人気ブログランキング |

2017年 11月 15日 ( 2 )

f0364707_22294373.jpg

産土(うぶすな)神社とは?
私たちが生まれた場所、その土地を護る神社の神様です。
生まれてから死んだ後まで私たちを護ってくださる大事な神様だとか。

私は全然知らなくて、つい最近そのお話を聞いたのでした。
幸い一目瞭然の場所に鎮座しているのですぐにわかったのです。

フォルダ内を探していると去年の写真が出てきました。
忘れないようにアップします。



f0364707_22300065.jpg

ちょうど2年に一度の夏の祇園まつり前。
山笠が立てられています。



f0364707_22302805.jpg

もちろん私も、子供の頃はずーっと参加していました。
子ども山笠などがあるのではなく、大きな山にロープを繋ぎ、それを子供たちがズラッと並んで町中を曳いて歩くのです。
夏休みが始まったばかりの3日間だったので、よく覚えています。
大人の山笠と同じように、町中のあちこちから応援の声がかけられ、そして水がかけられます。
あれって、なんで水をかけるんでしょうねぇ。
暑気払い?



f0364707_22304699.jpg

ここからの眺めは昔とちっとも変わりません。
ここが正式な参道なんですよね。
でも私はこの神社の裏手に住んでいたので、裏側の坂道を上って来ていました。
ここを上がったことはほとんどありません。




f0364707_22325942.jpg



f0364707_22331954.jpg



f0364707_22312664.jpg

拝殿。

今は改装され、しっかりと扉が閉じられているこの拝殿。
昔は扉どころか壁さえなく、手すりだけに囲まれていたのです。
子どもたちは自由に上に上がれてそこで遊んでいました。
ご本殿の方には多分戸があったと思うのですが、そこから先は行ってはいけない場所だということは、子供心にみんなわかっていたと思います。
行ってみようかとか、戸を開けてみようかとか思ったことはないですね。



f0364707_22315290.jpg

ご本殿。




f0364707_22352336.jpg

そして御神木のクスノキ。

久しぶりに来てみて注連縄がかかっていることにビックリ。
あ~これ、御神木だったんだー、と(笑)。
だって登ったりして遊んでましたから。
それでも誰も咎める人はいませんでした。
なんて鷹揚な時代だったんでしょ。




f0364707_22353527.jpg

木肌に触れるとじんわりと温かい氣を感じました。
他のところの楠と違って、手全体が温かいものに包まれるような感じでした。

そういえば最近、こういう感覚を意識しなくなりました。
忙しくてちょっと遠のいてしまったかな・・・
こちらが近づいて行かなければ、木も心を開いてくれませんよね。
自分の気持ちが向かうものを見失いたくないです。



f0364707_22334774.jpg

境内。
子どもの頃はもっと広く感じたんですけど。
十分広いか。

ここに滑り台とかブランコとか遊具がありました。
子どもの遊び場だったんです。
今思えば、神様が見守ってくれている遊び場なんて、これほど安心なところはありませんね。



f0364707_22341326.jpg

色々お祀りされていますが、ここも屋根などなく、野ざらしでした。
今はしっかりと囲われていますね。
昔はたくさんの神様たち、野ざらしですからねぇーーー
でもそれはそれで、自然な感じだったように思います。




f0364707_22343446.jpg

こちらは天照大神でしょうか。
大日霊神社です。



f0364707_22345682.jpg

何もわからず周りで遊び惚けていましたが、これも神社の末社なんですよね。
石灯籠付きです。由緒ありそうです。



f0364707_22350638.jpg

これもむかーーーしから。
風化してしまって何がなんだかわかりません。
多分、狛犬さんではないかと。




f0364707_22355464.jpg

祇園まつりに向けて待機する山笠。
昔は飾り山だった気がするのですが。
人形がくっついていたような・・・
人形師さんがいなくなったのかもしれませんね。
とてもシンプルな山になっていました。
中は太鼓が叩けるスペースがあり、男の子たちが交代で叩きます。





貴船神社のご祭神は「高龗神(たかおかみのかみ)」。
水をつかさどる神様、龍神様です。
私の産土神さまは龍神様でした。
そういえば印象に残る出来事もあるような。
ずっと見守っていてくださっているんですね。
これからは忘れないように、お参りに行きまーす。








by dawn1225aki | 2017-11-15 23:22 | 神社巡り

f0364707_14451494.jpg

あちこちでイチョウが黄色く色づいてきました。
そろそろ内野の大銀杏は見ごろになってるかなー?と思い、足を伸ばしてみました。
去年はいよいよ11月の終わり頃に行ってバッチリだったので、ちょっと早いかも・・・
でも、道路や駐車場からでは見えないのです。
町中に入ると頭のてっぺんが見えてくるので、そこまでいかないことにはお話になりません。




f0364707_14452709.jpg

呉服屋さんでしょうか。
昔の???

