人気ブログランキング |

摘草料理の宿 清涼荘(阿蘇郡小国町)

f0364707_20520415.jpg


2019年3月9日。(そんなタイトルの歌がありましたねぇ)

阿蘇郡小国町、わいた温泉郷の「摘草料理の宿 清涼荘」へ行きました。
わいた山の麓のわいた温泉。
有名な黒川温泉とは車で20分ちょっと離れた場所にあります。
お宿の近くまで来ると、辺りは強烈な湯けむりがもうもうと。
宿泊施設だけではなく、民家のお庭からも蒸気抜きなのでしょう、煙突がありそこから蒸気がブワーーーッと噴き出しているのです。
ものすごい景観!
更に近づくと蒸気で前が見えなくなるほど。
車に乗っていても硫黄のニオイが感じられました。
ホントに強烈です。
私たちは目を見張って感嘆の声をあげていましたが、地元の人にとってはごくごく普通の風景なのですよねー。
後でお宿の方が、蒸気がない景色の方が不思議なくらいです、と言われていたのが印象的でした。





f0364707_20562371.jpg


高台に上ったところにある清涼荘。




f0364707_20570754.jpg


ペパーミントグリーンの可愛い外観のお宿。
1日6組ほどしか泊まれないそうです。




f0364707_20573215.jpg





f0364707_20575485.jpg


外観は洋風なのに、玄関は和風。
落ち着いた雰囲気。




f0364707_20590574.jpg


客室は二階で、「かし」というお部屋でした。
それぞれ木の名前が付いたお部屋のようです。

古いですが、落ち着く感じ。





f0364707_20595116.jpg


洗面台はありますが、トイレはお部屋の外で共同です。




f0364707_21002841.jpg


冷蔵庫が付いているのは嬉しいです。




f0364707_21005237.jpg


この筆立て、なつかしい~。

娘が保育園を卒園するとき、保護者の方が卒園児全員の分を作ってプレゼントしてくれました。
同じ形です。
定型の型があるのかな?




f0364707_21015558.jpg


お茶櫃を開けると、手書きメッセージがありました。
「○○様 山里へ訪れて頂き嬉しく存じます。どうぞごゆっくりお寛ぎ下さいますよう・・・清涼荘」

こちらこそ、嬉しく思います。


到着したのが予定より少し遅かったので、先に食事を済ませることにしました。
その間お部屋でぼんやりと寛ぎます。
お願いした時間になると、内線電話で呼び出しがあります。


食事は一階のお食事処にて。



f0364707_21024726.jpg


大きな囲炉裏が出迎えてくれました。


お部屋の名前のプレートのところにお座りください、とのことでした。


f0364707_22005263.jpg





f0364707_22013944.jpg


お宿のご主人が摘んできてくれる摘草料理ということです。
食前酒はブルーベリーのお酒。
かなり強め。
後で外出する予定があったので、一人だけいただきました。




f0364707_22020114.jpg





f0364707_22024146.jpg


お吸い物の中はカニしんじょのような・・・




f0364707_22030393.jpg


これも山の幸ですね~。
ヤマメです。




f0364707_22032664.jpg


迫力の塩焼き!




f0364707_22034945.jpg


ご主人が摘んでこられた野草の天ぷらです。
これ、何だろう?という野草ばかりで、わかったのはフキノトウとハコベ??くらい。
聞けばよかった~(笑)。
抹茶塩と天つゆで戴きました。




f0364707_22041068.jpg


わかる人にはわかるんだろうなぁ。
見たことがある形の草もあったんですが・・・




f0364707_22043142.jpg





f0364707_22045230.jpg





f0364707_22051365.jpg


この茶わん蒸しがとっても珍しく、面白い味だったんです。
茶わん蒸しと言えば卵ですが、これは白い。
食べてみるととっても優しい味でほっこりしました。
中には火を通した卵の黄身。

周りは何だろうと思い、後でお聞きすると、すりおろした長芋だそうです。
それと出汁を合わせて卵の黄身を落として蒸したものだとか。
「お家でもできますよ」と言われました。
そんなにあっさり教えていいんですかー?と思いましたが、気さくに説明してくださいました。
これはマネしてみたい一品です。





f0364707_22053572.jpg





f0364707_22060185.jpg


以上、摘草料理でした。









by dawn1225aki | 2019-03-18 11:35 | 熊本