人気ブログランキング |

カテゴリ:自然・散策( 44 )

f0364707_16131377.jpg


小石原焼発祥の地と言われる皿山地区にある窯元の中の一つ、「やままる窯」さんに行ってきました。
行者杉の看板がある道へ入りしばらく進むと、石畳の通りに来ます。
その辺り一帯が皿山地区。
15軒ほどの窯元が並んでいます。

本家は梶原二郎窯。
こちらはご長男の梶原日出窯になります。




f0364707_16133330.jpg



やまめ山荘で出されたコーヒーのカップ&ソーサーが可愛くて、どこの窯のものか探したところ、こちらでした。
店内は素朴で温かみのある焼き物がズラリ。
見ていると、奥様が外のテラスにあるテーブルにコーヒーを出してくださいました。




f0364707_16134451.jpg


可愛いテーブルとイスが置かれたテラス。
植物がたくさん置かれてとても気持ちのいい場所です。




f0364707_16140479.jpg


シンプルですが味わいのある席です。




f0364707_16142362.jpg


これこれ。
どんぐりときのこのコーヒーカップ。
この場の雰囲気にピッタリ♪
森の中のティールームのよう。

大人気のカップだそうです。



f0364707_16144267.jpg


ひとつひとつに添えられた葉っぱの上にはチョコレート。
そんなおもてなしが素敵です。
暑い日だったんですが、風に吹かれて座っていると居心地が良くて、ホントに気持ちがいい~~って思えました。




f0364707_16150510.jpg


やまめ山荘で見たコーヒーカップのフタに比べると丸っこいですね。
きのこの雰囲気がより出ているように感じます。
四角いソーサーの他に、葉っぱのソーサーもありました。
ナチュラルテイストなので何でも合います。
ホンモノのドングリを添えても楽しいだろうな~。




f0364707_16152714.jpg




f0364707_16154982.jpg


テーブルのディスプレイ。
・・・これは!
きのこカップのフタ?
なんて可愛い。




f0364707_16161122.jpg


おはじきのようなものも。




f0364707_16163166.jpg




f0364707_16170987.jpg


ビールの空き缶でできた飾り。
風に吹かれてクルクル回っていました。
アルミ缶なので動きが軽やか、面白いです。
綺麗で涼し気でした。

この日はやままる窯さんだけ訪問しましたが、他の窯元にも行ってみたいです。
それぞれの店舗に駐車場があるので停める場所に悩まなくてもすむのが嬉しいですね。




やままる窯(梶原日出窯)



by dawn1225aki | 2019-09-08 16:59 | 自然・散策

伊丹の風景

f0364707_14281433.jpg


ショッピングモールに行ったり、神社に行ったり、古墳に行ったりする道すがらの風景です。

須佐男神社のそばで咲いていたカラー。

カラーの自生なんてあまり見ないのに、キレイに咲いています。
きっと場所がいいんでしょう。




f0364707_14284682.jpg


京都の酒蔵通りにあるような杉板の塀。
雰囲気が良いです。




f0364707_14290840.jpg


遠くからでも目立っていたのはこの楠。
建物と建物の間から顔を出して、いっぱいに枝を伸ばしていました。




f0364707_14294698.jpg


鳥居と祠。
この楠を祀っているのかな?




f0364707_14300750.jpg




f0364707_14302809.jpg


屋根の上で手を広げるように伸びています。
そこからしか横に行けませんからねぇ。



f0364707_14311178.jpg




f0364707_14313482.jpg


障害物をものともせず。
見事な大木でした。





f0364707_14315588.jpg


新伊丹駅の前の花時計。
今ちょうど花盛り。
冬場は寂しい時計になってるんですよ。




f0364707_14321874.jpg


駅前の公園には藤棚がありました。
もう終わりかけですが、まだまだキレイ。




f0364707_14332022.jpg


今年は藤園にも行けずじまいだったので、嬉しいでーす。






by dawn1225aki | 2019-05-08 14:41 | 自然・散策

f0364707_21113085.jpg


2019年5月1日と2日、兵庫県伊丹市に行ってきました。
1日は到着が夜になってしまったので、まったく活動できず・・・
翌2日に少し散策してみました。

尼崎のマンホール。


大型商業施設に行った帰り、近くの駅の周辺をテクテク。



f0364707_21151752.jpg


とてもレトロなお店です。
昔はこの辺りの人たちはみなさんこのお店を頼りにしていたんだろうなぁ~。




f0364707_21152466.jpg


ところどころに古めかしい住宅。




f0364707_21164440.jpg


外壁にコンセント!?(笑)

