龍雲

f0364707_11270836.jpg


昨日見た雲。

運転中だったのですが、この時何故か空が気になって気になって仕方なくて、とうとう一旦車を停めて空を見渡しました。

するとこの景色が目に飛び込んできました。

龍雲に見えます。
しかも二頭!

思わずパチリ。



きっとこの国を護ってくださっているんですよね。








どうか、地震の被害が甚大ではありませんように。
復旧が早く進みますように。


亡くなられた方のご冥福をお祈りします。




[PR]
by dawn1225aki | 2018-06-18 11:26 | 備忘録

記憶の味付け

f0364707_09581911.jpg


ストレスは、上手に発散しなければ!




って、食べるんかい。




物は言いよう。
実際は、単なるおやつタイムです。







f0364707_09582133.jpg


ほうじ茶ちゃちゃちゃ!


これ、すごーく、ほうじ茶!

すごーく、わらびもち!

もちもち。



ほうじ茶ちゃちゃちゃ

わらびもちもちもち







f0364707_09582240.jpg


この前、家族とリョーユーパンについて熱く語りました。

リョーユーパンの中で何が好きか、と。



こういう話は熱くなります。



私はビーンズロール。
基本、豆が好きなので。

家族はマンハッタン。

あー!わかるわかる!なつかしーーー!!

と大騒ぎしていたら、もう一人が、「マンハッタンて、何?



・・・



えーーっ!
マンハッタンを知らない!!??





マンハッタン。

f0364707_10082775.jpg


これです。
(リョーユーパンHPより)

日本全国津々浦々、知らない人はいないと思い込んでいました。

思い込みって怖い。
実はリョーユーパンって九州のパンメーカーだったんですねぇ(笑)。
全国区かと。


いやいや、家族も生粋の九州人やん!



で、この写真を見せたところ、それでもまだ「?」とイマイチな反応でした。





まあ、それはいいとして、とにかく、マンハッタン&ビーンズロールというソウルフードで盛り上がった翌日、家族が買ってきてくれました。




f0364707_09582339.jpg


ビーンズロール!!



ただ、今のものは、私が食べていた当時に比べ、味がとっても洗練されているように感じます。
昔はなんかもっと、ただの塩味マーガリン感が強く、それがジャンクな感じでクセになっていたような。

もちろん、質としては今の方が良いのでしょうけど、私の中の記憶はあのジャンクパン(メーカーの方すみませんホントに。でも悪意ではなく100%好意での表現です) を求めているのだなぁ。



若い頃に好きで食べていたものって、今食べると「こんな味だったかな」とか「あの頃の方が美味しかったな」とか、よく思います。
記憶が味付けしているのですね。


きっともう二度とあの味には出会えないんでしょうねー。




[PR]
by dawn1225aki | 2018-06-16 09:57 | スイーツ

ちりめん山椒

f0364707_13250276.jpg


二日がかりでちりめん山椒作り。

今回、ちりめんを探すのに手間取りました。
あちこち回り、4件目のお店でやっと発見。
そこと5件目で必要な分を手に入れました。
量が多いと色々と難関が・・・( ̄▽ ̄;)。


鍋に調味料を合わせて煮立たせ、ちりめんを入れて弱火で15分ほど煮ます。
あまりかき混ぜ過ぎず、時々木べらで上下を返す程度に。



f0364707_13250318.jpg


煮汁が半量になったくらいで山椒を投入。

何しろ量が多いので、いつもまだ半量よりちょっと多いくらいになってしまいますが、その辺は適当に(笑)。




f0364707_13250547.jpg


数分煮たら、ドーナツ状に真ん中に穴を開け、集まった煮汁をお玉で回りにかけながら、煮汁がなくなるまで煮ます。




f0364707_13250612.jpg



f0364707_13250781.jpg


できあがり。




f0364707_13251759.jpg


山椒の実が残ったので醤油漬けに。




f0364707_13251886.jpg


佃煮も作ってみましたが、強火で煮過ぎて割れてしまいました。
まぁ、食べられないことはないです(笑)。
でも、山椒の実が大大大好き!ってくらいの人じゃないと、きっと無理かもー。
ゆでて辛味はある程度取ってますが、なんと言っても「実だけ」ですから~。



