老松神社(朝倉市下渕)

f0364707_19352745.jpg

朝倉市下渕にある老松神社。
遠くからでもこんもりとした木々の社叢は目を引きます。
絶対あそこに神社がある!と確信して向かうとその通りでした。
たくさんの大木に囲まれていて、それだけで森のようです。




f0364707_19355395.jpg

看板の文字がほとんど消えていて、うっすらと読める程度です。
老松神社。
よく聞く名前の神社ですね。
ふと見ると梅の紋。これは太宰府天満宮の紋では?
ということは天神様がお祀りされているのでしょうか。




f0364707_19364532.jpg

そのすぐ隣に、保存樹林についての説明と、ご由緒が書かれた看板が立っていました。
それを見ると、天神様ご神体そのものが移されていたではありませんか。
御本家だったのですね・・・
そのあと、老松大明神をお祀りしたそうですが、天満宮と同じくらいご利益がありそうです。




f0364707_19400762.jpg

大好きな古木がたくさんあり、嬉しくなります。




f0364707_19401983.jpg

鳥居の先には拝殿。



f0364707_19403926.jpg

手水舎。
一応柄杓と手ぬぐいは準備されてあります。




f0364707_19410357.jpg

口を漱ぐのは抵抗がありすぎて・・・申し訳なかったのですが、手だけお浄めさせていただきました。

すみませーん




f0364707_19412793.jpg

拝殿。




f0364707_19414828.jpg



f0364707_19452412.jpg

中の額の絵は、神功皇后と羽白熊鷲でしょうか・・・
まるで弁慶と牛若丸のように見えますが、左側の方は女性ですよね。




f0364707_19420877.jpg



f0364707_19422961.jpg



f0364707_19424743.jpg



f0364707_19430701.jpg

綺麗な神殿。




f0364707_19432727.jpg

神殿の裏には祠が並んでいます。
どなたが祀られているのでしょうか。




f0364707_19440723.jpg

宮城遙拝所。
宮城って、誰の?
普通、遙拝所と名前がつくところは参拝できるように設えてありますが、ここは石碑だけがぽつんと。
ということはあまり敬われてはいなかった?
つまり敵の城ですね。
ここは神功皇后の陣営跡だったそうですから、ここから敵の羽白熊鷲の陣営を見張っていたのでしょうか。
ではなぜ、「遙拝」などとつくのか。
そこが面白いところで、地元をおさめていた豪族である熊鷲は、地元の民にとっては誇るべき存在だったとか。
普通に庶民の立場で考えたら、皇后からの徴兵命令を命を懸けて断ってくれた地主さんですから、敬われ慕われるのは当然のこと。
だから、没後そっと遙拝していたのかな~・・・なんて考えてしまいました。





f0364707_19442781.jpg



f0364707_19444958.jpg



f0364707_19455318.jpg

落ち葉などを集めて入れておく穴でした。
写真でみるより深かったので、ちょっとビックリした(笑)。
一瞬、落とし穴かと



f0364707_19461788.jpg



f0364707_19463637.jpg

大きな楠。
これも保存樹林に指定されています。
これからもずーっと神社を護る鎮守の森として存在していくのでしょう。


朝倉は神功皇后にまつわる神社がたくさんあり、とても興味深いです。
はっきりとはわからないことも多いのですが、そこが歴史の面白いところ。
中央史には記されない地方の歴史は、自分が今まで正しいと思っていたことを覆されることもあったりして、ますます面白くなってきます。





[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-18 23:00 | 神社巡り

f0364707_18404751.jpg

やっと青空が広がった土曜日、太宰府天満宮まで参拝に行ってきました。
ずっと寒くて雪が降ったりやんだりの毎日・・・ようやく訪れた暖かな休日は参拝客がどっさり。
なかなか拝殿前まで行きつけません。

なんとか参拝をすませ、御朱印も戴きました。



f0364707_18410669.jpg

拝殿横の飛梅はまだこんな感じ。




f0364707_18412576.jpg

見ごろは三月かなぁ。



それからいつも立ち寄るお茶屋さんへ。
天満宮奥に昔からある、お石茶屋さんです。
参道は人がひしめき合っていたのですが、この辺りまで来るとチラホラに。
お店自体は広くて、外に席もあるくらいですから、昔は大賑わいだったのでしょうね。
今は、喧噪を逃れてホッと一息つける、静かな憩いの場所になっています。



f0364707_18402163.jpg



f0364707_18415701.jpg



f0364707_18422174.jpg



f0364707_18424035.jpg



f0364707_18430271.jpg

お冷のかわりに緑茶がヤカンに入って出てきます。




f0364707_18432651.jpg

梅の香うどん。
わかめと梅肉入り。
梅わかめうどん、とかいう名前ではなくて、「梅の香」ですよ!
なんて品のある響き。
太宰府らしいですね。




f0364707_18435206.jpg

連れも同じものを注文。
梅の香うどんが並びました。

柔らかくて少し平たい麺が懐かしい!
この柔らかさがいいのです。
出汁のお醤油味と梅肉って不思議と合うのですよね~。

丼が熱くて持てないくらいでしたが、出汁はほどよい熱さ。
冷めにくいように器を温めているのかもしれません。
美味しかったです。




f0364707_18440965.jpg

梅ヶ枝餅も2つ。
お店でしか味わえない焼き立ての美味しさ。
お土産に持って帰ったものももちろん美味しいのですが、皮のパリッとした食感は焼いた直後だけなのです。
お石茶屋の梅ヶ枝餅は素朴で優しい味です。
そして皮も香ばしく焼かれています。

うどんを食べたあとに、ペロリでした。





f0364707_18445157.jpg

更にーーー
この日は17日で「キューコクの日」だったので、他店では古代米の梅ヶ枝餅が出ています。
食べ歩きでまたペロリ。
参拝に来たのではなくて、食べに来たみたいな一日でした~。



お石茶屋


[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-18 19:31 | 神社巡り