大分(だいぶ)八幡宮(飯塚市大分)

f0364707_16580614.jpg

あけましておめでとうございます。
2018年の到来。
早いものですねー。
ぼんやりしているとすぐにまた、1年が過ぎ去ってしまいそうです。
新年早々、3日間は結構な忙しさでした。
毎年変わらない忙しさですが、15、6年前に比べると余裕かな(笑)。




f0364707_16534975.jpg

1月1日の月。
今年最大の大きさだと言われるスーパームーンです。
明るかったーー!
2日の明け方にかけてが見ごろだったとか。
暦上では2日の午前11時過ぎが正中でした。




f0364707_16595193.jpg

2日は大分八幡宮へ初詣に。
氏神様ではありませんが、自宅から割と近い神社です。
ご祭神は応神天皇、神功皇后、玉依姫命。
神功皇后が応神天皇を出産されたとき、産湯を使った井戸があり、「産湯の井戸」と呼ばれています。
そのまんまですが。
そして神殿の裏の丘は仲哀天皇の墳墓だとも言われています。
本当だったら凄いです。



f0364707_17003605.jpg

一の鳥居。




f0364707_17011302.jpg

ユーモアあふれる表情の阿形の狛犬さん。
逆立ちしています。




f0364707_17015319.jpg

吽形の狛犬さん。
こちらは通りの方を向いています。
悪いものが来ないように見張っているようです。




f0364707_17021981.jpg

二の鳥居。




f0364707_17023981.jpg

三の鳥居。

短い間隔で三つ建っています。




f0364707_17032848.jpg

三の鳥居をくぐると右側に手水所があり、更に進むと神橋があります。
橋だけのところも多いのに、ここはちゃんと水が流れています。




f0364707_17035471.jpg

金剛力士像が両側を護る楼門。




f0364707_17042445.jpg



f0364707_17045378.jpg

拝殿。




f0364707_17051333.jpg

造りがとても立派です。
太鼓を置いてある床スペースが設えてあるのは、ここで毎年お神楽があるからです。




f0364707_17053718.jpg



f0364707_17061126.jpg

大分八幡宮の名物、県指定の天然記念物である大楠。




f0364707_17063020.jpg

注連縄も新しく作られるにつれ、毎回違う雰囲気なので面白いです。
二年前はもっとごつく粗い感じに綯われていました。
それでも立派でしたけど。




f0364707_17065292.jpg



f0364707_17070908.jpg



f0364707_17072944.jpg



f0364707_17075131.jpg

裏の鳥居。
この横の道から車を入れることができ、お正月や神楽などの行事の際には境内が駐車場になります。




f0364707_17081419.jpg




大分八幡宮について。
『大分八幡宮は奈良時代の神亀3年(726)に創建されたと云われます。祭神は八幡神(応神天皇)・神功皇后・玉依姫命。平安時代の延長元年(923)に、八幡神が大分宮から博多湾岸の筥崎へ遷座するという出来事が起こりました。大分八幡宮が筥崎宮(福岡市東区)の元宮と云われるのはこのためです。その後も大分八幡宮は、宇佐八幡宮(大分県宇佐市、現在の宇佐神宮)の「九州五所別宮」第一に位置づけられるなど、由緒正しい名社として存続しています。境内には、神功皇后が三韓の役から帰国の際に持ち帰った3本の樟の内の1本の子孫であると云われている大樟があります。推定樹齢は約350年、胴回りの径は約9メートルで福岡県指定天然記念物です。また、応仁天皇の産湯を使ったとされる井戸や、仁王像が安置される神仏習合時代の様式を今に伝える総門(楼門)、弁財天と「殺生禁断」の石柱がある放生池などがあります。
創建当時の社殿は現在地より後方の丘陵上にありましたが、戦国時代に戦乱のため消失。天正5年(1577)に秋月種実が現在地に再建しました。現在の社殿は拝殿、本殿とも平成7年(1995)に改築されたものです。
神殿裏山の小高い丘陵地は全国でも珍しい皇室古墳埋蔵推定地「仲哀天皇陵」として考古学者の学問的期待をかけている聖地です。』
(飯塚市観光ポータル「大分八幡宮」より)



聖地・・・・
この次はそこへも行ってみようかな。



f0364707_17083223.jpg

そして普段はほとんど開いているところを見ない社務所が、お正月は開いていました!
大分八幡宮の御朱印帳があったなんて~~~
感動です。



f0364707_17085319.jpg

やっと御朱印を戴くことができました。
2年前から通って参拝していて、何度か宮司さんのお宅の呼び鈴を押したりしたことも。(お留守でした・・・)
お神楽のときは宮司さんがお忙しくて戴けず、去年のお正月もちょうどお祓いの最中で戴けず(私も時間がなく)、本当にご縁がなかったんです。
その分、とても嬉しかったです。
勾玉模様の、なかなか趣のある御朱印ですね。



今年も巨樹巡り、神社仏閣巡りの一年になるのでしょうか。
今度は目的をもって巡ってみるのもいいかもしれません。



f0364707_16510478.jpg



[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-03 16:32 | 神社巡り