人気ブログランキング |

f0364707_10223108.jpg


2019年4月20日。
阿蘇に行くと必ず寄るようになったのが、噂のプリン屋さん「キャラメルプディング」さん。
とっても美味しいプリンが勢ぞろいです。

場所もわかりやすく、国道325号線沿い、高森に向かって走ると左側にあります。
可愛い看板があるのでパッと見つけられます。





f0364707_10225341.jpg


看板も可愛ければ建物も可愛い!
レンガのおうちです。
向かって左側が店舗。
右側がご自宅でしょうか。
絵本の中に出てきそうな建物です。




f0364707_10232361.jpg


お店の名前のキャラメルプリンだけではなく、種類も色々。
私はラム酒のきいた「大人のプリン」が好きです。
テイクアウトが多いですが、店内と外のテラス席でイートインもできます。

ご主人夫妻もとても気さくで感じの良い方々。
ついついお話が弾んでしまいます。



f0364707_10235300.jpg





f0364707_10241457.jpg


紅茶のプリンとキャラメルプリン。
材料はとってもシンプルで、牛乳、卵、キビ砂糖。
他に余計なものは一切使われていません。
阿蘇ジャージー牛乳と、新鮮な地卵だそうです。

いつも1個はお店でいただいて、1個はテイクアウトにしています。




f0364707_10250418.jpg


キャラメルプリン。
パッケージも素敵~。




f0364707_10254506.jpg


焦がしキャラメルの香ばしさがたまりません。
そしてとろ~り滑らかな食感・・・
大事に大事にいただきたくなる上質なプリンです。
(でも一瞬でなくなる・・・)




f0364707_10261185.jpg


お庭の様子。
いつ行ってもキレイにしてあるんですよ~。素晴らしい!

並んだ板が面白いです。



f0364707_10263595.jpg


こびとさんもいまーす。




f0364707_10265888.jpg


お店のシンボルツリーです。
丸い樹影がやっぱり可愛らしいですね。
どこを見てもほんのりあたたかさと可愛さに包まれています。





f0364707_10272146.jpg


阿蘇へくるたびに特に予定に入れてなくても来てしまうプリン屋さん。
大好きです。
これからも毎回お邪魔したいと思います。




by dawn1225aki | 2019-04-28 14:56 | スイーツ

f0364707_15070629.jpg


糸島の若手いちご農家「磯本農園」さんです。
市内には直営の大人気のいちごカフェもあるそう。
いちごを求めてやってきました。
直売所は田んぼやビニールハウスが並ぶ中、一緒に並んでいるハウスのような佇まいです。
さりげなく「磯本農園」と書かれた看板が立っています。





f0364707_15073940.jpg


日曜だけあって、いちご狩りももう予約でいっぱい。
売られている朝摘みいちごも数が少なくなっていました。
カフェメニューは、あまおうスムージーとホットコーヒー。
他にもあまおうゼリーやムースもあったようです。




f0364707_15080510.jpg




f0364707_15084293.jpg


コンパクトなテーブルとイスが良い感じ。


あまおうスムージーに心惹かれていただくことにしました。



f0364707_15090717.jpg


なんと!!

紅いイスに可愛いピンクのスムージーがめっちゃ合う~~~
この丸イス、イチゴみたいです。




f0364707_15094280.jpg


ストローがくにっとなっているところが、動きを感じられてビジュアル的にもGood♪

冷凍していたあまおうをミキサーの中にゴロゴロと入れ、ミルクとイチゴのシロップを入れて攪拌しただけのフレッシュなスムージー。
濃厚で甘い!
いちごを堪能できますよ~~~~!




f0364707_15101501.jpg


直売のあまおうと一緒に記念撮影。
大は1パック700円
小は1パック600円でした。
発送もしてもらえます。

早く飲めよって感じですが、いやいや、散々撮影しても全然ぬるくならないし、美味しさはそのままでした。
なにより、3つ並んでるのが可愛いではないですか。
それにバックの緑とも相まってなかなかです。
もう何が心をくすぐってるのか自分でもよくわかりませんけど(笑)。


直営カフェは「TANNAL」さん。
(画像はお借りしました)



f0364707_20180701.png


小さな店舗のため、土日はお客さんがすごくて、多い時は2時間待ちもあるとか。
平日の午前中がいいですよ、と直売所で教えてもらいました。
場所の確認のためにちょっと寄ってみましたが、言われた通りすごい人・・・
お店の外にズラーっと並んでいました。
平日の午前中でもどうかなぁ・・・
でも一度は行ってみたいです。

