カテゴリ:喫茶・カフェ( 20 )

f0364707_11372942.jpg

2017年2月26日。
日田市豆田町の麦屋カフェさんに行ってきました。
約一年前!(笑)。
こんなふうに、フォルダに温めっぱなしの画像がたくさんあるのです・・・
おりしも豆田町は雛のまつりの真っ最中。
お雛様を見ながらの休憩に、こちらでコーヒータイムです。

とてもいい雰囲気の豆田町。
そんな中に佇むお洒落カフェです。
席はちょっと変わった感じ。




f0364707_11374790.jpg

同じ店内にいながら、それぞれの席が独立した空間に感じられてしまいます。
椅子やテーブルが統一されていないからでしょうが、それが雑然とではなく、何故か居心地の良さを感じるという不思議さ。

雑貨なども色々置いてあります。
空間をたっぷりと使った広々としたお店も好きですが、こんな風にゴチャゴチャッとした感じも親しみがあって好きです。
何が置いてあるんだろう、と好奇心までかきたてられます。
どっちも良さがありますね~。




f0364707_11381052.jpg

寒いけどソフトクリーム。
このコーンが一番好き。
で、実はこれ、柚子胡椒ソフトなのです!(さすが大分!)
柚子胡椒とソフトクリームのコラボなんて!!
まぁでも、巷にはわさびソフトとかいうものもあるようですから、これはこれでありなのかな??
お味は、というと、パクッと食べたら「うん、柚子胡椒!」(笑)って思えます。
柚子胡椒のピリ辛が効いてます。
でもソフトクリームの味を凌駕しているわけではなく、程よくアクセントになっています。
好きな人は癖になるかも・・・




f0364707_11390991.jpg

そしてコーヒー。

マグカップに入って出てきました。
ぽってりしたカップに口を付けた途端、口当たりの良さに感動。
なんでしょう、この、口に馴染む感じ。
とても飲みやすいのです。
コーヒーを飲んでカップの感触に感動したのって初めて。
これは良いです♪
ぜひぜひまた飲みに行きたい、そう思わせてくれるカップでした。




麦屋カフェ

[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-05 12:20 | 喫茶・カフェ

f0364707_20331303.jpg

学生時代からの友人と一緒に、フルーツ工房えふさんに行ってきました。
松木果樹園のフルーツをたっぷりと使ったスイーツが大人気のお店です。
この日はランチとデザートのつもりで。
ワクワク♪




f0364707_20334554.jpg

敷地内には直売所もあります。




f0364707_20341588.jpg

今の時期の季節のパフェは、いちごパフェ!!
他にもいちごを使ったスイーツが色々あります。
なんて美味しそう~~~。
これを見ていたら全制覇したくなってしまう。

店内のショーケースの中のケーキもほとんどいちごシリーズなんですよ~




f0364707_20344912.jpg

奥の席へ。




f0364707_20352047.jpg

窓から果樹園を見渡せます。
着いたときは雪が舞っていました。
少し高いところにあるからでしょうね。




f0364707_20354950.jpg



f0364707_20394471.jpg

いちごパフェ。
お値段は季節のパフェによって変わります。
高いな、と思われるかもしれませんが、このお値段だけの価値は大ありなのです。
とにかく果物が美味しいんです!

ランチセットにはミニパフェがつくので、ここはセットをやめて、ご飯もの単品&いちごパフェにしました。
目的はパフェ!!(笑)




f0364707_20504675.jpg

きのこピラフ。
数種類のキノコ入り。
見た感じは普通なんですが、キノコの風味がいい感じ。
歯ごたえのあるキノコで食感に変化があり、飽きのこない味でした。
美味しかったです。




f0364707_20541083.jpg

友人の注文した今週のパスタ、イカと明太子のクリームパスタ。
イカがたっぷりですね~~~
明太子好きの友人も、美味しい美味しいと大満足でした。




f0364707_20544069.jpg

今日のメイン!

