f0364707_23055723.jpg

あまりにも食べ物ばかりの記事が多いので・・・本来の趣旨に立ち返らなければ!
もともとこういう写真をアップしたいがために立ち上げたというのに。
(いったいいつから食べ物屋さん巡り日記のようになってしまったのかーー!イカンイカン)

でも雪景色というにはおこがましすぎる絵ですね。(モミジの木)
これはかなり溶けた後です。
今年初の雪が降り、意外に積もりました。
そのときすぐに気づいて確認していたらもっと美しい姿だったはずなのに。

また降るかな?
タイヤがノーマルなので降ったら降ったで苦しい・・・



f0364707_23024610.jpg

モミジの木はアレでしたが、南天の上にはまだ白い綿がふんわりと。
赤と白の色合いがキレイです。



f0364707_23050403.jpg

我が家の南天は毎年見事に実をつけて、しかも鳥の餌食にならないのです。
実がついたとたんに鳥に丸裸にされてしまう木も多いのに。
見つかりにくいのでしょうか。
おかげでお正月には家の中あちこちに南天を飾れます。




f0364707_23052737.jpg

でもやっぱり外でこんな風に存在している方が素敵です。




f0364707_23054113.jpg



f0364707_23054870.jpg



f0364707_23060899.jpg

溶け残った雪でウサギ。
一昨年は三段重ねの雪だるまを作ったのですが、今年はこじんまりと(笑)。
耳と目は南天の実と葉っぱです。




f0364707_23061868.jpg

実家には見事に満開になった蝋梅が。
蝋細工のような美しい花弁。
大好きな花です。





去年の2月の裏山です。

f0364707_23230556.jpg



f0364707_23231610.jpg

雪の花満開です。
(2017年2月)





[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-13 23:04 | 備忘録

f0364707_17050896.jpg

創業40年以上というお店の寿司の川庄さん。
家族、親戚一同でとてもお世話になっているお店でした。
この度、2017年12月30日をもって閉店。
それを知ったのが閉店のわずか数日前。
女将さんがほとんど誰にも言わずに内緒にしていたみたいです。

お寿司だけではなく、懐石料理もあるので、義母、父の法事などでは毎回のようにこちらを使わせていただき、大変お世話になりました。
まさかここが無くなるなんて・・・
想像もしていなかったので大ショック。
大慌てで訪問しました。




f0364707_17051739.jpg

何も変わらない佇まいなのに。




f0364707_17053080.jpg

お花がいくつか置いてありました。
閉店を惜しんだお客さんたちが贈ったものでしょう。




f0364707_17054933.jpg

お座敷へ。
法事などの会食のときはこのお座敷でした。
衝立を外してテーブルを並べるとかなりの人数が座れます。




f0364707_17055915.jpg



f0364707_17062419.jpg

天ぷらの盛り合わせ。




f0364707_17064078.jpg

最後なので上握りです。
(記事としては3連荘ですが、行ったのは暮れですので~)
こちらのウニの握りは特徴的で、軍艦ではないんです。




f0364707_17064895.jpg

これが知る人ぞ知る、という茶わん蒸し。
通常のではなく、知っている人のみが注文するという裏メニュー的なものです。
中は具なし、辛いもみじおろしが添えられているピリ辛茶わん蒸しなのです。
今は亡き義母がこれを好きで、必ず注文していました。




f0364707_17070154.jpg



f0364707_17071254.jpg

記念にいただいてきました。



f0364707_17072366.jpg





父の四十九日の法要の会食のときのお料理です。
とってもお世話になりました。


f0364707_17163151.jpg



f0364707_17164699.jpg



f0364707_17165703.jpg
太巻きが美味しくて有名でした。
最後は予約が殺到し、巻けるかどうかわからない、とまでなるほど。
卵は焼けても完全に冷めるまでは巻けないのです。
最後に太巻きを食べたい、と思うお客さんが多かったのでしょう。
多分、ほとんどの人がそう思ったはずです。



f0364707_17170803.jpg

最後に女将さんに挨拶したのですが、最後まで「またどうぞ」と言われていました。
凄い心意気。
やはり最後の最後まで気合が入っている方でした。
だから40年以上も続いたのですね。
今まで本当にありがとうございました。








[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-13 17:04

f0364707_14332115.jpg

2018年1月7日。
飯塚市鯰田にある、お魚屋さん「一太郎」の回転寿司に行ってきました。

連続してお寿司の画像が並んですみません。
どんだけ好きなのか?と思われるでしょうね。
はい、お魚は好きです。
けれどこれは前回の記事とは全然別件で行きました。
(とはいえ4日後・・・)
一緒に行ったメンバーの内、4日後だったのは私だけですので。

