カテゴリ:喫茶・カフェ( 26 )

f0364707_07550788.jpg


京都郡みやこ町のフルーツ工房えふさんに、またまた行ってきました。
7月中旬~8月中旬までのこの時期、お店で一番人気の桃パフェが登場します。
去年はタイミングが合わず、お目見えできなかったので、今年こそは!と気合をいれます。

夏休みシーズンとも相まって、凄まじい人気ぶり。
平日休日関係なく一時間待ちは当たり前の感じです。
着くと受付表に記入して待ちます。
この時期ですから皆さん駐車場の車内で待っていますが、順番が来ても気づかないことが多々ありますので気をつけなければ。

・・・そして一時間後。
順番来ました。
この日は2時頃着いて、お店に入れたのが3時過ぎ。
だいたい予想通りといったところ。




f0364707_07550837.jpg



f0364707_07550965.jpg


今週の週替わりパスタは夏野菜のジェノベーゼ。



f0364707_07551101.jpg


パフェ以外にも季節のデザートがあります。
ワッフルも美味しそう!




f0364707_07555486.jpg


ということで、私は夏野菜のジェノベーゼ。
一緒に行った友人は、えふ特製のむなかた牛のリンゴカレー。




f0364707_07555615.jpg


野菜や果物などの素材をふんだんに使ってあるところがすごく嬉しいです。

リンゴカレーの上に乗っているのは、リンゴの形に型抜きした生のリンゴスライス。



そして真打登場。



f0364707_07555781.jpg


桃パフェでーす!

2つ並ぶとやっぱり迫力。
器からこぼれそうなほど盛られています。
時期によってももの種類が変わるとのこと。



f0364707_07555825.jpg


桃シャーベットも果樹園の桃使用。
全て天然の桃です。
さすが果樹園!

瑞々しくて美味しかったです。
一度に食べてしまうのは勿体無いって思うのですが、まず桃を食べてからクリーム類に行った方が断然いいです。
桃を堪能できます!!



f0364707_08005920.jpg


心癒されるお言葉@トイレ



そして翌月。

去年は一度も食べていないというのに、なんと2回目の桃パフェGO!!!

今回も一時間待ち。

待ちたくなくて、とにかく桃パフェ目的だ!っていう方は開店と同時にお店に入る勢いで行かれると、まず大丈夫です。
(だと思います)




f0364707_08010101.jpg


この日は週替わりではなく、定番メニューのひとつ、イカと明太子のクリームパスタ。
こちらも美味しい。



f0364707_08010216.jpg


で、再び真打登場!!(笑)

今度の桃は前よりもグンと甘味が増してて、思わず声をあげそうな美味しさでした。
食感が前と違うかな、と感じました。
桃の種類が3回変わるので、これは2種類めの桃でしょう。
日を重ねるごとに成熟度が増すのかも。
クリーム類にも負けない甘さでした。



f0364707_08010352.jpg


3種類めの桃はどんなかなーー。

(さすがにもう来ないと思うけど(笑)



f0364707_08010555.jpg


癒されるお言葉第二弾@トイレ。







[PR]
by dawn1225aki | 2018-08-04 07:54 | 喫茶・カフェ

f0364707_08431666.jpg


飯塚の町なみ。
古き良き建物が残っています。




f0364707_08431737.jpg


飯塚市飯塚の古民家リノベーションカフェ、「CAMINO(カミーノ)」に行ってきました。
駐車場がないので近くのコインパーキングを利用。

少し前までは、夜はバルをやっていたらしいのですが、今はお休み中とか。
店休日もかなりあるので前もって調べて行った方がいいと思います。


中に入ると・・・

なんというスタイリッシュな、不思議な空間。

テーブル席の並びも自由な感じ。





f0364707_08431810.jpg



f0364707_08431939.jpg


天井は今風の剥き出しな造り。
鉄骨や換気口がそのまま見えています。




f0364707_08432151.jpg


壁際にはズラリと並ぶ本たち。
旅行や写真の本が多いですね。
オーナーの趣味のようです。

好きな本を手に取り、読んでいる人も。




f0364707_08435128.jpg


カメラが置いてあります。





f0364707_08435229.jpg



f0364707_08435371.jpg


上の方にある窓。
こんなところは古民家の名残りがありますね。




f0364707_08435439.jpg



f0364707_08435597.jpg


コーヒーはなんと、ハニー珈琲さんの物なのです。
コーヒー好きなら知っている人は多いでしょう。
福岡のスペシャリティコーヒー。
飯塚でハニー珈琲を使っているカフェがあろうとは!!