いちごパフェです。


あーもう、立ってるだけでいちごオーラが!
このいちごの量たるや・・・普通に1パック買ってきたとしても家族で分けないといけないし、一人でこんなに食べることなんて不可能。
(・・・に近い)
なんと贅沢な。




f0364707_20551041.jpg

二つ並ぶとこの迫力。

感動するのは、このいちご、アイスやソースの甘さに全然負けていないのです。
スイーツに乗っているいちごと言えば、どうしても酸っぱいイメージしかありませんでした。
けれど、こちらのものはそんなイメージを覆してくれるいちごです。
しっかり甘い。
まずいちごの美味しさに感動し、そして独特のアイスクリームに感動し、更に、サクサクのフレークの食感の絶妙さに感動。
どうしてアイス系のデザートにはフレークやウエハースが添えられているのかというと、それらは口の中の温度を一時的に上げてくれるからなのだそうです。
アイスばかり食べていると口の中が冷たくなり、味がだんだんわからなくなります。
そんなとき、フレークを食べると温度が上がり、またアイスの味を楽しめる、と。
よく考えられていますね!




f0364707_20554913.jpg

大絶賛のいちごパフェをいただきながら、会話に花が咲きすぎて2時間半も入り浸ってしまいました。
けれどそれだけ居心地が良いということかな~と。

美味しく楽しい一日でした。

いちごパフェは1月~5月くらいまで。
その後、7月頃からパフェのレジェンドともいえる、桃パフェの季節がやってきます。
行かねば!(笑)



フルーツ工房 えふ(松木果樹園内レストラン)




[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-31 21:50 | 喫茶・カフェ

f0364707_14350402.jpg

参拝して梅ヶ枝餅も買った後は・・・やっぱりきてしまいました。
スターバックス太宰府天満宮表参道店。

天満宮の表参道の中でひときわ目を引くスタイリッシュなスタバ。
コンセプトストアとして展開している独特の造りのお店です。
お店の中より前に人だかり。気持ちはわかります。
店内もいつも行列ですけど。
でも行列の割には席は空いていることが多く、入ってみなければわかりません。




f0364707_14351548.jpg

天井と壁が組まれた木材で覆われています。
何度も来ていますが、来るたびに見上げてしまいますね。



f0364707_14352260.jpg

並んでいるときに撮ったものですが、空席がいくつもあります。
テイクアウトのお客さんが多いのでしょうね。
iPhoneカメラで撮るとこんなに明るく写りましたが、実際はもっと暗い落ち着いた感じです。
前方は一面ガラス窓です。




f0364707_14353920.jpg

この壁面図は定期的に変わっているようです。
今は太宰府らしい、初春らしい絵になっていますね~。




f0364707_14354777.jpg



f0364707_14355851.jpg

ソイラテと一緒に。

梅ヶ枝餅だけは店内でもいただけるとのこと。
(以前店員さんにお聞きしました)
これはお蕎麦屋さんもやっている「やす武」さんの古代米梅ヶ枝餅です。
古代米のときはいつもこちらのもの。
美味しいです。
古代米になると皮のパリパリ感がちょっと強くなるのかな?
普通のとは食感が違いますね。
そして香ばしいです。
有名なかさの家さんは相変わらずものすごい行列でした・・・





スターバックス太宰府天満宮表参道店


[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-17 14:34 | 喫茶・カフェ

f0364707_19295890.jpg


年明けに、事情があって通い続けた友人宅がありました。
そのすぐ近くで営業しているとっても素敵な手作りケーキ&カフェのお店、ボヌジュルネさん。
そちらのケーキをよくお茶菓子にいただき、すっかりファンに。
ついに行ってきました。

