金毘羅杉(阿蘇郡南小国町)

国指定天然記念物の金毘羅杉に行ってきました。
下調べをしていったのに結局迷ってしまい、地元の方に聞いてやっと入り口の鉄製の階段を発見。
(注意して見て行かないと見逃します)

あまり使われてなさそうな錆びた鉄階段・・・

f0364707_21241051.jpg


f0364707_21344846.jpg
鉄階段を上ると更に石段が続きます。


f0364707_21364375.jpg
周りはほとんどこんな状況です。
雑木林に囲まれ、岩肌に囲まれた中を登って行きます。

f0364707_21354592.jpg
途中で分かれ道がいくつかあるのですが、まるで道案内のように石仏が鎮座してあるのです。
ひとつひとつに手を合わせながら、石仏が座っておられる方へ進みます。

f0364707_21372704.jpg
いったい・・・・

何処を通るの?


f0364707_21374905.jpg
何処を・・・?



多分、長年の風雨で足場が崩れたのでしょう。
丁度よい具合に倒木が横たわっているので、それを手すり代わりに掴まりながら斜面を渡ります。
(ところが四十肩を患っているくせに、とっさに悪い方の右手で木に掴まってしまい、激痛に苦しむことになりました。こんな岩場の斜面で・・・)



f0364707_21382765.jpg

そして、この二体の石像(お大師様と仏様ですね。お名前はちょっとわかりませんでした)の前に出てきました。
右に進むと、目的地はすぐです。

f0364707_21385199.jpg
進んでいくと見えてくるのですが、ちょうど逆光で巨木に後光が差し、まぶしくてなかなか視認できず。
徐々に表れた姿を見ると思わず震えました。

f0364707_21391476.jpg

素晴らしい杉です。


f0364707_21395505.jpg

金毘羅杉。樹齢1000年だそうです。



f0364707_21402167.jpg


f0364707_21413671.jpg


f0364707_21415875.jpg

地元の人たちに大切にされているのですね。


f0364707_21410316.jpg

登ってみてわかったのですが、私が来たルートとは別に、県の史跡のある場所から入るルートもあるようでした。
多分、教えてもらったこのルートは地元の人の最短ルートなのでしょう。
迷って地元の人に出会ったことも何かの巡りあわせかもしれません。


f0364707_21381153.jpg

あちこちで見かけたマムシ草。
マムシが鎌首をもたげているように見えるからついた名だとか。
けれど、それだけではなく、やっぱり毒があるんですって。
触らなくて良かった!


金毘羅杉はお天気が悪いと足元が危ないかもしれません。
やっぱり晴れの日に歩きやすい運動靴で来るのがベスト。
もうひとつのルートはどうなのかわかりませんが、今回の道はお大師様や仏様たちに護られているように感じました。



金毘羅杉


[PR]
by dawn1225aki | 2017-04-30 22:44 | 巨樹