お石茶屋(太宰府市宰府 太宰府天満宮内)

f0364707_18404751.jpg

やっと青空が広がった土曜日、太宰府天満宮まで参拝に行ってきました。
ずっと寒くて雪が降ったりやんだりの毎日・・・ようやく訪れた暖かな休日は参拝客がどっさり。
なかなか拝殿前まで行きつけません。

なんとか参拝をすませ、御朱印も戴きました。



f0364707_18410669.jpg

拝殿横の飛梅はまだこんな感じ。




f0364707_18412576.jpg

見ごろは三月かなぁ。



それからいつも立ち寄るお茶屋さんへ。
天満宮奥に昔からある、お石茶屋さんです。
参道は人がひしめき合っていたのですが、この辺りまで来るとチラホラに。
お店自体は広くて、外に席もあるくらいですから、昔は大賑わいだったのでしょうね。
今は、喧噪を逃れてホッと一息つける、静かな憩いの場所になっています。



f0364707_18402163.jpg



f0364707_18415701.jpg



f0364707_18422174.jpg



f0364707_18424035.jpg



f0364707_18430271.jpg

お冷のかわりに緑茶がヤカンに入って出てきます。




f0364707_18432651.jpg

梅の香うどん。
わかめと梅肉入り。
梅わかめうどん、とかいう名前ではなくて、「梅の香」ですよ!
なんて品のある響き。
太宰府らしいですね。




f0364707_18435206.jpg

連れも同じものを注文。
梅の香うどんが並びました。

柔らかくて少し平たい麺が懐かしい!
この柔らかさがいいのです。
出汁のお醤油味と梅肉って不思議と合うのですよね~。

丼が熱くて持てないくらいでしたが、出汁はほどよい熱さ。
冷めにくいように器を温めているのかもしれません。
美味しかったです。




f0364707_18440965.jpg

梅ヶ枝餅も2つ。
お店でしか味わえない焼き立ての美味しさ。
お土産に持って帰ったものももちろん美味しいのですが、皮のパリッとした食感は焼いた直後だけなのです。
お石茶屋の梅ヶ枝餅は素朴で優しい味です。
そして皮も香ばしく焼かれています。

うどんを食べたあとに、ペロリでした。





f0364707_18445157.jpg

更にーーー
この日は17日で「キューコクの日」だったので、他店では古代米の梅ヶ枝餅が出ています。
食べ歩きでまたペロリ。
参拝に来たのではなくて、食べに来たみたいな一日でした~。



お石茶屋


[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-18 19:31 | 神社巡り