人気ブログランキング |

ふと見た新聞のコラムに載っていた一文が目に留まり、強烈に印象に残りました。



人間には行方不明の時間が必要です



なんという文。
なんという表現。
わかるようでわからないようで・・・
やっぱりなんとなくわかる。



詩人、茨木のり子さんの「行方不明の時間」という詩の冒頭でした。



「行方不明の時間」

人間には行方不明の時間が必要です
なぜかわからないけれど
そんなふうに囁くものがあるのです
三十分であれ 一時間であれ
ボワンと一人
なにものからも離れて
うたたねにしろ
瞑想にしろ
不埒なことをいたすにしろ

遠野物語の寒戸の婆のような
ながい不明は困るけれど
ふっと自分の存在を掻き消す時間は必要です

所在 所業 時間帯
日々アリバイを作るいわれもないのに
着信音が鳴れば
直ちに携帯を取る
道を歩いているときも
バスや電車の中でさえ
<すぐに戻れ>や<今どこ?>に
答えるために

遭難のとき助かる率は高いだろうが
電池が切れていたり、圏外であったりすれば
絶望は更に深まるだろう
シャツ一枚打ち振るよりも
私は家に居てさえ
ときどき行方不明になる
ベルが鳴っても出ない
電話が鳴っても出ない
今は居ないのです

目には見えないけれど
この世のいたる所に
透明な回転ドアが設置されている
不気味でもあり 素敵でもある 回転ドア
うっかり押したり
あるいは
不意に吸い込まれたり
一回転すれば あっという間に
あの世へとさまよい出る仕掛け
さすれば
もはや完全なる行方不明
残された一つの愉しみでもあって
その折は
あらゆる約束ごとも
すべては
チャラよ


茨木のり子



作者名を知って、あれ?この人の詩、まだ他にどこかで見て感銘を受けたことがある。
なんだっけ。なんだっけ。
それもごく最近。

なんでこの人の詩を二回も目にして感動するのか。
名前くらいしか今まで知らなかったのに。

それは私が積み重ねてきたから。
いいことも悪いことも
人としてどうよ、と思うようなことも
家族の死も、友人の死も
それがあって今、昔見てそのまま過ぎて行ったこの人の詩が、
心の中に木琴があってそこをコロコロと音をたてて転がっていくように
言葉のひとつひとつが私の中で奏でられている




「さくら」

ことしも生きて

さくらを見ています

ひとは生涯に

何回ぐらいさくらをみるのかしら

ものごころつくのが十歳ぐらいなら

どんなに多くても七十回ぐらい

三十回 四十回のひともざら

なんという少なさだろう

もっともっと多く見るような気がするのは

祖先の視覚も

まぎれこみ重なり合い霞だつせいでしょう

あでやかとも妖しとも不気味とも

捉えかねる花のいろ

さくらふぶきの下を ふららと歩けば

一瞬

名僧のごとくにわかるのです

死こそ常態

生はいとしき蜃気楼と



茨木のり子




by dawn1225aki | 2019-03-31 23:37 | 備忘録

道の駅むなかたへ行ってきました。

オープンは9時。
到着は9時半頃だったでしょうか。
開店から30分くらいでもう既に入り口近くの駐車スペースは満車。
第二を通り過ぎて第三の駐車場へ誘導されてしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)
(入り口までが遠い・・・)
駐車場は新しくなったようで広々としていました。

前日までの陽気とは打って変わって寒いです。
海が近いので風も強め。
来る途中に桜の木が何本もあったので眺めながら来ましたが、八分咲きまでいかないものもたくさんありました。
海が近くて盆地より寒いからでしょうか。

物産館内は相変わらずの多さ。
休日に来るなら覚悟はいります。
人の波を縫うように館内を散策して、とりあえずお買い物は一通り終了。
ここに来たら他に必ず寄るのが同じ敷地内の米粉パン工房「姫の穂」。
しっとりもっちりの米粉パンがとても美味しいパン屋さんです。
新しいお土産やさんもできていました。

宗像観光おみやげ館。
(画像はお借りしました)


f0364707_14034614.jpg


物産直売所には置いていない、宗像の特産物や福岡のおみやげ品が置いてあります。
となりのスペースはテラス席のようになっていて、休憩することもできます。


正助ふるさと村のアンテナショップ。


f0364707_14013335.jpg


テイクアウトのソフトクリームやドリンク類が売られています。
ソフトクリームは八女玉露とかあまおう苺とか、福岡らしい~。
孝行焼きっていうのがちょっと気になったんですが、実はちいさな人形焼みたいなものでした。
正助さんは親孝行で有名な方でしたからね。

f0364707_14090240.jpg


あれ?

