カテゴリ:備忘録( 86 )

虫の知らせ

f0364707_18113845.jpg


朝、一仕事終わった後、ふと何か胸元に落ちた感覚がしたので見てみると・・・

ペンダントトップが外れて落ちていました。


胸元だったので無くさなくてすんで良かった。

でも「え?また?」という感じ。
「何か虫の知らせ?」と思って、( ゚д゚)ハッ! 

今日は友人のお別れ会でした。

東京で、盛大に(笑)。

友人の希望で会費はすべておごりだという。

私はこちらでひっそり偲ぶから~と不参加でしたが、すっかり忘れていました。
だって色々あったし、朝から仕事してたし。

外れたペンダントを見て思い出しました。

忘れててごめん。行かれなくてごめん。
だって行ってもあなたには会えないでしょ。
だったらどこで偲んでも同じだからさぁ。

と、慌てて心の中で言いました。


上から見ててきっとわかっているでしょう。
ちょっと思い出してほしかっただけ??(笑)


もちろん、ペンダントは輪っかの部分にほんの少し隙間があって、そこからチェーンが外れただけのこと。
でもどうして今日なのか~~?と思うと複雑な・・・

いってしまったときも、同じペンダントのチェーンが切れ、治療用ベッドが壊れ・・・
それもとくに不思議なことはなかったんですが、わざわざその日?みたいな。
これからもペンダントに何かあったら「またあんたか~~い!今度は何!?」って思ってしまいそう。



お別れ会に参加している友から、「ミニアルバムにメッセージを貼ります。代筆するから何か一言ありませんか」と連絡がありました。

うーん。
もうこれしかありません。


「またいつか何処かで会いましょう」







by dawn1225aki | 2019-01-19 18:35 | 備忘録

f0364707_20590789.jpg


ビューホテル2日目。
2019年1月1日の朝です。
新年を温泉で迎えました。

日の出が7時22分とのことだったので、それに間に合うように露天風呂へ行ってきました。
起きてみてわかったのですが、あんなに良いお天気だった前日とは打って変わって外はどんよりとした曇り空。
これは日の出は無理だなぁと諦めつつ、それでも露天風呂にはまだ入っていなかったので、行ってみることに。

本館を出て、泊り客用の通路を渡り露天風呂「裸美絵」へ。
脱衣所を出るとすぐに露天。
洗い場も外にあり、とても寒いです。
とりあえず湯船に浸かって温まりました。
曇り空をぼんやり見ていると、ちょうど東の山の上あたりがオレンジ色に染まってきました。
そしてなんと、お日様が顔を出すくらいのスペースだけに雲がないのです。
これはもしかしたら・・・
と期待しつつ山の稜線をガン見していると、出てきました!御来光!!

露天なので遮るために木々に囲まれていて、枝の間からしか見られませんでしたが、枝越しにもお日様の丸い形がキレイに出てくるのが見えました。
思わず合掌。
お湯に浸かりながら日の出を見るこの贅沢。
しかも、2019年初日の出です。
今まで何度も何度も温泉で日の出を待つ、ということをやっているのに、一度も見たことがないのです。
その分がこの日、報われました!

お風呂にはiPhoneは持っていけないので、部屋に帰ってから撮りました。
初日の出です。





f0364707_20595035.jpg


朝食は8時~で、2階の広間にて。
2階のエレベーターを出ると、広間の入り口前にお屠蘇が用意されてありました。
昆布とスルメも。




f0364707_21003637.jpg


広間からの眺めもばっちりです。




f0364707_21005851.jpg


ビューホテル、というだけのことはありますね!
遠くに霞む山々のモノトーングラデーションがすごくキレイです。






f0364707_21012429.jpg


1月1日元旦の朝食はおせち料理でした。




f0364707_21014453.jpg


イセエビのグラタン。迫力です。
かずのこに昆布巻きなど。




f0364707_21022622.jpg


器の中は黒豆。
その上にはチョロギ。
チョロギなんて、久しぶりに食べました。



f0364707_21023532.jpg


お煮しめ。
お刺身。
マグロのお刺身に金箔が!
贅沢な(笑)。
ガラスの器に入っているのはデザートです。




f0364707_21025436.jpg


紅白なますですが、その上の飾りの植物は初めて見ました。
羽根つきの羽根にそっくり。
調べてみたところ、「衝羽根(ツクバネ)」という名前なんですって!
お正月の羽根つき遊びは、この実を手でついて遊んだのが始まりなんだそうです。




f0364707_21032258.jpg


お雑煮は具沢山。
ブリが入っているので博多風??と思っていたら、お餅が焼いてありました。
だったら東京風?
けれど丸餅なのでやっぱりこっちかな~。
などなど色々考えておりました。
実家のお雑煮は具沢山に、スルメと昆布入りの博多風お雑煮だったので、懐かしいです。
焼いたお餅入りは初めて。
香ばしくて美味しいです。

