f0364707_00130426.jpg


忘れないうちに、伊勢神宮内宮の記事を・・・(笑)。


バスが内宮前に到着。
外宮と同じようにどーんと大きな鳥居。

鳥居には明神鳥居と神明鳥居に大別されます。
反りがなく、柱が真っ直ぐ立っているのが神明鳥居。
伊勢神宮のこの形は神明鳥居ですが、特徴的なので伊勢鳥居と呼ばれるそうです。



ご由緒書き。


f0364707_00130906.jpg


内宮ご祭神は天照大御神。



f0364707_00131282.jpg


神橋はこちらは右側通行なのです。

橋のそばには脚が立っていました。
遷宮の時は橋も造り変えるそうですから、これは古殿地のような意味を持つものでしょう。
20年後はここにまた新しい橋が作られるのでしょうか。



f0364707_00131646.jpg



f0364707_00131998.jpg


橋の向こうに鳥居。




f0364707_00132420.jpg


迫力です。


この先に手水舎があるのでそこでお清めをしたのですが・・・


f0364707_00132799.jpg


御手洗場がここにも!



f0364707_00133111.jpg


ここを流れる五十鈴川で、手を清めるのです。
こんなところ初めて!
暑いとついつい入りたくなるほど水がキレイなのですが、しっかり注意書きがありました。

・・・神様の川ですしね。


外宮と同じように、この先に社務所があるので、御朱印をいただきました。


f0364707_14260279.jpg


太宰府天満宮で購入した御朱印帳には、3ページ目に天満宮の御朱印が捺されてあります。
格の高い神様に敬意を表し、先の2ページには
伊勢神宮に参拝したときに外宮内宮の御朱印を戴いてくたさい、とのことでした。

去年からずっとそのままだったのですが、今回結願(ちょっと違う?(笑)しました。


f0364707_14260367.jpg


このシンプルな御朱印。
微妙に字が違っているのが興味深いです。




f0364707_00133673.jpg


階段を昇り、正宮へ。
撮影はこの階段の下まで。




f0364707_00133911.jpg


参拝をし、戻っていく途中の巨木。

神宮には大きな木がとても多いのです。
そしてパワーの強い木は、皆が撫でていくので木肌がツルツル。
特に、お社の近くに立っている木は、休日など参拝の列が長蛇になるのでずーっと撫でられっぱなしだそうです。

よくお参りに来られる人が、今日は全然人が少ない方だと言っていました。



f0364707_00134261.jpg



f0364707_00134722.jpg


別宮の、荒祭宮。

天照大御神の荒御魂をお祀りしています。
荒御魂(あらみたま)・・・神様の荒ぶる部分、怖い部分ということですね。
神様の魂はいくつもに分かれているみたいです。



f0364707_00135197.jpg


前日にお参りした生田神社は、ご祭神が稚日女尊(わかひるめのみこと)。
天照大御神の和魂とも言われている神様です。
ということは、和魂、荒御魂、どちらもお参りしたことになりますね!
しかも、前の日のは明らかに偶然辿り着いたのです。
実は前日、ご祭神の御名前を知った時、明日は御本体にお参りするのに!と内心驚いていたのです。
すごいご縁ですね〜。

今回の参拝は、するべき時期だったのかもしれません。
とても良い体験になりました。






[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-10 14:40 | 伊勢志摩

f0364707_00055120.jpg


2018年8月31日。
とうとう今回の関西旅行の大きな目的の一つ、伊勢神宮詣でに行ってきました!

宿泊先のお宿をチェックアウトして送迎バスで鳥羽駅へ向かい、そこから伊勢市駅へ。



f0364707_00063760.jpg


伊勢です(*≧∀≦)。

駅を出ると目の前にもう鳥居。
そして参道です。


f0364707_00070796.jpg



f0364707_00081132.jpg


ひたすらに暑い・・・

遮るものが何も無く。

外宮参道はとても綺麗で参道というより観光地(笑)。
歩きやすい雰囲気でした。




f0364707_00081999.jpg


もちろん伊勢市のマンホールも。

伊勢参りの様子がデザインされたマンホールです。
ご当地色を全面に出していますね〜。
そして、他のところは町や市の名前は大抵平仮名なのに漢字!
「いせ」ではなく「伊勢」なのです。
こんな細かいところにも感動してしまいます。



f0364707_00082468.jpg


真珠で作られた伊勢神宮と塔。
すぐ近くの鳥羽にはミキモトがあります。

ゴージャス!!

ちゃんとお手入れをしないと真珠なので傷んでしまいますね(汗)。




f0364707_00082988.jpg


伊勢神宮外宮(げくう)。
凄まじい日光が降り注ぐ中、着きましたーー!!


