寿司の川庄(飯塚市川津)/2017年12月30日閉店

f0364707_17050896.jpg

創業40年以上というお店の寿司の川庄さん。
家族、親戚一同でとてもお世話になっているお店でした。
この度、2017年12月30日をもって閉店。
それを知ったのが閉店のわずか数日前。
女将さんがほとんど誰にも言わずに内緒にしていたみたいです。

お寿司だけではなく、懐石料理もあるので、義母、父の法事などでは毎回のようにこちらを使わせていただき、大変お世話になりました。
まさかここが無くなるなんて・・・
想像もしていなかったので大ショック。
大慌てで訪問しました。




f0364707_17051739.jpg

何も変わらない佇まいなのに。




f0364707_17053080.jpg

お花がいくつか置いてありました。
閉店を惜しんだお客さんたちが贈ったものでしょう。




f0364707_17054933.jpg

お座敷へ。
法事などの会食のときはこのお座敷でした。
衝立を外してテーブルを並べるとかなりの人数が座れます。




f0364707_17055915.jpg



f0364707_17062419.jpg

天ぷらの盛り合わせ。




f0364707_17064078.jpg

最後なので上握りです。
(記事としては3連荘ですが、行ったのは暮れですので~)
こちらのウニの握りは特徴的で、軍艦ではないんです。




f0364707_17064895.jpg

これが知る人ぞ知る、という茶わん蒸し。
通常のではなく、知っている人のみが注文するという裏メニュー的なものです。
中は具なし、辛いもみじおろしが添えられているピリ辛茶わん蒸しなのです。
今は亡き義母がこれを好きで、必ず注文していました。




f0364707_17070154.jpg



f0364707_17071254.jpg

記念にいただいてきました。



f0364707_17072366.jpg





父の四十九日の法要の会食のときのお料理です。
とってもお世話になりました。


f0364707_17163151.jpg



f0364707_17164699.jpg



f0364707_17165703.jpg
太巻きが美味しくて有名でした。
最後は予約が殺到し、巻けるかどうかわからない、とまでなるほど。
卵は焼けても完全に冷めるまでは巻けないのです。
最後に太巻きを食べたい、と思うお客さんが多かったのでしょう。
多分、ほとんどの人がそう思ったはずです。



f0364707_17170803.jpg

最後に女将さんに挨拶したのですが、最後まで「またどうぞ」と言われていました。
凄い心意気。
やはり最後の最後まで気合が入っている方でした。
だから40年以上も続いたのですね。
今まで本当にありがとうございました。








[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-13 17:04