人気ブログランキング |

f0364707_19100802.jpg


夕食続き。

焼物。
和牛ステーキ。

多分、お肉の名前も教えていただいたはずですが、忘れてしまいました。
普段は食べないお肉も、お祝い事ですからいただきます。
そこは臨機応変に。
それにこの量ですから。

お肉を食べる時はほとんどがこういう場所での食事の時。
それも数年に一度くらいです(笑)。
長い目で見れば全然問題ありません。

そしてこのお肉の美味しいこと!!
柔らかさと味わいに感動。
噛んでるうちにどこかへ行ってしまいます。
あー、もう当分食べなくてもいいわぁ。




f0364707_19103815.jpg


そしてまたお肉(笑)。

煮物。
豚の赤ワイン煮込み。

えっ?どこにお肉が?
と言う感じですが、
キャベツとオレンジの下に控えめにおります。
それも、挽肉と玉ねぎでミートボール風にしてありました。
ほろほろ柔らか。
ワイン風味がきいていて、美味しいです。


先付をいただいたときから思っていましたが、本当に美味しいです。
はなの舞さんはお料理が美味しいということが選んだ理由の一つでしたが、評判通り。




f0364707_19111529.jpg


強肴。(なんて読むの)
鱒木の芽焼き。

どのお料理にもお野菜がふんだんに使われていました。
そのひとつひとつがしみじみと美味しいのです。
嬉しすぎる~~
さりげなく重なっているお芋は、やや厚めのフライドチップスになっています。
バリバリした歯ごたえが最高!

あ、肝心の鱒ですね。
私にとっては野菜メインで鱒が付け合わせ的な?(笑)
元々シンプルなお魚ですからね。
木の芽ソースと合って、美味しかったです。





f0364707_19120453.jpg


鍋物。
豊後牛鍋。

あ、ステーキも豊後牛だったかも( ̄▽ ̄;)。
ですよね、大分だし。

実は鶏鍋だったようですが、事前に鶏は食べられない、と伝えていたので牛鍋になっていました。
妹の感想によると、この薄切り肉もめちゃめちゃ柔らかくて、有りすぎるほどのコクだったようです。
ほうれん草、水菜、白菜などが入っていましたが出汁が効いているおかげでこれまた深い味わい。
外でいただくお鍋ってどうしてこんな美味しいのでしょう。
(人´∀`).☆.。.:*・゜




f0364707_19123797.jpg


食事。(ご飯とお漬物で「食事」の表記なのも面白い)
湯布院米、香の物。

懐石ですから仕方ないですが、やっぱりご飯とおかず、一緒に食べたいなぁって毎回思います(笑)。
日本人だからみんなそうよねっ!?




f0364707_19130736.jpg


甘味。
メレンゲムース。



そして、今回の宿泊プランは、記念日プランということでホールケーキ付きなのです。



f0364707_19133660.jpg


喜寿、おめでとう!!

ロウソクはいいです、って言っていたのですが、お宿の方が「せっかくですから」と、7本立ててくださいました。

やっとやっとやっと、お祝いができましたー。


お腹いっぱいでさすがにその場では食べられなかったので、お部屋に持ってきてもらいました。




f0364707_19140004.jpg


ゆっくりと夜を過ごす・・・はずだったのですが、妹宅や仕事関係の人から急な連絡がどんどん入ってきて、何だかバタバタと大変なことに・・・。

結局、明日は早めに帰宅することになりました。
どーしてこんな時に限って重なるのでしょうか。
量子学的な問題?
バタフライエフェクト?




