人気ブログランキング |

f0364707_16594165.jpg

湯本荘から出て、目指すは旅館 山河。

・・・だったのですが、途中で地蔵尊に寄ったりお店に寄ったりしていたら、出るのが遅くなってしまいました。
21時までなのに山河の場所もよくわからないし、駐車場が近くにあるのかもわからなかったので、こうの湯に変更しました。




f0364707_16595033.jpg

黒川地蔵尊。



f0364707_17000406.jpg

ものすごいおみくじの数・・・・

ここまで巻き付けられてるのは見たことがありません。
圧巻。



f0364707_17001862.jpg



f0364707_17002683.jpg

拝殿はずっと明かりがついているようです。




f0364707_17003452.jpg

お地蔵さまが鎮座しています。
堂内に入れるようですが、私は外からお参りしました。




f0364707_17004678.jpg

これまた絵馬(?)が山のように。
温泉客も多いでしょうからきっと参拝も多いんでしょうね。




f0364707_17012545.jpg

そして、こうの湯へ。



f0364707_17013935.jpg

旅館のすぐそばに駐車場があり、車をおりるともうこの道へ出ました。
露天風呂は「森の湯」。
受付はこうの湯のフロントです。




f0364707_17014748.jpg

こうの湯フロントで受付、手形と八十八湯巡りの御湯印帳にハンコをもらいました。
着いたのは20時40分くらい。
時間大丈夫かな、と思いましたが「大丈夫ですよ」と快く受付していただけました。
21時半くらいまでには上がってもらえますか、とのことでした。
充分です。
ギリギリだったのにありがたかったです。





f0364707_17015791.jpg

露天風呂森の湯。




f0364707_17021541.jpg

むかーーしの学校の昇降口みたい(笑)。
露天風呂巡りのお風呂はだいたいこんな鄙びた感じなのでしょうか。
近代的でピカピカしているところも好きですけど、こんな雰囲気もたまりません。




f0364707_17022724.jpg



f0364707_17023666.jpg

この受付・・・もう閉鎖されているのか、それとも夜は閉めているのか。

・・・昼間に来てみないとわかりませんね。




f0364707_17025312.jpg



f0364707_17030105.jpg

中は思ったより広いです。

貴重品ロッカー(有料100円)あり。




f0364707_17031079.jpg

露天風呂への戸。



f0364707_17032783.jpg

ここもまためちゃくちゃ寒い!!!
ついさっき湯本荘のお風呂で温まったことなど吹っ飛んでしまいました。

外には一応囲われたシャワールームがありますが、戸がきちんと閉まっているわけではなく、しっかりと隙間を空けてあるのです。
換気のためでしょうか~~??
けれどそれがとてつもなく寒い。
シャワーからは熱めのお湯が出ましたが、何しろ隙間が空き空きなので室内が全然温まりません。
これは冬場の夜は辛いなぁ。




f0364707_17033840.jpg

(他にお客さんがいなかったので撮らせてもらいました)

寒さに耐えに耐えて身体を洗い、湯船へ。
こちらは少しぬるめのお湯。
湯本荘ほどの金気は感じません。

黒川温泉はあれだけ宿が接近しているのに、それぞれ泉質が違っているんだそうです。
驚きですねー。




f0364707_17035721.jpg

東屋風の屋根があります。
雨のときにはちょうどいいですね。




f0364707_17041098.jpg

立ち湯。
浴槽が深く、立ったまま入るお風呂です。
女湯は130センチほどだとか。(お子さんはご注意を)
真ん中にロープでつるされた丸太が下がっていて、それに掴まることができるようになっています。
誰もいなかったので、浮いて足を伸ばしたり動かしたりでき、いい運動になりました(笑)。
男湯は深いところで160センチほどもあるとか。
そこまで深いと沈んでしまいますね。
立ち泳ぎしないと。

けれどそんな風に立ったまま肩まで浸かって温まれるお風呂なんて初めてでした。
面白かったです。





f0364707_17213592.jpg

入湯手形。
そして御湯印帳に、こうの湯さんのハンコ。




f0364707_17221188.jpg

こんな風になっています。
それぞれのお風呂のスタンプが個性的です。
あと1個、これに捺してもらえます。




f0364707_17224903.jpg



f0364707_17233484.jpg

全制覇したら手形が9個になるってことかな?
九州八十八湯めぐりの制覇はかなり難しいけれど、これならできるかも。

また新しい楽しみができました!
( ^ω^)・・・




九州八十八湯めぐり
黒川温泉 旅館こうの湯




by dawn1225aki | 2018-01-21 21:21 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_16465839.jpg