電線をひっかけるためのものだったのでしょうか。
用途がさっぱりわかりません。


しばらく歩くと、古墳や神社の名前がかかれた道しるべがありました。

近くに古墳がある!?(≧▽≦)
100m先と700m先だそうなので行ってみることにしました。




f0364707_21170622.jpg


周りを水路に囲まれた小高い丘を発見。




f0364707_21172531.jpg


神社の鳥居。
階段の上に神社があるようです。




f0364707_21180815.jpg




f0364707_21182812.jpg


南神社。




f0364707_21185034.jpg


小高い丘の周りは遊歩道になっているようです。
犬の散歩やウォーキングをしている人もいました。




f0364707_21191241.jpg




f0364707_21193395.jpg


この石段を上がると・・・




f0364707_21195440.jpg


シンプルな造りの神社です。
ちゃんと狛犬さんが守っていますね~。





f0364707_21201637.jpg




f0364707_21203603.jpg




f0364707_21233396.jpg


県指定文化財。
御願塚古墳といいます。
帆立貝式なんていう形状は初めて聞きました。
この目ではとても全体の形は把握できないのですが、看板の説明図で見るとよくわかります。




f0364707_21235739.jpg


この丘全体が古墳だったのですね。




f0364707_21242311.jpg


前方後円墳?と一瞬思ったのですが、



f0364707_21244561.jpg


なるほど。
貝の形に近いです。

神社の拝殿前に新聞の記事のコピーが貼られてありました。
出土品が天皇陵なみに出てきたそうで、この一体(猪名野地域)の豪族だったのではないか、ということでした。
祭壇らしきものも見つかっています。
かなり力を持った人物だったんでしょう。
1500年も前に作られたお墓が掘り起こされるなんて、眠っていた人はびっくり仰天ですね。
もしも何世にも渡って生まれ変わっていたら、自分のお墓を見た人もいるかもしれません。






by dawn1225aki | 2019-05-06 21:50 | 自然・散策

晴天続き

秋田の旅、二泊三日が終わりました。
4年ぶりの秋田でしたが、降り立ってしまえば懐かしいというよりは、まだ昔から住んでいるような感覚が強く、普通に街を歩いていました。
長年住んでいて、周りの様子もほとんど変わっていませんから、そうなりますよね(笑)。


三日間ともめちゃくちゃ良いお天気でした!




f0364707_12513254.jpg


大仙市の唐松神社のしだれ桜。
見事な青空。





f0364707_12513392.jpg


秋田港。




f0364707_12513432.jpg


二日目の朝、千秋公園へ向かって歩いている時の様子。
大型連休中なのにこの閑散とした雰囲気(笑)。




f0364707_12513578.jpg


日本海と男鹿半島。





f0364707_12513621.jpg


最終日の青空。
ここ秋田県立美術館の広場では全国ラーメンフェスタが開催されていて、大賑わい。
北海道、熊本、富山、福島、博多・・・などなど。
地ビールも出ていました。



f0364707_13035701.jpg



f0364707_13035843.jpg


レモンサワーと、オオダテビール ブラックエール。
期間限定だそうです。




f0364707_13035946.jpg


お昼前にはこの倍くらいの人が並び、いったい、秋田市の人口の何割がここに来てるの?ってくらいでした。( ̄▽ ̄;)
立食用テーブルもとてもたくさん設置されてありました。

お日様ギラギラの中、ビールとラーメンは美味しいでしょうね~。
(私はラーメンは食べていません)


三日間の晴天の写真でした。





by dawn1225aki | 2019-05-05 12:50 | 自然・散策

f0364707_16082678.jpg


アミュプラザ博多の屋上へ上がってみました。
上の方は鳥居が3つ。
その先には祠。
どなたが祀られていたのかな。
子どもたちが遊べるプレイゾーンもあり、ミニチュア電車が走っていました。

更に上に上がる階段があり、そこに行くと展望デッキのようなところに出ます。
そこからの眺めがこれです。
博多駅の上にこんなところがあるなんて、知りませんでした。
良い眺めで~す。

