人気ブログランキング |

フルリノベーション・3

f0364707_23092870.jpg


紆余曲折を経て、やっと進みだしました。
我が家のリノベーション。

新築ではないけれど、フルリノベなのでしっかり打ち合わせがありました。
まずは設備とフロアを決めるために、ショールームのある薬院へ。
これが月初め。



f0364707_23092975.jpg


薬院駅の前に出ると目の前!
迫力の佇まい。




f0364707_23093045.jpg


納豆家。
粘(ネバー)ランド、だって!(笑)



雨の中やっと到着。
10時からずっと内装、設備決めです。
実物を見て、触ってみて、見比べて決定。
たくさんの色や素材が勢揃いしているので迷う方が多く、時間がとてもかかるらしいのですが、特にあれこれ悩むこともなく、あっという間に決まってしまいました。
「異例の速さです」と担当の方も驚き。

私たちの方は不可抗力というか、こうしたい、ああしたい!という希望の上でのリフォームではないので、何を選んでも結局は今よりは良くなるということですから特に悩むこともなかったのです。



f0364707_23093139.jpg


おかげで一回目の打ち合わせは時間内に終わりました。
残り二回。
なんと、打ち合わせに3日も取ってあるのです。
今はすごいんですねー。
最初に建てた時は1日だけでパパッと終わりましたが(笑)。
その代わり、色の種類もデザインも数が限られていてほとんどカタログを見ての打ち合わせでした。
今は内装全て実物を見るので、わかりやすいですが、迷うでしょう。

この分なら3日めまでは必要ないかもしれません、と言われました。
(でも実際はしっかり3日通いました(笑)



2回目は下旬近く。
次はサッシと、クロス選びです。
ショールームのあるキャナルシティへ。



f0364707_22542229.jpg


博多駅からほぼまっすぐ歩いて行くと、10分程度で着きます。
ショップの並ぶオシャレな通りに入って行くと・・・

カエル?

カメレオン?

何やら不思議なものが。



f0364707_22542442.jpg


カエルでした。

これは「福蛙(ラッキーフロッグ)」と言って、台湾の作家さんの作品だそうです。
調べてみると、色々と見て楽しめそうな面白いオブジェでした。
けれど時間がなくてチラ見で通り過ぎ・・・
とは言え写真だけは撮った!(笑)




中に入ると今度はゴジラ。



f0364707_22542668.jpg


シン・ゴジラが立ってました。
照明が良い雰囲気。




f0364707_22542943.jpg


キャナルシティも久しぶりです。
昔はよくシティ劇場に通ってたなぁ・・・




f0364707_22560725.jpg


ここのオフィスビルの二階に目指すショールームがあります。
まだ開いていませんでした。

ここでサッシを選びますが・・・

サッシを選ぶて・・・。
サッシはサッシじゃないの?何を選ぶの?
と疑問だったのですけど、要はサッシの色と窓枠の材質をどうするか、とかでした。
窓ガラスは今はもうどこも標準がペアガラスになっているので、どうしても、という場合以外はその標準仕様。
枠をアルミにするか樹脂にするか、それで結露の度合いも温度もかなりの差が出てくるそうです。

触ってみて体感できるコーナーもあり、今はほんとーに凄いなぁと。

午前中はそこで、午後は空港近くにあるショールームへ。


f0364707_22560803.jpg



f0364707_22561055.jpg


サンゲツと言えばカーテン、のイメージですが、壁紙の需要の方が多いそうです。
我が家は壁は漆喰の予定です。
ただ、何ヶ所かクロスにするところがあるので、それを選びました。


家族だけしか使わない場所でもあるので、こーんな壁紙(笑)。

f0364707_22561123.jpg


壁と床です。
アソビゴコロが過ぎませんかね。

でも、家族が楽しそうに選んでましたから、これでいいか。


二回目の打ち合わせも予定より早く終了。
三回目は最終見積もりと、工事の工程表を出してもらい、ようやく着工へ。



諸事情が発生した4月から・・・


長かった~~~!!!



