f0364707_21521208.jpg


阿蘇郡小国町のしらはなシンフォニーさんへ行ってきました。
旅館ですが、日帰り温泉も利用でき、九州八十八湯めぐりの対象施設にもなっています。

地震の後しばらくは、周辺の道路が補修のためにガタガタの砂利道でしたが、今回行った時はほぼ綺麗に舗装されていました。



f0364707_21521305.jpg


入口の前にはたくさんの盆栽・・・。



f0364707_21521491.jpg


フロント、受付。
無人の時はベルを鳴らします。

ここで入湯料を払って温泉へ。




f0364707_21521608.jpg


木彫りの置物がどっしりと。

この横は階段ですが、上がった先は宿泊のお部屋になっているようです。

気さくで元気な女将さんの案内で、お風呂へ向かいます。


内風呂。
誰も他にお客さんがいなかったので、撮らせていただきました。


f0364707_21521706.jpg


かなり熱めのお風呂です。
私はあまり熱いのは苦手なので、ここは軽くスルー(笑)。




f0364707_21524444.jpg


内風呂からすぐ外へ出たところに露天風呂第一弾があります。
内風呂は割に透明のお湯でしたが、ここは少し白濁気味。

けれどこれはたくさんの湯の花が沈んでいるので濁って見えるのでした。
お風呂の底は湯の花でヌメリがあり、硫黄の匂いが強いです。
いかにも温泉!




f0364707_21524572.jpg


そして更に奥に行くと、露天風呂第二弾です。

湯船の中の湯の花が半端なく凄い。
入ると底からブワァッと浮かび上がってくるんです。
まるで敷き詰められたかのように底は真っ白。



f0364707_21524655.jpg


手形も押せます(笑)。



f0364707_21524893.jpg



f0364707_21524980.jpg


この辺りの白い部分は全部湯の花。




f0364707_21530556.jpg


落書きまでしちゃいました〜

これ、お湯の中ですよー。


この湯の花を顔に塗ってパックすると美肌効果も高いとか。
お風呂を出た後に聞いたので残念でした。
これはリベンジしなければ!


女将さんに、無人だったので写真を撮らせてもらっていいかお聞きすると、どうぞどうぞ、と快諾してくださいました。
お湯を混ぜて濁らせたら浸かっている部分は見えないので、そうやって自撮りすれば良かったのに、と。
イヤイヤ、さすがにそれはちょっと・・・(笑)
(あとウン十年ほど若ければね)

SNSにアップするのもOKとのことでした。


露天風呂の湯温は私にはちょうど良い温度で、とっても気持ち良かったです。
のんびりゆっくり、浸かることができました。
おかげで帰宅しても身体から硫黄の匂いがしてきます。

次回はぜひ宿泊もしてみたいですね。



[PR]
by dawn1225aki | 2018-10-27 21:51 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_16594165.jpg

湯本荘から出て、目指すは旅館 山河。

・・・だったのですが、途中で地蔵尊に寄ったりお店に寄ったりしていたら、出るのが遅くなってしまいました。
21時までなのに山河の場所もよくわからないし、駐車場が近くにあるのかもわからなかったので、こうの湯に変更しました。




f0364707_16595033.jpg

黒川地蔵尊。



f0364707_17000406.jpg

ものすごいおみくじの数・・・・

ここまで巻き付けられてるのは見たことがありません。
圧巻。



f0364707_17001862.jpg



f0364707_17002683.jpg

拝殿はずっと明かりがついているようです。




f0364707_17003452.jpg

お地蔵さまが鎮座しています。
堂内に入れるようですが、私は外からお参りしました。




f0364707_17004678.jpg

これまた絵馬(?)が山のように。
温泉客も多いでしょうからきっと参拝も多いんでしょうね。




f0364707_17012545.jpg

そして、こうの湯へ。



f0364707_17013935.jpg

旅館のすぐそばに駐車場があり、車をおりるともうこの道へ出ました。
露天風呂は「森の湯」。
受付はこうの湯のフロントです。




f0364707_17014748.jpg

こうの湯フロントで受付、手形と八十八湯巡りの御湯印帳にハンコをもらいました。
着いたのは20時40分くらい。
時間大丈夫かな、と思いましたが「大丈夫ですよ」と快く受付していただけました。
21時半くらいまでには上がってもらえますか、とのことでした。
充分です。
ギリギリだったのにありがたかったです。