駐車場はお店の前に数台分、そして少し離れたところにあるタイヤ屋さんのとなりにもあります。





by dawn1225aki | 2019-02-25 20:22 | スイーツ

f0364707_10300154.jpg


チロルチョコ、フロランタン味。

色々出ますね〜




f0364707_10300222.jpg


チョコレートはお家の模様。
キャラメル風味でサクサクした食感。
美味しいです。

包み紙の側面のフロランタンが可愛すぎ。


フロラン ラン ラン♪




by dawn1225aki | 2019-02-18 10:29 | スイーツ

はまなし

f0364707_10185697.jpg


はまなし。
知りませんでしたが、富士山に群生する高山植物コケモモのことで、はまなしというのは富士山での呼び方だそうです。
ハマナスじゃなくて、はまなしかぁ~、と不思議に思っていましたが(笑)。

そんなはまなしの赤い実を一粒入れた可愛らしい和風ゼリー。
お土産にと戴きました。
山梨県、川口湖畔の和菓子屋さん、「富士菓匠 金多留満(きんだるま)」さんの和風ゼリー、「はまなし」です。
なんとなんと、「天皇陛下献上菓」
庶民の私が食べていいのー???って感じ。
イイヨネ

目にも鮮やかな赤い包装紙は、はまなしの実の色からとってるのかな。




f0364707_10230293.jpg


包装紙を開けるとなんとまあ品の良いお箱。
横の方にちっちゃくproducts of Mt.Fuji って書いてる!!




f0364707_10232080.jpg


個包装のデザインも素敵。
インパクトのある紅い丸です。




f0364707_10234060.jpg


お皿にも乗せず、雑な撮り方をしてしまいました(;^_^A
ほんのりピンクの透明なゼリーの中に、一粒のはまなしが。
洋酒にじっくり漬け込んだものを入れてあるそうです。

たった一粒。

ひと箱6個入りですからたった六粒。
けれどなんでしょうねぇ、この存在感は。
大事に戴きたい、という気持ちにさせてくれます。

上品な甘さに洋酒の香りが効いていて、高級感を感じさせます。


f0364707_20175803.jpg

コケモモの実です。





f0364707_10240025.jpg


もうひとつ、同じ金多留満さんのお菓子で、「富士山羊羹」
これもまた、趣のある包装。



f0364707_10242216.jpg




f0364707_10244167.jpg


切ってみると、富士山登場!

フッとほほ笑んでしまうような、こちらも可愛い形の富士山です。

山頂が三つにわかれている感じ、昔富士山の絵を描くときは大抵こんなでした。


周りは抹茶、山の白いところは手亡羊羹、黒いところはこし餡です。
三つの味がナイスマッチ♪



f0364707_10250094.jpg




f0364707_10251953.jpg



甘さ控えめ。
さっぱりした味でした。
一本丸ごと食べられそう~(笑)


どちらもとても美味しかったです。


駄菓子をバリバリ食べるのもいいけれど、たまにはこんなお菓子を大事に戴くのもいいです。
思わず背筋が伸びますね~。
緊張感のあるお菓子でした(笑)。



金多留満さん。
屋号の由来は、【「だるまさん」のように、厳しさの中でも「じっと耐え抜く」、決して「転ばない」、そんな商人(企業)でありたい。
その中で1番(金)になりたいという気持ちで「金だるま」という屋号になりました。
また、商売をやっていく中で、「菓子作りに精を出し、商売にまじめに取り組み、心豊かでありたい」という思いを込め「金多留満」という漢字をあてがいました。
「金多留満」という屋号は「金が多く満ように留まっていく」という意味があります。】(HPより)

うんうん、そんな心意気を感じるお菓子でした。
あやかりたいですわぁ~。





by dawn1225aki | 2019-02-15 11:05 | スイーツ

f0364707_09435163.jpg


行く予定はなかったのですが、時間があったので、上色見熊野座神社へ行ってみることにしました。

さっと行ってお参りだけしてこよう、と思ったのですが、なんとまあ凄い人。
SNSで有名になったためか、広々とした駐車場も出来ていて(ほぼ満車)、観光バスまで入ってきました。

今まで全然人気のない時間帯に行っていたので、その状況にもうもうビックリ。
とても上まで上っていく気にならず、階段前でお参りしてその場を後にしました。




f0364707_09435266.jpg


この前行った時は、綺麗なトイレが出来ていました。
そして、穿戸岩へ上がれるように道がスロープ状に整備されていました。
当初は階段があったのですが、地震で崩れてしまいました。復旧して良かったです。

