平山天満宮(福岡県宗像市)

三叉の大楠と言われる、平山天満宮の大楠を見に行ってきました。
写真でしか知らなかったので、どんな雰囲気なのかドキドキワクワク・・・

お屋敷とも言えるような大きな民家が立ち並ぶ路地を抜け、農道かな?と思うような道の向こうに鳥居が立っていました。
こんなところに??とビックリ。
車だと危うく通り過ぎてしまうところでした。
けれど近くに駐車場は無し。
少し坂道を登ったところに駐車できそうなスペースがあったのでそこに停めさせてもらいました。

鳥居の先は階段です。

f0364707_19423138.jpg

階段をテクテクと上りきった目の前に大楠が立っていました。
三つに分かれた幹が見えます。
周りは木々に囲まれ、鳥の声しか聞こえません。
とてもとても静かな空間でした。
f0364707_19435490.jpg
天然記念物、と記された石碑がありました。

f0364707_19433179.jpg
祠の中には七福神の何人かの像が置かれてありました。
けれど風雨にさらされたせいか、いくつかは崩れて下敷きになってしまっていたり。

f0364707_19444639.jpg

樹齢400年の楠です。
福岡にある楠としてはまだ若い方ですね。
それでも堂々とした風格、枝は広がり見上げると眼前を覆うほどです。
その楠の先に、本殿へ向かう階段がありました。

f0364707_19451774.jpg

扁額には「天満宮」の文字。
f0364707_19454889.jpg


本殿が見えました。
f0364707_19462077.jpg



f0364707_19465012.jpg



f0364707_19471711.jpg



f0364707_19474253.jpg



f0364707_19482216.jpg

周りの雑木林にはこれまた大きなイチョウの木も立っていました。
ひんやりとした透明な空気、苔むした階段は、熊本の上色見熊野座神社を思い出させてくれました。

f0364707_19501688.jpg

楠が大好きで、自宅の庭にある木を始め、近くの神社などにある楠を見によく出かけていましたが、いつの間にか他の楠にも会いたくなり、少し遠くまで足を伸ばすようになってしまいました。
一本一本に、まったく違う精霊が宿っているのでしょう、出会う木それぞれにいつも圧倒されてしまいます。

宗像市の市の木は楠。
きっとまだ私の知らないところに大楠がいるかもしれませんね。


平山天満宮
福岡県宗像市吉留


[PR]
by dawn1225aki | 2016-10-30 20:17 | 巨樹