人気ブログランキング |

f0364707_17335912.jpg

11月6日。
秋月までお水を汲みに行ってきました。
通り道の白坂峠。




f0364707_17342861.jpg

イチョウが見ごろ!



f0364707_17344739.jpg



f0364707_17351147.jpg



f0364707_17353567.jpg



f0364707_17360084.jpg

空が真っ青なおかげで、黄色がより映えます。
イチョウって、落ちてもしばらく黄色いままなので、上も下も二倍楽しめる葉っぱですよね。




f0364707_17362923.jpg

峠に入ると道は途端に狭くなり、対向車が来ませんように、といつも祈りながら通るのですが・・・
この日はあまりの木漏れ日の美しさに、狭いっていうのに脇に停め、パチリ。
(その間ずっと、来ませんよーに来ませんよーに・・・と。)

こうしてみると、木のトンネルのように見えます。
トンネル具合は白坂峠より八丁峠の方がいい感じなのですが、そこは苦手なので行きません。




f0364707_17365154.jpg

ここでも(来ませんよーに来ませんよーに・・・)




f0364707_17371388.jpg


水を汲んだ後、途中でソフトクリーム屋さんに寄りました。




f0364707_17373322.jpg

ちょうどこの案内板があるところ。

よしむら牧場直営のソフトクリームのお店です。
その名も「お山のソフトクリーム屋さん」←そのまんま(笑)
店名は「Non no」といいます。



f0364707_17375462.jpg

ああもう看板が草に埋もれてる。




f0364707_17381479.jpg

お店も草に・・・・


けれどこういう雰囲気好きです。
いったいどこにお店があるのかわからない風な感じが。
冒険心をくすぐります。(そこまでないですね)



f0364707_17383459.jpg

このカントリーな感じと営業中ののぼりのアンバランスさ。
狙ってるのでしょうか?(^^;

ギャップ萌えってやつ?



f0364707_17385242.jpg

個人的には大好きです。
こういう感じ。




f0364707_17391308.jpg



f0364707_17393381.jpg

手作り感があふれています。
この椅子、一見錆びた缶そのものに見えますが、上はクッションになっていて座ると当たりが柔らかいのです。
おそるおそる座ってみてビックリ。
トトロチックに、「缶だけど缶じゃなかった!!」




f0364707_17395445.jpg

他にもワッフルがおススメなのです。
グルテンフリー継続中で食べられないのが残念。




f0364707_17422036.jpg



f0364707_17401611.jpg

学校の椅子ですね。
懐かしい~




f0364707_17403648.jpg

奥はお手洗いになっています。
今度入ってみよう!

窓際のカウンターテーブルの脚が素敵。

で、学校の椅子・・・ここでもギャップ萌え。




f0364707_17405394.jpg

お店の方は絵を描かれるのでしょうか。
パレットに絵の具が置いてありました。

そしてその横には薪ストーブです。



f0364707_17411059.jpg

峠だからこれから寒さも厳しくなるのでしょうね。
薪ストーブは温まり方が全然違うそうです。
きっと必需品ですね。




f0364707_17413455.jpg

クリームコーヒーゼリー、500円。
この日はそこまで寒くなかったので、「外で食べてもいいですか?」とお聞きしてお外へ行きました。
あの「缶だけど缶じゃない!」椅子に座っていただきます♪




f0364707_17424026.jpg

ソフトクリームの下にはコーヒーゼリー。




f0364707_17420115.jpg

蓼もこうやって生けると可愛いですね。



f0364707_17430121.jpg

ふと上を見上げるとこんなに!!!




f0364707_17433011.jpg

イチョウとモミジ、そしてソフトクリームまで堪能して、お腹いっぱいでした。




お山のソフトクリーム屋さん Non no

by dawn1225aki | 2017-11-11 16:26 | 喫茶・カフェ

f0364707_16583683.jpg
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2017・1
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2017・2
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2017・3



続々とバルーン登場。




f0364707_16584919.jpg



f0364707_16591580.jpg



f0364707_16593504.jpg

キャッチならず~~~~!
残念です。




f0364707_17000513.jpg



f0364707_17003003.jpg

撮っても撮ってもキリがありません。




f0364707_17004756.jpg



f0364707_17010327.jpg

この三基も失敗。
難しいんですね。




f0364707_17011766.jpg



f0364707_17013185.jpg



f0364707_17014969.jpg



f0364707_17020692.jpg



f0364707_17022421.jpg



f0364707_17024183.jpg

同じ時間の同じ空なんですが、向きを変えただけでこんな様子に写ります。




f0364707_17025492.jpg

総勢75基のバルーンが参加しているそうです。




f0364707_17030550.jpg

一面に広がるバルーン。
そうこうしているうちに、タイムリミットが近づいてきました。
駅へ向かいながら・・・なんて言ってましたが、とてもとても(笑)。
空に釘付け状態でした。

17時近くなり、いい加減で帰らなければ、と後ろ髪まとめて引っ張られるような気持ちで河川敷を後にしました。




f0364707_17032349.jpg



f0364707_17033400.jpg

美しい光景・・・・




f0364707_17034443.jpg



f0364707_17035788.jpg

普通の田んぼにバルーン。
このメルヘンな光景は何!?




