人気ブログランキング |

高良大社・1(久留米市柳井町)

f0364707_23111905.jpg

長田鉱泉場→恋ぼたる、そしてその後に予定していた場所はこちら。
久留米市柳井町の高良大社です。
船小屋へ向かっている途中、とある交差点で高良大社の大きな看板を見つけました。
「築後の国一の宮」との称号だったので、由緒ある神社だと思い、帰りに参拝しよう!と思ったのでした。

ところが、恋ぼたるからナビに頼りつつ向かっていると、もう本当に着くんだろうか、と思うほどあっち行ったりこっち行ったり。(Googleめ~!!)
全く土地勘のないところですから、余計にどこを通っているのかがわからず、翻弄されまくりました。
最終的には到着しましたけど。

高良山のくねくねとした山道をどんどん上り・・・途中、石段の参道や、稲荷神社やお寺や、駐車場のような広場などを通り過ぎながら、やっと到着。




f0364707_23114087.jpg

三の鳥居。
ということは一の鳥居、二の鳥居があります。

一の鳥居は山のふもと、まだ山道に入っていない場所に石造大鳥居が立っています。
そこが高良大社の入り口です。
二の鳥居は山の中の参拝車道を走っている途中に、石段の参道が現れ、そこに立っています。
そこから社殿までは約20分だそうです。
そういえば、その周りには何台も車が停まっていました。
初めて来たので、そこから参道を歩いて上ることはとても考えられず、とにかく高良大社へ向かおうと車を走らせました。




f0364707_23120063.jpg

ということで、さほど苦労せずここまでは来れたのですが・・・

いーーしーーだーーんーーーー!!!

最近の私の天敵の石段。
あ、そんなことを言ってはいけませんね。
いけないとは思うのですが、この見上げるような高さにちょっと絶句。

上りはまだ大丈夫です。



f0364707_23122079.jpg

いや、ほんと、凄いです。
と言いつつも、写真を撮る余裕はある。




f0364707_23124414.jpg

中段を超える辺りから多少息が上がりましたが、なんとか上ってこれました。
そして何気なく振り返ったところでこの絶景。

久留米市内でしょうか?
一望できますよーー!!!
思わずクラクラしそうでしたが、高所恐怖症ではないのが幸いしてパチリ。
素晴らしい眺め。




f0364707_23130885.jpg

中門。

残念なことに、ご本殿は平成の大修理中。
外観は外から拝見できますが、中には入れず、祈祷など祭典は本殿横の仮殿で行われています。





f0364707_23213132.jpg

1600年の歴史がある神社。
神功皇后が、異国の兵を追い払ったときに神仏に助けを祈ると、高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)という神様が降りてこられたとのこと。
神功皇后由来の神社って多いです。
それだけ神に祈ることが多かったのでしょうか。
異国の敵がそんなにやってきていたのか、と思ってしまいました。
そして、懐妊中に戦争するほどの強い人ですから、ご自身も祀られているのですよね。


(でも、それがここ筑紫の国の民にとって本当に良かったことだったのか。それは疑問に思う点があります。敵とみなされて征伐されたこの地の豪族が、民にとっては英雄だった、とかいう言い伝えもありますから)
(歴史は勝ったものが作り上げる・・・・ものですしね)



f0364707_23151600.jpg

葺き替えらえた杮葺きの屋根が見えます。



f0364707_23160125.jpg



f0364707_23162798.jpg

手水所。




f0364707_23164780.jpg



f0364707_23170781.jpg


宝物殿の前に飾られてある瓦。
菊の御門です。




f0364707_23174855.jpg

神鶏が飼われていました。
神馬などはたまに見かけますが、鶏は珍しいです。




f0364707_23180622.jpg

高良の神様が白い鶏になって悪鬼を退治したという伝説があるそうです。



高良大社・2






by dawn1225aki | 2017-09-24 21:43 | 神社巡り