完成は12月中旬頃の予定です。

もう何事も起こりませんように。



by dawn1225aki | 2018-09-30 22:53 | 備忘録

f0364707_14374539.jpg


福岡市中央区天神の水鏡天満宮へ行ってきました。
大宰府に流された菅原道真公をお祀りした神社です。
博多の地に降り立った道真公が、川の水に映った自分の姿を見て、これからは不正に苦しむ人々を護っていこう、と決心されたとのこと。
そのお話から、水鏡天満宮と言われたとか。
「天神」という地名もこの神社由来だそうです。

大宰府も社殿が鮮やかな朱色ですが、こちらの天満宮も同じような色合いですね。




f0364707_14374760.jpg


狛犬さんと牛。
大宰府にも牛の像が置いてありますね。


f0364707_14374997.jpg



f0364707_14375139.jpg


拝殿。



f0364707_14375226.jpg


飲食店が並ぶ、小さな路地のすぐ隣にある神社でした。

ご利益は、鬼門除け、方除け、災難除け、開運。
そして、学問に励む人や無実の罪に嘆く人の守り神として信仰されています。



f0364707_14454864.jpg


御朱印。
御朱印料は、お気持ちで、と言われました。
お気持ち、と言われると難しいですが、だいたいどこも300円のところばかりなので、そのくらいをお渡しすれば良いと思います。


近くには、博多の守り神、警固神社があります。
まだお参りに行ったことがありませ~ん。
次回は必ず!





by dawn1225aki | 2018-09-29 14:37 | 神社巡り

パトラッシュ

f0364707_07590914.jpg



ベルギーのクラフトビール、「パトラッシュ」
(見にくいですが、瓶のビールです)


パトラッシュって、あのフランダースの犬のー??

・・・ですよね?
ネロとパトラッシュですよね?これ。

あのお話、ベルギーだったんだ・・・。
オランダかと思ってた。
それもそのはずで、調べてみたところ、フランダースの犬と言えば、私たちにガッツリ刷り込まれている有名なあの世界名作劇場のアニメ、そこでアロアが着ている衣装が実はオランダの衣装だったのです。
更に、背景にあるオランダの風車。
だから舞台はオランダなんだなぁと思い込んでいたのです。
でも本当は、イギリス人の作家が書いたベルギーのお話だったというわけですね。
どうしてオランダ風になってしまったのかはわかりません。


それにしてもクラフトビールがズラッと揃っている不思議な某セブンイレブン。
(セブンイレブンで買いました)
店員さんに「なんでこんなに揃ってるんですか?ここ」と尋ねると、
工場がたくさんあるのでビールの需要が多いんです、とのこと。
仕事終わりにビールを買って帰る人が多いのでしょうね〜

クラフトビールを揃えるなんて、シャレています。
オマケにフランダースの犬の小噺までわかってしまいました(笑)。

味は、通常飲んでいる国産缶ビールに比べると、コクがあってとっても濃い味です。
クラフトビールは大抵濃くて味もそれぞれに違います。
好きな味を探して、大失敗することもありますが、それも楽しみのひとつですね〜。

私はホワイトビールが好きなので、そのことを店員さんに話すとこのパトラッシュをオススメされました。
ホワイトビール・・・とはあまり言えませんが、私には飲みやすかったです。
けれど、お値段はかなーり高め。
たまにしか飲めない貴重なビールです。


by dawn1225aki | 2018-09-27 08:00 | 備忘録

f0364707_19190349.jpg


長いことご無沙汰していた高塚地蔵尊へ、行ってきました。

苦しい時だけの神頼み(仏頼み?)はダメですねー。
常日頃、心に留めてお参りをしなければ。


高塚地蔵尊まで車で一時間40分ほどの道のり。
出発した当初はどんよりした空で小雨がパラついていました。
しかも、何度も何度も通ったのに、道を間違えてしまい、かなり後戻り。
その上御朱印帳も忘れるし・・・。

それでも今日こそは行く!という一念のおかげでしょうか。
無事に到着。
そして到着時はとっても良いお天気になりました。

暑い・・・・・・

というか、小雨が降ってるときは、晴れないかなと思い、いざ晴れてくれると暑いと不満を言うとは。
どれだけワガママなんでしょうね。



f0364707_19190418.jpg


本堂。



f0364707_19190513.jpg




f0364707_19190691.jpg


地蔵尊なので、地蔵菩薩ですよね。
まるで神社のような造りです。




f0364707_19190888.jpg


お堂の裏にはびっしりと祈願地蔵の列。




f0364707_19194303.jpg



f0364707_19194435.jpg


末社が祀られています。

手前にぼけ封じの観音様が。
そして足手観音様も。
左脚と腕が悪い私は思わず熱心にお参りしてしまいました。




f0364707_19194690.jpg


天照大神も祀ってあります。
これは強い!
強すぎるー!
さすが、神仏混淆。
この地蔵尊の特徴です。



f0364707_19194708.jpg


お大師様も!
これも強い!!

