人気ブログランキング |

ヒゴタイ公園(阿蘇郡産山村)・1

f0364707_22452225.jpg

紫色の丸いアザミ、ヒゴタイが群生するヒゴタイ公園に行ってきました。
入り口に立つヒゴタイのオブジェ・・・・・

・・・・

一瞬、青いウニかと。


花の時期は7月中旬~8月中旬。
もう終わり頃なんですね。

実はここに、「幸せを呼ぶブルービー(ルリモンハナバチ)」が飛来しているという情報が入ったので、どうしても会いたくて行ってみたのでした。

ブルービーのことは、一昨年、葉祥明絵本美術館に行ったときに、初めて知りました。
そのときはまるでおとぎ話のように思っていました。
写真も見当たらなかったし(気が付かなかっただけかもですが)、葉祥明さんの絵本やイラストだけだったので、まさか存在するとは思っていませんでした・・・
ところがつい先日、その美術館にブルービーが飛来している、とのニュースを見て、「本当にいたんだ!」と感激。
北九州にも飛んできていると知り、いつか見てみたい!と思っていたら、チャンス到来です。



f0364707_22454475.jpg

受付が見えます。




f0364707_22461321.jpg

サルビアの花も満開。
花先に当たる部分がかなり落ちていますが、花の色は見事です。
眩しいほどの赤!



入園料は大人300円。
小中学生200円。
受付になっている建物はお土産などが置いてあり、壁にはこの公園内に生えている野草の写真がズラリと並んでいます。
外で見た野草の名前を調べるのにもいいですね。



f0364707_22463090.jpg

館内の窓から見た外。
額に入った写真のようです。




f0364707_22465509.jpg

外にはヒゴタイの苗が売られていました。
館内では種も販売しています。




f0364707_22464410.jpg

さすが阿蘇!ひろ~~い!!




f0364707_22471795.jpg

ヒゴタイだけではなく、様々な野草が生息している草原。
女郎花(おみなえし)です。




f0364707_22473196.jpg

九蓋草(クガイソウ)・・・でしょうか?




f0364707_22475063.jpg

撫子(ナデシコ)。




f0364707_22480026.jpg

ヒゴタイ。
さっそく花蜂がとまっています。
羽音が大きくてすぐにわかりますね。




f0364707_22481526.jpg

今回、ブルービーがたくさん見られたという禊萩(ミソハギ)のエリア。
黒い花蜂や蜜蜂が花から花へとブンブン飛び回っています。
その中から青い姿を探しました。


しばらく見ていると、スッとどこからともなく姿を現したブルービー。



f0364707_22483697.jpg
発見!!!

声も出ませんでした。
(どこかに行ってしまいそうで)
無言でiPhoneを構え、追っかけます。

ブルービーは、動きが他の虫たちと違うのです。
花から花へ飛び移るのは同じですが、飛行距離がいきなり長くなったりします。
それもスゥ~~ッと現れては消える。
体色が青いせいか、葉っぱの中にいると見失ってしまいます。




f0364707_22500511.jpg

iPhoneのファインダーを覗きながらだとまともに追えないという・・・
ほとんど勘を頼りにシャッターを切りました。




f0364707_22503109.jpg



f0364707_22504659.jpg



f0364707_23001904.jpg



f0364707_23011996.jpg

本当に青いんだ、ブルービーだ!と目が釘付けでした。
いつか会いたいという思いがあっという間に叶ってしまいました。
早かった~~(笑)。

このルリモンハナバチは、数が少ない希少種で、滅多に見ることができないそう。
京都では2014年に2例しか目撃情報がないので京都府では絶滅危惧種に指定されているほど。
ここヒゴタイ公園では、じっくりと探せば割と見られると思います。


f0364707_23013458.jpg

もちろん、他の昆虫たちもたくさん飛んでいましたよ。
鮮やかな花の中を飛び回るモンキチョウがとてもキレイでした。




ヒゴタイ公園・2



by dawn1225aki | 2017-08-19 23:36 | 熊本