直営店などに行くと、フレンチプレスをすすめられるのですが、これはドリップで。
プレスはとても濃いので夏にはあまり好まれないそうです。

一口飲むと・・・

あー、やっぱり美味しい。
夏の季節限定のコーヒー、フルーティで酸味があって、濃厚です。




f0364707_08440742.jpg
コーヒーのおとも。

フォンダンショコラでーす。
アイスクリーム添え。
温かいフォンダンショコラに冷たいアイス。
鉄板ですねー。
他にもデザート数種あり。



f0364707_08440858.jpg


見にくいけど、中身。

トロッ・・・とまではいきませんでしたが、しっとり熱々で美味しかったです。

時間が許せばしばらく入り浸れる居心地のいいお店です。


カフェ カミーノ
飯塚市飯塚3-31
0948-43-3696
火~土 11:00〜17:00




[PR]
by dawn1225aki | 2018-07-22 08:42 | 喫茶・カフェ

f0364707_08541965.jpg


京都郡みやこ町のフルーツ工房えふさんに行ってきました。
(土砂降りの中!!)

しょっちゅう会えない友人と約束をしていたので、これは決行するしかありません。
幸い、物凄い雨でしたが、えふまでのルートに土砂崩れも冠水も無かったので助かりました。
でも着いてから帰るまでずーっと同じ調子で大雨だったので、帰れるのかしらとちょっとばかり心配にはなりましたが・・・。

それでも駐車場には車が何台も停まっていて、天候にも左右されない人気ぶりはさすが。




f0364707_08542012.jpg


今日の目的は、季節のパフェ。
メロンでーす。
その前のマンゴーは食べ損ねてしまいました。
残念!
この後は大本命の桃パフェのシーズンに入りますが、その前がメロンなのです。

パフェもですが、メロンパンケーキがビジュアル的にかなり気になりました。
パンケーキ三枚というボリュームですが、その上からクリームがかかっていて、見た目がメロンみたいになるよう形作られているんです。
店内の他のお客さんがそれを注文されていました。
スタッフが運んで行くのを思わずガン見(笑)。
・・・それは撮れないので、せめてメニューの写真撮っとけば良かった!



f0364707_08542216.jpg


まずはランチを。

和風山菜パスタです。
一緒に入っていたどっさりのベーコンは、友人のお皿へ(笑)。
和風なのであっさりかと思ったら、意外に濃厚でした。
なので山菜パスタでも物足りなさはないと思います。麺の量も多いので。




f0364707_08542365.jpg


今日のメイン、メロンパフェ!

やっぱりひとつで撮るよりふたつ並んだ方が賑やかで良い感じ♪




f0364707_08542462.jpg


いいですねー!
ほんとにここ、えふのパフェは芸術品。
いちごやマンゴーに比べると、メロンそのものの量は少なめかもしれませんが、上に乗ってるメロンの存在が圧倒的。

ゴージャスです。




f0364707_08545261.jpg


かかっているソースは自家製メロンのソース。
黄色い品種で作ったのかなー?
中にもメロンとソースが入っていました。

美味しかったです。

アイスクリームとの相性も最高!!




f0364707_08545424.jpg


次に来る時は桃パフェを。

大人気すぎて、毎年長蛇の列だそう。
売り切れも早くなってきているようです。
頑張ります!!(笑)





[PR]
by dawn1225aki | 2018-07-06 08:53 | 喫茶・カフェ

f0364707_06550985.jpg


飯塚市堀池の、カフェ クルールさんに行ってきました。
こちらは地元では昔から親しまれている文房具屋さん「文具のたまおき」本店の店舗内に併設されているカフェです。
文具屋さんの方は、改装前から何度も利用していますが、カフェはなかなか機会がなく、ずっと行ってみたいなぁと思っていたのです。

念願叶って友人と一緒に訪問~(笑)。


テーブル席の椅子はやや低め。
珍しい高さだなーと思いましたが、座り心地はいいです。
テーブルの下に荷物置きのカゴ有り。
助かります。




f0364707_06551398.jpg


ちょっとだけ店内をパチリ。

ディスプレイもオシャレです。
ライトが面白いですね!


デザートは豊富で、メニューを見ているだけで楽しくなります。
目にも鮮やかなパンケーキは15時からの提供だそう。
入ったのがその数分前でしたが、ランチのあとだったので軽いものにしました。




f0364707_06551869.jpg


はい。
軽いもの(笑)。


これなら例えランチの直後でもいけます!!


