f0364707_16502567.jpg

11月4日。
超朝活だったので、午後はもう帰途につく予定で車を走らせていました。
すると、ナビの中に「御手洗の滝」と出てきました。
しかも帰り道沿いです。
かなり迷いましたが結局滝の魅力には勝てず寄ることに・・・

御手洗の滝。
「みたらい」と思っていたら、「おちょうず」
昔、修験道の行者が修行中ここで手を洗ったことからそう言われているそうです。
案内板を見るとキャンプ場にもなっています。
そこにも駐車場があるので車で行けるのかなと思ったのですが、車止めが設置されていて徒歩でしかダメなようでした。
シーズンオフだからかな。

それほど長距離でもなさそうなので歩いていきました。




f0364707_16512638.jpg



f0364707_16515985.jpg



f0364707_16521853.jpg

道はきれいに整備されています。




f0364707_16523864.jpg

坂道ですが、ゆるやかで道幅も広いのでなんとか大丈夫。
でもやっぱり息切れしました。
体力がないとは思わないのですが、山歩きに慣れていないからでしょうね。
効率よい体の使い方をしていないのです。
(あぁここでも・・・)
結局私は自分の身体を上手に使えていないのですね。
それって訓練と慣れで何とかなるものなのでしょうか。
(´Д`)ハァ…



f0364707_16530094.jpg



f0364707_16532584.jpg

キャンプ場近くの東屋が見えてきました。



f0364707_16534921.jpg



f0364707_16542957.jpg

水が湧いているところがありました。




f0364707_16544944.jpg

川沿いを歩けるようになっています。
水の流れが速いので、小さい子が落ちたら大変かも。




f0364707_16554848.jpg

ここから先の案内図です。
こうしてみると御手洗の滝まですぐのように見えますねーーーー(笑)。




f0364707_16560454.jpg



f0364707_16563061.jpg

キャンプ場に入るところでお大師様が見守ってくださっています。



f0364707_16565183.jpg

仏様。
こちらはどなたでしょう。
密教の御本尊は大日如来だから、そうなのかも。

熊本の金毘羅杉に行ったときも、山道を散々登って行きましたが、道々にお大師様の石像がお祀りされていました。




f0364707_16572796.jpg



f0364707_16574642.jpg

キャンプ場を抜けると道がどんどん険しくなってきます。



f0364707_16580622.jpg

川を左側に見ながら登ります。



f0364707_16583559.jpg

登山の様相を呈してきました・・・

途中で湧き水が。



f0364707_16590140.jpg

本当に山道です。
なんか最近こういうとこ行くの多いな・・・

そしてだんだん滝の音が大きくなってきました。
ふと上を見上げると黄色に色づいた葉っぱが見えました。
疲れが吹き飛びます。
緑の中にパッと浮かび上がる黄色。



f0364707_16592964.jpg

滝とツーショット。(かなりギリギリ(笑)




f0364707_17004296.jpg

着きました!
御手洗(おちょうず)の滝です。





f0364707_17022192.jpg

水しぶきが舞い散っています。
マイナスイオン~~~~♪♪




f0364707_17024619.jpg

滝の真横にもっと上に上がる石の階段がありました。
そこを上っていくと、岩穴のような祠があり、その一番奥に大日如来が祀られていました。
暗くて姿がよく見えませんでしたが、後で調べて大日如来だとわかりました。
その手前にはお大師様の像。
すぐ横に滝が流れているので迫力です。
ちょっと怖いくらいでした。



f0364707_17030921.jpg

上から見た滝つぼ。


これも後から知ったのですが、お不動さまもどこかにお祀りされているそうなのです。
滝と言えば不動明王。
南蔵院でもたくさん祀られていましたから。
見つけることができず残念でした。




f0364707_17035230.jpg

下りの早いこと!
幸い滑ることもなくサッサと下りられました。
途中の二の滝。




f0364707_16510570.jpg

滝はやっぱり気持ちがシャッキリとなりますね。
身体の中の澱んだものを、全て吹き飛ばしてくれるようです。
そのために山道を登らなければならないのもまたいいことです。
苦しい中でひたすら登っていると、無心になります。
その時間が良いのですね、きっと。