湯あかりを堪能した後は、露天風呂巡りです。
黒川温泉には木製の露天風呂巡り入湯手形があり、1枚1300円で3ヶ所の露天風呂に入ることができます。
有効期間は購入した日から6ヶ月という長さ。
各温泉の入湯料を考えると、たくさん入りたいと思うなら断然お得です。
全部で25軒、全制覇したら湯めぐり達人です。いいですねぇ~~~♪

まずはこの日、2つは入れるかな、と思いながら駐車場へ。
誰もいない路地がとても良い雰囲気です。
ショーワって感じ!!ノスタルジックです。



f0364707_16471103.jpg

射的って・・・




f0364707_16472316.jpg

人いませーん。

絶好のシャッターチャンスでした。
LEDの時代にこの白熱球色の明り。
やっぱり温泉街にはこういう明りでしょう。

湯あかりはLEDですが・・・




f0364707_16473609.jpg

黒川温泉には九州八十八湯めぐりの対象施設が2軒あります。
その中の旅館 山河さんに行きたいねーと話していたのですが、少し離れているのでその前にもう1軒近くの露天に入ろうかということになりました。
で、行ってみたのが「湯本荘」。




f0364707_16475023.jpg

入り口も建物もそんなに大きくありません。
暖簾がかかっていたりして、ちょっと寄ってみようかな、と思わせるような雰囲気。




f0364707_16475846.jpg



f0364707_16480899.jpg

入湯手形の利用は8時半~21時まで。




f0364707_16481749.jpg

入ってすぐの受付の前です。




f0364707_16484184.jpg

階段から1階を見たところ。

階段を降りて左にずっと行くと露天風呂があります。
100円の貴重品ロッカーがありますが、お金は後で戻ってきます。




f0364707_16485573.jpg

踊り場には季節の花が飾られています。




f0364707_16490458.jpg



f0364707_16491108.jpg

ふと上を見上げると傘!




f0364707_16495512.jpg

トイレです。
この裏側にロッカーがありました。
とても狭いので、人が多いときはモノの出し入れが大変かも。




f0364707_16500445.jpg

露天風呂は交代制。
この日は女湯が「あじさいの湯」、その先の男湯が「かじかの湯」でした。




f0364707_16501131.jpg



f0364707_16502181.jpg

脱衣所。



f0364707_16503432.jpg

木の丸椅子がいい感じ。
素朴です。


脱衣所から出るとすぐに露天です。
寒いことといったら!
シャワーが1台だけ。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは備え付けてありました。
でもとにかく寒くって、身体を洗っている場合ではありません。
ザッとかけ湯をして流してからすぐにお風呂に浸かりました。

お湯は金気が強く、鉄のニオイがしました。
露天なので湯温は熱め。
そしてじんわりと熱さが沁みとおってくるような感覚・・・
それがとても気持ちが良かったです。
他にお客さんはいなくて、二人で貸し切り。
広々のびのびでした。なんという贅沢な~~。

次があるのでここは早めに出たのですが、芯まで温まった感じがしました。
浸透したーーっていうのでしょうか。
ポカポカでした。




f0364707_16504689.jpg

2階にもこうやってくつろげるスペースがありました。
お風呂を出たあと、ちょっと一休みできます。



f0364707_16505751.jpg
あじさいの湯。
HPからお借りしてきた画像です。
昼間はこんな感じなんですねー。

初黒川温泉は湯本荘でした。



黒川温泉 湯本荘



by dawn1225aki | 2018-01-21 20:30 | 温泉巡り

f0364707_16283303.jpg
黒川温泉 湯あかり・1



道々には、竹細工の丸い明かりだけではなく、竹灯籠もあちこちに飾られていました。




f0364707_16284717.jpg

竹灯籠と、ライトアップされた木々・・・
レンズを通すとすごい色に写ります。
実際はこんなに青々してなかったです。




f0364707_16285703.jpg

御船山楽園のライトアップを思い出しました。




f0364707_16290886.jpg

川沿いから一旦上に上がって、それからまた先に階段があるので下りていきます。
旅館の温泉から立ち上る湯けむりです。



f0364707_16292034.jpg



f0364707_16292840.jpg



f0364707_16293769.jpg



f0364707_16294756.jpg

まるで川に浮かんでいるようです。




f0364707_16295986.jpg



f0364707_16301792.jpg



f0364707_16302852.jpg



f0364707_16304013.jpg



f0364707_16305816.jpg



f0364707_16310989.jpg



f0364707_16311927.jpg

この湯あかりの時期に宿泊できたらどんなにいいでしょうか~~~
(温泉だけ楽しんで車中泊という手もある)