すっかりお正月気分になれました。


デザートがすごく不思議な食感のものでした。
アイスクリームのような見た目ですが、クリームチーズのような、ムースのような。
とっても滑らか。
濃厚ですが甘ったるくなく、美味しかったです。



初めて年越しとお正月を家ではないところで迎えました。
もともとお正月は、主婦がお休みできるように、日持ちのするおせち料理を作るはず・・・なのですが、お休みどころか忙しいのが常。
外に出なければ、ゆっくりできないのが現状ですね。
楽しかったなぁ~と思えるのは子ども時代だけだったかもしれません。
母親や祖母や、叔母たちは忙しくバタバタしていたような。
私自身も結婚してからは格段に忙しくなりました(笑)。
子どもは遊んでればいいけれど、昔の母たちはこうだったのね、と、やっと理解できたものです。

そんな忙しさがあるからこそ、たま~~~~~~~~の(というか、多分最初で最後くらいのレベルの)お出かけお正月が特別になるのですね。

嬉しい一泊二日でした。





by dawn1225aki | 2019-01-05 15:40 | 備忘録

f0364707_01252995.jpg


2018年12月31日。
温泉旅館で初めての年越しでした。
朝倉市杷木の原鶴温泉 ビューホテル平成です。
山の上の高いところに立地している温泉旅館。
夜になると山の上から明かりのついたこの温泉宿が遠くからも見ることができ、風情のある眺めです。
初めてその姿を見たときは、「モンサンミッシェルみたい~!」と言ってしまいました。
(モンサンミッシェルは言い過ぎ(笑)

「←ビューホテル平成」と書かれた看板通りにどんどん上っていくと、到着しました。

f0364707_01255424.jpg


入り口にはお正月のお花がダイナミックに生けてありました。
お正月らしいです。




f0364707_01262458.jpg


ホテルのロビー。




f0364707_01264639.jpg





f0364707_01273188.jpg


お部屋は4階の和洋室。

和室の隣りにはベッドルームがあり、ツインでベッドが置いてありました。
和室には3人休めるので私たちの部屋は全員で5人。

窓からは一面、朝倉の町が広がっています。
もともとホテル自体が高台にあるので、例え1階だったとしても眺めはとてもいいわけですよね。(多分)

チェックインは15時からでしたが、到着したのは16時。
しばらくお部屋でゆっくりと、窓の外の景色を眺めたりしていました。



f0364707_01275436.jpg


棚田が見えます。
マチュピチュみたい~!

朝倉のマチュピチュ!




f0364707_01281518.jpg


f0364707_01284298.jpg


お茶請けにはそば饅頭。


18時から夕食とのことだったので、その前に温泉に入ることにしました。
内風呂と露天風呂の二つがあり、露天は外にある「裸美絵」
本館の外にあるお風呂で、立ち寄り湯もできます。
あまり時間がなかったので、今回は内風呂へ。
お湯には湯の花も浮いていて、やや熱め。
外に面した方がガラス張りの展望風呂でした。
(お湯で曇ってよく見えず・・・)
シャワーも勢いがあって流しやすかったです。
熱かったのですが気持ちの良い温泉でした。





f0364707_01290837.jpg


f0364707_01293776.jpg


お食事は5階の和室で。
一家族一家族別々になっているようでした。
おかげで家族だけでゆったりのんびり過ごすことができました。

ここも普段は客室なのかな~?




f0364707_01300137.jpg


f0364707_01302718.jpg


陶板焼きの和牛のお肉は左側の丸い紙が敷いてある陶板で焼きます。
ボリューム満点、柔らかいお肉で美味しかったです。





f0364707_01311019.jpg


後から出てきた揚げ物。





f0364707_01313565.jpg


大晦日なので年越しそば。

やっぱりこれがないとね。





f0364707_01315655.jpg


ご飯は味のついた炊き込みご飯でした。




f0364707_01323385.jpg


デザート。

胡麻プリン・・・?だったのかな?
弾力があってもちもちしたデザートでした。




f0364707_01331745.jpg


義父の卒寿のお祝いということでここに予約を入れましたが、年越しまでついでにやってしまいました。
今までお正月もあまりゆっくりとできなかったので、初の温泉年越しです。
一生に一度かもしれませんが、とても楽しく楽~~~な年末旅行でした!







by dawn1225aki | 2019-01-03 21:47 | 備忘録

2019.1.1

f0364707_21355062.jpg

あけましておめでとうございます。
良い一年になりますように。



by dawn1225aki | 2019-01-01 21:35 | 備忘録

大晦日

f0364707_21084850.jpg

原鶴温泉。
平成最後の大晦日を「平成」のホテルにて。

良いお年を。



by dawn1225aki | 2018-12-31 21:08 | 備忘録

PC環境

f0364707_21190643.jpg


PCが復活しました。

水浸しになった部屋に置いてあったものなので、起動するまで生きているかどうかわからなかったのです。
電気が通じてコンセントも設置されてから、電源を入れてみると入ったので大丈夫だろうとは思っていましたが・・・。
モニターはダメだったので新しいものを購入。
接続していざ電源を入れてみると、しばらく時間がかかりましたが無事起動しました。