ああ、またしても食べ物屋さん巡り日記復活・・・
でも今日はスイーツだから。

建物の一階部分がお店で、二階がアパートになっているようです。




f0364707_19300773.jpg


このコーナーがなければこちら側は味気ないただの壁と鉄階段。
でもこのお花とコニファー的な植木のおかげで凄くいい雰囲気になっています。
この辺りで私にはどストライク。




f0364707_19302337.jpg


どストライクどころか見送り三振してしまいそうにやられました。
バケツいっぱいに可憐な白い花、そしてラベンダーでしょうか。
このセンス、素敵です。





f0364707_19304435.jpg


派手さのない、落ち着いた店先。
こういう雰囲気ってきっとオーナーさんのお人柄なんでしょうね。
聞くところによると、私と一つか二つしか違わない女性の方だとか。
(急に焦りが(笑)





f0364707_19305830.jpg



f0364707_19310828.jpg


ボヌジュルネの「B」と「J」をあしらったロゴが。
お洒落だなー。

入口の戸は引き戸になっていますが、半自動扉なので、開けた後は無理に閉めなくても自然と閉まります。
これを無理やり閉めようとすると、傷んで壊れやすくなりますのでお気をつけて。

入り口を入ってすぐにショーケースがあり、美味しそうなケーキがズラリ。
ロールケーキが変わっていて、生地がシフォンケーキのようなんです。
クリームも独特。
右手奥にはカフェスペースがあり、そこでドリンクと一緒にいただくこともできます。
せっかく来たのでケーキを買って帰るだけでは勿体無い!
おひとり様ティータイムを楽しむことにしました。
まぁ、いつもおひとり様ですけどね。
あえて言うまでもなく。




f0364707_19312648.jpg


カフェスペース。
一番奥の席から入り口の方へ向けて撮っています。

写真いいでしょうか、とお尋ねすると、サラッと「どうぞ」と。
物言いも少なく、とっても控えめなオーナーさんなのです。
一つか二つの差だったら、学生時代に街中ですれ違ったこともあったかもしれませんね。

テーブルの配置といい、置いてある鉢植えや小物といい、空間がとっても心地よい感じです。




f0364707_19313487.jpg


この窓際の席にするか、奥にするか迷いました。
この席も素敵。




f0364707_19314421.jpg


どうしてこの色のヤカン!?
チョイスが良すぎ!(笑)。




f0364707_19315222.jpg



f0364707_19320683.jpg


新年らしく、でも仰々しいこともなく。




f0364707_19321554.jpg


そしてこちらには何と!デザート三種、または四種セットなるものがあり、ケーキorアイスなどから三つか四つ選べるプレートがあるのです。
ケーキ三つって!!(笑)
初めて見ました、そんなメニュー。
女性にはたまりませんね。

でもさすがにそれは無理だったので、普通にケーキセットです。
ケーキのお値段にプラス50円でドリンク付き。



f0364707_19322963.jpg


モンブランです。
全体的に甘さは控えめ。
スポンジもキメが細かくフンワリです。
とても上品。
味わっていると質の良い素材で丁寧に丁寧に作られたのがよくわかります。



f0364707_19324277.jpg


可愛いーー♡




f0364707_19330136.jpg


このスプーンにも惚れました。
ペタンとしたフォルムの可愛らしいこと。
いつもはブラックの私でも、思わずお砂糖を入れてかき混ぜたくなりました。




f0364707_19293771.jpg


親しい人と一緒に来るといいだろうな、とも思いますが、おひとり様でもとても居心地の良いところ。
また絶対来たいです。
テイクアウトとカフェの時間が違うのでご注意を。




ケーキ&カフェ ボヌジュルネ(Since1999)
〒8220002
直方市頓野875-1
0949268806
定休日 第1日曜・月曜&毎週火曜(変更あり)


[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-14 19:35 | 喫茶・カフェ

f0364707_20383635.jpg

博多駅地下街の中にある、CAFE「ミエル」さんに行ってきました。
入り口を見た途端、昔懐かしい喫茶店風。
中は薄暗くて天井にはシャンデリア風の明り。
テーブルやイスもかつて見たことがあるような、懐かしさを感じさせる造りでした。
ところが!調べてみると開業2013年。
福岡では有名な(私は知りませんでしたけど)、ハニー珈琲というコーヒー屋さんが暖簾分けをした喫茶店だったのです。
昭和な純喫茶でありながら生まれは新しいんですね~(笑)。




f0364707_20384526.jpg

ハニー珈琲とは→こちら


なんで知らなかったんでしょう。
私としたことが!