寒い・・・って言ってなかったっけ?


(;・∀・)




あまおう苺。
このコーンが好きなんです。
このコーン限定で好きです。



フレッシュな苺の味わい。





実はここの道の駅に来たら、いつも入りたい入りたいと思っていた食事処。

レストラン おふくろ食堂はまゆう。

田舎って、いいなぁ~って思えてしまう店名。


でもいつも、たまたま日曜でお客さんが多かったり、時間の余裕がなかったり、だいたい直売所がオープンする9時前後に来るので11時開店まで待ちたくなかったり(なんじゃそりゃ)、とか入れない理由の方が多くて叶いませんでした。

が!

今回は待ちました。



f0364707_13501824.jpg


直売所の左寄りの出入り口のところに、レストランの入り口があります。
なんか店構えが微妙な場所で・・・
なんでこんなことになってるんだろ
まるで大きな衝立の陰に並んでいる感じ。

あ、でも、ここに並ぶことで、お買い物のお客さんの邪魔にはなりませんね。
なるほど。
11時開店ですが、10分前くらいになると列ができてきます。





f0364707_13515175.jpg


カフェテリア方式、とでも言うのでしょうか、順に並んでそれぞれ好きなお料理を取ってトレイに置いていきます。
メインおかずから副菜やデザートなどが何種類も並べてあります。
丼ものは列の最後のレジで注文します。

お会計を済ませてから席へ。
(先に席を取るのはNG)



f0364707_13521354.jpg


早春メニュー。
鯛とブリの丼セット(お味噌汁、お漬物、丼のタレ付)1100円。
野菜サラダは140円で、計1240円。
なかなかお値打ち価格では?
これにイクラが乗ると1300円。

サラダは見た目そうでもなさげですが、ぎっしりキャベツが詰まっていて、ボリュームがありました。
ドレッシングや、その他の調味料は別テーブルに置いてあるので、そこに行って使います。




f0364707_13523548.jpg


刺身醤油でいただいても良かったのですが、せっかくタレが付いていたのでそれをかけてみました。
甘口ではありますが、甘ったるくはありません。
お刺身は歯ごたえがあり、美味しいです。
ほかほかご飯も美味しい~~。
ワサビは私には効きすぎ(笑)。ていうか、多いです。
でも無いと物足りないですね。


前々から入りたいと思っていたところですが、案外簡単でした。
そんなに1時間も二時間も並ぶ必要はなかったし、10分くらいですかね。
そのくらい待ってれば入れました。

一人で~を、シリーズ第3弾(?)。

一人で海鮮丼を食べる女。
しかも道の駅食堂で。


・・・特に問題なし。







by dawn1225aki | 2019-03-31 14:42 | そとごはん

猫だらけ

f0364707_09371772.jpg


日ごろお世話になっている中古車屋「Zeex auto shop」さん。
猫ちゃんだらけです(笑)。




f0364707_09381026.jpg


置物のようになってるとこが可愛い。





f0364707_09331760.jpg


お店の中は凄いことに。




f0364707_09363052.jpg


猫だらけ。

この子がみんなのお母さんです。
(今は手術済)




f0364707_09354717.jpg


野良ネコなんですが、子供たちのこの美しさ。
品の良さ。
まるでアメリカンショートヘアみたい!




f0364707_09341710.jpg


うっとりな模様。


猫好きな人は狂喜乱舞してしまいそうなお店ですよ~~。
私も猫好き




f0364707_09321568.jpg


こちらがお父さん。
野良ですが、なんかすごい風格・・・
まるでサイベリアンみたい。
そしてこの毛の色。
だからあんなアメショーのようなこたちが生まれたんですねぇ。


私の好きなミュージカル「キャッツ」の中のマンカストラップが実写になったら、こんな感じ??