毎年作って、おすそ分けをするちりめん山椒ですが、今年は自宅が不便なので作れるかどうか心配でした。
でも無事完成!
良かった~~。




[PR]
by dawn1225aki | 2018-06-10 13:24 | 備忘録

山椒の下処理

f0364707_20170198.jpg


毎年恒例、山椒の実の収穫をしました。
知り合いのお宅の庭に植えてある山椒の実を毎年戴きます。
今年は一人で採ったので、2時間くらいかかってしまいましたがたくさん収穫できました。




f0364707_20170303.jpg


早いうちに下ごしらえしていきます。


綺麗に水洗いをし、一緒に採ってしまった葉っぱなどを取り除きます。
葉っぱは糠床に入れるといいです。

そして塩少々を入れたたっぷりのお湯でゆでます。
弱火で6~8分くらい。
指でつぶれる程度に柔らかくなると、水にさらします。



f0364707_20170464.jpg


1時間から長い時は数時間さらします。
アクや強い辛味が取れ、食べても大丈夫になるまで。
その年の出来具合によっても、お好みによっても変わるので、時々水を変えながら食べてみて判断します。




f0364707_20170604.jpg


ちょうどいい辛さになったらザルに上げて、枝から外します。
生の時より外しやすいけど、なにしろ量が多いので時間のかかることかかること。

結局、夜8時までかかって下処理が終わりました。
ここまでできてればとりあえず安心(笑)。
この状態で冷凍しておけば、一年はもちます。

私はまたまた早いうちに、恒例のちりめん山椒を作リまーす。 
去年は2日がかりで作りましたが、今年もそうなりそうです。

指でプチプチと枝から外していったので、右の人差し指と親指の爪の先が痛いです。
些細なことでも、長時間作業は大変ですね~。



[PR]
by dawn1225aki | 2018-06-09 20:16 | 備忘録

f0364707_06550985.jpg


飯塚市堀池の、カフェ クルールさんに行ってきました。
こちらは地元では昔から親しまれている文房具屋さん「文具のたまおき」本店の店舗内に併設されているカフェです。
文具屋さんの方は、改装前から何度も利用していますが、カフェはなかなか機会がなく、ずっと行ってみたいなぁと思っていたのです。

念願叶って友人と一緒に訪問~(笑)。


テーブル席の椅子はやや低め。
珍しい高さだなーと思いましたが、座り心地はいいです。
テーブルの下に荷物置きのカゴ有り。
助かります。




f0364707_06551398.jpg


ちょっとだけ店内をパチリ。

ディスプレイもオシャレです。
ライトが面白いですね!


デザートは豊富で、メニューを見ているだけで楽しくなります。
目にも鮮やかなパンケーキは15時からの提供だそう。
入ったのがその数分前でしたが、ランチのあとだったので軽いものにしました。




f0364707_06551869.jpg


はい。
軽いもの(笑)。


これなら例えランチの直後でもいけます!!


クレミアソフトショコラのパフェです。
期間限定!
しかもこの日が最終日なんです、という殺し文句にやられ、迷うことなくオーダーです。

クレミアソフト、最近はよく目にします。
シルクのような舌触り、コーン部分はラングドシャという、うっとりなソフトクリームですが、まだ一度も食べたことがありません。

パフェではラングドシャコーンは付かないのでちょっと残念ですが、それでも、初クレミアソフトです。




f0364707_06552395.jpg


プラス200円でドリンクセットにできます。




f0364707_06552853.jpg


ソフトクリームの隣にはピスタチオのアイス。
友人がピスタチオアイスが大好きで、聞いた途端に一も二もなく即決してました(笑)。

そしてパフェの底にはオレンジ色のゼリー。
マンゴーかな?と思ったら、オレンジゼリーでした。
これまた友人の好みドンピシャ。

アイスもゼリーも、チョコ味にぴったりで良いコラボでした。
流石にシルクのような舌触りと謳っているだけあり、ソフトは滑らか~~
見た目にもキレイで、幸せな気持ちになれました!

