが、とりあえず行った中では、熊本の豊礼の湯と甘木の卑弥呼の湯を押してきました。
豊礼の湯はパステルブルーに見えるお湯がキレイなこと、そして卑弥呼の湯はお湯がとってもいいからです。
ラムネ温泉も良かったかな。
九州全県を押さえて、かつ八十八か所を巡ってやっと「泉人」認定ですから、まだまだ先は長いです。
(鹿児島とかどーすんじゃ)

その日がくるまで、まずは近場を制覇です。




f0364707_17195550.jpg

博多湯の向かいに建つ市営の温泉センター「御前湯」。
こちらも気になります。


街並みが温泉街らしくて懐かしい気持ちになります。
温泉街出身というわけでもないのに不思議ですね。
泊まって温泉巡りしてみたいです。




f0364707_17200266.jpg




二日市温泉「博多湯」(九州八十八湯めぐり)






[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-01 17:18 | 九州八十八湯めぐり

恋ぼたる(築後市尾島)

f0364707_22221733.jpg

九州八十八湯めぐりの対象施設である船小屋温泉「恋ぼたる」に行ってきました。
炭酸泉の出る長田鉱泉場からほど近い場所です。
当然といえば当然ですが、この温泉も炭酸泉。
でもあちらはみやま市、こちらは筑後市。矢部川を挟んで対側で違うんですね。

温泉と物産館、食事処が集まっている施設です。
かなりゆっくりと過ごせる場所のようですね。
すぐそばは大きな公園になっていて、祝日だからかイベントも開催されていました。
たくさんの人で賑わっていました。




f0364707_22224020.jpg

温泉館。




f0364707_22225733.jpg


ドアは自動です。

入るとキー付きの靴箱があり、10円で鍵がかけられるようになっています。(後で返金されます)
受付に八十八湯めぐりの札は表示されていませんが、一言申し出るとハンコを戴けます。

中学生以上500円。
70歳以上または障がいの方350円。
4歳から小学生まで250円。
3歳以下無料。




f0364707_22231788.jpg

女湯入り口。
写真はここまで。


浴場は内湯と露天があります。
お湯の成分で床や周りの岩がぬるぬるしている箇所もあり、歩くのに少し注意が必要でした。
お湯は黄色っぽく濁っていていかにも温泉!と言う感じ。



f0364707_22290490.jpg
※中は携帯電話禁止になっていたので、写真はNG。こちらはHPからの借りものです。


外湯は夏限定でかなりぬるめの湯温になっていました。
じっくりゆっくり浸かるにはちょうどいいですね。
湯温が低くても、炭酸の泡が血管を拡張し、血行を良くする働きがあるのでぽかぽかと温まるのです。
とても気持ちが良かったです。
岩には石灰成分がくっついてできた「石灰華」というものがびっしりと付着。
細かいお花のようです。
鍾乳洞のお風呂に入っているようでした。

炭酸泉といえば、竹田の長湯温泉のラムネ温泉館
そこの露天風呂は激低めのお湯(32度くらいではなかったかと)で、浸かっていると細かい泡がびーーーっしり身体中にくっついてきます。
かなりの炭酸量。
こちらはラムネというには見た目がちょっと。
そこまでにはなりませんが、じんわり効いてくる感じでした。
今の湯温は夏季限定だそうですが、冬季は何度くらいになるのでしょーね?
確認に行かねば!(笑)




恋ぼたる/川の駅船小屋

恋ぼたる(九州八十八湯めぐり)

[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-23 23:01 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_22154471.jpg

2017年9月9日。大分県豊後高田市の海門温泉。
九州八十八湯めぐりに指定されている温泉です。
真玉海岸に行った後にこちらに寄ってみました。

地元の方に愛されているのがとてもよくわかる温かい素朴な佇まいです。




f0364707_22155933.jpg

入り口。
昔ならではの懐かしい感じ。
普通のお家みたいに見えますね~。




f0364707_22160826.jpg

受付で八十八湯の印鑑を押してもらいました。
大分は温泉の街ですから、たくさんの温泉が選ばれています。
一日回ってみたいけれど、他に行きたいところがありすぎて~(笑)。
それにそんなに一日中温泉三昧だと運転に支障が出そうですね。


脱衣所はカゴと棚のみなので、受付横のロッカーに貴重品を入れます。
入ってみるとお客さんが他にいなかったので、撮影の許可を取りました。




f0364707_22162116.jpg

うっすらと濁ったお湯です。
いかにも温泉!



f0364707_22170304.jpg

シャワーはここと、反対側に一ヵ所ずつです。
お客さんが多いとちょっと大変ですね。




f0364707_22162933.jpg

かなり金気が強いお湯でした。
ナトリウムが豊富で塩分濃度が高く、大分では1、2を争うとか。
なめてみると塩からいです。
打ち身や五十肩、神経痛に効果あり。

五十肩!!

効きそう~~~~
肩までしっかり浸かりました。

温泉効果を高めるためには、出るときにシャワーで洗い流さないこと。
よく言われますね。
塩分濃度が高いのでベタつくのではないかと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。
出た後はサッパリ。
しばらくするとしっとり。
塩分は保湿効果があるのでいつまでもしっとりが続くのでしょう。
とっても気持ちの良い温泉でした。



海門温泉



[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-14 22:37 | 九州八十八湯めぐり