参道から神殿までの階段も、古くなってあちこち崩れかけていて歩きにくいです。
けれど、ここはそんな階段と、古びて苔むした佇まいが、まるで時が止まったように神秘的なのです。
そこは整備されませんように、と願っています。


<関連記事>



f0364707_09435472.jpg


その後、ご当地ソフトクリームを求めて「徳丸漬物」さんへ。
以前一度、ここの団子汁とお漬物をいただいたことがあります。
素朴で美味しいご飯でした。



f0364707_09435554.jpg


お食事ができるお店。





f0364707_09435666.jpg


そしてお漬物を売っている店舗。

ここに、ご当地ソフトクリームがあるのです。




f0364707_09441588.jpg


じゃーん。



f0364707_09441618.jpg


特産のつるの子芋、阿蘇牛乳、そして豆乳も使ってあるソフトクリームです。
ソフトクリームというよりジェラートのよう。
さっぱりしていて、甘ったるくありません。
でもお芋が入っているからでしょうか、お腹のもちが良くて良くて・・・(笑)。
さっぱりなのに、お腹にたまる感覚がとても不思議でした。



f0364707_09441855.jpg


お漬物も色々と置いてあって、試食もできます。
阿蘇と言えば高菜。
そしてナスのヒゴムラサキの浅漬け。
長芋の浅漬けなどなど。
時期的に浅漬けが多かったかな。
美味しかった~。
お漬物の試食してるとご飯が欲しくなりますねぇ(笑)。




by dawn1225aki | 2018-10-08 21:43 | スイーツ

記憶の味付け

f0364707_09581911.jpg


ストレスは、上手に発散しなければ!




って、食べるんかい。




物は言いよう。
実際は、単なるおやつタイムです。







f0364707_09582133.jpg


ほうじ茶ちゃちゃちゃ!


これ、すごーく、ほうじ茶!

すごーく、わらびもち!

もちもち。



ほうじ茶ちゃちゃちゃ

わらびもちもちもち







f0364707_09582240.jpg


この前、家族とリョーユーパンについて熱く語りました。

リョーユーパンの中で何が好きか、と。



こういう話は熱くなります。



私はビーンズロール。
基本、豆が好きなので。

家族はマンハッタン。

あー!わかるわかる!なつかしーーー!!

と大騒ぎしていたら、もう一人が、「マンハッタンて、何?



・・・



えーーっ!
マンハッタンを知らない!!??





マンハッタン。

f0364707_10082775.jpg


これです。
(リョーユーパンHPより)

日本全国津々浦々、知らない人はいないと思い込んでいました。

思い込みって怖い。
実はリョーユーパンって九州のパンメーカーだったんですねぇ(笑)。
全国区かと。


いやいや、家族も生粋の九州人やん!



で、この写真を見せたところ、それでもまだ「?」とイマイチな反応でした。





まあ、それはいいとして、とにかく、マンハッタン&ビーンズロールというソウルフードで盛り上がった翌日、家族が買ってきてくれました。




f0364707_09582339.jpg


ビーンズロール!!



ただ、今のものは、私が食べていた当時に比べ、味がとっても洗練されているように感じます。
昔はなんかもっと、ただの塩味マーガリン感が強く、それがジャンクな感じでクセになっていたような。

もちろん、質としては今の方が良いのでしょうけど、私の中の記憶はあのジャンクパン(メーカーの方すみませんホントに。でも悪意ではなく100%好意での表現です) を求めているのだなぁ。



若い頃に好きで食べていたものって、今食べると「こんな味だったかな」とか「あの頃の方が美味しかったな」とか、よく思います。
記憶が味付けしているのですね。


きっともう二度とあの味には出会えないんでしょうねー。




by dawn1225aki | 2018-06-16 09:57 | スイーツ

f0364707_14284226.jpg

今ではとても有名な出汁ブランド茅乃舎の商品を販売する「椒房庵(しょぼうあん)」久山本店に行ってきました。
お店へ行く路地を入っていくと、すぐ目の前に椒房庵の駐車場が見えてきます。
必ずそこにお店の方が立たれ、車が見えるとふかぶか~~と頭を下げて出迎えてくれます。
あまりに丁寧なお辞儀に、何かものを落として拾っているのかな、と思ったくらい。
冗談ではなく、それほど深々としたお辞儀をされるのです。
まずそれに驚き、感動します。

駐車場は一方通行。
店舗のすぐ隣に、地元と近県の野菜の販売所があります。
産直のいい野菜を常に置いてあるので椒房庵よりも先にそっちに目が向いてしまい、思わず足を運びたくなってしまいます。