クレミアソフトショコラのパフェです。
期間限定!
しかもこの日が最終日なんです、という殺し文句にやられ、迷うことなくオーダーです。

クレミアソフト、最近はよく目にします。
シルクのような舌触り、コーン部分はラングドシャという、うっとりなソフトクリームですが、まだ一度も食べたことがありません。

パフェではラングドシャコーンは付かないのでちょっと残念ですが、それでも、初クレミアソフトです。




f0364707_06552395.jpg


プラス200円でドリンクセットにできます。




f0364707_06552853.jpg


ソフトクリームの隣にはピスタチオのアイス。
友人がピスタチオアイスが大好きで、聞いた途端に一も二もなく即決してました(笑)。

そしてパフェの底にはオレンジ色のゼリー。
マンゴーかな?と思ったら、オレンジゼリーでした。
これまた友人の好みドンピシャ。

アイスもゼリーも、チョコ味にぴったりで良いコラボでした。
流石にシルクのような舌触りと謳っているだけあり、ソフトは滑らか~~
見た目にもキレイで、幸せな気持ちになれました!

これは期間限定でしたが、他にもそそられるデザートメニュー満載で、今後も楽しみです。
平日で、お客さんが少なめな時間だったこともあり、ついつい長居してしまいましたが、あまり気を使うこともなく居心地が良いのが有難かったです。
またぜひぜひ行きたいです。




[PR]
by dawn1225aki | 2018-06-07 06:54 | 喫茶・カフェ

f0364707_21483345.jpg

みやこ町の果樹園レストラン、ふるーつ工房 えふさんの記事は、過去二回もアップしています。
そういえば、決して近いとは言えないところなのに、結構な頻度で行っています。
今回はお友達からもらったバレンタインデーの友チョコのお返しに、こちらのいちごパフェをごちそうすることにしたので行きました。


土曜でしたが時間的にちょうど良かったのか、お客さんは少な目。
待たずに座れました。




f0364707_21490502.jpg



f0364707_21493157.jpg



f0364707_21500357.jpg

前回来た時と変わらず、季節のパフェはまだいちごです。





f0364707_21503659.jpg

奥の席へ。




f0364707_21511245.jpg

私はいちごパフェはもう食べたことがありましたので、他のでも、と思ったのですが・・・

やっぱりパフェの輝き?には勝てませんでした。





f0364707_21515628.jpg

プラス250円でドリンクセットに。





f0364707_21532940.jpg

コーヒーが届いてしばらくすると、本日の主役登場!!

相変わらず美しい立ち姿。




f0364707_21540449.jpg

なんでしょうねぇ、この理由の要らない佇まい。
もう2度目ではありますが、心底感激します。

今までパフェは数えきれないくらい食べてきていますが、ここのお店のほど美しいパフェは経験がないですね!(断言!)




f0364707_21542900.jpg

食べるのがもったいないくらいです。
ゆっくり鑑賞します。
被写体としても最高なので、何枚も写真を撮ったりして。
さぞかしお店の人は「はやく食べて!」と思っていることでしょうね・・・




f0364707_21550498.jpg

ああ、もう・・・
鷲掴まれた!!!♡



f0364707_21563072.jpg

食べかけでも絵になるという。


味を損ねるほど長時間眺めることはしません。
パフェに失礼ですから。
美味しい状態でいただきました。
いちごが甘くて瑞々しいです。
生クリームはしつこくなく、アイスはフルーツの味を引き立てる味。
ところどころに散らばるフレークの食感のおかげで、こんなに大きなパフェなのに、全然飽きさせません。
前回も同じように感動したはずですが、今回もお約束通りです(笑)。




f0364707_21574434.jpg

コーヒーソーサーに「えふ」の文字。
オリジナルのカップだったのですね。




f0364707_21581196.jpg

トイレにかかった額にもほっこりします。


いちごパフェは5月くらいまで。
その後はマンゴーパフェか桃パフェか、どっちだったかな。
さすがに3回目のいちごパフェはないでしょうが、何度食べても同じように感動する味だろうなーと思います。

バレンタインのお返しにはかなりいい線行っているのではないでしょうか!!??(笑)
友達も喜んでくれました。




フルーツ工房 えふ(HP)

<関連記事>
フルーツ工房 えふ(2017.12.17)
フルーツ工房 えふ(2018.1.31)