各地からたくさんの人が御祈願に訪れるのもわかります。




f0364707_19194835.jpg


f0364707_19202685.jpg


どこかで見たことがあるようなポーズ。

見ざる言わざる聞かざる・・・の逆地蔵様ですねぇ。
愛嬌のあるお姿です。




f0364707_19202869.jpg


境内にある、手を広げたような木は楠。
周囲にベンチが置いてあり、木陰が気持ち良かったです。



f0364707_19202916.jpg


祈願文と開運の御守り入りのおみくじ。

小吉でした。
まあ、普通といいますか。

あれ?
京都の貴船神社に行った時も、似たような運勢ではなかった??
(あのときは末吉)

「春くれば ふりつむ雪も 溶けぬべし
しばし 時まて 山のうぐいす」

うわー。
暗示的。
怖いくらいですね。




f0364707_19203079.jpg


そして「かえる」
「元のようになる」・・・って、まさしく私のための御守りではありませんか。
凄いです。




f0364707_19203228.jpg


御神木の乳イチョウの木にもお参りします。




f0364707_19210295.jpg


緑が美しいです。
もうすぐこれが真っ黄色になるのですね!




f0364707_19210441.jpg


行基様の像。
何だか凄い存在感です。




f0364707_19210552.jpg


御朱印帳を忘れてきたので、用紙に捺していただきました。
御朱印料はいただきません、とのことなので、大体の額をお賽銭箱へ。

あー、良い参拝日和でした。
24日が秋季大祭です。
この日は行かれませんが、近いうちにまたお参りに行きたいと思います!



f0364707_19210694.jpg


棚田には、彼岸花の縁どり。




f0364707_19210861.jpg


キレイでした。



by dawn1225aki | 2018-09-21 19:18 | 神社巡り

f0364707_13062394.jpg


直方市日吉町の直日(なおひ・なおび)神社に行ってきました。

初めて聞くその名称。
何と読むのかもわからず、検索すると「なおび神社」
ご由緒書きもなく、資料としては何もありません。
直方市であり、日吉町なので、一見その地名を取っただけなのかとも思いますが、もう一度検索してみると、岡山県に同じ名前の直日神社を発見。
御祭神は大直日神(おおなおひのかみ)。
穢れを祓い、異常な禍を正しくなおすという神様です。
伊邪那岐命が黄泉の国から戻った後、穢れを祓うために禊をした時、穢れから禍津日神が生まれ、この神がもたらす禍をなおすために生まれたのが大直日神。
ということで、直方市の直日神社も、この神様を祀っているのではないかとも思われます。



f0364707_13062579.jpg


正面にて。

今になってやっと訪れることができました。

鳥居をくぐった両側には大きなイチョウの木が立っています。



f0364707_13062671.jpg



f0364707_13062734.jpg


境内は辺り一面にギンナンがパラパラ。




f0364707_13062800.jpg


拝殿。
神殿自体は小さいです。



f0364707_13070184.jpg


本殿。


今まで私の産土神社は、貴船神社と思っていました。
生まれてからずっと貴船神社の近くに住んでいたので、てっきり母のお腹に居る時も同じかと思っていたのです。
そして今住んでいる場所の鎮守様も貴船神社。
ご縁だなぁと思っていました。
ところがついこの頃、そうではなく全然違った場所に居たことが発覚。
ええーっ!とビックリ。
今まで、違う神様を産土神様と思っていたのです。

しかも、京都の貴船神社に参拝したこのタイミングで発覚です。
なんてことでしょー!

一体本当の産土神社は何処だろうと探して、見つけたのがここでした。

やっとお参りできました。
これからよろしくお願い致します。とご挨拶をしました。



f0364707_13070242.jpg



f0364707_13070393.jpg


境内から鳥居を見た図。




f0364707_13070535.jpg



f0364707_13070640.jpg



そして、隣に合祀されていた神社。
そちらにもご挨拶をと鳥居を見上げ、またまたビックリ。


f0364707_13074098.jpg



f0364707_13074100.jpg


なんと!貴船神社だったのです!