マルイとKITTE。
博多口方面です。





f0364707_16085877.jpg




f0364707_16163044.jpg




f0364707_16105418.jpg


飛行機が何度も飛んでいきます。
空港が近いですからね。




f0364707_16115994.jpg


切り取ってみました。

夕焼け空とのコラボです。






by dawn1225aki | 2019-01-07 16:22 | 自然・散策

f0364707_15434566.jpg


2018年12月15日。
お馴染み九大の森に行ってきました。
ラクウショウの紅葉にはもう遅すぎましたが、もみじの森の紅葉は何とかセーフ。
クリスマスツリーのようなモミジは健在。

今回のルートはこのモミジの森を通らなければなりません。
いつものルートにかかっている橋が劣化して危険だとのことでした。
ここを通過してまもなく・・・



f0364707_15450878.jpg


ラクウショウの森です。

すっかりはだかんぼ(笑)。
羽根のような葉っぱが全て落ちて真下の地面は赤いです。
そして冬場は水が引いているので根っこがあらわに。
これもまた独特の眺めですね~。




f0364707_15454934.jpg




f0364707_15473269.jpg


逆光から眺めると地面の赤さが見事です。
シルエットがとても映えます。




f0364707_15485696.jpg




f0364707_15500143.jpg


そばからラクウショウの気根が出てきています。
湿地に生えているラクウショウには、呼吸のためにこうやって空気中に根っこが出てくるそうです。
水のある時期は浸かっていますからねぇ。




f0364707_15504007.jpg




f0364707_15510684.jpg


モミジの森、再度通過。

今度は枝だけになってしまったクリスマスツリーです。
ところがよくよく見ると・・・・



f0364707_15515210.jpg


ぽんぽんのような実がたくさんくっついています。
まるで天然のオーナメント。
原生林の森にいながらクリスマス気分でした~。





by dawn1225aki | 2018-12-30 16:17 | 自然・散策

アサギマダラ 2018

f0364707_23283649.jpg


待ちに待ったアサギマダラが今年もやって来てくれました。

いつも飛んでくる時間より一時間ほど遅れてヒラヒラと。
寝坊したかな??(笑



f0364707_00225858.jpg


アサギマダラは、フジバカマの花にぶら下がるようにして蜜を吸うので撮影が難しいです。
けれど至近距離まで近づいてもあまり警戒しないし、動きもスローモーションなので、目で追いやすいのです。
その点はいいですね。



f0364707_23462655.jpg


こういう写真こそ、大きなサイズで上げたいのですが・・・もう少しの我慢です。

去年はこの場所では会えなかったので二年ぶりの対面。
嬉しかったです!!




f0364707_23462859.jpg


オマケ。
こちらはアゲハチョウ。



f0364707_23462914.jpg


別の場所にもフジバカマ畑があるので、今日は来てるかな、と行ってみたところ、アサギマダラではなくてこの方が。



f0364707_23290864.jpg


こーんなにたくさん開花しています。
去年もよく来てくれたので、そのうちに会える日が来るでしょう。

早くきてね´ ³`)ノ



by dawn1225aki | 2018-10-17 23:27 | 自然・散策

f0364707_16093735.jpg


飯塚市小正の小正西古墳公園へ行ってきました。
昔は私有地だったそうで、何も無いところにこんもりと小山があったそうですが、今は住宅に囲まれた公園になっています。
近くまで行くと古墳の姿が見えてきます。
石組みの墳丘の周りに筒型のハニワがズラリ。
これはボランティアの人たちが製作して飾ったものだそう。
古墳のイメージって、芝のような草で覆われた丸い丘しかなかったので、こんな石組みの姿は違うもののように見えます。