毛並みがフカフカなので大きく見えますが、触ってみたら背骨がはっきりわかるくらいガリガリでした。
やっぱり野良生活は過酷なんだね。




f0364707_09322758.jpg



この子は中へは入れません~~~(;^ω^)

それにしてもイケメンぶりにはびっくり。
お母さん猫は面食いなんやなぁ(笑)。




by dawn1225aki | 2019-03-30 09:59 | 備忘録

f0364707_17571367.jpg


飯塚市楽市の大将陣公園です。
桜がどのくらい咲いているのかなーと思って行ってみましたが・・・
まだまだでした(;^_^
でも31日の桜まつりの準備は進められています。

というか、ここ、娘がまだ4歳とか5歳のときに来たっきり。
それから20年以上もご無沙汰でした。



f0364707_17574243.jpg




f0364707_17583868.jpg


桜はまだチラホラですね。





f0364707_17590429.jpg


娘が小さい頃に来たときは、ものすごい巨大滑り台があったのですが・・・
段ボールか何かを敷いて滑らないとお尻が痛くなってしまうほどのもの。
今や撤去されていて、新しい遊具が設置されていました。

ざ、ざんねん・・・・

確かに物凄い滑り台ではありましたけど。

でもそれが、

そーれーがーーー 面白いのではないでしょうか~~~~?



寂しいなぁと思いつつ見ていました。





f0364707_18010387.jpg


桜は満開にはちょっと遠いかな。





f0364707_18031996.jpg




f0364707_18072480.jpg




f0364707_18100384.jpg




f0364707_18334989.jpg




f0364707_18341348.jpg




f0364707_18343800.jpg


ここがお花見のメインスポットとなるのでしょうか。
注意書きの看板あり。




f0364707_18350174.jpg




f0364707_18353363.jpg


石段と桜。



開花状況はもひとつでしたが、この良いお天気、そして春休み。
お子さん連れの方が続々来られていました。
みんな楽しそうでした♪







こちらのブログの記事。
お子さんが小さい頃に、大将陣公園の大きな滑り台で一緒に遊んだけれど、今やその滑り台は撤去・・・
寂しい・・・私も同じです~~って共感して拝見した記事です。
桂川町の名所についても記載されてありますので、思わずリンクさせていただきました。








by dawn1225aki | 2019-03-29 19:14 | お花見

海軍さんの珈琲

f0364707_13181254.jpg


お土産に貰った海軍さんのコーヒー。

「かつて、日本の海の防人達が愛したノスタルジックでシャレた味と香りをお楽しみください」

ノスタルジックでシャレた味と香り!


ですって!?


ではさっそく。

f0364707_13181332.jpg


ドリップのフィルターの形が難しい・・・



折り紙か!?




でも何とかドリップに成功しました。


f0364707_13181478.jpg


できあがり。


味はーー

ノスタルジックでシャレた、かどうかはちょっとわかりにくいのですが・・・。
苦味のきいた大人の味という感じです。
でもスッキリした飲み口ではありますね。

昴珈琲店謹製。
呉のコーヒー屋さんです。
そこに行ったらこれ淹れてくれるのかな〜??