f0364707_20385699.jpg

どうみても昭和なジュンキツ。




f0364707_20390833.jpg



f0364707_20391851.jpg

シュガーポットも、いい雰囲気を醸し出しています。




f0364707_20392758.jpg

テーブルはピカピカ。
よく磨き込まれた「風」なのか、本当に昔のものをもってきているのか、それは素人目にはわかりませーん。

でも椅子はコンパクトだし、テーブルは小さいし、席と席の間は狭いし・・・昔の雰囲気が好きな人にはたまらないでしょうね。




f0364707_20394435.jpg



f0364707_20395780.jpg

ここのコーヒーが何だか面白い味だというのです。
冬季限定の冬凪カフェを。

軽食メニューも色々とあり、飲み物にプラスいくらかでトーストなどを付けられるサービスもあるようです。




f0364707_20401117.jpg

ど~ん。




大きい!ていうか、多い!
300㏄くらい入ってるんでは?というほどの大きいカップ。
これはもうコーヒーカップというよりマグカップでは。
それに惜しげもなくなみなみと。
こういうのは時間がふんだんにあるときにゆっくりじっくり飲むコーヒーですよね・・・
時間がなかった


一口飲んで、本当に「面白い味」と呟いてしまいました。
飲んだ直後はフルーティな香り、そして飲み込んだときに酸味を感じ、その後に甘味が残るのです。
なんとも不思議な、そして飲みやすくとても美味しいコーヒーでした。
冷めてもきっと美味しいだろうと思える味でした。
かえすがえすも、あまり時間がなかったことが残念です。

豆の産地がホンジュラスとエチオピア。
聞きなれた名前ではありません。
いつも飲んでいるコーヒーと違うのは、産地が違うからなんでしょうか。



f0364707_20401885.jpg



f0364707_20402636.jpg

思いがけなく美味しいコーヒーに出会えました。
こんな味、初めてです。

また来たいなぁ・・・今度はゆっくり。
そして本店のハニー珈琲にも行かなければ!!





[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-03 21:18 | 喫茶・カフェ

f0364707_16594125.jpg

2017年12月14日。
みやこ町の松木果樹園内レストラン、フルーツ工房えふさんに行ってきました。
ここは果樹園の季節の採れたて果物を使ったパフェが大人気。
休日には広ーい駐車場が満車になるほどたくさんのお客さんが殺到するレストランです。



f0364707_17000064.jpg

この時期の季節のパフェはチョコレートパフェでした。
そしてクリスマスシーズン限定のスイーツも出ています。
季節のパフェが目的でしたが、果物が使われていないので悩みどころ。
けれどここのパフェは、果物もさることながら、アイスクリームがとても美味しいのです。
初めて食べたのはマロンパフェとリンゴパフェ。それぞれをシェアしていただきましたが、アイスクリームの美味しさに感動!
他のところとは一味違います。
なんだろう、この違い・・・
全然しつこくなくて、かといって物足りないわけでもなく。
果物の美味しさを引き立てるような爽やかなアイスなのです。
これは食べてみないとわかりませ~ん。



