太祖宮の楠(糟屋郡篠栗町)

f0364707_22144537.jpg

若杉山のお蕎麦屋さん「文治郎」さんに向かう途中、またまた気になって仕方がない一画あり。
何だろう、ここ・・・と思いながら通り過ぎ、鳥居が目に入ったので神社だとわかりました。
まずはお蕎麦屋さんへ行き、帰りに再びここに立ち寄りました。

「太祖宮」と書かれた扁額。



f0364707_22153390.jpg

どうして気になったか、ここに立った瞬間にわかりましたが、とにかくこの神社も並々ならぬ由緒を感じさせます。




f0364707_22160381.jpg



f0364707_22163662.jpg

ご由緒。
なんだかよくわからない・・・
でもよく読むと、
祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)。
神功皇后が三韓征伐の折に御神託を受けてここにお祀りになったとのこと。
かなり立派な神社ですね。
若杉山の山頂に上宮があり、ここは下宮。



f0364707_22170639.jpg

いったい今までいくつ、神功皇后にまつわる神社にお参りしたことでしょう。
福岡は朝鮮半島に一番近いですから、征伐のためにこの地に来られることは当然と言えば当然。
おかげで歴史の足跡が感じられ、面白いです。
(最近はその神功皇后が倒したと言われる、朝倉の羽白熊鷲も気になっていますけど)




f0364707_22173987.jpg

狛犬さん。
独特の顔をしているので思わずパチリ。
後でご由緒を見ると、有形文化財指定の狛犬があるとか。
拝殿の前にもう二体いますが、多分こちらの方でしょうね。


f0364707_22181119.jpg



f0364707_22192555.jpg



f0364707_22200594.jpg

ここにも土俵があります。
ホントに今時、土俵のある神社は珍しいのですよ~~。





f0364707_22205354.jpg

拝殿。
こちらにいる狛犬さんはよく見かけるお顔立ち。
文化財はやっぱりさっきの方だろうなー。




f0364707_22230950.jpg

拝殿とご本殿。
この太祖神社には伝承されてきた太祖神楽があるそうです。
年に二回、保存会の方々によりお神楽が奉納されます。
新しい立派な拝殿ですが、ここで舞が行われるのでしょうね。




f0364707_22244101.jpg

やっと真打登場!

何故気になったのか・・・の理由です。
絶対この木の集団が呼んでました。
オイデ~って言ってる!絶対!(笑)
なんでしょうね~~、この空間。




f0364707_22252676.jpg

呼ばれたら行かなきゃ。


f0364707_22255607.jpg

囲まれてる感満載。
今日も呼んでくれてありがとう。




f0364707_22263929.jpg

ご本殿の裏の方にもこんな立派な木がいました。



f0364707_22271739.jpg

一番大きかったのがこちら。
注連縄も何もなかったのですが、御神木の風格をたたえています。




f0364707_22274971.jpg



f0364707_22282499.jpg



f0364707_22293631.jpg

やっぱり楠は温かい感じがします。
この後ろに大きな別の木が立っていたのですが、触れて比べてみると感覚が違うのがわかります。
楠に慣れているからかもしれません。

けれど・・・気になって仕方がないところにはいつも楠がいますねぇ。
こればっかりはずっと前からなのです。
本当に不思議です。
もうほとんど心の友ですね(笑)。




f0364707_22184067.jpg

銀杏の木もいました。
新しい命が根元から。
こんなにちっちゃくて、木というよりは茎みたいなのに、ちゃーんと葉っぱがついています。
いじらしいです。

上宮には途中まで車で行けるようです。
今度は登ってみたいです。



太祖神楽

[PR]
by dawn1225aki | 2017-07-04 22:23 | 巨樹