やっぱり、貴船の神様とはご縁があったのでした。



f0364707_13074334.jpg


これからもよろしくお願い致します。
┏○ペコ



f0364707_13074411.jpg


立派なイチョウ。




f0364707_13074559.jpg



f0364707_13082718.jpg


境内の社務所。
広いです。
公民館のような使われ方をされているのかもしれませんね。




f0364707_13082861.jpg



f0364707_13082991.jpg



f0364707_13083015.jpg


鳥居の注連縄の紙垂がユラユラと。


それほど遠くではないので、またお参りに来ようと思います。(*⌒▽⌒)





by dawn1225aki | 2018-09-17 17:04 | 神社巡り

f0364707_00130426.jpg


忘れないうちに、伊勢神宮内宮の記事を・・・(笑)。


バスが内宮前に到着。
外宮と同じようにどーんと大きな鳥居。

鳥居には明神鳥居と神明鳥居に大別されます。
反りがなく、柱が真っ直ぐ立っているのが神明鳥居。
伊勢神宮のこの形は神明鳥居ですが、特徴的なので伊勢鳥居と呼ばれるそうです。



ご由緒書き。


f0364707_00130906.jpg


内宮ご祭神は天照大御神。



f0364707_00131282.jpg


神橋はこちらは右側通行なのです。

橋のそばには脚が立っていました。
遷宮の時は橋も造り変えるそうですから、これは古殿地のような意味を持つものでしょう。
20年後はここにまた新しい橋が作られるのでしょうか。



f0364707_00131646.jpg



f0364707_00131998.jpg


橋の向こうに鳥居。




f0364707_00132420.jpg


迫力です。


この先に手水舎があるのでそこでお清めをしたのですが・・・


f0364707_00132799.jpg


御手洗場がここにも!



f0364707_00133111.jpg


ここを流れる五十鈴川で、手を清めるのです。
こんなところ初めて!
暑いとついつい入りたくなるほど水がキレイなのですが、しっかり注意書きがありました。

・・・神様の川ですしね。


外宮と同じように、この先に社務所があるので、御朱印をいただきました。


f0364707_14260279.jpg


太宰府天満宮で購入した御朱印帳には、3ページ目に天満宮の御朱印が捺されてあります。
格の高い神様に敬意を表し、先の2ページには
伊勢神宮に参拝したときに外宮内宮の御朱印を戴いてくたさい、とのことでした。

去年からずっとそのままだったのですが、今回結願(ちょっと違う?(笑)しました。


f0364707_14260367.jpg


このシンプルな御朱印。
微妙に字が違っているのが興味深いです。




f0364707_00133673.jpg


階段を昇り、正宮へ。
撮影はこの階段の下まで。




f0364707_00133911.jpg


参拝をし、戻っていく途中の巨木。

神宮には大きな木がとても多いのです。
そしてパワーの強い木は、皆が撫でていくので木肌がツルツル。
特に、お社の近くに立っている木は、休日など参拝の列が長蛇になるのでずーっと撫でられっぱなしだそうです。

よくお参りに来られる人が、今日は全然人が少ない方だと言っていました。



f0364707_00134261.jpg



f0364707_00134722.jpg


別宮の、荒祭宮。

天照大御神の荒御魂をお祀りしています。
荒御魂(あらみたま)・・・神様の荒ぶる部分、怖い部分ということですね。
神様の魂はいくつもに分かれているみたいです。



f0364707_00135197.jpg


前日にお参りした生田神社は、ご祭神が稚日女尊(わかひるめのみこと)。
天照大御神の和魂とも言われている神様です。
ということは、和魂、荒御魂、どちらもお参りしたことになりますね!
しかも、前の日のは明らかに偶然辿り着いたのです。
実は前日、ご祭神の御名前を知った時、明日は御本体にお参りするのに!と内心驚いていたのです。
すごいご縁ですね〜。

今回の参拝は、するべき時期だったのかもしれません。
とても良い体験になりました。






by dawn1225aki | 2018-09-10 14:40 | 伊勢志摩

f0364707_00055120.jpg


2018年8月31日。
とうとう今回の関西旅行の大きな目的の一つ、伊勢神宮詣でに行ってきました!