f0364707_19142942.jpg


朝の風景。


部屋風呂があるので誰にも気兼ねなく、朝風呂を楽しめました。
その気持ちよさといったら!!
贅沢極まりないですね~。




f0364707_19162212.jpg


前日はツボミだったシャクヤクが開いていました。




f0364707_19164227.jpg


こんなさりげない自然の演出が素敵。





f0364707_19172379.jpg




f0364707_19174857.jpg




f0364707_19182682.jpg


朝食です。




f0364707_19190579.jpg


種類豊富な朝ごはん。
個人的にはアジの開きがすごーーーく美味しかった!
小ぶりなアジって美味しいですね。




f0364707_19193080.jpg


この豆乳入りのお豆腐が少し変わった味でした。
不思議な甘さというか。
お砂糖の甘さではないと思いますが。




f0364707_19195799.jpg


朝もデザートつき!
豆乳プリンです。感激~~

私も母も妹もコーヒー党なので、コーヒーがないのだけが残念でした。



オーナーのご趣味なのか、あちこちに絵画やアンティーク調の看板がかかっていたりしています。
それも楽しめました。

食事処を出る時に、ある絵に釘付け!



f0364707_19204982.jpg


前夜は気づきませんでした。

見た瞬間、あ!この絵は!!と思って近づいてよくよく見ると、やっぱりそうでした。



27年ほど前に一度、この人の絵との出会いがあったのです。
私も家族も一目惚れ。
当時、かなり大きなサイズのリトグラフを画廊で見つけて随分悩んだのです。
頑張れば買えない値段ではありませんでした。
画廊の人も、この頃出てきた人で、これからもっと売れてくると思いますよ、お買い得ですよ、と推してきました。
けれどまだ若かったし、絵を買うなんて分不相応かも、と諦めたのです。
またこの先機会があるだろう、と。

そーーーしたら!
その翌年にリャドは亡くなってしまったんです!!!

がーん

当然ですが価値は跳ね上がり、その時と同じクラスの絵など、到底手が出せない値段になってしまいました。
どれほど買っときゃ良かった!!と後悔したことか。
(今はまた値段も落ち着いているようですが)



f0364707_19205914.jpg


そんな、私には因縁ある画家さんの絵だったのでした。
それが二枚も!
気づいてないだけでまだあったかも。


この方、お花の絵が多いのです。
また会えて嬉しい。


そんなこんなで驚きと喜びの、発見の多いお宿でした。
最後はバタバタと帰る羽目になりましたが、いい思い出になりました。


by dawn1225aki | 2019-05-31 10:00 | 湯布院

f0364707_17260202.jpg


はなの舞のお食事処。
ランチも出来ますが完全予約制です。(前日まで)
宿泊の夕食と朝食はこちらで取ります。

くつろぎスペースのようですが、夕食の時はお膳を一旦置く場所になっていました(笑)。




f0364707_17263329.jpg


ペチカには薪ストーブ。
いいですね〜
冬になると焚くのでしょうか。
暖かいでしょうね。




f0364707_17270402.jpg




f0364707_17272497.jpg




f0364707_17274438.jpg


テーブルセッティング。
お料理は懐石とのことでした。





f0364707_17281574.jpg


おしながきです。

事前に鶏がダメなので、と伝えていました。
お肉料理は牛と豚のみになっています。




f0364707_17283765.jpg


箸置きには「湯布院」の文字。





f0364707_17285823.jpg


食前酒は梅酒。





f0364707_17292060.jpg




f0364707_17294893.jpg


先付。
若鮎塩焼きと椎茸唐揚げ。
それについていたのは湯葉煎餅。桜海老をとチーズを乗せて、粉山椒を振って焼いたもの。
パリパリとして、和風なような洋風なような珍しい味でした。
鮎は、説明されるとき「稚鮎」と言っていました。まだ稚魚の鮎だったんですね。
小さくても鮎の塩焼きは、流石の味。
そして椎茸唐揚げもとっても美味しかったです。




f0364707_17301336.jpg


蛍烏賊の醤油漬。
筍と独活とスナップエンドウの黄身酢かけ。

蛍烏賊が柔らかくて味が染みて美味しい!
真似して作ってみたくなりました。




f0364707_17305108.jpg


椀物。
蛸の桜煮ともずくの清し仕立て。

真ん中の四角いのは卵豆腐です。
桜の香りがフワッと立ち昇りました。
どれも、海のものと山のものがしっかりマッチしています。
出自の違うものを組み合わせるの良い味が出るとは言われていますが、本当にその通りです。




f0364707_17312845.jpg


造里。
豊後水道旬魚二種。

これは季節によって変わるのでしょう。
イカのお刺身と、白身の魚のお刺身・・・なんだったかなー。

で、もちろん美味しかったんですが、驚いたのはお刺身の下!