by dawn1225aki | 2019-03-28 13:18 | 備忘録

bB

f0364707_21102078.jpg


2019年3月21日。
春分の日。

最後の洗車。

13年間、私の相棒でいてくれてありがとう。



f0364707_21120408.jpg


コイン洗車だったけど、最後は綺麗に拭き上げました。
ピカピカ。




f0364707_21021852.jpg


翌22日は新しい車の納車日。

最後にbBと大分八幡宮へドライブへーーー。

遠出もしたかったけど、ガソリンをちょっとずつしか入れていなかったので、遠距離はムリでした。
近場でも私の好きな神社だからいいよね。



f0364707_20552889.jpg


記念撮影。




f0364707_20562135.jpg




f0364707_20585337.jpg


あー、ほんと、私この車、ほぼ一目惚れだったんですよねー。
トヨタ車がほしくてネッツへ行って、試乗したときに絶対これ!と思ったのでした。
乗り心地は私の好みにぴったりで、座った瞬間に車内の天井の高さが気に入りました。
オプションもなーーんにもつけずに車体だけ購入しました。
サイドの窓の雨避けのひさしすら付いていなかったという・・・(笑)
でないと買えなかったんです。(´;ω;`)
買ったときは寒冷地仕様。
バッテリーが強かったー。
10年近く交換せずに長持ちしました。
大好きな車でした。
もしまだ製造が続いていたなら、同じ車にしたかった。



f0364707_21025778.jpg




f0364707_21032025.jpg




f0364707_21034784.jpg




f0364707_21040831.jpg




f0364707_21043574.jpg




f0364707_21050237.jpg


今までありがとうございました。
これからは新しい相棒ともども、よろしくお願いいたします!





f0364707_21052661.jpg


相変わらず普段は開いていない社務所。




f0364707_21055297.jpg




f0364707_21061504.jpg




f0364707_21064122.jpg


クスノキも元気そう。




f0364707_21070182.jpg




f0364707_21073131.jpg



次の相棒はまるで阿蘇の米塚みたいな色をしています。
草原の色です。

f0364707_20540593.jpg


こんな感じ。



f0364707_20543456.jpg


(笑)








by dawn1225aki | 2019-03-24 22:02 | 備忘録

f0364707_09154799.jpg


2019年3月9日。
毎年恒例、黒川温泉の湯あかりを見に行ってきました。
今年で3度目。
最初は12月に行ったので寒いこと寒いこと。
川のすぐそばまで降りて見ていたので凍えそうでした。
今年は3月。
寒いけれど、今まででは一番マシな感じです。
この時期は泊り客も多いようで、旅館のお部屋の明りと湯あかりの竹細工の明りが混ざり合って幻想的です。




f0364707_09160673.jpg


冬場は特にこういった明かりが美しく見えますねー。




f0364707_09163041.jpg





f0364707_09171325.jpg





f0364707_09175854.jpg





f0364707_09185556.jpg


iPhoneですが、このくらい光源があると割とはっきり写ります。
フィルターをかけて撮るとまた違った雰囲気に。




f0364707_09195105.jpg





f0364707_09214856.jpg





f0364707_09223048.jpg


竹細工はこのように組まれていて、中に明かりがつるされています。
それが川に沿ってずっと(多分)テグスでつるされているようですが、夜はそのテグスが見えないので、ぷかぷかと浮いているようです。




f0364707_09231454.jpg




f0364707_09234316.jpg




f0364707_09241780.jpg




f0364707_09245880.jpg





f0364707_09253760.jpg





f0364707_09263484.jpg


iPhoneのカメラで無加工で写すとこんな感じ。
シャープに写りますが、目で見ているより冷たい雰囲気です。
これが機械を通したときの限界なのでしょうか。
肉眼に近いのはこれ。



f0364707_09270197.jpg


オレンジ色が強く見えています。
温かい雰囲気です。
やはり人間の目には敵わない。




f0364707_09274255.jpg




f0364707_09280643.jpg


これは彩度を上げて撮ったもの。
全然違う雰囲気です。

iPhoneもかなり精度が上がってきて、夜景も光源次第ではここまで撮れるようになりました。
けれどやっぱり難しいです。


何度来てもこの美しさにはみとれてしまいますね~。




翌日、宿泊先をチェックアウトした後に、黒川温泉の立ち寄り湯に入ろうと再び舞い戻ってきました。



f0364707_09284832.jpg


面白いお風呂があるという、新明館。




f0364707_09291553.jpg





f0364707_09294092.jpg


館内フロントで立ち寄り湯の受付をします。
玄関を出てすぐ右の渡り廊下というか通路?をテクテク・・・
川に沿っている通路です。




f0364707_09295970.jpg


カジカガエル!
なんと古式ゆかしいネーミング。
鹿のような鳴き声だから河鹿(カジカ)なんですね。
見たことがありませんし、もちろん鳴き声も聞いたことがありません。
5月~8月ということですから、この日はまだ無理でした。
聞いてみたいなぁ~。





f0364707_09302075.jpg


こちらは、この館主さんが数年の歳月をかけて手堀りで掘った洞窟風呂があるのです。
岩に含まれる成分が温泉のお湯に溶け出して、とっても効能あるお風呂になっているそうです。
雰囲気は、まるで大昔からそこにあったような自然味溢れる感じ。
男女それぞれ入り口は違うのですが、中の穴で繋がっているのです。
(もちろんフェンスがしてあって、出入りはできないようになっています)