宿泊先のお宿をチェックアウトして送迎バスで鳥羽駅へ向かい、そこから伊勢市駅へ。



f0364707_00063760.jpg


伊勢です(*≧∀≦)。

駅を出ると目の前にもう鳥居。
そして参道です。


f0364707_00070796.jpg



f0364707_00081132.jpg


ひたすらに暑い・・・

遮るものが何も無く。

外宮参道はとても綺麗で参道というより観光地(笑)。
歩きやすい雰囲気でした。




f0364707_00081999.jpg


もちろん伊勢市のマンホールも。

伊勢参りの様子がデザインされたマンホールです。
ご当地色を全面に出していますね〜。
そして、他のところは町や市の名前は大抵平仮名なのに漢字!
「いせ」ではなく「伊勢」なのです。
こんな細かいところにも感動してしまいます。



f0364707_00082468.jpg


真珠で作られた伊勢神宮と塔。
すぐ近くの鳥羽にはミキモトがあります。

ゴージャス!!

ちゃんとお手入れをしないと真珠なので傷んでしまいますね(汗)。




f0364707_00082988.jpg


伊勢神宮外宮(げくう)。
凄まじい日光が降り注ぐ中、着きましたーー!!


伊勢神宮には内宮、外宮、別宮がありますが、それぞれかなり離れていて、歩いては行くのはかなり大変。
ほとんどの人が外宮からバスで内宮まで向かいます。
昔の人は全部歩きだったのですよね。頭が下がります。




f0364707_00083341.jpg


外宮のご祭神は、豊受大御神(とようけのおおみかみ)。
天照大神のお食事を司る神様で、1500年前にこちらにお迎えし、お祀りしているとのこと。
衣食住の恵みを与えてくださる、産業の神様なのですねぇ。
ご由緒書きがわかりやすいです。




f0364707_00083935.jpg


神橋を渡り、正宮へ。
左側通行です。




f0364707_00084447.jpg


なんて広いお手水処。
参拝客が多いんですね。
偶然にも光が・・・!




f0364707_00084720.jpg


ここからまた参道へ。



f0364707_00085131.jpg


二番目の鳥居。

これを越えたところに社務所があり、お守りや御朱印を授与していただけます。
外宮の御朱印をいただきました。



f0364707_00085617.jpg


いよいよ、正宮。
その隣には前回の遷宮の跡地が祀られてあります。
平成25年に62回目の遷宮が行われましたが、それ以前にはこちらに建っていたのです。
これを20年ごとに繰り返すのです。
すごいことです。




f0364707_00090160.jpg


外宮正宮前の鳥居。
迫力です。

ここから先は撮影は禁止。
心を込めてお参りします。

拝殿の奥のご神殿も見事な造りでした。
周りは塀で囲まれているので、それ越しに見せていただきました。



f0364707_00090711.jpg


古殿地。

20年後の遷宮の時まで、しっかりお守りしているのでしょうね。




f0364707_00091338.jpg


別宮がいくつもありましたが、とても全部は回れなかったので、正宮の後はすぐに内宮へ。
外宮前からバスに乗って向かいました。


by dawn1225aki | 2018-09-10 13:00 | 伊勢志摩

映画鑑賞

f0364707_12344180.jpg


ハッピーマンデーなのでイオンシネマへ。

いくら割引といえ、初回だし月曜だし、そんなに人、多くないよね、とか思って行ってみたら。

多い!!


私のような人がたくさん来てるんだー(笑)。

迷った末、前回の映画の宣伝で見てた「SUNNY」に決定。

40歳の主人公が、20数年ぶりに高校時代の友人に偶然出会う。
病に侵され余命1ヶ月のその子の最期の願いを叶えようと、当時仲間だったグループのメンバーを探していくというお話。

過去と現在が自然な形で交錯し、その頃のエピソードが生き生きと描かれます。
初恋だったり、対立するグループとの衝撃的な事件だったり。
そこまで派手じゃなかったけど、誰にでも高校時代はあるもので、感情移入しやすい映画だったように思います。
広瀬すずがいいですね〜