f0364707_17041262.jpg



f0364707_17042683.jpg



f0364707_17044319.jpg

競技時間が終わったのでしょう。
バルーンが次々に下へ降りていきます。
そこで撤収して車で会場へ戻るのでしょう。
この後、夜のライトアップのショーが行われる予定になっていました。

こんな調子ですから駅になんて着きゃーしない(笑)。



f0364707_17045445.jpg

最後に見たのはNTTのバルーン。
手を振りました。

バタバタの二日間でしたが、やっぱりきて良かった。
後悔先に立たずと言いますから。
悩んだときは楽しいと感じる方を選びなさい、とのマクロビの師匠の教えです。
行こう!と思った方がワクワクしました。
そちらを選んで正解でした。


そして帰りはもう来年の計画が。
来年は車中泊して全行程を見よう!と。
これが限りなく体力の続く20代とかだったら、いったいどうなっていたことか。
それこそ糸の切れた凧。
とんぼつりしながら帰って来なかったかもしれませんねー。


楽しい2日間でした。
感謝!




f0364707_15341683.jpg

帰りに見た十六夜の月。
肉眼ではもっと赤くてもっと大きな月でした。

iPhoneでの限界フォトです。
でもここまで写るのは珍しいですね。
もう少し昇ったらもう模様までは写りません。




f0364707_15345060.jpg



f0364707_15353444.jpg

綺麗ですねー。







by dawn1225aki | 2017-11-11 15:18 | お祭り

f0364707_16502999.jpg
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2017・1
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2017・2



11月5日。

15時からのキー・グラブ・レースを観覧予定でしたが、帰宅時間も気になるので、対岸を歩き久保田駅に向かいながらバルーンを見よう、ということになりました。

さっそく歩いて対岸へ。




f0364707_16503961.jpg

向こう岸がフェスタ会場。
人が続々と集まってきています。




f0364707_16504848.jpg

こちら側の岸辺には三脚を持った本格的なアマチュアカメラマンの方々・・・
(プロもいるのかも)

よくバルーンと川面のリフレクションの写真を見かけますが、ここから撮ったものかもしれません。




f0364707_16510103.jpg

会場から出ている遣唐使船。
25分間の川の遊覧です。
手を振ると振り返してくれました(笑)。


川土手に待機。
15時を過ぎても何の変化もありません。
けれど放送ではすでに競技は始まっている、とのこと。
いったいどんな競技なのかと思いきや、市内のあちこちでバルーンを立ち上げ、そこからこの会場へ飛んできて、下がっているキーを操縦しながらキャッチするという難しい競技だったのでした。
その日の天候にとても左右されるバルーン。
自力での動きは上下しかできないそうです。
あとはすべて風の流れに任せるのです。
終了は17時。
それまでにキーをキャッチしなければなりません。

キョロキョロしながら周りを見回していると・・・



f0364707_16511369.jpg

見えました!
地元佐賀の操縦士の方のバルーンです。
発見したときは感動!感激!

ゆっくりとした動きでこちらへ向かってきます。




f0364707_16512646.jpg



f0364707_16513888.jpg

もう一基が立ち上がりました。
河川敷の先、普通に建物が密集して見える辺りからムクムクとバルーンの頭が見えてくる光景は、何とも言えない不思議な気持ちになります。
本当に不思議な光景。
言葉もなく、ただただ・・・感動。



f0364707_16515121.jpg

非現実的な光景だからでしょうか。
言葉にできません。




f0364707_16520812.jpg

最初のバルーンが競技会場の傍までやってきました。
けれど風が悪かったのか、降下せずにそのまままた上昇して行きました。





f0364707_16522331.jpg

アイリスのバルーンが飛び立ちました。




f0364707_16523640.jpg



f0364707_16524972.jpg

こちらは会場へまっしぐら。




f0364707_16530879.jpg



f0364707_16532327.jpg

キーキャッチにチャレンジしましたが、失敗。
会場からも残念な声が上がります。




f0364707_16534617.jpg



f0364707_16541282.jpg

気づけばあちこちからバルーンが・・・!




f0364707_16542912.jpg



f0364707_16545550.jpg

これは地元高校の熱気球部のものだそうです。
さすが佐賀。
そんな部があるんですねーー。

でも残念ながらどんどん離れていきます。
こればっかりは時の運・・・というか風の運。




f0364707_16552116.jpg



f0364707_16560534.jpg



f0364707_16563226.jpg



f0364707_16570019.jpg

ブラックモンブラン号(笑)もまっしぐらに。




f0364707_16571431.jpg

時々こんなふうに観客席に接近してしまうこともあるそうです。
避けてくださいねーと放送があっていました。




f0364707_16573412.jpg



f0364707_16581978.jpg

残念ながら、こちらもキャッチならず。
お日様の光が反射してキーがキラキラ輝いています。
キャッチできるバルーンはあるのでしょうか。



佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2017・4







by dawn1225aki | 2017-11-11 14:54 | お祭り