墳丘の周りを進んでいくと、第一石室の入口がありました。



f0364707_16093809.jpg


第一石室。
中の明かりが点くようになっていたのでしょう。外にスイッチがありました。
今は故障しているのか点きません。
でも扉の前から覗き込むとよく見えました。



f0364707_16093976.jpg



f0364707_16094143.jpg


しっかりと組まれた石。
赤く見えるのは古代の彩色の跡でしょうか。




f0364707_16094251.jpg


天井。
この石をよくまあ、天井に上げたこと。




f0364707_16101260.jpg



f0364707_16101314.jpg


第二石室。
未盗掘のもので、墳丘調査の時に偶然見つかったものです。
一つの墳丘に二つの石室はとても珍しく県指定の文化財になっています。
こちらでは、人骨と、多数の出土品がありました。
飯塚歴史資料館に所蔵されています。



f0364707_16101585.jpg



f0364707_16101681.jpg


第一石室より小さめです。



f0364707_16101719.jpg


奥の大きな石。




f0364707_16103985.jpg


上の方。
古代の人がひとつひとつ手で石を積み重ねて建造したのでしょうか。



f0364707_16104051.jpg


周溝。
深さ50センチ。
墳丘の周りに掘られていますが、全周はしていません。
ここから円筒形埴輪の破片がたくさん出土したそうです。



f0364707_16104280.jpg



f0364707_21515340.jpg


この地域、遠賀川流域は、他にもたくさんの古墳群があります。
発見されてないだけで、まだまだたくさんあるかもしれません。
お墓の上で暮らしているということになるのかなー( ̄▽ ̄;)。
けれど、古代から人が住んでいた歴史があります。
古代の息吹を感じられるかもしれませんね。




by dawn1225aki | 2018-08-05 22:00 | 自然・散策

f0364707_21181937.jpg


雨の降る中、強風の吹く中、飯塚市の勝盛公園に咲いているという緑の桜、「御衣黄(ぎょいこう)」を見に行ってきました。
あまりにも酷い嵐だったので、この後だと散ってしまうかもしれない、と思ったのです。

が、着いたものの、雨風が激しい・・・
気温も冬なみで、挫折しそうでした。

急いで御衣黄を探します。




f0364707_21194871.jpg


咲いている、という情報と花の写真だけで、どこに咲いているのか全然わかりません。
お天気の良い日なら、お散歩でもしながら探せますが、とてもそんな余裕はなし!(笑)

ほとんどの桜は散っていましたが、この木は嵐にも負けず、可愛らしく咲いていました。
ジュウガツザクラです。
名前の通り、10月から4月にかけて咲く花で、花言葉が「神秘な心」「寛容」




f0364707_21202730.jpg


花の色は白だったり薄いピンクだったりでとても可愛いです。
寒さの中でもちょっと和みますね。


けれど、目的の御衣黄がわかりません。
花が緑色ということなので、サラッと見るだけでは葉っぱに紛れてわからないかも・・・
と思っていたら案外アッサリと見つかりました(笑)。




f0364707_21212385.jpg


・・・こうしてみると全く普通の木。
特にこんな天候だと、近づかなければ花が咲いているのかもよくわかりません。
場所をしっかりと確認。バイパスや寿会館が見える位置です。




f0364707_21220145.jpg


間違いありませんでした!
これが御衣黄です。




f0364707_21224877.jpg


背景の草に紛れていますが、まさしく緑色!
そういえば、丸い手毬のような形をした菊にも緑色のものがあります。
目立たないだけで、案外他にも緑色に咲くものはあるのかもしれませんね。




f0364707_21233527.jpg



f0364707_21241914.jpg



f0364707_21250094.jpg


初めて見るので、どれが見頃の開きなのか、わかりません。
ぱあっと開いているものより、少しつぼんだ感じのものの方が風情があるように見えます。

物凄い風で枝がビュンビュン煽られて、まともに撮ることができませんでした。
一瞬の隙を見てパチリ、とやったものばかりなのでピントも合ってるのか合ってないのか(笑)。
何とかマトモに撮れたものだけ上げています。





f0364707_21263498.jpg


その背後には、しだれ桜がユラユラと。
(こっちの方がキレイ・・・(笑)

どんよりしたお天気ですから、色を見ると尚更ホッとします。




f0364707_21275892.jpg


早く帰ればいいものを、駐車場に戻って行く時に懐かしいものが見えました。




f0364707_21283770.jpg


蒸気機関車です。
D60。
炭鉱の町でしたから、機関車は大活躍していたことでしょう。


f0364707_21292210.jpg



f0364707_21312678.jpg


芸術的な文字なので、若輩者の私にはよく読めません・・・・・・




f0364707_21320725.jpg


懐かしいです。

乗ったことがあるわけではありませんよ(笑)。
小さい頃、祖父がよく連れてきてくれていたのです。
車がなかったので、当時は汽車(汽車って言ってました!年代バレバレ!)に乗って新飯塚駅まで来て、そこから歩いて勝盛公園まで来ていました。
今では考えられないくらい、よく歩いていましたね。
多分、幼児の足です。すごいわー