青紫蘇を敷いたお刺身の下にはなんと。



f0364707_17314917.jpg


大根です!

これ、桂剥きした大根をキレイに巻いてツマにしてあるのです。
千切り大根はよく見ますが、こんなのは初めてでした。
青紫蘇の下になっていたので、気づかない可能性もあります。
現に妹も母も気づいていませんでしたし(笑)。
これは見つけてあげないと!
そしてもっと堂々と出してくれればいいのに。
これもしっかりいただきました。




f0364707_17321112.jpg


日本酒の熱燗。




f0364707_19093438.jpg


盃の中が可愛い。

母は熱々が好きなので、持てないくらい熱くしてくださいとの注文に、ちゃんと応えてくださいました。
でも注ぐ時が熱かった・・・( ̄▽ ̄;)


食事はまだ続きます。






by dawn1225aki | 2019-05-30 11:22 | 湯布院

f0364707_17120253.jpg


湯布院での宿は「はなの舞」。
母が膝がかなり悪いので、前もって階段のあるなしや、大浴場までの距離が長くないかなど、宿の方へ尋ねてみました。
そこはクリア。
とても親切に丁寧に応対していただけました。
更に、部屋にイスを置きましょうか、との心遣いも。
そして食事もテーブル席を用意してくださいました。
ありがたかったです。


当日はチェックインは15時からですが湯布院着が早かったので、場所の確認も兼ねて先にお宿へ行ってみました。
ところがナビで向かったのですが、案内される道の狭いこと狭いこと!
私のコンパクトカーで行ったから良かったものの、セダンや大型車だったらとても行きつかないような、一台通るのがやっとくらいの道。
他の道があるはずだよね、と言いながらも、一旦入り込んでしまった道はUターンもできず、進むのみ。
必死の思いで駐車場らしきところに到着しました。

駐車場には、はなの舞のマイクロバスや私のよりもずっと大きな車・・・・
「あ、やっぱり別の道があるんだな」
と思いました・・・

そんな思いで辿り着いたお宿。




f0364707_17122602.jpg


緑いっぱいの静かな場所です。
ここもまた、表通りの喧噪は何処へやらという感じ。




f0364707_17135853.jpg





f0364707_17141193.jpg





f0364707_17143522.jpg


そうそう、駐車場からは由布岳がばっちり見えました。
(ほらー、大きなシエンタ停まってるし)




f0364707_17150502.jpg


玄関。




f0364707_17153198.jpg


さくらんぼの木です。




f0364707_17160980.jpg


フロント、ロビーはコンパクトで落ち着く雰囲気です。

先にチェックインだけ済ませ、荷物を預けることができました。
道のことを聞くと、「ナビで来られる方はほとんどが狭い道から来られるんですよ」とお宿の方も困った様子。
そして、まったく逆方向の広い道を教えていただいたのですが、離合も余裕。
考えてみれば当然か(笑)。

おかげで次に戻ってくるときは嫌なストレス無しですみました。




f0364707_17164992.jpg


お部屋は内風呂つきの和室、「えんじゅ」。
一部屋一部屋が別のお家のような感じです。



f0364707_17172843.jpg


入り口の前の石橋の下は、小川のように水が流れているのですが・・・




そこにふと目をやると、






f0364707_17190533.jpg


でかっ




f0364707_17192878.jpg


なんと金魚!!!

Σ(゚Д゚;エーッ!