実はこの宿場街道、全然歩いたことがなく、どんな町並みなのか全然知らないのです。
いつも目的は大銀杏(笑)。




f0364707_14454858.jpg

これが江戸時代の宿場街道。
長崎街道を旅する商人たちが一休みする場所だったのです。
私の自宅前もそうなので、そこからずーっと繋がっているんだなぁ。

この案内板が立っているところのすぐ右側の道を、まっすぐ歩いていきます。



f0364707_14460507.jpg



f0364707_14461673.jpg

にこやかな恵比寿様が。



f0364707_14463112.jpg

太宰府天満宮に行くのもこの道だったんですね。




f0364707_14464164.jpg

ここがちょっと、初めて来た人は「ん?」と思うかもしれませんが、とにかく踏切を渡って左に向かい、そこからまた右にまっすぐ歩きます。
実際目の前にすると、そんなに複雑な道ではありません。




f0364707_14474618.jpg

道沿い右側に宿場町見学者用の駐車場もあります。
そこから少し行くと、この大きな看板。
約1年ぶり~~~。



f0364707_14475961.jpg

ど~ん。


うーん。やっぱりちょっと早かったかな。



f0364707_14481089.jpg

でもだんだん黄色に変わりつつある葉っぱが、真っ青な空に映えています。
これはこれでとてもキレイ。

その時その時の美しさがあるものですね。




f0364707_14482488.jpg



f0364707_14483446.jpg



f0364707_14484479.jpg

この写真はまるで夏のイチョウみたい。
葉っぱの青さが際立っています。




f0364707_14490351.jpg

去年と同じ場所から同じように撮ってみました。
去年はこの上下が真っ黄色だったんですけど~~~



f0364707_14491291.jpg

幹に写る影。




f0364707_14492093.jpg

ここ数日、思うところがあり、生き方って難しいなぁと思っていました。
植物はいつも自然体。
やっぱり自然体が一番だなー。
自分自身がいつも自然でいられるところが一番だなー。




f0364707_14492939.jpg

薬師堂。



f0364707_14493945.jpg



f0364707_14495026.jpg

薬師堂なのでお薬師様なのでしょう。
赤い前掛けをされているのでよくわかりませんが・・・
そしてその横には福部神社と書かれた石。
ご神体でしょうか。
人が佇んでいるような風合いです。




f0364707_14500045.jpg



f0364707_14501058.jpg

大銀杏のそばに山茶花の垣根があるのですが、その横でギンナンが売られていました。
貯金箱にお金を入れるようです。



f0364707_14501820.jpg

そしてこんなのも!!
なんでしょう、これ。
スイカみたい。

気になって気になって調べたところ、「オキナワスズメウリ」という名前でした。
最近人気で育てる人が増えているそうです。
果実(スイカのようなアレですね)と根っこに毒があります。
可愛いから油断して、うっかり口にしたらダメですね。




f0364707_14505950.jpg

これは300円と書いてあったので、あまりの可愛さに買ってしまいました。
次々に赤くなるんですって!
楽しみです。



f0364707_14511134.jpg

帰り路にも美しい花があります。



f0364707_14511992.jpg

鈴なりのサクランボみたい。




f0364707_14512796.jpg

よーく見たら、花ではなくて実のようです。

調べてみると、毒空木という木の実に似ているような。
でも葉っぱの感じがちょっと違うような。
猛毒の実がなる木を民家のそばに植えるでしょうか??
よくわかりませんでした。

毒があったとしても、触らずに見る分にはとても可愛らしい実です。


今日は真っ黄色の大銀杏に会えなかったので、リベンジ確定!
去年と同じように今月末にもう一度行ってみようと思います。




見ごろのときの大銀杏(昨年11月29日)→こちら



by dawn1225aki | 2017-11-15 14:52 | 紅葉