f0364707_19190349.jpg


長いことご無沙汰していた高塚地蔵尊へ、行ってきました。

苦しい時だけの神頼み(仏頼み?)はダメですねー。
常日頃、心に留めてお参りをしなければ。


高塚地蔵尊まで車で一時間40分ほどの道のり。
出発した当初はどんよりした空で小雨がパラついていました。
しかも、何度も何度も通ったのに、道を間違えてしまい、かなり後戻り。
その上御朱印帳も忘れるし・・・。

それでも今日こそは行く!という一念のおかげでしょうか。
無事に到着。
そして到着時はとっても良いお天気になりました。

暑い・・・・・・

というか、小雨が降ってるときは、晴れないかなと思い、いざ晴れてくれると暑いと不満を言うとは。
どれだけワガママなんでしょうね。



f0364707_19190418.jpg


本堂。



f0364707_19190513.jpg




f0364707_19190691.jpg


地蔵尊なので、地蔵菩薩ですよね。
まるで神社のような造りです。




f0364707_19190888.jpg


お堂の裏にはびっしりと祈願地蔵の列。




f0364707_19194303.jpg



f0364707_19194435.jpg


末社が祀られています。

手前にぼけ封じの観音様が。
そして足手観音様も。
左脚と腕が悪い私は思わず熱心にお参りしてしまいました。




f0364707_19194690.jpg


天照大神も祀ってあります。
これは強い!
強すぎるー!
さすが、神仏混淆。
この地蔵尊の特徴です。



f0364707_19194708.jpg


お大師様も!
これも強い!!

各地からたくさんの人が御祈願に訪れるのもわかります。




f0364707_19194835.jpg


f0364707_19202685.jpg


どこかで見たことがあるようなポーズ。

見ざる言わざる聞かざる・・・の逆地蔵様ですねぇ。
愛嬌のあるお姿です。




f0364707_19202869.jpg


境内にある、手を広げたような木は楠。
周囲にベンチが置いてあり、木陰が気持ち良かったです。



f0364707_19202916.jpg


祈願文と開運の御守り入りのおみくじ。

小吉でした。
まあ、普通といいますか。

あれ?
京都の貴船神社に行った時も、似たような運勢ではなかった??
(あのときは末吉)

「春くれば ふりつむ雪も 溶けぬべし
しばし 時まて 山のうぐいす」

うわー。
暗示的。
怖いくらいですね。




f0364707_19203079.jpg


そして「かえる」
「元のようになる」・・・って、まさしく私のための御守りではありませんか。
凄いです。




f0364707_19203228.jpg


御神木の乳イチョウの木にもお参りします。




f0364707_19210295.jpg


緑が美しいです。
もうすぐこれが真っ黄色になるのですね!




f0364707_19210441.jpg


行基様の像。
何だか凄い存在感です。




f0364707_19210552.jpg


御朱印帳を忘れてきたので、用紙に捺していただきました。
御朱印料はいただきません、とのことなので、大体の額をお賽銭箱へ。

あー、良い参拝日和でした。
24日が秋季大祭です。
この日は行かれませんが、近いうちにまたお参りに行きたいと思います!



f0364707_19210694.jpg


棚田には、彼岸花の縁どり。




f0364707_19210861.jpg


キレイでした。



[PR]
# by dawn1225aki | 2018-09-21 19:18 | 神社巡り

f0364707_13062394.jpg


直方市日吉町の直日(なおひ・なおび)神社に行ってきました。

初めて聞くその名称。
何と読むのかもわからず、検索すると「なおび神社」
ご由緒書きもなく、資料としては何もありません。
直方市であり、日吉町なので、一見その地名を取っただけなのかとも思いますが、もう一度検索してみると、岡山県に同じ名前の直日神社を発見。
御祭神は大直日神(おおなおひのかみ)。
穢れを祓い、異常な禍を正しくなおすという神様です。
伊邪那岐命が黄泉の国から戻った後、穢れを祓うために禊をした時、穢れから禍津日神が生まれ、この神がもたらす禍をなおすために生まれたのが大直日神。
ということで、直方市の直日神社も、この神様を祀っているのではないかとも思われます。



f0364707_13062579.jpg


正面にて。

今になってやっと訪れることができました。

鳥居をくぐった両側には大きなイチョウの木が立っています。



f0364707_13062671.jpg



f0364707_13062734.jpg


境内は辺り一面にギンナンがパラパラ。




f0364707_13062800.jpg


拝殿。
神殿自体は小さいです。



f0364707_13070184.jpg


本殿。


今まで私の産土神社は、貴船神社と思っていました。
生まれてからずっと貴船神社の近くに住んでいたので、てっきり母のお腹に居る時も同じかと思っていたのです。
そして今住んでいる場所の鎮守様も貴船神社。
ご縁だなぁと思っていました。
ところがついこの頃、そうではなく全然違った場所に居たことが発覚。
ええーっ!とビックリ。
今まで、違う神様を産土神様と思っていたのです。

しかも、京都の貴船神社に参拝したこのタイミングで発覚です。
なんてことでしょー!