100円の回転寿司とは違い、一太郎はお皿で金額が違います。
少し前まではそれが普通だったような。
で、オール100円を打ち出してる方が少なかったですよね。
いつのまにかそれが逆転してました。




f0364707_14431096.jpg

この日は日曜日。
当然お昼時にはお客さんで満席になる一太郎ですが、ここでも幸運が(笑)。
テーブル席を選んでおきながらも早く座ることが出来ました。
お寿司運いいです。

お客さんが多いからでしょうか、普通の回転寿司屋さんに比べると、回っているお寿司が多い!(笑)

ここからはとりあえず写真だけ・・・(一部です)



f0364707_14432287.jpg



f0364707_14433428.jpg



f0364707_14434413.jpg



f0364707_14435565.jpg



f0364707_14440416.jpg



f0364707_14441359.jpg



f0364707_14442534.jpg



f0364707_14443422.jpg



f0364707_14444602.jpg



f0364707_14445495.jpg



f0364707_14450880.jpg



f0364707_14451575.jpg



f0364707_16530315.jpg



庶民の私は、やっぱりオニオンサーモンが一番美味しかったかな~。
安上りです。
大トロは、先日すしざんまいで物凄いのをいただきましたのでノーコメント。

通常は2かんずつお皿に乗ってきますが、金のお皿は1かん。
(写真のものは2皿注文したので一緒に乗ってきたのです)
で、何皿か金皿を注文しましたが、お皿に描いてあるお魚の絵がそれぞれ違うんです。
ちょっと他と差をつけてますねーー。
カマスとかエビなどの絵がついてました。

こんなに続けてお寿司をいただき、大変贅沢な年明けでした。
ごちそうさまでした。





f0364707_14461123.jpg


1月3日は、施設に入っている祖母の百寿の誕生日でした。
満では99歳。
けれど明日はどうなるか誰にもわからない身ですから、ロウソクはおめでたい100にしよう!とこちらを選びました。

そして大きな誕生日ケーキをつくってもらいました。
四角いケーキの上に、ホールケーキが2つ乗っています。
祖母が未年なのでひつじと、わかりやすいかな?と思われるドラえもんのキャラクターケーキです。
去年から始めたので2回目です。
ここまでくれば毎年お祝いみたいなものですから、できる限りこのケーキでお祝いしてあげたいです。

このケーキは田川郡糸田町のケーキハウス「ボヌール」さんに作っていただきました。
乳製品、卵アレルギーの人でも安心していただける「ソイロール」が話題になったお店です。
もちろん、他のケーキもどれもみな美味しいです♪



ケーキハウス ボヌール

回転寿司 一太郎



[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-13 16:30 | そとごはん

f0364707_13512174.jpg

2018年1月3日。
新年早々、お寿司屋さんに行ってきました。

・・・何故よりによってこの日に、しかも博多に?と思うのですが、色々事情がありまして。

すしざんまいは大マグロを競り落とすことで有名な、つきじ喜代村が経営するお寿司屋さんです。
福岡には数店舗ありますが、天神店にしか行ったことがありません。
この人の多いのに天神までかーー・・・と半ばげんなりしていると、なんと博多駅から徒歩2分のところに新店舗ができたというではないですか。
(12月13日オープン)

博多口の方から出て歩くことしばし。
この方が出迎えてくれました。
いかにも「ようこそーーー!!」って感じですね~。




f0364707_13512799.jpg

ちょうどお昼時だったのですが、店内は空いていて(奇跡的!)、すぐに座れました。
テーブル席へ。
3日のお昼なのに!と驚いていると、それからすぐにお客さんが来るわ来るわ・・・
あっという間に行列が出来ていました。
本当に幸運だったんですねぇ。




f0364707_13513549.jpg

注文するものを記入した伝票を店員さんに渡すという効率的なやり方。




f0364707_13514474.jpg

タコ、ネギ、そしてマグロ・・・これは中トロだったのか赤身だったのか。
忘れてしまいました。写真を見ても判断できない(笑)。




f0364707_13515250.jpg

コハダ、エンガワ、サバ、甘えび、サーモン、それと何だろう、アジだったかな。
並んでるものを全部食べたわけではないのでちょっと曖昧です。




f0364707_13515990.jpg

アナゴ、かにみそ、ウニ、イクラ。
見惚れました。



f0364707_13520720.jpg

トロサーモンに、出ました本命の大トロ!!
霜がすごい。
チラッと見ただけだと牛肉のようです。
贅沢~~。

・・・と言ってもこのお店はかなりお手頃価格で提供されているのです。



f0364707_13521592.jpg

あおさのお味噌汁。

これは帰ってから何度もマネして作りました。
美味しいですよ~。



f0364707_13522422.jpg

巻き物。
鉄火、アナゴキュウリ、イクラと何だったかな?