f0364707_17015791.jpg

露天風呂森の湯。




f0364707_17021541.jpg

むかーーしの学校の昇降口みたい(笑)。
露天風呂巡りのお風呂はだいたいこんな鄙びた感じなのでしょうか。
近代的でピカピカしているところも好きですけど、こんな雰囲気もたまりません。




f0364707_17022724.jpg



f0364707_17023666.jpg

この受付・・・もう閉鎖されているのか、それとも夜は閉めているのか。

・・・昼間に来てみないとわかりませんね。




f0364707_17025312.jpg



f0364707_17030105.jpg

中は思ったより広いです。

貴重品ロッカー(有料100円)あり。




f0364707_17031079.jpg

露天風呂への戸。



f0364707_17032783.jpg

ここもまためちゃくちゃ寒い!!!
ついさっき湯本荘のお風呂で温まったことなど吹っ飛んでしまいました。

外には一応囲われたシャワールームがありますが、戸がきちんと閉まっているわけではなく、しっかりと隙間を空けてあるのです。
換気のためでしょうか~~??
けれどそれがとてつもなく寒い。
シャワーからは熱めのお湯が出ましたが、何しろ隙間が空き空きなので室内が全然温まりません。
これは冬場の夜は辛いなぁ。




f0364707_17033840.jpg

(他にお客さんがいなかったので撮らせてもらいました)

寒さに耐えに耐えて身体を洗い、湯船へ。
こちらは少しぬるめのお湯。
湯本荘ほどの金気は感じません。

黒川温泉はあれだけ宿が接近しているのに、それぞれ泉質が違っているんだそうです。
驚きですねー。




f0364707_17035721.jpg

東屋風の屋根があります。
雨のときにはちょうどいいですね。




f0364707_17041098.jpg

立ち湯。
浴槽が深く、立ったまま入るお風呂です。
女湯は130センチほどだとか。(お子さんはご注意を)
真ん中にロープでつるされた丸太が下がっていて、それに掴まることができるようになっています。
誰もいなかったので、浮いて足を伸ばしたり動かしたりでき、いい運動になりました(笑)。
男湯は深いところで160センチほどもあるとか。
そこまで深いと沈んでしまいますね。
立ち泳ぎしないと。

けれどそんな風に立ったまま肩まで浸かって温まれるお風呂なんて初めてでした。
面白かったです。





f0364707_17213592.jpg

入湯手形。
そして御湯印帳に、こうの湯さんのハンコ。




f0364707_17221188.jpg

こんな風になっています。
それぞれのお風呂のスタンプが個性的です。
あと1個、これに捺してもらえます。




f0364707_17224903.jpg



f0364707_17233484.jpg

全制覇したら手形が9個になるってことかな?
九州八十八湯めぐりの制覇はかなり難しいけれど、これならできるかも。

また新しい楽しみができました!
( ^ω^)・・・




九州八十八湯めぐり
黒川温泉 旅館こうの湯




[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-21 21:21 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_14094308.jpg

2017年10月7日。
九州八十八湯めぐり対象施設、原鶴温泉「延命館」に行ってきました。
杷木にある温泉館ですが、水害のときは無事で、被災された方々に無料開放してあったそうです。
一日の終わりに温かいお風呂に入ることができる、それだけでどれほど安心感があったことでしょう。