f0364707_17001551.jpg

この日は微妙な時間帯だったので、空いてました。
奥の席へ。
去年クリスマス限定パフェを食べにきたときもこの席だったなー。



f0364707_17003831.jpg



f0364707_17005691.jpg

クリスマスのオブジェがたくさん♪




f0364707_22293040.jpg

連れその1がオーダーした、ブルーベリーチーズケーキ。




f0364707_22300464.jpg

と、ウインナーコーヒー。
とてもお洒落ですね。




f0364707_22371446.jpg

連れその2がオーダーした「クリスマスツリー」
そして私がオーダーした「サンタの帽子」

クリスマスツリーはワッフルの上にアイス、その上に抹茶クリームと果物が乗っています。
サンタの帽子はパンケーキの上にアイス、そしてマロンクリーム。




f0364707_22373033.jpg



f0364707_22381658.jpg

クリスマスオブジェと一緒に。

クリームでしっかりとガードされているのでアイスはまだ溶けません(笑)。




f0364707_22383532.jpg

こちらも。



f0364707_22384834.jpg

中の様子。
マロンクリームが美味しい~~~~
クリームだけではなくて、アイスが入っているところがしつこさを感じさせなくていい感じ。
けれど如何せん、かなりガッツリ系でした。見た目と違って。(見た目も?)
後半戦が徐々にしんどくなり、
・・・これは二人で半分こにした方が良かったかも~。
と思いました。
(連れその1にパンケーキを半分食べてもらいました)



f0364707_22390159.jpg

クリスマスツリー、中身。
ワッフルがしっかり主張しています。
果物がところどころに入っているのがいいですね。
これもガッツリ系なので、最後に果物に救われる、という結果に。

プラス250円でコーヒーが付くデザートセットになります。

ガッツリ系でも、途中で苦しくなっても、美味しさは変わりません。



f0364707_22391630.jpg

この後はクリスマス限定パフェが出るのでしょう。
今年はどんなパフェかな~?

レジの横にはショーケースがあり、ケーキやスイーツをテイクアウトできます。




f0364707_22392993.jpg







f0364707_22544970.jpg

去年初めていただいた、マロンパフェとリンゴパフェ。
このリンゴ!!
家で普通にむいて食べるリンゴと同じ果物とは思えません。
パフェになったらどうしてこんなに宝石チックになるんでしょうね。
中にはシナモン風味の煮リンゴがたくさん入っていました。
この日は12月7日。
今年もその辺りだったらまだ出てたのかな~。




f0364707_22552352.jpg

クリスマス限定パフェ。(12月23日)
何しろ大人気のパフェなので、開店とほぼ同時に到着しました。
朝早くからパフェを食べにはるばるみやこ町まで・・・
なんと○○な私たち。



f0364707_22555026.jpg

いちごのサンタさんが可愛かったです。







フルーツ工房 えふ(松木果樹園内レストラン)



[PR]
by dawn1225aki | 2017-12-17 22:40 | 喫茶・カフェ

f0364707_11041533.jpg

地元にやってきた、コメダ珈琲店。
それまで近いのは筑紫野市のyoumeタウン内にあるお店でした。
こちらは飯塚市。ぐーんと近くなりました。
朝の7時から夜の23時までの営業です。
この辺りは田舎ですから、24時間営業っていうのはコンビニとネットカフェくらいしかありません。
でもそれでちょうどいいのではないかと。
深夜開けててもお客さんが来ないともったいないですもんね。




f0364707_11042855.jpg

他県でもコメダを見たことありますが、同じ外観。
当たり前か(笑)。
スタバがどこでも同じように、変わらない安心感、っていうのがあるのかな。
地元性が消えてしまうかも、という心配もあるかもしれませんが、地元は地元でちゃんと存続している喫茶店があると思うし、それはそれでニーズがあるので大丈夫だと思うのです。




f0364707_11044232.jpg



f0364707_11045662.jpg



f0364707_11051763.jpg

店内は分煙。
喫煙室と禁煙室が分かれています。




f0364707_11054563.jpg

この日はコーヒーのみ。
「たっぷりブレンドコーヒー」520円。
普通のブレンドより100円高いのですが、来たカップを見て「ホントにたっぷりだ!」とビックリ。
かなり濃い目なので、スイーツと一緒にいただくといいかも。
シュガーはテーブルに常備してあるのでミルクだけ来ました。
私はブラックで普通に飲みました。




f0364707_11060108.jpg

コーヒーには豆菓子が付いています。
おおー、もう50周年なんですねぇ。
1968年創業・・・(´・ω`・)エッ? 私と同級生~~~???
1年先取りで祝ってるんですよねぇぇ。だって私は来年だもん。
って、そこ追及してどうする。