こちらはお湯をじっくりと楽しめるよう、洗い場は設置されていません。
ゆっくりと浸かるだけ。
石鹸やシャンプーの成分がお湯に入ってしまうと質が落ちてしまう危険性があるとか。
脱衣場の貼り紙にも注意書きがされてありました。

冒険心をくすぐられてしまいそうなお風呂でした。




f0364707_09304437.jpg


日中の竹細工はちょっと寂し気。
これが夜には華やかでありつつ幻想的な湯あかりに変わります。


黒川温泉は有名などら焼きのお土産があります。
どら焼きの中にクリーム大福が挟んであるという和洋折衷・・・どっちも和風??
とにかく、かなり知られているどら焼きです。
f0364707_20434781.jpg
(画像はお借りしました)

ふっくらとろ~りの美味しいどら焼きです。
これも目的のひとつだったので、お土産に買って帰りました。
どら焼きは、焼いたその日よりも時間が経った方が美味しいそうです。



他にも心をそそられるお土産がたくさんの温泉郷です。








by dawn1225aki | 2019-03-24 20:47 | 熊本

f0364707_19533115.jpg


阿蘇郡南小国町のそば処「草太郎庵」です。
黒川温泉からほど近い、小田温泉にある宿泊もできるお蕎麦屋さんにて、ランチをいただきました。
食事処は二間続きのお座敷にテーブル席が8つ。
落ち着いた雰囲気です。

この日は私たちの他にお客さんが一組。
お店の方が、「お客さんも少ないので、ゆっくりしていってくださいね」と。




f0364707_19535641.jpg




f0364707_19543457.jpg


ランチメニューのそば会席。

ざる蕎麦と何種類かの小鉢、ご飯がつきます。




f0364707_19545514.jpg


阿蘇産の蕎麦を皮ごと挽いた二八蕎麦。
美味しさを追求したこだわりのお蕎麦です。
お店の人が熱心に説明してくださいました。
お蕎麦への愛情がしっかり伝わりました。




f0364707_19551501.jpg




f0364707_19553928.jpg




f0364707_19560490.jpg


なんと生わさび。
自分ですりおろしていただきます。
こんなわさびを付けてくれるお店って少ないですよね~。
とっても嬉しかったです。




f0364707_19565149.jpg


こちらの草太郎庵は宿泊もできますが、立ち寄り湯も利用することができます。
5つのお風呂はすべて貸し切りで利用できるそう。
それぞれ趣向が違っていて面白そうです。
メタケイ酸の含まれるお風呂で美肌の湯です。
そういえば小国の温泉はメタケイ酸のお湯ってよく聞きます。
杖立温泉もそうですし。
美肌美人が多いかもしれませんね。
お蕎麦は2度ほど食べにきたことがありますが、温泉はまだ未体験。
いつか入ってみたいです。


宿泊は1日に4組。
隠れ家的な雰囲気ですね。



f0364707_19592526.jpg


食事処にお雛様が飾ってありました。
その後ろには蕎麦切り包丁が掛け軸になっていました。

これは出雲のそば処のもので大正時代のものだと書かれてあります。
すごいですね~。
蕎麦切り包丁って独特な形をしています。




f0364707_19593738.jpg




f0364707_20000007.jpg


レジのところに賑やかな招き猫が。
両手で招いている猫も珍しい~(笑)
表情がなんとも可愛い感じです。
頭にお花を飾っているから女の子の猫かな?
座布団も体の模様も花盛りでとっても華やかです。
すごーくご利益のありそうな猫ちゃんでした。