f0364707_14101422.jpg



f0364707_14103607.jpg



f0364707_14110873.jpg

駐車場の隅に足湯がありました。




f0364707_14112465.jpg



f0364707_14113935.jpg

気持ちよさそうです。




f0364707_14115684.jpg



f0364707_14122204.jpg



f0364707_14123890.jpg



f0364707_14125532.jpg



f0364707_14131630.jpg

八十八湯めぐりのスタンプはここ。





f0364707_14134767.jpg

館内を歩いていくと、中庭にはプールがありました。
冬場はバドミントンのコートになっているそうです。




f0364707_14141138.jpg

大浴場入り口。




f0364707_14143009.jpg

向かって左が女湯。

こんな狭い入り口から入るんですねーー!
浴場入り口と言うには全然似つかわしくない入り口。
どこに繋がっているんだろうと、ワクワクします。




f0364707_14144544.jpg

開ければ、まあ普通に脱衣所(笑)。




f0364707_14150764.jpg

有料ロッカーつきです。
安心ですね。




f0364707_14152750.jpg

洗面台も。

浴室内はお客さんがいたので撮っていません。


ゆっくり浸かれるぬるめのお湯。
そして、炭酸泉だったのです。
浸かっていると身体中に細かい泡がびっしり。
軽いつるつる感もあり、気持ちのいいお湯でした。





f0364707_14155470.jpg

鶴のオブジェの外灯。
通りにずらりと並びます。
これに明かりが灯っているところも見てみたいな~。



原鶴温泉「延命館」





[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-10 14:36 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_17182598.jpg

九州八十八湯めぐり対象施設の二日市温泉「博多湯」へ行ってきました。
二日市温泉、初めてです。
その住所も、筑紫野市湯町。
湯町!!!
いかにもって感じですね~~
博多湯、とありますが、博多からは距離アリ(笑)。
外観は昔のままの木造三階建てですが、中は改装されたとのこと。
改装前を知らないので何とも言えませんが、地域に根付いたアットホームな温泉という雰囲気です。
八十八湯めぐりの泉人の方たちの中には、昔の狭い古い浴場の方が良かったという方もいらっしゃいます。
私も鄙びた感は好きなので気持ちはわかるような・・・

近くまではすんなり来れたのですが、駐車場がないのにちょっと焦りました。
けれど落ち着いてよくみると、お隣に有料パーキングあり。
平日と土日で料金が違うようです。
今日は60分200円。まぁいいか。




f0364707_17183965.jpg



f0364707_17184686.jpg




f0364707_17185207.jpg



f0364707_17190582.jpg

玄関内にはロッカー式の靴箱と、有料の温泉水汲み場がありました。
靴箱は100円必要ですが、後から戻ってきます。




f0364707_17191104.jpg

入浴料が破格のお値段。
これだと遠くからでも通いつめたくなりますね。
こんなお値段のところ、滅多にないですもん。(ていうか他にあるのか?)

この下に券売機があるのでチケットを買ってフロントに出します。




f0364707_17192327.jpg

コーヒーも販売されてました。
一杯100円。
缶じゃないところが私的には嬉しいです。




f0364707_17193043.jpg

フロントの方に了解を得てこの辺りだけパチリ。
他にお客さんがいるときは浴室の中は絶対に撮影しません。
いなければ許可してくださるところもあり。
携帯電話自体が使用不可のところももちろんあります。
その辺りはちゃんと決まりに従って行動します。


更衣室にもロッカーがあります。
料金は100円、これも後で戻ってきます。




f0364707_17395613.jpg
(画像は九州八十八湯巡りのHPより)


お湯は薄く黄色みがかった濁り湯。
浴室に入るなり、硫黄の香りがしてきます。
浸かるとつるつるした感じ。
何が良いって、湯温がぬるめなこと!
ゆーーっくりと浸かっていられます。本当に気持ちよかった~!
今日は日曜だったのにそれほどお客さんがいなくて、心置きなく過ごせました。
湯口からはお湯が勢いよく流れ落ちてきます。
湯量が豊富なんですね。

個人的にポイント高いなと思ったのは、ドライヤー(笑)。
勢いが強い。
温泉のドライヤーって、たいてい弱いんですよね。
髪が長いと乾くのにとても時間がかかります。
こればかりは仕方ないなと思っていますが、ここのはスイッチを入れたとたん、ゴオオオオオオオーーッとターボが!
おおお~!と小躍りしそうでした(心の中で)。
これ全然温泉とは関係ない部分ですが、重要です(笑)。




f0364707_17193725.jpg

こんなポスターが!
お月見ですって!
花火が上がるのか~・・・お月様と花火のコラボですね。


そしてハンコも戴きました。


f0364707_17194798.jpg

フロントの方が、「たくさん行かれてるんですね、お勧めはどこですか?」と聞いてこられました。
おススメできるほど行ってないんですが、とりあえず行った中では、熊本の豊礼の湯と甘木の卑弥呼の湯を押してきました。
豊礼の湯はパステルブルーに見えるお湯がキレイなこと、そして卑弥呼の湯はお湯がとってもいいからです。
ラムネ温泉も良かったかな。
九州全県を押さえて、かつ八十八か所を巡ってやっと「泉人」認定ですから、まだまだ先は長いです。
(鹿児島とかどーすんじゃ)

