人気ブログランキング |

f0364707_23563050.jpg




風遊山荘をしっかりと堪能した後はお庭へ。
お天気がいいので紅葉が尚更映えて美しいです。





f0364707_23565635.jpg


池に落ちたモミジの葉と水面に映った木々・・・
空の真っ青な色と紅い葉っぱの対比が素晴らしかったです。
なんとなく揺れている感じも素敵。




f0364707_23572777.jpg


お天気がいいとこんなにくっきりはっきり映るんです。
これ、水面ですよ~~~。
驚き。





f0364707_23590742.jpg


ホンモノの紅葉と、水鏡の紅葉。
どちらも同じフレームに収めてみました。




f0364707_23592534.jpg


実はここ、人通りが多くて無人のタイミングを狙うのが難しかったです(;^_^A
屈んだままiPhoneを構え、相当待っていました(笑)。





f0364707_23595012.jpg





f0364707_00001141.jpg


モミジだけじゃなくて、そこかしこに生えている他の草木もいい感じ。
これはマンリョウですね。





f0364707_00024910.jpg





f0364707_00034104.jpg





f0364707_00035926.jpg





f0364707_00040830.jpg





f0364707_00041797.jpg





f0364707_00045446.jpg





f0364707_00053150.jpg


この辺りの木を見ていると、京都の紅葉を思い出します。
怖いくらいの紅。




f0364707_00055882.jpg





f0364707_00062026.jpg





f0364707_00064568.jpg





f0364707_00070748.jpg





f0364707_00072561.jpg





f0364707_00074554.jpg


この秋はしーーーっかり紅葉を楽しむことができました!

来年はどこの紅葉を見られるでしょう。
楽しみで~す。







by dawn1225aki | 2019-01-21 22:09 | 紅葉

f0364707_23291427.jpg


4日のバルーンフェスタ午前の競技フライトを見たあと、武雄神社、それから唐津市の「環境芸術の森」へ行ってきました。
ここはとあるリフレクションが有名なのだとか。
予備知識ゼロで行った私は、どこがどうなのかサッパリ。
ただ、時期だったので紅葉がとっても美しかったです。





f0364707_23292090.jpg


当主の鶴田正明さんが、次男の死をきっかけに50年後100年後の地球を救う森を作ろう、と竹藪を整地し、木を一本一本手植えして作った森です。
何故人が紅葉を愛でるのか。
色付いた葉は糖分が豊富で栄養たっぷり。
それらが落葉して土を肥やし、山を肥やし、そこから流れる水が川や海を豊かにします。
それが人を救い、森は地球を救う。
だから人は紅葉を愛するのでしょう。
そんな考えをずっと啓蒙しながら、森づくりをやってこられたそう。
森の中は見事な紅葉でした。


敷地内に建っている「風遊山荘」
古い建物を再利用して造られています。
そのお座敷からの眺めが凄いそうなのです。




f0364707_23343936.jpg


お座敷の周囲は周り廊下。
ガラス戸がぐるりと設えてあり、庭が見渡せます。
これだけでもわぁーっと言うほどキレイなのですが・・・




f0364707_23392521.jpg


廊下の手前に黒いテーブルが置かれていて、




f0364707_23411734.jpg


なんと、そのテーブルに庭の木々が映り込むのです!





f0364707_23421451.jpg


驚きの眺めです。

ここからの眺めを撮影するために、テーブルの前には長い列ができていました。
紅葉の時期は大人気のようです。





f0364707_23430636.jpg





f0364707_23451171.jpg


黒テーブルのリフレクションだけではありません。

この部屋の天井の見事なこと。

この格子状の天井は、一画だけで100万はするという驚きの造り。
そうでしょうねぇ。
なんて細かい格子細工。
こんな天井は初めて見ました。




f0364707_23463887.jpg




f0364707_23475554.jpg


この床の間の仕切り?の部分も珍しいです。
木、そのものの形を生かしてあるようです。





f0364707_23481231.jpg





f0364707_23512336.jpg


欄間も素晴らしい。

建築関係の人はリフレクションよりもお部屋の造りに感動していかれるとか。
珍しい貴重な設えです。





f0364707_23520567.jpg


写真だけ見ると、まるで誰もいない貸し切り状態かのように見えますが・・・・
実はこんなに人だかり(笑)。
みなさん、順番待ちをして撮影していました。
角度とか難しいようです。