そば処はランチのみ。
15時で閉店です。
それ以降は宿泊のお客さんがチェックインするので、そちらをお迎えするそうです。
ランチのときのお部屋はそのまま宿泊客の食事処になります。

「お客さんが少ないので・・・」と言われていましたが、宿泊のお客さんは多いようですね。
限定4組ということなので静かで落ち着いた時間を過ごせるのでしょう。
それがやっぱり魅力なのかも。
お食事にはお蕎麦が付きますし、お蕎麦好きの人にはたまりませんね~~。






by dawn1225aki | 2019-03-23 20:37 | 熊本

f0364707_20471396.jpg


夕食の後、黒川温泉の湯あかりを見に行ってきました。
帰ってからお風呂です。
共同のトイレのある休憩スペースに、温泉へ上がる階段があります。
温泉は3階ということになるのかなー。
ガラガラと引き戸を開けると木造の階段があります。
そこを上がって上へ・・・
途中、まるで二条城のウグイス張りのようにキュッキュッと板が鳴るのです。
ギシギシではないところが面白いです。




f0364707_20473812.jpg


階段の途中には明かりと植物が飾られています。




f0364707_20480088.jpg




f0364707_20482424.jpg


階段を上がると渡り廊下。
右に曲がると温泉があります。





f0364707_20501650.jpg


お風呂は5つ。
家族湯、男女の内湯、男女の露天風呂。
おとこゆ、おんなゆのプレートはありますが、男女関係なくどこでも貸し切りでした。
この日は三組しか泊り客がいないということだったので、どこでもどうぞ、ということだったのかも??
けれど男女関係なく貸し切り、ということなら、ご家族とかカップルで来られている人は助かりますね。
入り口の前にスリッパをぬいで置いておくと、それが使用中の目印になるとのことでした。




f0364707_20485726.jpg


こちらは内湯。




f0364707_20492119.jpg




f0364707_20495375.jpg


露天風呂。




f0364707_20504216.jpg


極楽の湯というのは一応女湯の内湯。





f0364707_20521963.jpg


貸し切りだったのでパチリ。

内湯です。
手前の方に洗い場あり。
シャワー設置、ボディソープ、リンスインシャンプーあり。

つるつるした気持ちの良いお湯で、湯温も低めで私にはぴったりでした。




f0364707_20524351.jpg


せっかくだから露天にも・・・。

やっぱり露天は空が見えて解放感がありますね~~。
お天気はいまいちでしたが、こちらも気持ちが良かったです。
ただちょっと温度が熱めで長時間はムリでした。



f0364707_20530803.jpg


洗い場。


しっかりと温まり、お部屋へ帰りました。
その日は珍しく早めに床に着きました。
いつもチェックインはギリギリで、ホントに寝るためだけなので、こんなにゆっくりしたのは久しぶりです。





f0364707_20541498.jpg


翌日の朝食。
夕食をいただいた食事処にて。




f0364707_20543304.jpg


旅館の和食~って感じ!




f0364707_20545802.jpg




f0364707_20551950.jpg




f0364707_20554855.jpg


味付け海苔の「あごだし」というのに反応(笑)。
食べてみましたが、どこらへんがあごだしだったのかはよくわからず。
普通に美味しかったです。




f0364707_20561115.jpg


食事処からの眺めです。




f0364707_20564489.jpg



f0364707_20570484.jpg


これはお部屋の窓から。

この日は朝から雨でしたが、湯けむりの勢いは変わらずもうもうと。
一瞬霧かと思いましたが、湯けむりなんですねぇ~。




f0364707_20572986.jpg

温泉郷の景色です。
滅多に見られません。
しっとりとした落ち着いた朝でした。
こんなところで湯治ができるといいんだろうなぁ~~。
私たちには本当に珍しく、チェックアウトギリギリまでお部屋でのんびりくつろぎました。
また寄りたい、と思えるお宿でした。




by dawn1225aki | 2019-03-18 21:25 | 熊本

f0364707_20520415.jpg


2019年3月9日。(そんなタイトルの歌がありましたねぇ)