f0364707_13524690.jpg

思わずさっきの大トロをアップで撮ってしまいました。
口の中で溶けました。
きっと手の温度でも溶けてしまうんでしょうね。
これはもう贅沢品!
最近は回るお寿司しか食べていない私なんかには勿体ない。
お正月だし、と思って食べさせていただきました(笑)。

天神まで行かなくてもよくなったことはありがたいです。
でもすぐにお客さんが増えるんだろーなー。

これに野菜の天ぷらと他にお味噌汁1つ、ビールを1本で、3人で1万以内で済みました。
お手頃ですね。


すしざんまい博多駅前店



[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-13 14:19 | そとごはん

ハニー珈琲

f0364707_13170585.jpg

先日の記事、「CAFEミエル」さんの母体(?)であるハニー珈琲からコーヒー豆を取り寄せてみました。
ミエルさんで飲んだ冬凪カフェが美味しかったのでそれをと考えたのですが、ね、値段が・・・(笑)
なのでまずはお手頃なスペシャルブレンドにしてみました。
(カ○ディのブルマンブレンドよりはハードル低いです)

ちゃんと淹れ方指南のリーフレットまで入っているという親切さ。
というか、やっぱりコーヒーを愛しているのですね。
美味しく淹れてほしいという願いなのでしょう。





f0364707_13171247.jpg

あ、思ったより浅煎りです。

豆はしっかりジップロックをして、冷暗所保存。
粉の場合は小分けにしてしっかり封をし、冷凍庫保存だそうです。


まずはミルで挽き、フレンチプレス方式で・・・


・・・と、やりたかったのですが、コーヒープレスが(あったはずなのに)見当たらず、裏技の細かい網つきの急須で淹れることにしました。



f0364707_13172221.jpg

淹れた後の急須。
ちょっと挽きが荒かったでしょうか~。




f0364707_13173025.jpg

プレス式だと豆の油分もすべて出してしまうので、見た目は濁った感じです。
そして普通はとても濃いのですが、ここの豆はそういう淹れ方をしても味に深みが出るだけで特に濃いとは感じません。
苦みもなし。
美味しいです。



f0364707_13173780.jpg

でもお店で飲むならともかく、普段飲むのにはもっとサラッと軽い感じがいいな~と思うので、ペーパードリップで。




f0364707_13174565.jpg

なかなか私好みの泡立ちです。

新しい豆は泡の立ち方が全然違います。
モコモコとキレイな立ち方ですね~。



f0364707_13175202.jpg

ペーパードリップは、これを見るのが楽しいのです。


ちなみに私の中でのベストな泡は、岩手県盛岡市の喫茶店「クラムボン」の自家焙煎珈琲です。
ハニー珈琲とは全然味が違いますが、こちらもお店で飲んで美味しさに感動し、豆を買ってきて淹れたのですが、その泡ときたら!!
透明でキレイな泡がブワァッと膨らんできて沈まないのです。
こんなコーヒーがあるのかと感激しました。




f0364707_13180224.jpg

プレスもどき(笑)で淹れたものより透明感があります。
これでも十分、酸味と甘みが出ていました。
普段気軽に飲むときは、私はこっちの方がいいかな~。

酸味のあるコーヒーが好きなので、それが特徴の豆をよく買って飲むのですが、最近はどうやって淹れてもそれが出ません。
淹れ方の問題なのかなーと思っても、ちゃんとしたお店で飲んでもそういうことが多いのです。
けれど、このコーヒーはいつどうやって淹れてもあの酸味が感じられます。
淹れ方ではなくて豆か!!とハッとする思いでした。
ハニー珈琲のオーナーさん曰く、良い豆はどんな淹れ方をしても美味しいんだそうです。




f0364707_13181431.jpg

今月のこだわりの珈琲。




f0364707_13182383.jpg

淹れ方のリーフレット。




f0364707_13182993.jpg

美味しいコーヒーでした。



カフェ「クラムボン」(盛岡さんぽ)





[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-13 13:40 | 備忘録