f0364707_23552453.jpg





f0364707_23540505.jpg


室内だけではなく、外にも感動的な光景が広がっています。
ツワブキの花。
こんなにたくさん群生しているなんて。
たくましい野草ですが、こうしてみると可憐です。





f0364707_23554662.jpg


手つかずにしてあるようなところも。
「森」ですもんね。
こんな光景もいいです。






by dawn1225aki | 2019-01-18 23:41 | 紅葉

裏山の紅葉

f0364707_14221743.jpg


裏山のモミジが見事に紅葉していました。


f0364707_14221810.jpg



f0364707_14221959.jpg



f0364707_14221910.jpg


一昨年から色付き方が変わったように感じます。
あ、でも去年はイマイチだったかな?(笑)
一年おきにいいのでしょうか。
それにしても、先週見た時はそうでもなかったのが、今週はもう、輝くばかり。
坂の下から見上げると、パッと彩が目につき驚きました。
自然って凄いです。




by dawn1225aki | 2018-11-27 14:21 | 紅葉

f0364707_22483644.jpg

前回見事に空振りした内野宿の大イチョウ。(前回→こちら
さすがにこの日はリベンジできるだろう、と確信し、秋月の帰りに寄ってみました。

大イチョウの看板の先には・・・・
すでに黄色く色づいた頭が見えています。(ヤッタ!\(^_^)/)




f0364707_22485067.jpg

おお~~!黄色!!




f0364707_22490140.jpg

やったーーー!
上も下も黄色!!




f0364707_22491218.jpg



f0364707_22492901.jpg

黄金色の絨毯です。



f0364707_22494082.jpg



f0364707_22495321.jpg

恒例の(笑)。



f0364707_22500402.jpg



f0364707_22501332.jpg



f0364707_22502510.jpg

言葉はいりませんね。
お見事です。



f0364707_22503626.jpg



f0364707_22504867.jpg



f0364707_22505776.jpg



f0364707_22511020.jpg



f0364707_22512900.jpg



f0364707_22514234.jpg



f0364707_22515406.jpg



f0364707_22520825.jpg



f0364707_22523154.jpg



f0364707_22524283.jpg

行ってみて本当に良かったです。
この日は、大山祇神社→御蕎麦ちきた→秋月城址。
〆は内野の大銀杏、と秋の景色と味を満喫しました。
良い一日でした。




人生、悩みも痛みも何かとあるけれど、また頑張っていこう!!!( ´∀`)bグッ!








by dawn1225aki | 2017-11-28 23:03 | 紅葉

f0364707_15112413.jpg
秋月紅葉・1
秋月紅葉・2



垂裕神社から降りて、元の道へ。
城址のお堀の傍は大きな木がたくさんです。
どれも存在感たっぷり。



f0364707_15114027.jpg



f0364707_15115402.jpg

道沿いに立つ古めの小屋のようなお店。
商品を並べる台だけがあるような。
ここ、知る人ぞ知る有名店でもあるんです。
ここのおばあちゃんの手作り柚子胡椒は評判で、お店を出す時期が来ると遠くからわざわざ買いに来る人もいるくらい。
ご本人談でしたが、テレビや雑誌でも紹介されたことがあるほどのお店でした。

ちょっと前に、小石原の行者杉近くの「惣助」さんという山菜料理屋さんに行ったとき、私の後ろの席で食事をされていた二人組の女性がいたのですが、その人たちの話が聞くともなしに聞こえてきたのです。
秋月城址の近くの道沿いのお店。
小屋みたいな小さなお店で、おばあちゃんが一人でやっていて。
そこの柚子胡椒が美味しくて、行ったときは絶対買って帰るのよ。
そこのしかダメなのよ。
・・・と。

すぐにこちらのことだとわかりました。
別に聞き耳を立てていたわけではありませんので~~。
真後ろだったから聞こえてきたんです。



f0364707_15120714.jpg

私も買って帰りました。
二重くらいにして冷凍庫で保存すると、香りも飛びませんよ、とのこと。
在庫があるのでとりあえずその通りにして保存してます。




f0364707_15121886.jpg



f0364707_15123165.jpg

モミジの鉢植えが売られていました。
綺麗に紅葉しています。




f0364707_15124930.jpg



f0364707_15125712.jpg

ヨモギ餅(餡入り)。
外はパリッ、中はトロトロ。




f0364707_15131210.jpg

何度通ってもキレイでした。
何枚撮ったことか。




f0364707_15132497.jpg

しばらく駐車場で休憩してから出発。
せっかく来たので、甘水の銘水を汲んで帰ります。




f0364707_15133732.jpg

帰りは帰りで、午後の強めの光で葉っぱが照らされ、すごくキレイでした。




f0364707_15135061.jpg

白坂峠のトンネル。




f0364707_15140008.jpg

千と千尋風・・・?