その日がくるまで、まずは近場を制覇です。




f0364707_17195550.jpg

博多湯の向かいに建つ市営の温泉センター「御前湯」。
こちらも気になります。


街並みが温泉街らしくて懐かしい気持ちになります。
温泉街出身というわけでもないのに不思議ですね。
泊まって温泉巡りしてみたいです。




f0364707_17200266.jpg




二日市温泉「博多湯」(九州八十八湯めぐり)






[PR]
by dawn1225aki | 2017-10-01 17:18 | 九州八十八湯めぐり

恋ぼたる(築後市尾島)

f0364707_22221733.jpg

九州八十八湯めぐりの対象施設である船小屋温泉「恋ぼたる」に行ってきました。
炭酸泉の出る長田鉱泉場からほど近い場所です。
当然といえば当然ですが、この温泉も炭酸泉。
でもあちらはみやま市、こちらは筑後市。矢部川を挟んで対側で違うんですね。

温泉と物産館、食事処が集まっている施設です。
かなりゆっくりと過ごせる場所のようですね。
すぐそばは大きな公園になっていて、祝日だからかイベントも開催されていました。
たくさんの人で賑わっていました。




f0364707_22224020.jpg

温泉館。




f0364707_22225733.jpg


ドアは自動です。

入るとキー付きの靴箱があり、10円で鍵がかけられるようになっています。(後で返金されます)
受付に八十八湯めぐりの札は表示されていませんが、一言申し出るとハンコを戴けます。

中学生以上500円。
70歳以上または障がいの方350円。
4歳から小学生まで250円。
3歳以下無料。




f0364707_22231788.jpg

女湯入り口。
写真はここまで。


浴場は内湯と露天があります。
お湯の成分で床や周りの岩がぬるぬるしている箇所もあり、歩くのに少し注意が必要でした。
お湯は黄色っぽく濁っていていかにも温泉!と言う感じ。



f0364707_22290490.jpg
※中は携帯電話禁止になっていたので、写真はNG。こちらはHPからの借りものです。


外湯は夏限定でかなりぬるめの湯温になっていました。
じっくりゆっくり浸かるにはちょうどいいですね。
湯温が低くても、炭酸の泡が血管を拡張し、血行を良くする働きがあるのでぽかぽかと温まるのです。
とても気持ちが良かったです。
岩には石灰成分がくっついてできた「石灰華」というものがびっしりと付着。
細かいお花のようです。
鍾乳洞のお風呂に入っているようでした。

炭酸泉といえば、竹田の長湯温泉のラムネ温泉館
そこの露天風呂は激低めのお湯(32度くらいではなかったかと)で、浸かっていると細かい泡がびーーーっしり身体中にくっついてきます。
かなりの炭酸量。
こちらはラムネというには見た目がちょっと。
そこまでにはなりませんが、じんわり効いてくる感じでした。
今の湯温は夏季限定だそうですが、冬季は何度くらいになるのでしょーね?
確認に行かねば!(笑)




恋ぼたる/川の駅船小屋

恋ぼたる(九州八十八湯めぐり)

[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-23 23:01 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_22154471.jpg

2017年9月9日。大分県豊後高田市の海門温泉。
九州八十八湯めぐりに指定されている温泉です。
真玉海岸に行った後にこちらに寄ってみました。

地元の方に愛されているのがとてもよくわかる温かい素朴な佇まいです。




f0364707_22155933.jpg

入り口。
昔ならではの懐かしい感じ。
普通のお家みたいに見えますね~。




f0364707_22160826.jpg

受付で八十八湯の印鑑を押してもらいました。
大分は温泉の街ですから、たくさんの温泉が選ばれています。
一日回ってみたいけれど、他に行きたいところがありすぎて~(笑)。
それにそんなに一日中温泉三昧だと運転に支障が出そうですね。


脱衣所はカゴと棚のみなので、受付横のロッカーに貴重品を入れます。
入ってみるとお客さんが他にいなかったので、撮影の許可を取りました。




f0364707_22162116.jpg

うっすらと濁ったお湯です。
いかにも温泉!



f0364707_22170304.jpg

シャワーはここと、反対側に一ヵ所ずつです。
お客さんが多いとちょっと大変ですね。




f0364707_22162933.jpg

かなり金気が強いお湯でした。
ナトリウムが豊富で塩分濃度が高く、大分では1、2を争うとか。
なめてみると塩からいです。
打ち身や五十肩、神経痛に効果あり。

五十肩!!