わぁ・・・・もう半世紀か。
なんか一気に年齢を感じてしまいました。
そういえば秋田から帰ってきてから6年です。
あの頃はまだ40代半ばだったのかー。
あの時は、今までやっていた仕事をもう少し続けてもいいかな、パートくらいで、とかつらつら思っていたのに、6年後の今は全然違う仕事をスタートさせています。
凄い変化。
人生何が起こるかわかりませんね。
この分だと還暦を迎えたときはもっと変化しているかも。
あ、なんかすごく楽しみになってきた。


コメダで人生について考えてしまいました。




f0364707_11062091.jpg

ついでに読書です。
亀の井別荘のブックカバーに、本願寺のブックマーカー。
本の周りだけ格式高いな(笑)。



f0364707_11063876.jpg

駐車場に車は何台もあったのですが、お店が広いせいか、店内は結構ガラガラ。
まあ平日の午後ですしね。
おかげでゆっくりと過ごせました。
時間つぶし、ちょっとくつろぎたいな、とか思ったときは良いところだと思います。



コメダ珈琲店 飯塚川津店
飯塚市横田65-7
営業時間 7:00~23:00
0948‐22‐1222




[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-30 11:35 | 喫茶・カフェ

f0364707_19590686.jpg

宗像市のお菓子屋さん、菓子工房&Cafe「椋の木ムック」さんへ行ってきました。
知り合いの方から教えていただいたのですが、お店の近くに見える大きな楠(今井神社)が印象的だったというお話から、「楠の木」?「椋の木」?と混乱してしまいました(笑)。
楠だとしたら、「ムック」っていうのは不思議なネーミングだなぁと思っていましたら、やっぱり「椋の木」でした。
JR鹿児島線の「教育大前」駅から徒歩5分。
私は車で行きましたが、その辺り、学生街なので同じようなアパートがたくさん並んでいて、いったいどの道から入るのか・・・
Google mapのお力を借りて到着しました。

看板にシンボルツリーの木。(多分これが椋の木でしょうね)
そして一見、「え?店舗?」と思ってしまうような小さな小屋のような建物が。
もしかしてここで店頭販売もしていたのかもしれませんね。




f0364707_19591755.jpg



f0364707_19593154.jpg

奥に駐車スペース3台分、そして店舗がありました。
看板が可愛い。
まるでお菓子のおうちみたいです。
菓子工房にピッタリな佇まい。



f0364707_19593819.jpg

ウェルカムマットの先を進むとお店の入り口です。



f0364707_19594710.jpg

小さいお店ですが、店内には洋菓子販売のスペースと、その横にカフェスペースあり。
席は4か5テーブルくらいでしょうか。
すでに2テーブルは御予約席の札が置いてありました。
こちらはランチからディナーまでいただくことができます。
席がとても少ないので予約していかないと、飛び込みでは無理かもしれません。
残念ながら私が行ったのは日曜日、そしてちょうどお昼頃だったので満席。
竹炭焙煎のコーヒーをいただきたかったのですが、諦めました。
せっかく来たのに叶わなかった、ということは、いろんなお店で何度もありますが、これはご縁が無かったのではなく、次回また来るチャンスをもらった、つまりご縁が繋がった!ということだと思っているので、さほどガッカリはしないのです。
今度いつこよーかなーーーなんて思いながら帰りました。




f0364707_19595537.jpg

ムックさん一番人気らしい、五右衛門という名前の抹茶のケーキ。
和洋折衷の美味しいケーキです。上の抹茶ムースが濃厚。唐草模様がいいですね~。
そして酒粕チーズケーキ。
酒粕の風味が強く、お酒の苦手な人はどうかな、と思いますが、大好きな人にはたまらないケーキですねぇ。
(大好きな口)
チーズも酒粕も発酵食品なのでとても合うんです。