無心になる時間。

マイナスイオンもしっかり浴びました。


寄り道が多い旅も終了。
この後はちゃんと帰宅しました(笑)。



4日は、バルーンフェスタ→シチメンソウまつり→やまびこの湯→三瀬そば→御手洗の滝→帰宅、という流れ。
歩数は、10816歩でした。
よく歩いた~~







[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-06 17:33 | 自然・散策

f0364707_10040757.jpg

車内で19時前まで待ち、そろそろ様子を・・・と外へ。
それでもまだ明るかったです。
やっぱり夏だなー・・・

夕方に見た場所と同じところでまたパチリ。
ボートが少し見えるようになっていますが雨が降ったりやんだりだったので、靄はまだまだ残っていました。




f0364707_10042545.jpg

歩道に竹灯籠が下げてあり、明かりがついていました。




f0364707_10043628.jpg



f0364707_10045006.jpg



f0364707_10050689.jpg

こうしてみると周りがだんだん暗くなっていっているのがわかりますね。




f0364707_10051732.jpg

滝を照らしているのはこんな感じのLEDライト。




f0364707_10052819.jpg



f0364707_10053928.jpg

ライトに照らされて葉っぱもキラキラ。




f0364707_10055201.jpg

下へ降りる階段も足元が明るいので安心です。




f0364707_10060818.jpg

真名井の滝。
ライトの色が変化していきます。



f0364707_10062812.jpg



f0364707_10063761.jpg



f0364707_10064806.jpg



f0364707_10070011.jpg



f0364707_10072876.jpg



f0364707_10073919.jpg

何もなく、ただライトが滝を照らしているだけ。

もしかしたら、これがいいのかもしれません。

蛍でもなんでも、商業化されていて周りに何かあるのに慣れていて、それがない環境だと不便に感じたり寂しく感じたりする。
でも実は、なんにもないのが本当の姿。
ライトアップだって作られた姿なのですから、間違いなのかもしれませんね。

けれど、これも人と自然との共存の姿のひとつ、なのではないかと思ったりもするのです。



高千穂峡ライトアップ2017






[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 23:01 | 自然・散策

f0364707_09324676.jpg
高千穂峡・1

高千穂峡・2




遊歩道。
上りの石段が続いています。




f0364707_09331633.jpg



あの橋のところまで行けます。
とても年季の入った橋に見えますね〜。





f0364707_09340270.jpg

「とり塚」?




f0364707_09343581.jpg

先ほど、廃墟っぽい、とか言ってしまった建物・・・
ちゃんとお店として営業されています。
(ごめんなさーい)

ここまで遊歩道を歩いてきた後に、ホッと一息つけるというのはいいですね。
この日は閉店間際の時間帯だったので、そのまま通り過ぎました。




f0364707_09350567.jpg

あららぎ乃茶屋、との看板。




f0364707_09354866.jpg

擬宝珠付きの古い欄干。
苔むした姿が年期を感じさせます。




f0364707_09361703.jpg



f0364707_09370974.jpg

来た方向とは逆の方に続く遊歩道。
この先を進むと高千穂神社に繋がるそうです。




f0364707_09384333.jpg

面白い奇岩。
この穴の中に渦巻きが発生して、中の石が回転することによってできた穴だそうです。
大きな足跡のようです。


橋のところでいったん歩道は終了。
これからまた戻っていきます。






f0364707_09393174.jpg

遊歩道入り口まで戻ってきたあと、駐車場へ向かいました。
この後のライトアップにはまだ明るすぎるので、車内で点灯を待つことに。
鯉の泳ぐ池の前でふと上を見上げると・・・

岩に半円の形。

この岩形は「月形」というそうです。


f0364707_09400169.jpg

スサノオノミコトが彫ったとされているんですから、人の手で彫られたというわけではありませんよね・・・?
相対する日形もあったなんて凄い!
見てみたかった~~~




f0364707_09403232.jpg

鯉の泳ぐ池にぽつんとお社。



f0364707_09413515.jpg

神社の名残のようです。



f0364707_09421893.jpg

今は鵜ではなくて、カモ??が佇んでいます。




f0364707_09424724.jpg

売店などがあるところに黄色のポスト!


f0364707_09431986.jpg

ここからお手紙を出したらなんだか想いが伝わりそうですね。

(そういえば最近全然手紙なんて書かない・・・)


ライトアップシーズンだというのに、売店は18時前にはすべて閉店していました。
昼間は受付に人がいる駐車場も無人に。
ライトアップは無料、ということのようですが、これだとちょっと休憩したいな、っていうときに天候が悪ければ車がない人は困りますね。
というか、自家用車じゃないとライトアップを観るのは不可能に近いかと。
わざわざ手をかけて開催しているのにちょっともったいない気がしました。