阿蘇郡小国町、わいた温泉郷の「摘草料理の宿 清涼荘」へ行きました。
わいた山の麓のわいた温泉。
有名な黒川温泉とは車で20分ちょっと離れた場所にあります。
お宿の近くまで来ると、辺りは強烈な湯けむりがもうもうと。
宿泊施設だけではなく、民家のお庭からも蒸気抜きなのでしょう、煙突がありそこから蒸気がブワーーーッと噴き出しているのです。
ものすごい景観!
更に近づくと蒸気で前が見えなくなるほど。
車に乗っていても硫黄のニオイが感じられました。
ホントに強烈です。
私たちは目を見張って感嘆の声をあげていましたが、地元の人にとってはごくごく普通の風景なのですよねー。
後でお宿の方が、蒸気がない景色の方が不思議なくらいです、と言われていたのが印象的でした。





f0364707_20562371.jpg


高台に上ったところにある清涼荘。




f0364707_20570754.jpg


ペパーミントグリーンの可愛い外観のお宿。
1日6組ほどしか泊まれないそうです。




f0364707_20573215.jpg





f0364707_20575485.jpg


外観は洋風なのに、玄関は和風。
落ち着いた雰囲気。




f0364707_20590574.jpg


客室は二階で、「かし」というお部屋でした。
それぞれ木の名前が付いたお部屋のようです。

古いですが、落ち着く感じ。





f0364707_20595116.jpg


洗面台はありますが、トイレはお部屋の外で共同です。




f0364707_21002841.jpg


冷蔵庫が付いているのは嬉しいです。




f0364707_21005237.jpg


この筆立て、なつかしい~。

娘が保育園を卒園するとき、保護者の方が卒園児全員の分を作ってプレゼントしてくれました。
同じ形です。
定型の型があるのかな?




f0364707_21015558.jpg


お茶櫃を開けると、手書きメッセージがありました。
「○○様 山里へ訪れて頂き嬉しく存じます。どうぞごゆっくりお寛ぎ下さいますよう・・・清涼荘」

こちらこそ、嬉しく思います。


到着したのが予定より少し遅かったので、先に食事を済ませることにしました。
その間お部屋でぼんやりと寛ぎます。
お願いした時間になると、内線電話で呼び出しがあります。


食事は一階のお食事処にて。



f0364707_21024726.jpg


大きな囲炉裏が出迎えてくれました。


お部屋の名前のプレートのところにお座りください、とのことでした。


f0364707_22005263.jpg





f0364707_22013944.jpg


お宿のご主人が摘んできてくれる摘草料理ということです。
食前酒はブルーベリーのお酒。
かなり強め。
後で外出する予定があったので、一人だけいただきました。




f0364707_22020114.jpg





f0364707_22024146.jpg


お吸い物の中はカニしんじょのような・・・




f0364707_22030393.jpg


これも山の幸ですね~。
ヤマメです。




f0364707_22032664.jpg


迫力の塩焼き!




f0364707_22034945.jpg


ご主人が摘んでこられた野草の天ぷらです。
これ、何だろう?という野草ばかりで、わかったのはフキノトウとハコベ??くらい。
聞けばよかった~(笑)。
抹茶塩と天つゆで戴きました。




f0364707_22041068.jpg


わかる人にはわかるんだろうなぁ。
見たことがある形の草もあったんですが・・・




f0364707_22043142.jpg





f0364707_22045230.jpg





f0364707_22051365.jpg


この茶わん蒸しがとっても珍しく、面白い味だったんです。
茶わん蒸しと言えば卵ですが、これは白い。
食べてみるととっても優しい味でほっこりしました。
中には火を通した卵の黄身。

周りは何だろうと思い、後でお聞きすると、すりおろした長芋だそうです。
それと出汁を合わせて卵の黄身を落として蒸したものだとか。
「お家でもできますよ」と言われました。
そんなにあっさり教えていいんですかー?と思いましたが、気さくに説明してくださいました。
これはマネしてみたい一品です。





f0364707_22053572.jpg





f0364707_22060185.jpg


以上、摘草料理でした。









by dawn1225aki | 2019-03-18 11:35 | 熊本