一体本当の産土神社は何処だろうと探して、見つけたのがここでした。

やっとお参りできました。
これからよろしくお願い致します。とご挨拶をしました。



f0364707_13070242.jpg



f0364707_13070393.jpg


境内から鳥居を見た図。




f0364707_13070535.jpg



f0364707_13070640.jpg



そして、隣に合祀されていた神社。
そちらにもご挨拶をと鳥居を見上げ、またまたビックリ。


f0364707_13074098.jpg



f0364707_13074100.jpg


なんと!貴船神社だったのです!


やっぱり、貴船の神様とはご縁があったのでした。



f0364707_13074334.jpg


これからもよろしくお願い致します。
┏○ペコ



f0364707_13074411.jpg


立派なイチョウ。




f0364707_13074559.jpg



f0364707_13082718.jpg


境内の社務所。
広いです。
公民館のような使われ方をされているのかもしれませんね。




f0364707_13082861.jpg



f0364707_13082991.jpg



f0364707_13083015.jpg


鳥居の注連縄の紙垂がユラユラと。


それほど遠くではないので、またお参りに来ようと思います。(*⌒▽⌒)





[PR]
# by dawn1225aki | 2018-09-17 17:04 | 神社巡り

f0364707_00130426.jpg


忘れないうちに、伊勢神宮内宮の記事を・・・(笑)。


バスが内宮前に到着。
外宮と同じようにどーんと大きな鳥居。

鳥居には明神鳥居と神明鳥居に大別されます。
反りがなく、柱が真っ直ぐ立っているのが神明鳥居。
伊勢神宮のこの形は神明鳥居ですが、特徴的なので伊勢鳥居と呼ばれるそうです。



ご由緒書き。


f0364707_00130906.jpg


内宮ご祭神は天照大御神。



f0364707_00131282.jpg


神橋はこちらは右側通行なのです。

橋のそばには脚が立っていました。
遷宮の時は橋も造り変えるそうですから、これは古殿地のような意味を持つものでしょう。
20年後はここにまた新しい橋が作られるのでしょうか。



f0364707_00131646.jpg



f0364707_00131998.jpg


橋の向こうに鳥居。




f0364707_00132420.jpg


迫力です。


この先に手水舎があるのでそこでお清めをしたのですが・・・


f0364707_00132799.jpg


御手洗場がここにも!



f0364707_00133111.jpg


ここを流れる五十鈴川で、手を清めるのです。
こんなところ初めて!
暑いとついつい入りたくなるほど水がキレイなのですが、しっかり注意書きがありました。

・・・神様の川ですしね。


外宮と同じように、この先に社務所があるので、御朱印をいただきました。


f0364707_14260279.jpg


太宰府天満宮で購入した御朱印帳には、3ページ目に天満宮の御朱印が捺されてあります。
格の高い神様に敬意を表し、先の2ページには
伊勢神宮に参拝したときに外宮内宮の御朱印を戴いてくたさい、とのことでした。

去年からずっとそのままだったのですが、今回結願(ちょっと違う?(笑)しました。


f0364707_14260367.jpg


このシンプルな御朱印。
微妙に字が違っているのが興味深いです。




f0364707_00133673.jpg


階段を昇り、正宮へ。
撮影はこの階段の下まで。




f0364707_00133911.jpg


参拝をし、戻っていく途中の巨木。

神宮には大きな木がとても多いのです。
そしてパワーの強い木は、皆が撫でていくので木肌がツルツル。
特に、お社の近くに立っている木は、休日など参拝の列が長蛇になるのでずーっと撫でられっぱなしだそうです。

よくお参りに来られる人が、今日は全然人が少ない方だと言っていました。



f0364707_00134261.jpg



f0364707_00134722.jpg


別宮の、荒祭宮。

天照大御神の荒御魂をお祀りしています。
荒御魂(あらみたま)・・・神様の荒ぶる部分、怖い部分ということですね。
神様の魂はいくつもに分かれているみたいです。



f0364707_00135197.jpg


前日にお参りした生田神社は、ご祭神が稚日女尊(わかひるめのみこと)。
天照大御神の和魂とも言われている神様です。
ということは、和魂、荒御魂、どちらもお参りしたことになりますね!
しかも、前の日のは明らかに偶然辿り着いたのです。
実は前日、ご祭神の御名前を知った時、明日は御本体にお参りするのに!と内心驚いていたのです。
すごいご縁ですね〜。

今回の参拝は、するべき時期だったのかもしれません。
とても良い体験になりました。






[PR]
# by dawn1225aki | 2018-09-10 14:40 | 伊勢志摩

f0364707_00055120.jpg


2018年8月31日。
とうとう今回の関西旅行の大きな目的の一つ、伊勢神宮詣でに行ってきました!