一体何年生きてるんだ!?と驚愕して見てしまいましたが、お宿の方が言われるには、もう3代目の金魚ちゃんたちなのだとか。
初代、2代目はカラスに食べられてしまったそう。
その都度、また金魚を放すそうですが(もちろん普通サイズ)、あっという間にこんなに巨大になってしまうんだそうです。

普通のちっちゃい金魚の5~6倍はないですか?コレ。

流れているお水はぬるい温泉水だそうなので、もしかして温泉成分で成長が早いのかもしれませんね~と。
こんなに大きかったら金魚鉢に一匹が精一杯だろーなーー・・・
握りこぶしくらいの大きさでしたよ。
ホントにビックリしました。

今度はカラスに食べられず、命を全うしてね。




f0364707_17201640.jpg


お部屋は10畳。
広々~。
縁側もあり、お庭が見えます。




f0364707_17203504.jpg


大きな掃き出し窓は開け閉めができます。
重いサッシに障子風のガラスの入った引き戸の二重仕立て。
この二重の戸のおかげで、隣の音がほとんど聞こえません。
防音も兼ねているんですね。




f0364707_17215371.jpg


イスも置いてくださってました。





f0364707_21261547.jpg


床にはお花。





f0364707_17221659.jpg


電気ポットにはお湯、保温ポットには冷水、そしてお茶のセットです。




f0364707_17224331.jpg


お庭。




f0364707_17231202.jpg


洗面所兼脱衣所。
この隣りに内風呂があります。

このひろーーい洗面台は、女三人にはとても助かりました。
三人並んで身支度ができるんです。
待つストレス皆無!(笑)

アメニティは可愛いオリジナルの巾着に入っていて、ご自由にお持ちくださいとのことでした。




f0364707_17233860.jpg


お部屋にある内風呂です。
ずっとお湯がでていて24時間いつでも利用できるのが嬉しいところ。
窓も広くて解放感満点。





f0364707_17235820.jpg




f0364707_17241843.jpg





f0364707_17244474.jpg


お部屋に案内してくださったあとにしばらくしてお宿の方がお茶とお茶菓子をもってきてくださいました。
温泉宿にお茶菓子が用意してあるのは、お風呂に入る前に甘いものを取った方がいいからなんだそうです。

お菓子とお茶をいただいてから、家族風呂に行ってみました。
家族風呂は予約制ではなく、入り口に「入浴中」の札がかかってなければいつでも利用OKでした。
入るときは必ずその札をかけてから入ります。
家族風呂は露天でした。



f0364707_17250403.jpg


入っているときも葉っぱがひらひらと落ちてきたりして風流でした。
こちらはぬるめの湯温で私には一番ぴったり。
実は、大浴場も内風呂もかなり熱く、じっくりと浸かっていられませんでした。
もう少しぬるめだったらなぁ・・・

それでもかけ流しの天然温泉を24時間いつでも堪能できましたから、とっても贅沢でした。







by dawn1225aki | 2019-05-28 22:15 | 湯布院

f0364707_15292448.jpg


2019年5月12日。
湯布院へ行ってきました。
ずーーっと先延ばしにしていた母の喜寿のお祝いに、女三人、温泉旅です。


先にお宿に寄って荷物を預け、チェックインまで散策へ。
食事がまだだったので、お蕎麦屋さんに入りました。
石臼びきそば こうき。
由布駅の前にも同じ名前のお店を見かけました。姉妹店でしょうか。

湯布院の賑わう通りの喧噪とは全然かけはなれた静けさ。
人も少ないです。



f0364707_15301617.jpg




f0364707_15304621.jpg


ざるそば。
本わさびつき。



f0364707_15310793.jpg


その場でおろしていただきます。
こういうのは珍しいですね。
なかなかうまくおろせず、母と妹と三人で交代でおろしました。
お蕎麦は美味しかったです。



f0364707_15311605.jpg


レジのところには石臼。
昔使っていたものでしょうね。
上の穴に蕎麦の実を入れて、棒をぐるぐる回して挽いていたんですね。
食べてしまうのは一瞬ですが、なんと手間のかかることでしょう。
なんでもありがたくいただかないといけませんね。




f0364707_15314019.jpg




f0364707_15320544.jpg


馬車を見つけました!