伊勢神宮には内宮、外宮、別宮がありますが、それぞれかなり離れていて、歩いては行くのはかなり大変。
ほとんどの人が外宮からバスで内宮まで向かいます。
昔の人は全部歩きだったのですよね。頭が下がります。




f0364707_00083341.jpg


外宮のご祭神は、豊受大御神(とようけのおおみかみ)。
天照大神のお食事を司る神様で、1500年前にこちらにお迎えし、お祀りしているとのこと。
衣食住の恵みを与えてくださる、産業の神様なのですねぇ。
ご由緒書きがわかりやすいです。




f0364707_00083935.jpg


神橋を渡り、正宮へ。
左側通行です。




f0364707_00084447.jpg


なんて広いお手水処。
参拝客が多いんですね。
偶然にも光が・・・!




f0364707_00084720.jpg


ここからまた参道へ。



f0364707_00085131.jpg


二番目の鳥居。

これを越えたところに社務所があり、お守りや御朱印を授与していただけます。
外宮の御朱印をいただきました。



f0364707_00085617.jpg


いよいよ、正宮。
その隣には前回の遷宮の跡地が祀られてあります。
平成25年に62回目の遷宮が行われましたが、それ以前にはこちらに建っていたのです。
これを20年ごとに繰り返すのです。
すごいことです。




f0364707_00090160.jpg


外宮正宮前の鳥居。
迫力です。

ここから先は撮影は禁止。
心を込めてお参りします。

拝殿の奥のご神殿も見事な造りでした。
周りは塀で囲まれているので、それ越しに見せていただきました。



f0364707_00090711.jpg


古殿地。

20年後の遷宮の時まで、しっかりお守りしているのでしょうね。




f0364707_00091338.jpg


別宮がいくつもありましたが、とても全部は回れなかったので、正宮の後はすぐに内宮へ。
外宮前からバスに乗って向かいました。


[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-10 13:00 | 伊勢志摩

f0364707_23025621.jpg


鳥羽水族館、イチオシのこの方登場~~

ジュゴンのセレナです。

日本で唯一、ジュゴンに会えるところがこの鳥羽水族館なのです。
ジュゴンは飼育が難しく、世界でも飼育されているのはたったの五頭。
その中の一頭がセレナです。
本当に貴重な個体なのですね。

セレナが来てから31年。
フィリピンで保護された時は一歳だったそうなので実際は32歳です。
もう少しで最長飼育記録に近づきます。

セレナについて→こちら





f0364707_23030145.jpg


ずーっとお食事。
モグモグと海草のアマモを食べていました。

その様子( ^ω^)・・・
海牛類と言われるのがよくわかります。



f0364707_23030830.jpg


ちょっと休憩で、フワッと浮かび上がった瞬間。

泳いでるとこ見られました!!\( °▽° )/

この向きから見るといつも笑っているみたい。
会えてよかった~。




f0364707_23031273.jpg


クリオネ。




f0364707_23031798.jpg


天使だぁ




f0364707_23032237.jpg


そして今回、大ヒットだったのがこの方。

ラッコのメイちゃん!


後から調べてみると、SNSなどで結構有名なラッコだったようですが、予備知識ゼロで来たのでもうもう大感激でした。
けど、予備知識ゼロでこんな幸運有り!!??

ただ背泳ぎで貝を食べる生き物としてしか認識なかったのにーーー


可愛すぎて悶絶です。



f0364707_23032836.jpg


飼育員さんと交流。
微笑ましい・・・
てか、ラッコって立つんだ


f0364707_23033383.jpg


ちょ・・・
何このポーズ♡


f0364707_23033837.jpg


ギャーーー
たまりません♡♡





こんな可愛らしい仕草を長時間見せてもらえて幸せ過ぎます。

閉園までそんなに時間がないのに、ここに釘付けでした。

途中でアシカもトレーナーさんと一緒に通路に乱入。
サービス精神旺盛な鳥羽水族館でした。




f0364707_23034454.jpg


ラッコの興奮覚めやらず、でも早く回らないと閉園時間になってしまいます。

ということで、アザラシ。




f0364707_23034857.jpg


ペンギン。
ガラスにぶつかってもひたすら泳ぎ続けていました。
全然前進しないけど、気づいてない模様。



f0364707_23035347.jpg


ペリカン




f0364707_23035854.jpg


フラミンゴ

同じブースには、トドとセイウチもいました。
一頭一頭、どの子がどんな性格なのか、など細やかな説明書きが貼ってありました。
海獣って動物園の動物たちより身近に感じられにくい部分があると思います。
性格云々なんて意識しにくいなぁと。
私の個人的な感覚ですけど。
でも、説明書きを読んでいると、それが払拭されていきますね。
親しみを感じました。




f0364707_23040205.jpg


そうそう!
この子もいました。
マナティ~

この無表情さがちょっと怖い・・・(笑)



ジュゴン、マナティ、スナメリ・・・。
見たことがない生き物をたくさん見られて大満足でした。



f0364707_23040838.jpg


鳥羽水族館、楽しい時間をありがとう!