トンネルを出たところに空き地があるのでそこにちょっと停めさせてもらい、車が来ていないのを何度も確かめてパチリ。
短いトンネルなので、出口がはっきり見えます。
それもまた面白い雰囲気です。

秋月の紅葉は、終わりかけだったとはいえ、すごくキレイでした。
帰っている途中も、たくさんの車があとからあとからやってきて、離合が大変でした。
平日なのに凄かったです。
そして、白坂峠の木々の紅葉や、木漏れ日も美しく、とても癒されました。
今日でフィトンチッドは何か月分浴びたかな~。
20分間森林浴をすれば一ヶ月治癒力が上がる、というのですから、もしかしたら半年くらい上がったかも!(笑)
歩数は5296歩。
私にしては少なかったです。






by dawn1225aki | 2017-11-28 22:40 | 紅葉

f0364707_15040115.jpg
秋月紅葉・1


黒門から更に先、上に登る石段が続いています。
参道になっていて、その先に神社があります。
手すり付きの道もあるようですが、私はこちらから。



f0364707_15041346.jpg



f0364707_15043131.jpg

もうピークは過ぎていましたが、晴天が功を奏して見事でした。




f0364707_15044301.jpg



f0364707_15045721.jpg

拝殿が見えてきました。




f0364707_15051544.jpg

鳥居を拝殿側から見た感じ。
たまたま人払いがおき、一瞬無人になったのですが、シャッターを切るのがちょっと遅かったです・・・残念。




f0364707_15052592.jpg



f0364707_15053982.jpg

拝殿。
御祭神は、黒田長興。




f0364707_15065792.jpg

拝殿横の御神木。
三つの幹がひとところから出てきているようです。
三つ子の楠ですね。

境内は綺麗に掃き清められていて、箒目もまだしっかりついていました。
あれだけ周りに木が立っているのに葉っぱがほとんど落ちていないのです。
素晴らしいです。



f0364707_15071764.jpg

ご本殿。




f0364707_15073643.jpg

神社から秋月中学校の方へ下りていくと、またまた真っ盛り。



f0364707_15074822.jpg



f0364707_15075969.jpg

光の加減によってガラリと変わりますね。
本当に見事な色でした。



f0364707_15083213.jpg

秋月中学校。




f0364707_15084249.jpg



f0364707_15085345.jpg

大きな木。
楠でしょうか。
楠にしては立ち姿がシャープな気もしますが。
でも幹や葉っぱの感じは楠に見えます。




f0364707_15090483.jpg



f0364707_15091425.jpg


来た時と違うルートで再び黒門へ。



f0364707_15093351.jpg

門が黒いので紅葉とのコントラストが際立ちます。
良い感じで二人の人の姿がシルエット風になりました。




f0364707_15105344.jpg

ちょうどいいところで光芒!


f0364707_15110289.jpg



f0364707_15111480.jpg

思わず三枚も撮ってしまいました。
選べないのがダメなんですよね。
全部アップしてしまいました。


これではないのですが、この日の別の写真をインスタグラムに上げたところ、外国のフォロワーさんから「awesome capture」とコメントが入りました。
よくほめてくださる方なので、多分これも誉め言葉なのでしょう。
なんとなく意味はわかるのですが、英語力がないので、その都度翻訳です・・・
もっと勉強しておけばよかったー。



秋月紅葉・3へ。


by dawn1225aki | 2017-11-28 16:12 | 紅葉

f0364707_14591480.jpg

紅葉を見に秋月城址へ。

何度も何度もお水を汲みに秋月へは足を運んでいますが、紅葉を見に行くのは初めてです。
この時期、清流庵も秋月とうふ家も、お客さんが一気に増える、と言われてましたっけ。
名所がどこなのかもはっきりわからなかったので、とりあえず、杉の馬場方面へと向かいました。

お蕎麦屋さんの「ちきた」さんを過ぎて一本道をずっと行くと、道の両側に臨時駐車場がいくつも出来ていました。
名所から一番近いですよ!という看板に釣られて駐車(笑)。
一回300円という良心的な料金です。