行くのは本来のお買い物をした後で(笑)。


お買い物を終え、包装してもらっている間、店内の休憩スペースで待ちます。
コーヒーかお茶のサービスがあるんです。
ここに来るときは大抵買い物の量が多いので、休憩できると助かりますね。



f0364707_14290634.jpg

木のテーブルに、可愛らしい一輪挿し。




f0364707_14292447.jpg

素敵です。
見入っていると、一緒に来た母が、「これ洗う時が大変よね」と。
・・・なぜいきなり現実に戻す?
漂白剤を入れた水につけとけばいいやん、と返しましたが(笑)。



そして、ここの名物はなんといっても「醤油ソフト」!!
さすが久原醤油~~~!!
バニラ、ミックス、醤油ソフト(各350円)の三種類から選べますが、もちろん醤油ソフトでしょう!
カップかコーンも選べます。



f0364707_14295520.jpg

ワッフルコーンの中にたーーーっぷり詰まったソフトクリーム。
お値段は普通よりもやや高いかもしれませんが、惜しげもなく溢れんばかりに盛ってくれるので、もう相殺。
お醤油入りでほんのり黄色です。
醤油とソフトクリーム?と思うかもしれませんが、これが絶妙な美味しさ!
甘じょっぱくてコクがあり、なんでこんなにマッチするのか不思議なくらい。
実は東北に住んでいた頃、同じように醤油ソフト、そして味噌ソフトというものがあり、食べたことがありました。
どちらもとーーってもソフトクリームに合うのです。
それを知っていたので、こちらにも醤油ソフトがあると聞けば、食べずにいられるでしょうか!?
ソフトクリームは当然冷たいので体を冷やしてしまいますが、醤油や味噌は逆に身体を温める効果があります。
なのでミックスするとしっかりバランスが取れるのです。
身体に負担をかけず、美味しくいただけますね。

考えた人天才か?

こちらに来るたびに必ず食べて帰るほどのお気に入りです。




久原本家通販サイト

by dawn1225aki | 2018-03-21 14:59 | スイーツ

f0364707_22003922.jpg

19時半ともなると、もう外は真っ暗です。
今は17時過ぎると既に暗いですもんね。
冬至までもう少し・・・

日が短くなり、クリスマスも近づくこの頃、キレイなイルミネーションがあちこちで見られます。
ここ、ケーキハウス「シャルロット」もお店中がクリスマスの雰囲気で満ち溢れています。




f0364707_21574360.jpg

外の木に輝く電球。
ツリーですね~~~



f0364707_21575893.jpg

お店の形が可愛いので余計に電飾が映えます。
奥にはサンタさんが!




f0364707_21582266.jpg



f0364707_21584334.jpg

サンタさんのお家みたいですね。
これがケーキ屋さんだなんて、女性にしてみるとなんてワクワクする場所!




f0364707_21592367.jpg



f0364707_21595250.jpg



f0364707_22000555.jpg



f0364707_22002523.jpg



f0364707_22005465.jpg

店内。(許可をいただいています)




f0364707_22010589.jpg

プレゼント用のカゴ。
中はクッキーなどのお菓子です。




f0364707_22011670.jpg

お店に入ると目の前にこーーーんなにサンタさんや靴下が。
見ているだけで幸せです。




f0364707_22012620.jpg

この可愛さ。
あまりの可愛さにパチリ。




f0364707_22013587.jpg

とってもキュートなシフォンケーキ。

全てのケーキが可愛らしくて美味しそうで、目移りします。
全部持って帰りたーい(笑)。




f0364707_22015115.jpg



f0364707_22020050.jpg

このお店の近くにも、イルミネーションを施している個人宅がありました。
そこの写真は載せませんが、それはそれは見事で、きっとご近所の人たちも毎年この時期になると幸せな気持ちになるんだろうな、と思えました。



この時期になると、誕生日の近い私は、たくさんの贈り物を戴いているなぁって思うのです。
周り中、楽しさいっぱい、幸せいっぱいな気がします。
贈り物って、形あるモノをもらうから嬉しいんじゃないんですね。
何故もらって嬉しいのか、というと、きっと相手の心を戴いているからだと思うんです。
どんな些細なものでも、それを見て選ぶとき、「喜んでくれるかな」とか「似合うかな」とか、諸々、贈る相手のことを考える時間が必ずあります。
その時間をわざわざ自分のために使ってくれている、という事実。
それが喜びになるんだと思います。
時間を戴くということは、その人の命を戴くということ。
それが何よりありがたくて、喜びに繋がるんじゃないかなーーー。

本当に欲しいものって、結局モノじゃないんですよねぇ・・・





ケーキハウス シャルロット

by dawn1225aki | 2017-12-09 23:05 | スイーツ