[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 22:42 | 自然・散策



f0364707_09194242.jpg
高千穂峡・1



本当に心底暑く、ありとあらゆるところから汗が出ている感じだったのですが、戻ろうとは全く思えない。
身体の不快感など消し去ってしまうくらいのパワーがあります。




f0364707_09204524.jpg





f0364707_09212662.jpg



f0364707_09220127.jpg



f0364707_09223776.jpg

遊歩道から見える杉の木々も圧巻。




f0364707_09231241.jpg



f0364707_09234665.jpg



f0364707_09242357.jpg

ところどころに大きな穴があります。
それぞれに名称があるようですが、確認不足です。




f0364707_09261992.jpg



f0364707_09275513.jpg

これが自然にできるなんて。




f0364707_09255044.jpg



f0364707_09265559.jpg

上の方に橋が見えます。
行くことが出来るようです。

その向こう側にもまだずっと遊歩道が繋がっていました。




f0364707_09282566.jpg



f0364707_09292881.jpg



f0364707_09300150.jpg

わ。
廃墟っぽい。

(・・・ぽい、のですけど、ちゃんと営業されています(汗)

(でもなんか事件が起こりそう。絵になる建物です)



(・・・不謹慎でした)




f0364707_09303950.jpg

この辺りまでくると、少し下がっているせいなのか、フッと涼しくなりました。
勢いのある流れからの風が吹いてくるからなのかも。
ここ一帯は涼しかったです。




f0364707_09321699.jpg


高千穂峡・3





[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 10:00 | 自然・散策

f0364707_08581539.jpg

2017年7月29日。
ずっと行きたかった憧れの高千穂峡に、とうとう行くことができました。

この時期はライトアップが行われていて、今年は夕方18時半~22時までの間、高千穂峡でも有名スポットである真名井の滝周辺がLEDライトで照らされているそうです。
それも目的のひとつだったのですが、何より明るいときに景観を見てみたかったので、早めに向かいました。





f0364707_08584902.jpg

車を降りた途端、ものすごい迫力の崖が目の前に迫ってきました。
圧倒されます。



f0364707_08592188.jpg

この日は直前まで雨が降っていたので辺りは靄で真っ白。
川にはボートがつないでありますが、それもよく見えないほど。
でもまたそれが幻想的だったり。
(水かさが増えているのでボートの貸し出しはありませんでした)




f0364707_08595341.jpg

真名井の滝を反対側から。




f0364707_09002904.jpg

見事な柱状節理。
長い長い時間をかけた自然の芸術作品ですね。





f0364707_09024979.jpg

あーーーー!これです!!!!
ここ!

向こう側が真っ白でよく見えないのがまたいいですね。

水量の落ち着いたときにはこの間をボートが行き来しているのでしょうね。
乗りたかったな~~
(この日は時間的にも無理)



f0364707_09065475.jpg

雨に濡れた遊歩道。




f0364707_09073732.jpg



f0364707_09081070.jpg



f0364707_09084754.jpg



f0364707_09092259.jpg

凄まじい(と言っても決して大げさではありませんでした)湿気と暑さ。
渓谷なので涼しいのかな、と思っていたのですが、気温が高い上にミストが!(笑)
身体中に湿気がまとわりついていました。

もちろん、汗びっしょり。
遊歩道は階段なので更に汗びっしょり(笑)。




f0364707_09105573.jpg



f0364707_09114555.jpg

河原に巨石。
「鬼八の力石」、約200トンだそうです。



f0364707_09123310.jpg



f0364707_09134060.jpg



f0364707_09141561.jpg

涼し気な滝・・・・

(実際はどこにいても暑い)




f0364707_09173002.jpg

カモも水浴びしてました。
暑いよねーー



高千穂峡・2






[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-31 09:54 | 自然・散策

f0364707_22421235.jpg

投稿してなかった画像を上げます。
白糸の滝。
阿蘇郡西原村にある隠れたパワースポット。
お天気が悪い上に、16時過ぎという遅めの時間・・・
でもどうしても行きたくて強行しました。




f0364707_22424938.jpg

お立ち岩の上に立つと、滝から離れているのに凄い水しぶき。
マイナスイオンたっぷりです。
滝からの氣をいただけたかな~~~。



f0364707_22435752.jpg



f0364707_22443565.jpg

これを画像フォルダの中に入れっぱなしにしておくのはもったいなくて、投稿です。
素晴らしい滝。
白蛇の伝説もあるそうです。
夏にはそうめん流しも楽しめるとか。
白糸の滝らしいですね。

この日は3月。
下旬とは言え、滝は肌寒かったです(笑)。


白糸の滝






[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-01 22:53 | 熊本