[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-08 15:12 | 喫茶・カフェ

f0364707_09504091.jpg

時間が前後しますが、2018年3月26日。
桜を見に行ったときに、秋月と言えばお約束のこちら、廣久葛本舗さんに行ってきました。
去年6月にも行き、その前後も行っていますからこの日は4回目。
何度行っても飽きないお店です。

廣久さんの葛粉はとても質が良く、ゴロゴロした大きな塊になっているのにお水に入れるとスゥ~ッと、あっという間に溶けてしまうのです。
塊はちょっとやそっとじゃ砕けないほどの硬さなのに。
素晴らしい品質です。



f0364707_09510700.jpg

お店の中の軽食スペースへ。




f0364707_09513630.jpg

当然、イチオシは葛切り!
これ以外食べたことがありませ~ん(笑)。




f0364707_09515932.jpg

乾燥したものとは全然食感が違います。
お店でしか戴けない葛切り。
黒蜜につけていただきます。
お箸で取ると今にも切れそうなほど柔らかい感じがするのにもちもちとした弾力、歯ごたえ。
初めて食べたときの感動は、4回目でも新鮮に蘇ります。
美味しい~~♪




f0364707_09522048.jpg



f0364707_09525884.jpg

お店の外にはお品書きが置かれてありました。
葛そうめんが気になる・・・でもやっぱり葛切りになってしまう・・・(笑)。




f0364707_09532610.jpg

廣久さんの近くに長生きのイヌマキの木があります。
生垣とかによく使われているあのマキの一種ですよね。




f0364707_09535205.jpg

こんなに大きくなるのですねぇ。

それもそのはず、樹齢が約400~450年だそうです。




f0364707_09541614.jpg

このねじれた荒々しい幹に、年月と生命力を感じます。
存在感のある木でした。



廣久葛本舗HP



[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-02 10:08 | 喫茶・カフェ

f0364707_11372942.jpg

2017年2月26日。
日田市豆田町の麦屋カフェさんに行ってきました。
約一年前!(笑)。
こんなふうに、フォルダに温めっぱなしの画像がたくさんあるのです・・・
おりしも豆田町は雛のまつりの真っ最中。
お雛様を見ながらの休憩に、こちらでコーヒータイムです。

とてもいい雰囲気の豆田町。
そんな中に佇むお洒落カフェです。
席はちょっと変わった感じ。




f0364707_11374790.jpg

同じ店内にいながら、それぞれの席が独立した空間に感じられてしまいます。
椅子やテーブルが統一されていないからでしょうが、それが雑然とではなく、何故か居心地の良さを感じるという不思議さ。

雑貨なども色々置いてあります。
空間をたっぷりと使った広々としたお店も好きですが、こんな風にゴチャゴチャッとした感じも親しみがあって好きです。
何が置いてあるんだろう、と好奇心までかきたてられます。
どっちも良さがありますね~。




f0364707_11381052.jpg

寒いけどソフトクリーム。
このコーンが一番好き。
で、実はこれ、柚子胡椒ソフトなのです!(さすが大分!)
柚子胡椒とソフトクリームのコラボなんて!!
まぁでも、巷にはわさびソフトとかいうものもあるようですから、これはこれでありなのかな??
お味は、というと、パクッと食べたら「うん、柚子胡椒!」(笑)って思えます。
柚子胡椒のピリ辛が効いてます。
でもソフトクリームの味を凌駕しているわけではなく、程よくアクセントになっています。
好きな人は癖になるかも・・・




f0364707_11390991.jpg

そしてコーヒー。

マグカップに入って出てきました。
ぽってりしたカップに口を付けた途端、口当たりの良さに感動。
なんでしょう、この、口に馴染む感じ。
とても飲みやすいのです。
コーヒーを飲んでカップの感触に感動したのって初めて。
これは良いです♪
ぜひぜひまた飲みに行きたい、そう思わせてくれるカップでした。