効きそう~~~~
肩までしっかり浸かりました。

温泉効果を高めるためには、出るときにシャワーで洗い流さないこと。
よく言われますね。
塩分濃度が高いのでベタつくのではないかと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。
出た後はサッパリ。
しばらくするとしっとり。
塩分は保湿効果があるのでいつまでもしっとりが続くのでしょう。
とっても気持ちの良い温泉でした。



海門温泉



[PR]
by dawn1225aki | 2017-09-14 22:37 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_00005489.jpg


久留米市田主丸にある「みのう山荘」。
九州八十八湯巡りの中に入っている日帰り温泉です。
「山荘」の名の如く、木々に囲まれた緑の中にあり、とても気持ちが良いです。
駐車場から受付までもわかりやすい道で、すぐに着きました。



f0364707_23595197.jpg

わー。山荘!(笑)

受付にはご案内の看板がありました。


f0364707_00001517.jpg



f0364707_00003474.jpg

カフェも併設されています。
デザート系が美味しそうでした。
でも今回はパス。目的はお風呂です!




f0364707_00011640.jpg

受付前の階段を登ってすぐが女湯入り口。




f0364707_00013510.jpg

タヌキがお出迎え。
これ、実物は結構大きいのです。




f0364707_00015649.jpg

この先の藍色ののれんがかかっているのが男湯入り口。




f0364707_00021967.jpg

脱衣所&洗面台。
この日は一番のりでした。
お客さんが他にいなかったのでパチリ。




f0364707_00024015.jpg

内湯も気持ちよさそう。
けれど湯音が高く、私には熱すぎました。
外に露天風呂。
これは素晴らしい眺め!




f0364707_00025985.jpg



f0364707_00032695.jpg



f0364707_00034694.jpg



f0364707_00040316.jpg

露天風呂も熱い・・・
でも内湯よりはぬるめでした。
お湯の出口の横に水のでる蛇口があり、ひねるとスゴイ勢いで水が出てきました。
これで温度を調節するのでしょうか??
確かに勢いはすごかったけど。




f0364707_00042585.jpg

眺めとお湯を堪能しました。




f0364707_00044852.jpg

山荘から駐車場への道は緑いっぱいです。




f0364707_22412525.jpg

穴の空いた木を発見。



私にはどうしても・・・・










f0364707_00054895.jpg

こう見えてしまうのです~~~




みのう山荘

[PR]
by dawn1225aki | 2017-06-05 22:45 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_20571779.jpg

2017年3月27日。
大分県竹田市にある炭酸泉「長湯温泉」。
そこで九州八十八湯巡りの中に入っているラムネ温泉館に行きました。
前日の熊本からかなりの遠距離だったので計画倒れになるかも・・・と思っていたのですが、どうしてもここはあきらめきれず、強行することになりました(笑)。

炭酸泉で入浴すると身体中に微小の泡がくっついてくるそう。
だから「ラムネ」なのですね。
とても効能のある炭酸泉なのだそうです。

浴場の中の写真までは撮れなかったので、おとぎの国のような外観と浴場までの道々をパチリ。




f0364707_20594863.jpg

入り口までの小道には黄色い葉っぱが色鮮やか。
お花ではないのにお花畑にいるようでした。



f0364707_21000563.jpg

ラムネ温泉館入り口。
ウェルカムマットのキャラクターが可愛いです。
これは南伸坊さんのデザインだそうです。
これを見ているだけでも癒されます。




f0364707_21001905.jpg

屋根の上には松の木。




f0364707_21003324.jpg

本当に童話の世界に入ってきたような建物です。
家族風呂、大浴場と続きます。




f0364707_21004825.jpg

家族風呂の入り口。



f0364707_21010312.jpg

犬の像が!
コートを着て顔をしっかりと上げ、紳士のように佇んでいます。
調べてみると、大分で活躍されている彫刻家、辻畑隆子さんという方の作品だそうです。
作品名は「オンリーワン」。