今回は、DellのモニターからI・О DATAに変えてみました。
あまり変化はないかな(笑)。






f0364707_21193733.jpg


音も欲しいので、PC用のスピーカーも準備。
エレコムの6W。アンプ内蔵。
こんなに小さいのになかなかの迫力。
かなりの音量までいけます。

片付けの合間にPC環境だけは整えるという・・・


ここまでやっておいたら安心ですからね~(何が






by dawn1225aki | 2018-12-28 21:34 | 備忘録

Merry Christmas♪

f0364707_16300666.jpg



by dawn1225aki | 2018-12-25 00:00 | 備忘録

フルリノベーション・14

f0364707_00140168.jpg


念願の漆喰に、貝を飛ばしてみました。
数が少なかったので、コンセント周りのアクセントに。




f0364707_00140276.jpg


ちょっと自由過ぎ?(笑)
水族館か!と友人に突っ込まれました。

師匠に戴いたこの貝殻を、どうしても私の部屋に飾りたかったのです。
貝殻漆喰なだけに、貝がよく合います。

きっとこれでいい夢が見られますね〜




by dawn1225aki | 2018-12-19 00:13 | 備忘録

フルリノベーション・13

f0364707_13172827.jpg


内装に使う貝殻漆喰です。
このまますぐに塗られるようになっています。
天井、トイレ、洗面所以外は全て漆喰。
三回重ね塗りをするそうです。
この寒空の下、窓も開けっ放しの中で漆喰塗りです。
ありがたいやら申し訳ないやら・・・。



f0364707_13172911.jpg


全部屋を塗るので何人もの職人さんたちが同時に作業をしていました。
バケツも沢山。



f0364707_13173039.jpg


塗り壁のちょっとデコボコした感じがとても良い雰囲気です。
何が嬉しいって、この壁が一番嬉しいのです。



f0364707_13173174.jpg


クロスの方がコストも断然安いし手間もかからず、早いです。
けれど、人が手作業で丁寧に塗り重ねたこの壁の存在感には太刀打ちできません。
そして、真っ白で、とても美しい!!

この漆喰は、貝殻を焼きしめた後に粉砕し、それに海草を混ぜただけの天然のものです。
接着剤も化学薬品等もなにもはいっていません。
放射性物質をほぼ通さず、空気を清浄にしてくれる働きがあるのです。
有明海の赤貝の貝殻を使った再利用の漆喰です。
リサイクルにもなり、私たちの健康をも守ってくれる、何という素晴らしいものでしょう。

もっともっと多くの人に、この貝灰を知って欲しいと思います。





f0364707_13173227.jpg


外壁。
窓のサッシ回りの壁はこんな風に。
サッシ枠は外壁の中に埋め込まれているので、外す時は外壁まで壊さなければなりません。
回りだけ切り取るように外して付け替えました。
その後、壁全体の塗り替えをしたので、目立たなくなりました。

(換気扇を移動したので前のところが塞がれていました(笑)




f0364707_13174806.jpg



f0364707_16011134.jpg


一番酷い状態だった二階のこの窓も、すっかり綺麗に。
以前の面影はありません。
ありがたいことですねぇ。

大工さん、そして左官さんたち職人さんは凄いです。
酷い状態から補修後への移り変わりをしっかり見ることができたので、余計に感心してしまいます。

足場も外されていたので、外から見ても普通の家に見えるようになりました(笑)。

by dawn1225aki | 2018-12-08 13:16 | 備忘録

フルリノベーション・12

f0364707_19124941.jpg


ようやくクローゼットもそれらしくなりました。
少し前までは壁が筒抜けで、納戸まで見えていましたが。



f0364707_19125037.jpg


もう一室の方のクローゼットも出来つつあります。
中は漆喰の予定。




f0364707_19125113.jpg


二階の一室の天井。
天井はクロス貼りです。
イグサを編んだような模様ですが、クロスです。
今は色々なデザインがありますね。




f0364707_19125299.jpg


トイレの壁もクロス貼り。
柄を付けて遊んでみました。




f0364707_19125343.jpg


玄関、廊下ともに石膏ボードが貼られ、あとは漆喰を塗るばかりになりました。
この柱は上を支えているのでしょうか?

・・・そんなに危険???(焦

この支えを外しても大丈夫なのかな・・・



ともかく、ますます家らしくなってきました。
完成まであともう少しです。




by dawn1225aki | 2018-12-03 19:12 | 備忘録