人気ブログランキング |

秋月紅葉・1(朝倉市秋月)

f0364707_14591480.jpg

紅葉を見に秋月城址へ。

何度も何度もお水を汲みに秋月へは足を運んでいますが、紅葉を見に行くのは初めてです。
この時期、清流庵も秋月とうふ家も、お客さんが一気に増える、と言われてましたっけ。
名所がどこなのかもはっきりわからなかったので、とりあえず、杉の馬場方面へと向かいました。

お蕎麦屋さんの「ちきた」さんを過ぎて一本道をずっと行くと、道の両側に臨時駐車場がいくつも出来ていました。
名所から一番近いですよ!という看板に釣られて駐車(笑)。
一回300円という良心的な料金です。


そこに停めると、目の前には南天が生垣のように並んでいる建物がありました。
南天も紅葉しますし、真っ赤な実はパッと目を引きます。
私も南天を生垣にしたくて庭にポツポツと植えているのですが、あまりの日当たりの悪さに全然育ちません・・・
むしろ山に自然に生えているモノの方が元気がいいです。

まあいいけど。



f0364707_14592431.jpg



f0364707_14593644.jpg

杉の馬場に入る手前の橋。
そこにかかるモミジがさっそく出迎えてくれました。
見事です。



f0364707_14594880.jpg

観光地っぽい雰囲気ですね。
お天気もいいし、道はたくさんの人で賑わっていました。




f0364707_15000470.jpg

黒門のマンホール。
朝倉市の下水道に繋がるマンホールは違うデザインです。
それはもうイヤというほど撮っていますが、これは初めて。
今まで気づきませんでした。




f0364707_15001450.jpg

種痘発祥の地だったんですねぇ。




f0364707_15002109.jpg

お掘を渡る坂が面白い形。
橋ではなくて、坂です。




f0364707_15003255.jpg



f0364707_15004219.jpg

瓦が顔を出しています。
縦に埋められているのですね。

そういえば、清流庵の庭園の一部に、この瓦坂と同じように瓦を埋めて意匠をこらしている箇所がありました。
珍しいなーと思ってみていたのですが、お城に使われていたんですね。



f0364707_15010946.jpg



f0364707_15012555.jpg



f0364707_15013886.jpg

苔に覆われた灯籠。
印象的でした。

垂裕神社の鳥居です。


f0364707_15015181.jpg



f0364707_15020803.jpg

参道にもなっているようです。
この石段を上ると黒門、その先に神社があります。




f0364707_15022802.jpg

登りながらも、紅葉の美しさに見とれます。



f0364707_15024269.jpg



f0364707_15025287.jpg

よく階段から転げ落ちなかったこと、と思うほど。
足元あまり見てなかったかも・・・・怖。




f0364707_15030309.jpg

秋月城本門、黒門に着きました。


『黒門は明治13年(1880)に移築され、現在は秋月黒田藩祖である黒田長興を祀る垂裕神社の参道にありますが、本来は秋月城の大手門として、城の前面堀割にある瓦坂の奥、右側に建っていたものです。
形式的には江戸初期のものとされますが、中世秋月氏の本城「古処山城」の搦手門(からめてもん)であったという伝承も残っています。
長屋門は奥御殿へと至る門であり、唯一城内の原位置に残っています。
昭和62年より解体修復工事を実施し、嘉永3年(1850)に建てられたことがわかりました。』
(黒門の概要より)



秋月紅葉・2へ。



by dawn1225aki | 2017-11-28 15:45 | 紅葉