麦屋カフェ

[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-05 12:20 | 喫茶・カフェ

f0364707_20331303.jpg

学生時代からの友人と一緒に、フルーツ工房えふさんに行ってきました。
松木果樹園のフルーツをたっぷりと使ったスイーツが大人気のお店です。
この日はランチとデザートのつもりで。
ワクワク♪




f0364707_20334554.jpg

敷地内には直売所もあります。




f0364707_20341588.jpg

今の時期の季節のパフェは、いちごパフェ!!
他にもいちごを使ったスイーツが色々あります。
なんて美味しそう~~~。
これを見ていたら全制覇したくなってしまう。

店内のショーケースの中のケーキもほとんどいちごシリーズなんですよ~




f0364707_20344912.jpg

奥の席へ。




f0364707_20352047.jpg

窓から果樹園を見渡せます。
着いたときは雪が舞っていました。
少し高いところにあるからでしょうね。




f0364707_20354950.jpg



f0364707_20394471.jpg

いちごパフェ。
お値段は季節のパフェによって変わります。
高いな、と思われるかもしれませんが、このお値段だけの価値は大ありなのです。
とにかく果物が美味しいんです!

ランチセットにはミニパフェがつくので、ここはセットをやめて、ご飯もの単品&いちごパフェにしました。
目的はパフェ!!(笑)




f0364707_20504675.jpg

きのこピラフ。
数種類のキノコ入り。
見た感じは普通なんですが、キノコの風味がいい感じ。
歯ごたえのあるキノコで食感に変化があり、飽きのこない味でした。
美味しかったです。




f0364707_20541083.jpg

友人の注文した今週のパスタ、イカと明太子のクリームパスタ。
イカがたっぷりですね~~~
明太子好きの友人も、美味しい美味しいと大満足でした。




f0364707_20544069.jpg

今日のメイン!

いちごパフェです。


あーもう、立ってるだけでいちごオーラが!
このいちごの量たるや・・・普通に1パック買ってきたとしても家族で分けないといけないし、一人でこんなに食べることなんて不可能。
(・・・に近い)
なんと贅沢な。




f0364707_20551041.jpg

二つ並ぶとこの迫力。

感動するのは、このいちご、アイスやソースの甘さに全然負けていないのです。
スイーツに乗っているいちごと言えば、どうしても酸っぱいイメージしかありませんでした。
けれど、こちらのものはそんなイメージを覆してくれるいちごです。
しっかり甘い。
まずいちごの美味しさに感動し、そして独特のアイスクリームに感動し、更に、サクサクのフレークの食感の絶妙さに感動。
どうしてアイス系のデザートにはフレークやウエハースが添えられているのかというと、それらは口の中の温度を一時的に上げてくれるからなのだそうです。
アイスばかり食べていると口の中が冷たくなり、味がだんだんわからなくなります。
そんなとき、フレークを食べると温度が上がり、またアイスの味を楽しめる、と。
よく考えられていますね!




f0364707_20554913.jpg

大絶賛のいちごパフェをいただきながら、会話に花が咲きすぎて2時間半も入り浸ってしまいました。
けれどそれだけ居心地が良いということかな~と。

美味しく楽しい一日でした。

いちごパフェは1月~5月くらいまで。
その後、7月頃からパフェのレジェンドともいえる、桃パフェの季節がやってきます。
行かねば!(笑)



フルーツ工房 えふ(松木果樹園内レストラン)




[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-31 21:50 | 喫茶・カフェ

f0364707_14350402.jpg

参拝して梅ヶ枝餅も買った後は・・・やっぱりきてしまいました。
スターバックス太宰府天満宮表参道店。

天満宮の表参道の中でひときわ目を引くスタイリッシュなスタバ。
コンセプトストアとして展開している独特の造りのお店です。
お店の中より前に人だかり。気持ちはわかります。
店内もいつも行列ですけど。
でも行列の割には席は空いていることが多く、入ってみなければわかりません。




f0364707_14351548.jpg

天井と壁が組まれた木材で覆われています。
何度も来ていますが、来るたびに見上げてしまいますね。



f0364707_14352260.jpg

並んでいるときに撮ったものですが、空席がいくつもあります。
テイクアウトのお客さんが多いのでしょうね。
iPhoneカメラで撮るとこんなに明るく写りましたが、実際はもっと暗い落ち着いた感じです。
前方は一面ガラス窓です。




f0364707_14353920.jpg

この壁面図は定期的に変わっているようです。
今は太宰府らしい、初春らしい絵になっていますね~。




f0364707_14354777.jpg



f0364707_14355851.jpg

ソイラテと一緒に。

梅ヶ枝餅だけは店内でもいただけるとのこと。
(以前店員さんにお聞きしました)
これはお蕎麦屋さんもやっている「やす武」さんの古代米梅ヶ枝餅です。
古代米のときはいつもこちらのもの。
美味しいです。
古代米になると皮のパリパリ感がちょっと強くなるのかな?
普通のとは食感が違いますね。
そして香ばしいです。
有名なかさの家さんは相変わらずものすごい行列でした・・・