また行きたいなーー。
(遠いけど)





[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-05 21:47 | 伊勢志摩

f0364707_23011841.jpg


ミキモト真珠島を横目に見ながらしばらく歩くと鳥羽水族館に到着。
日本でジュゴンが見られるのはここだけなのだそう。
飼育の記録も世界記録に近づいています。



f0364707_23012121.jpg


料金は大人2500円。
年中無休、9時~17時です。



f0364707_23012648.jpg


入館するなりお魚の群れ。



f0364707_23013107.jpg


美しいです。




f0364707_23013499.jpg


ウミガメがゆっくりと回遊していました。
何匹もいて、こちらを見ながら泳ぐので、私たちの方が見られているような気持ちになりました。




f0364707_23014158.jpg


青いザリガニ!
鮮やかですが、こんな色だと岩陰にいてもわかりません。




f0364707_23014653.jpg


最後のアシカショーに間に合いました。
トレーナーさんとの信頼関係が垣間見られて、微笑ましいです。
愛情があってこその芸なのだなぁと思います。




f0364707_23015517.jpg


トレーナーさんとポーズ。



f0364707_23015959.jpg


逆立ち!!




f0364707_23020696.jpg


得意技のアッカンベー(笑)。
表情豊かです。



f0364707_23021075.jpg


最後に、立ち上がってのご挨拶です。







ショーが終わっても、最前列にいた子供たちのために、前に出てきてくれていました。



f0364707_23021641.jpg


ショーの後は、会いたかったスナメリとご対面。



f0364707_23022083.jpg


近くまで来てくれるんですが、あまりに速くて写真が撮れません。



f0364707_23022452.jpg


ちょっと顔が見えた!!


丸い顔が、オバケのQ太郎の弟、Oちゃんみたいで可愛い。




f0364707_23022935.jpg


ボーッとくつろいでるように見えますが、一瞬です一瞬。



f0364707_23023458.jpg


口を開けた瞬間!
レアですよ~~(笑)




f0364707_23023998.jpg


リクガメ。
暑いですからね。甲羅の中に隠れたままです。




f0364707_23024365.jpg


スナドリネコ。




f0364707_23024778.jpg


スナドリネコと言って思い浮かべるのは、もうアレしかない!
f0364707_23025255.jpg


スナドリ、とは「漁り(すなどり)」という言葉で、魚や貝をとって食べる、漁(りょう)をする、という意味だそうです。
スナドリネコがフィッシングしている映像が、そばのモニターで流れていました。
カッコイイです。
さすがぼのぼの界のイケメン!



珍しい生き物いっぱいの鳥羽水族館です。






[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-05 17:00 | 伊勢志摩

鳥羽駅へ

f0364707_22593036.jpg


伊勢神宮へ参拝のために、兵庫から一泊二日で出かけました。
ずっと行きたいと思っていたお宮です。
どんなところなのだろうかとワクワクしてました。

が、とにかく出発地から遠い・・・。
特急で約二時間です。




f0364707_23000051.jpg


賢島行きの二階建て特急。
何て読むんだろ、と考えてましたが、「かしこじま」って読むのですね。
乗ってしまえば二階という感じはありません。
一階に窓が無いせいでしょうね。




f0364707_23000761.jpg



f0364707_23001332.jpg



f0364707_23001661.jpg


なんという快適空間。
さすが特急!

というか、お客さんほとんどいませんね(笑)。



f0364707_23002445.jpg


鳥羽駅到着。
体感的には二時間もかからなかった感じ。
早かったです。




f0364707_23002779.jpg


鳥羽駅構内より。
海がすぐそば。



f0364707_23003242.jpg


鳥羽駅。
停まっているマイクロバスは、旅館の送迎バスです。




f0364707_23003988.jpg


駅前の鳥羽マルシェ。
じりじりと暑かったのですが、海風に乗って噴水のミストが飛んできて多少ひんやりでした。



f0364707_23004839.jpg


あまりの暑さに梅スカッシュ。




f0364707_23005264.jpg


あ、ビールでも良かったな〜(# ̄m ̄)


徒歩圏内に、ミキモト真珠島や鳥羽水族館があります。
ミキモト真珠島、という案内板を見て初めて日本初の真珠の養殖地だったのか!と思う始末。
けれど一も二もなく、水族館に行こう!と決定しました(笑)
2ヶ所は時間的に無理だったので。
次回のお楽しみができたからいいか。
(でも次も水族館行きそう)



f0364707_23005603.jpg



f0364707_23010148.jpg


ミキモト真珠島へ渡る歩道が見えます。
ひとつの島がミキモトの所有なのですねぇ。
凄い!
真珠博物館など興味深いです。
やっぱりまた来ないといけません。



f0364707_23011111.jpg


鳥羽駅から歩いて散策するだけでも面白いです。
海の風景、真珠島の景観。
眺めながら歩くと時間がゆったり流れていくようでした。






[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-04 13:05 | 伊勢志摩