そこに停めると、目の前には南天が生垣のように並んでいる建物がありました。
南天も紅葉しますし、真っ赤な実はパッと目を引きます。
私も南天を生垣にしたくて庭にポツポツと植えているのですが、あまりの日当たりの悪さに全然育ちません・・・
むしろ山に自然に生えているモノの方が元気がいいです。

まあいいけど。



f0364707_14592431.jpg



f0364707_14593644.jpg

杉の馬場に入る手前の橋。
そこにかかるモミジがさっそく出迎えてくれました。
見事です。



f0364707_14594880.jpg

観光地っぽい雰囲気ですね。
お天気もいいし、道はたくさんの人で賑わっていました。




f0364707_15000470.jpg

黒門のマンホール。
朝倉市の下水道に繋がるマンホールは違うデザインです。
それはもうイヤというほど撮っていますが、これは初めて。
今まで気づきませんでした。




f0364707_15001450.jpg

種痘発祥の地だったんですねぇ。




f0364707_15002109.jpg

お掘を渡る坂が面白い形。
橋ではなくて、坂です。




f0364707_15003255.jpg



f0364707_15004219.jpg

瓦が顔を出しています。
縦に埋められているのですね。

そういえば、清流庵の庭園の一部に、この瓦坂と同じように瓦を埋めて意匠をこらしている箇所がありました。
珍しいなーと思ってみていたのですが、お城に使われていたんですね。



f0364707_15010946.jpg



f0364707_15012555.jpg



f0364707_15013886.jpg

苔に覆われた灯籠。
印象的でした。

垂裕神社の鳥居です。


f0364707_15015181.jpg



f0364707_15020803.jpg

参道にもなっているようです。
この石段を上ると黒門、その先に神社があります。




f0364707_15022802.jpg

登りながらも、紅葉の美しさに見とれます。



f0364707_15024269.jpg



f0364707_15025287.jpg

よく階段から転げ落ちなかったこと、と思うほど。
足元あまり見てなかったかも・・・・怖。




f0364707_15030309.jpg

秋月城本門、黒門に着きました。


『黒門は明治13年(1880)に移築され、現在は秋月黒田藩祖である黒田長興を祀る垂裕神社の参道にありますが、本来は秋月城の大手門として、城の前面堀割にある瓦坂の奥、右側に建っていたものです。
形式的には江戸初期のものとされますが、中世秋月氏の本城「古処山城」の搦手門(からめてもん)であったという伝承も残っています。
長屋門は奥御殿へと至る門であり、唯一城内の原位置に残っています。
昭和62年より解体修復工事を実施し、嘉永3年(1850)に建てられたことがわかりました。』
(黒門の概要より)



秋月紅葉・2へ。



by dawn1225aki | 2017-11-28 15:45 | 紅葉

耶馬渓~英彦山

f0364707_22280651.jpg

耶馬渓からの帰りは英彦山経由で。
目的地は道の駅勧遊舎だったのですが、英彦山の山に入ったとたん、その美しさに驚き。
色付いた木々のキレイなこと!

思わず車を停めて(危ない~~)、パチリ。
でも、気を付けながら、路肩の余裕のあるところに停めましたよ。




f0364707_22305909.jpg



f0364707_22311183.jpg

灯台下暗しとはこのこと。

写真ではこの程度ですが、とてもこんなものではありませんでした。




f0364707_22312335.jpg



f0364707_22320040.jpg

林の様子もとてもいい感じ。




f0364707_22322271.jpg



f0364707_22324338.jpg



f0364707_22330178.jpg

更に進んでいくと、高住神社に出ました。
ここ、行きたかったんですけど、場所がどこかよくわからなかったのです。
ここだったのねー!!と一人感動(笑)。




f0364707_22331004.jpg

紅葉はもう終わりかけでしたが十分キレイでした。



f0364707_22332282.jpg

落ち葉まで見事!




f0364707_22333036.jpg



f0364707_22333849.jpg

何度も言いますが、灯台下暗しーーーー!!!
遠出してる場合じゃなかった。
まずはここに行かなければ。

この日は時間がなかったので、神社は参拝しないまま帰りました。
あー残念~~~
道路が凍結する前にぜひぜひ参拝に来たいです。




f0364707_22334645.jpg

勧遊舎でお買い物の後は、食堂で椎茸そば。
この椎茸が肉厚でしっかりと含め煮されていてすごく美味しかったです。
(椎茸うどんもありました)
店頭に出ている椎茸なんだろうな。

ほっこり温まりました。

この日は早めの帰宅。
やっぱりドタバタドライブはイマイチですね。
消化不良気味でした(^^;






by dawn1225aki | 2017-11-22 22:53 | 紅葉

f0364707_14451494.jpg

あちこちでイチョウが黄色く色づいてきました。
そろそろ内野の大銀杏は見ごろになってるかなー?と思い、足を伸ばしてみました。
去年はいよいよ11月の終わり頃に行ってバッチリだったので、ちょっと早いかも・・・
でも、道路や駐車場からでは見えないのです。
町中に入ると頭のてっぺんが見えてくるので、そこまでいかないことにはお話になりません。




f0364707_14452709.jpg

呉服屋さんでしょうか。
昔の???