f0364707_21011832.jpg

ここから大浴場。
男湯女湯にわかれています。



下の内風呂と外風呂の画像はラムネ温泉館HPよりお借りしました。

f0364707_21081310.jpg
内湯。
湯温は42度。
ゆっくり浸かってお湯を楽しんでもらうために、浴室内にはシャワーやシャンプー類などの身体を洗う設備やアメニティはありません。
ここも炭酸泉ではありますが、そんなに泡立たないので見た目にはよくわかりません。
でも、飲用可のお湯湧き出し口のお湯を飲んでみると、カンペキな炭酸湯!
金気が強く感じられ、そんなにたくさんは飲めない感じ・・・



f0364707_21082289.jpg
外湯。
湯温は32度。
行ったときはあまり良いお天気とは言えず、強風がビュービュー吹いていました。
当然ながら、さ・む・い!!!!
浸かっていても寒い!
お約束通り、身体中には銀色の泡がびっしりとついて、とってもいい感じだったのですが。
そして、気持ちはゆーーっくり浸かっていたかったのですが。
身体が拒否してしまいました。
寒すぎて(笑)。
ここに来るのは初夏~初秋くらいがいいですね・・・

本当に名残惜しかったので、リベンジ決定です。


受付横には癒し系キャラクターのデザインタオルやのれん、バスマットなどが販売されていました。
買い占めたくなるくらい可愛い。
そして、ペットボトルに入った飲用の温泉水も。
源泉そのままでは飲めないのでちゃんと処理してあるものが売られています。


私はTシャツを衝動買いしてしまいました。

f0364707_21083275.png


九州八十八湯巡り

ラムネ温泉館


[PR]
by dawn1225aki | 2017-05-24 21:41 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_20333777.jpg

九州八十八湯めぐりの温泉のひとつである、豊礼の湯へ行ってきました。
家族風呂、大浴場、休憩所完備、そして宿泊もできます。
駐車場にはキャンピングカーやワゴン車が数台止まり、車中泊もできるようでした。
なんといっても、朝8時から営業しているのがいいですね~。



f0364707_20331897.jpg

マンホールのかわいらしいこと!

f0364707_20341321.jpg

大露天風呂へ向かいます。

f0364707_20343358.jpg

ここのお湯は乳白色なのですが、お天気によって色が変化して見えるそうなのです。
この日は晴天なので、ホワイトブルーのお湯になっていました。


f0364707_20345537.jpg

他にお客さんがいなかったので、撮影させていただきました。

f0364707_20350810.jpg

脱衣所からそのまま露天になります。
身体や髪を洗うのもこの場に設置されたシャワーで。
これからの季節は気持ちがいいと思いますが、冬場は寒いかも。
ゆっくり浸かってお湯を楽しむのが一番だと思います。

豊礼の湯



[PR]
by dawn1225aki | 2017-04-30 20:55 | 九州八十八湯めぐり

f0364707_14174534.jpg

2017年3月26日。
山鹿市の平山温泉、湯の蔵へ行きました。
九州八十八湯めぐりの対象施設です。
源泉100%かけ流しの美肌の湯。

浴場内の写真がないので外観だけ。




f0364707_14175962.jpg

駐車場もしっかり完備、建物も広く、食事もできます。




f0364707_14182229.jpg



f0364707_14201965.jpg



f0364707_14204056.jpg



f0364707_14210269.jpg


館内の食事処にて。
これは何だったかな?
ぶっかけうどんセット??よく覚えてません~。
うどんに稲荷、炭水化物祭りですな。




f0364707_14213056.jpg

平山温泉 元湯。
湯の蔵の近くです。
こじんまりとした温泉。
狭くても館内は明るい雰囲気です。
2か所目なのでザブンと浸かっただけですが、気持ちよかったです。
ザブン、というのは本当はあまり性に合いません。
いつまでも浸かっているのが好きなので、ぬるめのお風呂が好みです。




九州八十八湯めぐり
平山温泉 湯の蔵
平山温泉 元湯







[PR]
by dawn1225aki | 2017-03-26 11:13 | 九州八十八湯めぐり