f0364707_16313756.jpg



f0364707_16315135.jpg



f0364707_16320046.jpg



f0364707_16321141.jpg



f0364707_16322160.jpg



f0364707_16323567.jpg



f0364707_16324671.jpg

一番奥に見えるのは竹灯籠のようです。

川の流れに沿ってたくさん輝いています。
今年は今までで一番あかりの範囲が広いそうです。
そういえば来るとき国道から見下ろすと、この明かりが見えていました。
去年は道からは見えなかったのです。




f0364707_16332164.jpg

どれだけ見てもどこを見ても、とにかくため息が出るほど美しいので、写真も同じようなものばかり。
撮っても撮ってもキリがありません。
これはすべてiPhoneのカメラですが、6から8にして劇的に変わりました。
画素数が1000くらいアップしているせいでしょうか、薄暗い中でもフラッシュなしではっきりと写ります。
夜景を撮ると性能の違いがわかります。
そして動画。
6のときは真っ暗で光を拾えませんでしたが、8になるとかなり暗くても撮れます。
操作は楽だし、私にはデジカメはもういらないかも。

湯あかりは22時までの点灯です。
4月1日までと期間が長いので、ゆっくりと楽しめますね。



黒川温泉 湯あかり(観光旅館協同組合)
黒川温泉 湯あかりの温かい灯り



by dawn1225aki | 2018-01-21 19:29 | イルミネーション

f0364707_16172116.jpg

2018年1月20日。
今年6回目となる、黒川温泉「湯あかり2017~2018」を観に行ってきました。
開催期間は2017年12月22日~2018年4月1日までという長さ。
わざわざ寒いときに行かなくても・・・と思わなくもないのですが、温泉街はやっぱり寒い時期に行きたくなってしまいます。
(宿泊、となるととても手が出ませんが)




f0364707_16172919.jpg

黒川温泉には1300円の入湯手形があり、これ1つで、露天風呂めぐりに加盟している宿の露天風呂に3ヶ所まで入ることができます。
有効期限は買った日から6ヶ月間。とてもお得ですね!
湯あかりを見たあとは温泉に入りたかったので、駐車場近くのお土産屋さんで購入しました。
各お宿にも置いてあると思います。




f0364707_16174651.jpg

黒川温泉一帯が、すでに風情のある温泉街。
川を繋ぐ渡り廊下が見えます。
泊まるのはちょっと厳しくても、こうやって雰囲気を感じることができるのが嬉しいです。




f0364707_16180548.jpg

メインの場所よりは少ないですが、チラホラと竹あかりが下がっています。




f0364707_16181559.jpg

日本秘湯を守る会!!

ここ、秘湯なんでしょうか・・・・(めちゃくちゃ有名ですが)




f0364707_16210266.jpg



f0364707_16212194.jpg

タイムスリップしたみたい。
よくよく見ればサッシ窓なのかもしれませんが、こうやって眺めていると古い古い雰囲気。
灯りの色合いがそう感じさせるのでしょうか。




f0364707_16222501.jpg

足湯です。
自由に利用できるのは嬉しいです。




f0364707_16223722.jpg

けれど、隅にはかなりのゴミが置きっぱなしになっていました。
そういうのはとても残念です。
ゴミ箱がないのですから、持ち帰るべきではないでしょうか。
街は古いですがキレイに保たれているので、散らかっていると結構目立ちます。




f0364707_16224734.jpg

メイン会場へ近づいてきました。




f0364707_16225921.jpg

去年は何を血迷ったか12月24日の夜に見にきました。
周り中カップルだらけ~~~~(笑)。
下に降りる階段が狭いので、人が多いと結構大変。
迷子になりそうになったり・・・
今年は成人式もセンター試験も終わった普通の日ですから、土曜なのに人を探すことの方が難しいくらい。
・・・というのは大げさですが、人はかなり少なかったです。
立ち止まって写真を撮っても迷惑になることもなく、良かったです。




f0364707_16230772.jpg

流れる川に明かりが反射してキラキラと美しいです。




f0364707_16231807.jpg



f0364707_16232633.jpg



f0364707_16243216.jpg



f0364707_16244025.jpg



f0364707_16245060.jpg



f0364707_16250429.jpg



f0364707_16251525.jpg

幻想的です。



f0364707_16253685.jpg



f0364707_16254498.jpg

穴湯共同浴場。
誰でも安い料金で利用できる、無人の小さな浴場。
混浴になっています。

昔は温泉といえばほとんどが混浴だったんでしょうね。
今だととんでもないことですが(笑)。
全部なくしてしまうのではなく、こうやってちょっとだけ残しているのも面白いですね。




f0364707_16255493.jpg



黒川温泉 湯あかり・2


黒川温泉 湯あかり(観光旅館協同組合)
黒川温泉 湯あかりの温かい灯り

by dawn1225aki | 2018-01-21 17:43 | イルミネーション