実はこの宿場街道、全然歩いたことがなく、どんな町並みなのか全然知らないのです。
いつも目的は大銀杏(笑)。




f0364707_14454858.jpg

これが江戸時代の宿場街道。
長崎街道を旅する商人たちが一休みする場所だったのです。
私の自宅前もそうなので、そこからずーっと繋がっているんだなぁ。

この案内板が立っているところのすぐ右側の道を、まっすぐ歩いていきます。



f0364707_14460507.jpg



f0364707_14461673.jpg

にこやかな恵比寿様が。



f0364707_14463112.jpg

太宰府天満宮に行くのもこの道だったんですね。




f0364707_14464164.jpg

ここがちょっと、初めて来た人は「ん?」と思うかもしれませんが、とにかく踏切を渡って左に向かい、そこからまた右にまっすぐ歩きます。
実際目の前にすると、そんなに複雑な道ではありません。




f0364707_14474618.jpg

道沿い右側に宿場町見学者用の駐車場もあります。
そこから少し行くと、この大きな看板。
約1年ぶり~~~。



f0364707_14475961.jpg

ど~ん。


うーん。やっぱりちょっと早かったかな。



f0364707_14481089.jpg

でもだんだん黄色に変わりつつある葉っぱが、真っ青な空に映えています。
これはこれでとてもキレイ。

その時その時の美しさがあるものですね。




f0364707_14482488.jpg



f0364707_14483446.jpg



f0364707_14484479.jpg

この写真はまるで夏のイチョウみたい。
葉っぱの青さが際立っています。




f0364707_14490351.jpg

去年と同じ場所から同じように撮ってみました。
去年はこの上下が真っ黄色だったんですけど~~~



f0364707_14491291.jpg

幹に写る影。




f0364707_14492093.jpg

ここ数日、思うところがあり、生き方って難しいなぁと思っていました。
植物はいつも自然体。
やっぱり自然体が一番だなー。
自分自身がいつも自然でいられるところが一番だなー。




f0364707_14492939.jpg

薬師堂。



f0364707_14493945.jpg



f0364707_14495026.jpg

薬師堂なのでお薬師様なのでしょう。
赤い前掛けをされているのでよくわかりませんが・・・
そしてその横には福部神社と書かれた石。
ご神体でしょうか。
人が佇んでいるような風合いです。




f0364707_14500045.jpg



f0364707_14501058.jpg

大銀杏のそばに山茶花の垣根があるのですが、その横でギンナンが売られていました。
貯金箱にお金を入れるようです。



f0364707_14501820.jpg

そしてこんなのも!!
なんでしょう、これ。
スイカみたい。

気になって気になって調べたところ、「オキナワスズメウリ」という名前でした。
最近人気で育てる人が増えているそうです。
果実(スイカのようなアレですね)と根っこに毒があります。
可愛いから油断して、うっかり口にしたらダメですね。




f0364707_14505950.jpg

これは300円と書いてあったので、あまりの可愛さに買ってしまいました。
次々に赤くなるんですって!
楽しみです。



f0364707_14511134.jpg

帰り路にも美しい花があります。



f0364707_14511992.jpg

鈴なりのサクランボみたい。




f0364707_14512796.jpg

よーく見たら、花ではなくて実のようです。

調べてみると、毒空木という木の実に似ているような。
でも葉っぱの感じがちょっと違うような。
猛毒の実がなる木を民家のそばに植えるでしょうか??
よくわかりませんでした。

毒があったとしても、触らずに見る分にはとても可愛らしい実です。


今日は真っ黄色の大銀杏に会えなかったので、リベンジ確定!
去年と同じように今月末にもう一度行ってみようと思います。




見ごろのときの大銀杏(昨年11月29日)→こちら



by dawn1225aki | 2017-11-15 14:52 | 紅葉