絶賛するには、すこーし消化不良の部分がありますし、リアル年齢は私より10年くらい後の時代ではありますが、面白かったです。
化粧してなくて良かったと思うほど泣いてしまいました( ̄▽ ̄;) 




by dawn1225aki | 2018-09-10 12:34 | 備忘録

f0364707_21312149.jpg


鳥羽水族館からポンと飛んで(笑)、本日9月9日、道の駅原鶴、ファームステーション バサロに行ってきました。
何度も近くを通っているのに、行くのは初めてです。

唐突に立っているひまわりオブジェにびっくり。
これってこの時期だけ???(笑)


f0364707_21312216.jpg



f0364707_21312328.jpg


道の駅の向かい側に広がっているひまわり畑です。



f0364707_21312416.jpg



f0364707_21312575.jpg


もう花も終わり頃かな、と思ったのですが、遅いどころかひまわりフェスタの真っ只中(笑)。
(人もものすごーく多し!)
雨の日なのにこっちを向いてくれてるし、可愛げのあるひまわりたちでした。




f0364707_21313958.jpg



f0364707_21314029.jpg


今月のソフトクリームは巨峰ソフト。
バニラとのミックスが、まろやかで美味しかったでーす。



by dawn1225aki | 2018-09-09 21:30 | 道の駅

f0364707_23025621.jpg


鳥羽水族館、イチオシのこの方登場~~

ジュゴンのセレナです。

日本で唯一、ジュゴンに会えるところがこの鳥羽水族館なのです。
ジュゴンは飼育が難しく、世界でも飼育されているのはたったの五頭。
その中の一頭がセレナです。
本当に貴重な個体なのですね。

セレナが来てから31年。
フィリピンで保護された時は一歳だったそうなので実際は32歳です。
もう少しで最長飼育記録に近づきます。

セレナについて→こちら





f0364707_23030145.jpg


ずーっとお食事。
モグモグと海草のアマモを食べていました。

その様子( ^ω^)・・・
海牛類と言われるのがよくわかります。



f0364707_23030830.jpg


ちょっと休憩で、フワッと浮かび上がった瞬間。

泳いでるとこ見られました!!\( °▽° )/

この向きから見るといつも笑っているみたい。
会えてよかった~。




f0364707_23031273.jpg


クリオネ。




f0364707_23031798.jpg


天使だぁ




f0364707_23032237.jpg


そして今回、大ヒットだったのがこの方。

ラッコのメイちゃん!


後から調べてみると、SNSなどで結構有名なラッコだったようですが、予備知識ゼロで来たのでもうもう大感激でした。
けど、予備知識ゼロでこんな幸運有り!!??

ただ背泳ぎで貝を食べる生き物としてしか認識なかったのにーーー


可愛すぎて悶絶です。



f0364707_23032836.jpg


飼育員さんと交流。
微笑ましい・・・
てか、ラッコって立つんだ


f0364707_23033383.jpg


ちょ・・・
何このポーズ♡


f0364707_23033837.jpg


ギャーーー
たまりません♡♡





こんな可愛らしい仕草を長時間見せてもらえて幸せ過ぎます。

閉園までそんなに時間がないのに、ここに釘付けでした。

途中でアシカもトレーナーさんと一緒に通路に乱入。
サービス精神旺盛な鳥羽水族館でした。




f0364707_23034454.jpg


ラッコの興奮覚めやらず、でも早く回らないと閉園時間になってしまいます。

ということで、アザラシ。




f0364707_23034857.jpg


ペンギン。
ガラスにぶつかってもひたすら泳ぎ続けていました。
全然前進しないけど、気づいてない模様。



f0364707_23035347.jpg


ペリカン




f0364707_23035854.jpg


フラミンゴ

同じブースには、トドとセイウチもいました。
一頭一頭、どの子がどんな性格なのか、など細やかな説明書きが貼ってありました。
海獣って動物園の動物たちより身近に感じられにくい部分があると思います。
性格云々なんて意識しにくいなぁと。
私の個人的な感覚ですけど。
でも、説明書きを読んでいると、それが払拭されていきますね。
親しみを感じました。




f0364707_23040205.jpg


そうそう!
この子もいました。
マナティ~

この無表情さがちょっと怖い・・・(笑)



ジュゴン、マナティ、スナメリ・・・。
見たことがない生き物をたくさん見られて大満足でした。



f0364707_23040838.jpg


鳥羽水族館、楽しい時間をありがとう!

また行きたいなーー。
(遠いけど)





by dawn1225aki | 2018-09-05 21:47 | 伊勢志摩