スターバックス太宰府天満宮表参道店


[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-17 14:34 | 喫茶・カフェ

f0364707_19295890.jpg


年明けに、事情があって通い続けた友人宅がありました。
そのすぐ近くで営業しているとっても素敵な手作りケーキ&カフェのお店、ボヌジュルネさん。
そちらのケーキをよくお茶菓子にいただき、すっかりファンに。
ついに行ってきました。

ああ、またしても食べ物屋さん巡り日記復活・・・
でも今日はスイーツだから。

建物の一階部分がお店で、二階がアパートになっているようです。




f0364707_19300773.jpg


このコーナーがなければこちら側は味気ないただの壁と鉄階段。
でもこのお花とコニファー的な植木のおかげで凄くいい雰囲気になっています。
この辺りで私にはどストライク。




f0364707_19302337.jpg


どストライクどころか見送り三振してしまいそうにやられました。
バケツいっぱいに可憐な白い花、そしてラベンダーでしょうか。
このセンス、素敵です。





f0364707_19304435.jpg


派手さのない、落ち着いた店先。
こういう雰囲気ってきっとオーナーさんのお人柄なんでしょうね。
聞くところによると、私と一つか二つしか違わない女性の方だとか。
(急に焦りが(笑)





f0364707_19305830.jpg



f0364707_19310828.jpg


ボヌジュルネの「B」と「J」をあしらったロゴが。
お洒落だなー。

入口の戸は引き戸になっていますが、半自動扉なので、開けた後は無理に閉めなくても自然と閉まります。
これを無理やり閉めようとすると、傷んで壊れやすくなりますのでお気をつけて。

入り口を入ってすぐにショーケースがあり、美味しそうなケーキがズラリ。
ロールケーキが変わっていて、生地がシフォンケーキのようなんです。
クリームも独特。
右手奥にはカフェスペースがあり、そこでドリンクと一緒にいただくこともできます。
せっかく来たのでケーキを買って帰るだけでは勿体無い!
おひとり様ティータイムを楽しむことにしました。
まぁ、いつもおひとり様ですけどね。
あえて言うまでもなく。




f0364707_19312648.jpg


カフェスペース。
一番奥の席から入り口の方へ向けて撮っています。

写真いいでしょうか、とお尋ねすると、サラッと「どうぞ」と。
物言いも少なく、とっても控えめなオーナーさんなのです。
一つか二つの差だったら、学生時代に街中ですれ違ったこともあったかもしれませんね。

テーブルの配置といい、置いてある鉢植えや小物といい、空間がとっても心地よい感じです。




f0364707_19313487.jpg


この窓際の席にするか、奥にするか迷いました。
この席も素敵。




f0364707_19314421.jpg


どうしてこの色のヤカン!?
チョイスが良すぎ!(笑)。




f0364707_19315222.jpg



f0364707_19320683.jpg


新年らしく、でも仰々しいこともなく。




f0364707_19321554.jpg


そしてこちらには何と!デザート三種、または四種セットなるものがあり、ケーキorアイスなどから三つか四つ選べるプレートがあるのです。
ケーキ三つって!!(笑)
初めて見ました、そんなメニュー。
女性にはたまりませんね。

でもさすがにそれは無理だったので、普通にケーキセットです。
ケーキのお値段にプラス50円でドリンク付き。



f0364707_19322963.jpg


モンブランです。
全体的に甘さは控えめ。
スポンジもキメが細かくフンワリです。
とても上品。
味わっていると質の良い素材で丁寧に丁寧に作られたのがよくわかります。



f0364707_19324277.jpg


可愛いーー♡




f0364707_19330136.jpg


このスプーンにも惚れました。
ペタンとしたフォルムの可愛らしいこと。
いつもはブラックの私でも、思わずお砂糖を入れてかき混ぜたくなりました。




f0364707_19293771.jpg


親しい人と一緒に来るといいだろうな、とも思いますが、おひとり様でもとても居心地の良いところ。
また絶対来たいです。
テイクアウトとカフェの時間が違うのでご注意を。




ケーキ&カフェ ボヌジュルネ(Since1999)
〒8220002
直方市頓野875-1
0949268806
定休日 第1日曜・月曜&毎週火曜(変更あり)


[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-14 19:35 | 喫茶・カフェ