これは期間限定でしたが、他にもそそられるデザートメニュー満載で、今後も楽しみです。
平日で、お客さんが少なめな時間だったこともあり、ついつい長居してしまいましたが、あまり気を使うこともなく居心地が良いのが有難かったです。
またぜひぜひ行きたいです。




[PR]
by dawn1225aki | 2018-06-07 06:54 | 喫茶・カフェ

f0364707_10232703.jpg


太宰府天満宮からほど近くにある、お茶菓子で有名な和菓子屋さん、「御菓子而藤丸(おかしどころ ふじまる)」さんに行ってきました。

茶道で使われるお菓子が茶人の間では有名らしく、京都では名前が知られているようです。

茶道をたしなむ友人に教えてもらったのですが、初めて行くので場所もよくわからず、iPhoneでGoogle mapを開きながら探してやっと見つけたのが入り口の門。


「御菓子而」と読めるので、ここだ!とわかったのですが、なんというか・・・

入りづらい!(笑)

(先も長いし・・・)


敷居の高さにドキドキしながら、入っていき、角を曲がると・・・




f0364707_10232821.jpg


・・・ますます入りづらい!!




f0364707_10232945.jpg


ふじ丸さん。
間違いありません。

で、でも、ここ、一見さんお断りとかではないよね?



ごめんください、と入ると、中は土間。
土ではなく、漆喰が塗られてあるような。
そして座れるスペースがあり、お客さんが二人いらっしゃいました。




f0364707_10233096.jpg


床の間のような場所が。
お軸が掛けてあります。




f0364707_10233147.jpg


奥も見えますが、入られないようで、この場所でお菓子を購入するようです。


でも、入った時はお店の方もおられなかったので、一体どうすれば、と悩んでしまいました。




f0364707_10240107.jpg


ふと見ると入り口の間にベル。

これを鳴らして呼ぶのでしょうか。


ほどなく、店員さんが他のお客さんの品物を持って来られたので、その後に私も注文しました。



f0364707_10240325.jpg


小さなショーケースにお菓子の見本が置かれてあります。
上に置いてあるお品書きにもその他のお菓子について記載がありますし、生菓子もあります。

友人が勧めてくれた「清香殿」というお菓子と、他の干菓子を注文しました。

店員さんが奥に行かれたので、しばし待ちます。




f0364707_10240405.jpg


素敵なうちわ。




f0364707_10240644.jpg


京都のお茶会では、ここのお菓子がたくさん出るのだとか。すごいです。
太宰府でお茶菓子を買う時は、いつも梅園さんでした。
ほかのお菓子屋さんも開拓できて嬉しいです。



f0364707_10240748.jpg


落雁と、「わり氷」という寒天のお菓子。

落雁は口に入れるとホロホロ崩れました。
もう少し固めのものしか食べたことがないので、このホロホロ感は驚きでした。

わり氷は実に繊細で、これまた驚きの食感です。
パリパリという感じは名前通り。
食べた瞬間、「あっ・・・」と声を上げそうになりました。
寒天だから中は柔らかいのに、外側は本当に薄い氷が張ったような感じ。
ああもう説明できませーん(笑)。




f0364707_10242377.jpg


清香殿。

個包装ではなく、そのまま箱に入っています。




f0364707_10242463.jpg


卵の風味たっぷりの生地に、大徳寺納豆が一粒。
買ったその日は、しゅわしゅわ、みたいな食感ですが、3日ほどして食べると変化しています。
5日くらい経つとまた変わるとか。
食感の変化も楽しめます。
大徳寺納豆は初めて食べました。
納豆菌ではなく麹菌で発酵させているとか。
なので、八丁味噌かお醤油のような風味がします。
たった一粒なのですが、強烈な存在感で、この生地全体を引き立てています。
これが入っていることで、別格になりますねー!


太宰府駅から表参道を歩いてきて、左側、お煎餅屋さんと、かどやさんという梅ヶ枝餅屋さんの間の通りを曲がり、真っ直ぐ行くと、左手に門があります。
通り過ぎてしまいそうなのでお気をつけて(笑)。



御菓子而藤丸(おかしどころ ふじまる)
太宰府市宰府3丁目4-33
092-924-6336
9:00~16:30頃
定休日 日・祝・月末

[PR]
by dawn1225aki | 2018-06-01 10:22 | 和菓子