美味しかったーーー!



f0364707_20000259.jpg

側面図。
キレイですね。
小豆の入ったクリームも絶品。




f0364707_20001084.jpg

側面図。
底にさりげなく入っているフレークのおかげでケーキらしさがアップ。
ムースでもなくやっぱりケーキ。
そう思わせてくれます。

持ち帰りの時間を聞いて保冷剤を入れてくださる心配り。
ありがたいです。
その保冷剤がですねー、ケーキの箱に仕切りを入れてその隙間に入れてくれるのですけど、こんな風に袋に入ってるんです。


f0364707_20335946.jpg

紙が余計な水気を吸ってくれるし、とても丁寧な感じがして、いいなぁーと思いました。






f0364707_20001928.jpg

その帰り、大人買いした本たち・・・
(ここからは備忘録のつもりで)

「スープ屋しずく」はシリーズ3冊目。
日常の些細な謎解きが中心のほのぼのとあたたかいお話です。
「櫻子さん」はシリーズ・・・何冊目だ?
そろそろ佳境に入ってくるころです。
骨格標本士の女性が事件を解決していくお話。
謎解き、よりはハードな内容です。
太田紫織さんの本は、登場人物の内面を掘り下げてストーリーに組み込んでいくようなお話が多いです。
面白いです。
「連城三紀彦レジェンド2」
ずっと気になりつつも手を出せなかった作家さん。
人気作家さんたち数名が推薦する短編集です。
もっと年配の方かと思っていたら、赤川次郎さんと同じくらいだとか・・・(知らなかった)
短編ひとつひとつが独特の雰囲気。
この人の長編はどうなんだろ。読んでみたいなーと思いました。
また新しい開拓の予感!!(嬉しい)
「内臓とこころ」
これはお借りしたことがある本なので保存用?に購入。
著者の三木成夫さんは、とても面白い着眼点を持つ、人体哲学者、とでもいうような方です。
信田桃紅さんは105歳の現役書道家の方。
この本の表紙の字もご本人の作品です。
死ねないのも困る・・・すごい言葉ですね。ここまで生きてきた人しか言えない究極の人生語録です。
私なんてまだまだ赤ん坊みたいなものですね。
この方の半分も生きていないのですから。
読むのが楽しみです。




菓子工房&Cafe 椋の木ムック

[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-26 19:56 | 喫茶・カフェ

f0364707_16081610.jpg

通るたびに気になっていた30号線沿いのお店、ジェラートみるく畑。
やっと行くことができました。

広い駐車場があるので安心です。
テレビでも放送された話題のお店だとか。
ジェラートアイスは13種類。
今の時期は柿やマロングラッセのジェラートがありました!
アイスだけではなく、酒粕プリンも。
どんな味なのかな~。

まず先にサイズを決めてレジでお金を払います。
それからゆっくり選びます。



f0364707_16082897.jpg

マロングラッセと抹茶のダブル。
それに味見用に、希望のアイスを一種類、少し乗せてくださるとのこと。
なので「岩塩」というのを(青いアイスです)。
味見にしてはたくさん乗っけてくれますね!
わぁ、こんなに!?とビックリしました。

みるく畑さんなのだから、おススメはミルクたっぷりのジェラートだったのですが、それを食べないという・・・(笑)
この次の機会にしよ

ジェラートですからさっぱりとした味で、美味しいです。




f0364707_16083949.jpg

一応テラス席に座りつつも、やっぱり寒すぎた!
すぐに車に戻りましたが、その前になにやら端っこに興味深いものを発見。




f0364707_16085359.jpg

アイス(愛す)地蔵様!