あの人数に馬がたった一頭・・・・馬って凄い!

ばんえい競馬の道産子馬みたいなゴツイ馬でした。



お蕎麦屋さんの向かい側に見つけたのがこちら。


f0364707_15323093.jpg


ノーマン・ロックウェル湯布院美術館。

ノーマン・ロックウェルはアメリカのイラストレーターで、本の挿絵や社会を風刺した風刺画、人間らしさがにじみ出るような日常風景などを描いた有名な人です。
名前を聞いても「?」かもしれませんが、その絵をみたらきっと「あぁーこの絵ね!」と思う人が多いことでしょう。
母も妹も知らなかったのですが、私は昔から好きだったので引っ張っていきました(笑)。




f0364707_15502873.jpg




f0364707_15505417.jpg




f0364707_15512328.jpg


一階、二階に豊富な絵の展示。
美術館にまつわる新聞記事や、一言メッセージが書けるノートが置いてあったり。
ゆっくりと時間をかけて閲覧できる雰囲気でした。

手書きの説明カードがそれぞれの絵に添えられていて、それを読むのがとても楽しい!
絵にちなんだエピソードなども豊富。
じっくり読みながら回ると時間が経つのも忘れそうです。

その中に、「The Marriage License」という絵があります。
直訳すると「結婚許可証」。
つまり婚姻届けでしょうか。
それを出しに来ている若いカップルの姿を描いたものです。
上の方にカレンダーがあり、日付は6月11日。
実際にこの美術館でも、この日に彼女をこの絵の前に連れてきてプロポーズしたカップルがいるそう。
そして毎年6月11日にはここに立ち寄り、写真を撮られるとか。
そういうエピソードが書かれてありました。

素敵~~~~~~♡
素敵すぎる~~~♡
もしかして車のナンバーも・611とかですか~~~????
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

他にもとある絵の女の子のモデルになった人は、大きくなってノーマンロックウェル美術館(米)のスタッフになられた、とか。
そんな素敵エピソードがたくさんあります。

湯布院は美術館が多いので、いつか湯布院美術館巡りをやってみたいです。

しばし散策の後、休憩がてらカフェへ。





f0364707_15325726.jpg


カフェDUOさん。
駐車スペースはお店のすぐ横の壁際です。
数台停められます。




f0364707_15331819.jpg


実は入るときは気づかなかったこのタペストリー。
ラテアートや3Dアートが凄いみたいですが、何も知らずお店に入りました。




f0364707_15334129.jpg


これ、オシャレです♪




メニューには、ラテアートの写真がズラリ。
私は普通のコーヒーでしたが、妹はカフェオレを注文。
すると登場したのが・・・




f0364707_15340272.jpg


3Dラテアート!!
初めて見ました!

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-ー
と感動することしきり。
崩れないうちに、と写真も撮りました。




f0364707_15342214.jpg


シロクマかな~。
可愛いです。
このカフェはこのアートが売りなんだなーと思いました。
飲むのがしのびないようで、どこから飲んだらいいの?と迷っていた妹ですが、思い切ってズズッと飲んでおりました(笑)。
今度は普通のラテアートも見てみたいです。


この日は日曜。
お土産屋さんなどのお店が並んでいる通りは、まるでホコ天のように人が歩いています。
でもそこ車道ですからーー!!
そこを車で通るのが大変で大変で。
人をかき分けて進むという具合。
駐車場がその道沿いにあるので仕方ないのです。
精神的にいけませんね。ヘトヘトになりました。
せめて端に寄るとかして歩いてほしいものです。

カフェを出たあとはお宿へ・・・。



by dawn1225aki | 2019-05-27 17:05 | 湯布院