人気ブログランキング |

2017年 09月 26日 ( 1 )

f0364707_08211772.jpg

田川郡川崎町大ヶ原の山を上がって行った先の、果樹園レストラン「ラピュタファーム」です。
地元産のお野菜や厳選された調味料を使ったヘルシーな野菜料理が並ぶ、ビュッフェ式のレストランです。
受付は10時半から。
レストラン開店は11時半から。
ランチ時にはお客さんがぎっしりで、待ち時間が1時間近くにもなることも。
飛び込みはよほど時間を見計らっていくか、長時間待つことを覚悟していくか。
けれどレストランの周りはヤギが飼われていたり、果樹園があったりで、のんびり散策も楽しめます。
受付の建物内の待合スペースで、フリーサービスの珈琲やお茶を戴きながら待つこともできます。

定番メニューの他に、毎月違うお料理が並ぶので、以前は月に1度くらいの割合で通っていたのですが、最近はとんとご無沙汰です。
前回行ったのは5月!(笑)
今回は秋の食材が入ってきている頃ですね~。




f0364707_08213920.jpg

こちらが受付。
先に支払いをして、番号札をもらいます。

満席の場合はしばらく待ちますが、二階席でもよければすぐに案内してもらえることも。
お料理は一階にしかないので、持っていくのに少し手間がかかるだけで、足腰の丈夫な人ならほとんど問題はありません。
私も一人のときは、二階席に案内してもらうこともよくあります。
この日は膝の悪い母と一緒だったので一階席をお願いしました。




f0364707_08263983.jpg



f0364707_08290156.jpg

受付内の待合スペース。
以前はここは雑貨などが置いてあるショップだったのですが、席になっていました。
きっとお客さんが増えたんでしょうね。




f0364707_08291947.jpg

お酢ドリンク。
ラピュタファームオリジナルです。




f0364707_08293899.jpg



f0364707_08295740.jpg



f0364707_08301569.jpg

果樹園でとれたフルーツを使ったジャムなどの試食ができます。



待つこと30分強・・・
番号を呼ばれ、レストラン内に案内されます。




f0364707_08303594.jpg

今月は冬瓜のお料理が多かったです。
淡泊な冬瓜は、どんな味付けも合いますね。
衣を付けて揚げた冬瓜と野菜の炒め物が美味しかったです。
冬瓜のグラタンもありましたが、淡泊すぎたかなーと。




f0364707_08310043.jpg

私のプレートは野菜料理ばかりが乗ってしまいます。
と言っても全体的に、お肉、お魚はほとんど使われていません。
グリーンカレーに豚肉、レンズマメのトマトスープにベーコンが入っていたくらい・・・?
後はチーズが結構目につきました。

グルテンフリー継続中なのに、クスクスとかパスタとか取ってしまったし。
(でもデザートのケーキは食べてませ~ん)




f0364707_08311649.jpg

梨のカボスと塩麴和えが面白かった!
刻んだ皮が入っていたので風味付けだけだったんだろうけど、苦みが気になりました。
苦くない方が良かったなー。
ということは、皮じゃなくて搾り汁だけで和えてみたらいいのかな。

・・・などと、ここに来たときは何だかんだと考えています(笑)。



f0364707_08313423.jpg

ケーキ類はパスしてオレンジのゼリーとコーヒーゼリー。




f0364707_08315185.jpg

初めて来た頃に比べると、お値段も上がりました。
そのため、70分間だったのが、10分プラスされて80分になっていました。
お店側も経済的事情があるでしょうし、値上げするのでせめて時間を長く、という苦肉の策のようです。
スタッフさんも、申し訳なさそうにしていました。
いいんですよ~、それでも来る人は来るんですから。




f0364707_08320886.jpg



f0364707_08323042.jpg

この建物はレンタルスペースでした。
キッチンにも、講義室にもなるという優れもの。
でも需要があるのかなー。
今でもそういうことをやっているのかは不明です。




f0364707_08324801.jpg

レストランを出てブドウ園の方に向かうと、イチョウの木がズラリと並んでいます。
見上げると鈴なりのギンナン!



f0364707_08330479.jpg

キレイですね~~~。



f0364707_08333309.jpg

ブドウ園の、残されたブドウ🍇
後でジャムになるのかな?





f0364707_08335600.jpg

帰り道には突然キュウリの花が。
(キュウリよね?)
葉っぱの陰から覗いてました。


この日は大事な人の一年目の御命日でした。
なので一周忌のプチ会食。
枇杷の葉のお茶で献杯しました。

形式ばったこととか、格式とかそんなことは亡くなった人には関係ありません。
それがもし重要なら、身内以外の者は何もできなくなるじゃないですか。
私なりのやり方で大事な人を偲びたいと思います。
これから先、また大事な人を失うことがあったとしても、その時も同じようにしたいなと。
きっとそれを許してくれると思うし、喜んでくれると思います。
思い出すことがご供養ですから。





ラピュタファーム

by dawn1225aki | 2017-09-26 21:37 | そとごはん