宿泊先のお宿をチェックアウトして送迎バスで鳥羽駅へ向かい、そこから伊勢市駅へ。



f0364707_00063760.jpg


伊勢です(*≧∀≦)。

駅を出ると目の前にもう鳥居。
そして参道です。


f0364707_00070796.jpg



f0364707_00081132.jpg


ひたすらに暑い・・・

遮るものが何も無く。

外宮参道はとても綺麗で参道というより観光地(笑)。
歩きやすい雰囲気でした。




f0364707_00081999.jpg


もちろん伊勢市のマンホールも。

伊勢参りの様子がデザインされたマンホールです。
ご当地色を全面に出していますね〜。
そして、他のところは町や市の名前は大抵平仮名なのに漢字!
「いせ」ではなく「伊勢」なのです。
こんな細かいところにも感動してしまいます。



f0364707_00082468.jpg


真珠で作られた伊勢神宮と塔。
すぐ近くの鳥羽にはミキモトがあります。

ゴージャス!!

ちゃんとお手入れをしないと真珠なので傷んでしまいますね(汗)。




f0364707_00082988.jpg


伊勢神宮外宮(げくう)。
凄まじい日光が降り注ぐ中、着きましたーー!!


伊勢神宮には内宮、外宮、別宮がありますが、それぞれかなり離れていて、歩いては行くのはかなり大変。
ほとんどの人が外宮からバスで内宮まで向かいます。
昔の人は全部歩きだったのですよね。頭が下がります。




f0364707_00083341.jpg


外宮のご祭神は、豊受大御神(とようけのおおみかみ)。
天照大神のお食事を司る神様で、1500年前にこちらにお迎えし、お祀りしているとのこと。
衣食住の恵みを与えてくださる、産業の神様なのですねぇ。
ご由緒書きがわかりやすいです。




f0364707_00083935.jpg


神橋を渡り、正宮へ。
左側通行です。




f0364707_00084447.jpg


なんて広いお手水処。
参拝客が多いんですね。
偶然にも光が・・・!




f0364707_00084720.jpg


ここからまた参道へ。



f0364707_00085131.jpg


二番目の鳥居。

これを越えたところに社務所があり、お守りや御朱印を授与していただけます。
外宮の御朱印をいただきました。



f0364707_00085617.jpg


いよいよ、正宮。
その隣には前回の遷宮の跡地が祀られてあります。
平成25年に62回目の遷宮が行われましたが、それ以前にはこちらに建っていたのです。
これを20年ごとに繰り返すのです。
すごいことです。




f0364707_00090160.jpg


外宮正宮前の鳥居。
迫力です。

ここから先は撮影は禁止。
心を込めてお参りします。

拝殿の奥のご神殿も見事な造りでした。
周りは塀で囲まれているので、それ越しに見せていただきました。



f0364707_00090711.jpg


古殿地。

20年後の遷宮の時まで、しっかりお守りしているのでしょうね。




f0364707_00091338.jpg


別宮がいくつもありましたが、とても全部は回れなかったので、正宮の後はすぐに内宮へ。
外宮前からバスに乗って向かいました。


[PR]
# by dawn1225aki | 2018-09-10 13:00 | 伊勢志摩

映画鑑賞

f0364707_12344180.jpg


ハッピーマンデーなのでイオンシネマへ。

いくら割引といえ、初回だし月曜だし、そんなに人、多くないよね、とか思って行ってみたら。

多い!!


私のような人がたくさん来てるんだー(笑)。

迷った末、前回の映画の宣伝で見てた「SUNNY」に決定。

40歳の主人公が、20数年ぶりに高校時代の友人に偶然出会う。
病に侵され余命1ヶ月のその子の最期の願いを叶えようと、当時仲間だったグループのメンバーを探していくというお話。

過去と現在が自然な形で交錯し、その頃のエピソードが生き生きと描かれます。
初恋だったり、対立するグループとの衝撃的な事件だったり。
そこまで派手じゃなかったけど、誰にでも高校時代はあるもので、感情移入しやすい映画だったように思います。
広瀬すずがいいですね〜

絶賛するには、すこーし消化不良の部分がありますし、リアル年齢は私より10年くらい後の時代ではありますが、面白かったです。
化粧してなくて良かったと思うほど泣いてしまいました( ̄▽ ̄;) 




[PR]
# by dawn1225aki | 2018-09-10 12:34 | 備忘録