動物もまだまだたくさんいて、今のように規制はあまり無かったので、エサなども結構自由にあげていました。

動物を見て、その後この機関車を見て、それから帰っていました。
今思えばたったそれだけのことではありますが、当時、私にしてみれば特別なお出かけでした。
その思い出のおかげで、今この場所に来ても、何か他のところと違う特別な楽しさを感じることができるのだと思います。
両親とではなく、祖父との懐かしい思い出です。




f0364707_21325208.jpg



f0364707_21335213.jpg


更に歩いていくと、唐子咲きの椿「朴伴」の大木を発見。
これ、何故かマイブーム(笑)なんですよー!
ここにもあったのね!と感動。
(相変わらずの大嵐なのに)




f0364707_21344273.jpg


まるで薔薇のようです。




f0364707_21352481.jpg


ゴージャス、でも私には可憐に見えるのです。
やっぱり椿だからでしょうね。




f0364707_21380202.jpg


美しい大輪の花が咲き乱れていました。
これも鑑賞できて、とても嬉しかったです。


駐車場につく頃になると雨が小降りに・・・・・・
(晴れ女だったはずなのに)
傘はあまり役に立たず、すっかり濡れてしまいました。

公園は晴れの日に散策しましょう(笑)。


by dawn1225aki | 2018-04-07 21:47 | 自然・散策

f0364707_16205428.jpg


里山公園を出て熊本に入り、途中下車したのはここ。
去年も来ました。
前原の一本桜。
去年は木に虫が入ってしまったということでツボミがつかず、とうとう大きな枝を二本ほど切ってしまったそう。
今年は咲いてるといいな、と思いつつやってきたのですが・・・




f0364707_16225888.jpg


ああ、やはり咲いている風ではありません。




f0364707_16231708.jpg


明らかに枝のみのシルエット。
残念でした。

けれど広い牧草地の中、スックと立っている桜の木の姿はそれだけで絵になります。





f0364707_16214689.jpg



f0364707_16221167.jpg


よく見ると少ーしばかりツボミがついているようでした。
咲くと良いですが。

上の方の枝の先の方は枯れかかっている感じ。
弱ってしまっているのですね。
頑張ってほしいです。


けれど幹の下の方を見ると、脇から新しく、細い枝が伸びてきていました。
自然の生命力は凄いですね。




f0364707_16212194.jpg


そばにはお地蔵様の祠。




f0364707_16241759.jpg


木ばかり見ていましたが、周りを見ると綺麗な緑。
風で波打っています。
この牧草地には入らないように、と立て札がしてあったのですが、今年は見えません。
中にどんどん入って行って撮影をする人が増えてきて牧草が荒れてしまい、管理されている方が困っているそうです。
そんなことをして撮った写真に価値などありません。
美しいものを撮りたい、という思いでカメラを向けているのであれば、自身の行動も美しくありたいです。




f0364707_16252521.jpg


農道があります。
ここで撮ればいいよねー




f0364707_16255877.jpg


そこで撮った写真。




f0364707_16262380.jpg


枝を落としてあるので、形が全然変わりました。




f0364707_16264166.jpg


バンザイしているみたいです。  \( °▽° )/




f0364707_16270086.jpg


ここで、本州から来られたというアマチュアカメラマンさんと、地元の方に出会い、親しくなりました。
聞けば、撮影に回られているところがほぼ同じような場所。
このあと向かう目的地も同じでした。
行動パターンが似てますね〜と意気投合してしまい、SNS経由で、撮影した写真を送っていただくことになりました(笑)。
地元の方は、地域活性化のために色々と地元の整備などをやっておられるようで、キャンプ場や駐車場も持ってあり、宿泊する場所も貸せますよ、とのこと。
震災でそのほとんどが流れてしまったというお話には胸が痛みました・・・。
けれど、車中泊も辞さない私たちにとっては何よりの申し出!
嬉しい出会いでした。
ほんの立ち話のつもりだったのに、人のご縁って面白いものですね。

これからの旅がますます楽しみになってきました!



<関連記事>
桜めぐり~

by dawn1225aki | 2018-04-02 16:36 | 自然・散策