何故看板にお地蔵様の絵が描いてあるのか不思議だったのですが、謎が解けました。

ちゃんと魂を入れていただいてるとのこと。
「愛す」に因んで縁結びのご利益があるそうです。
ここのお賽銭箱に入れられたお賽銭は、寄付されるとか。




f0364707_16090235.jpg

お参りさせていただきました。

意外なところに意外な方がいらっしゃるものですね。





ジェラートみるく畑

[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-23 16:25 | 喫茶・カフェ

f0364707_17335912.jpg

11月6日。
秋月までお水を汲みに行ってきました。
通り道の白坂峠。




f0364707_17342861.jpg

イチョウが見ごろ!



f0364707_17344739.jpg



f0364707_17351147.jpg



f0364707_17353567.jpg



f0364707_17360084.jpg

空が真っ青なおかげで、黄色がより映えます。
イチョウって、落ちてもしばらく黄色いままなので、上も下も二倍楽しめる葉っぱですよね。




f0364707_17362923.jpg

峠に入ると道は途端に狭くなり、対向車が来ませんように、といつも祈りながら通るのですが・・・
この日はあまりの木漏れ日の美しさに、狭いっていうのに脇に停め、パチリ。
(その間ずっと、来ませんよーに来ませんよーに・・・と。)

こうしてみると、木のトンネルのように見えます。
トンネル具合は白坂峠より八丁峠の方がいい感じなのですが、そこは苦手なので行きません。




f0364707_17365154.jpg

ここでも(来ませんよーに来ませんよーに・・・)




f0364707_17371388.jpg


水を汲んだ後、途中でソフトクリーム屋さんに寄りました。




f0364707_17373322.jpg

ちょうどこの案内板があるところ。

よしむら牧場直営のソフトクリームのお店です。
その名も「お山のソフトクリーム屋さん」←そのまんま(笑)
店名は「Non no」といいます。



f0364707_17375462.jpg

ああもう看板が草に埋もれてる。




f0364707_17381479.jpg

お店も草に・・・・


けれどこういう雰囲気好きです。
いったいどこにお店があるのかわからない風な感じが。
冒険心をくすぐります。(そこまでないですね)



f0364707_17383459.jpg

このカントリーな感じと営業中ののぼりのアンバランスさ。
狙ってるのでしょうか?(^^;

ギャップ萌えってやつ?



f0364707_17385242.jpg

個人的には大好きです。
こういう感じ。




f0364707_17391308.jpg



f0364707_17393381.jpg

手作り感があふれています。
この椅子、一見錆びた缶そのものに見えますが、上はクッションになっていて座ると当たりが柔らかいのです。
おそるおそる座ってみてビックリ。
トトロチックに、「缶だけど缶じゃなかった!!」




f0364707_17395445.jpg

他にもワッフルがおススメなのです。
グルテンフリー継続中で食べられないのが残念。




f0364707_17422036.jpg



f0364707_17401611.jpg

学校の椅子ですね。
懐かしい~




f0364707_17403648.jpg

奥はお手洗いになっています。
今度入ってみよう!

窓際のカウンターテーブルの脚が素敵。

で、学校の椅子・・・ここでもギャップ萌え。




f0364707_17405394.jpg

お店の方は絵を描かれるのでしょうか。
パレットに絵の具が置いてありました。

そしてその横には薪ストーブです。



f0364707_17411059.jpg

峠だからこれから寒さも厳しくなるのでしょうね。
薪ストーブは温まり方が全然違うそうです。
きっと必需品ですね。




f0364707_17413455.jpg

クリームコーヒーゼリー、500円。
この日はそこまで寒くなかったので、「外で食べてもいいですか?」とお聞きしてお外へ行きました。
あの「缶だけど缶じゃない!」椅子に座っていただきます♪




f0364707_17424026.jpg

ソフトクリームの下にはコーヒーゼリー。




f0364707_17420115.jpg

蓼もこうやって生けると可愛いですね。



f0364707_17430121.jpg

ふと上を見上げるとこんなに!!!




f0364707_17433011.jpg

イチョウとモミジ、そしてソフトクリームまで堪能して、お腹いっぱいでした。




お山のソフトクリーム屋さん Non no

[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-11 16:26 | 喫茶・カフェ