人気ブログランキング |

f0364707_11570319.jpg


2019年6月25日。
太宰府天満宮へ行ってきました。
毎月25日は天神様の日で、この日はヨモギの梅ヶ枝餅が出ます。
参道はすでに参拝客でいっぱい。
何件かの梅ヶ枝餅屋さんにも行列ができていました。




f0364707_11573950.jpg


この日は月の祭事があるのでご本殿前には席が設けてあり、その周りは広く囲ってありました。
参拝客は柵の外からお参りします。
おかげでご本殿前の様子がよく見えました。
(普段は人だらけ)




f0364707_11580592.jpg


お参りを済ませてご本殿のその奥へ。
夫婦楠が立っています。




f0364707_11594004.jpg


紫陽花とのコラボも素敵です。
今の時期ならでは。




f0364707_11595581.jpg





f0364707_07183927.jpg


向かうはお石茶屋。

・・・誰もいない(笑)。


昔から変わっていない石段がいい雰囲気です。


オシャレになり賑わっている表参道も楽しくはありますが、私はまったく雰囲気の違うこの風景の方が好きですね。
ここからの眺めだけは創業のときからきっと変わっていないのでは・・・?





f0364707_07191321.jpg





f0364707_07193727.jpg





f0364707_07200262.jpg


お石茶屋の外のお席に立つ栴檀の木。




f0364707_07203029.jpg


天開稲荷社の鳥居も見えます。





f0364707_07210415.jpg





f0364707_07212775.jpg


お抹茶セット。

ヨモギの梅ヶ枝餅はお土産に買ったので、いただくのは普通の白にしてみました。




f0364707_07214920.jpg


子どものころ、初めてここで焼き立ての梅ヶ枝餅を食べたときの感動は今でも覚えています。
梅ヶ枝餅と言えばその頃はお土産にいただいたときくらいしか食べませんでした。
当然、しっとりもっちり。
焼き立てがこんなにサクッとしているなんて初めての体験で、ホントに同じ梅ヶ枝餅なの!?と驚きと感動の嵐でした。
今では太宰府も近くなったなぁ~。
フットワークも軽く、スイスイいつでも行けるようになってしまいました。





f0364707_07222626.jpg


天神様の日の御朱印です。
(御朱印料は500円からお気持ちで)




by dawn1225aki | 2019-06-30 21:18 | 神社巡り

f0364707_15564629.jpg


福岡県春日市の名前の由来になったと言われる春日神社へ行ってきました。
すぐ近くのお蕎麦屋さんに何度か足を運んでいたとき、「春日神社前」という交差点があるのには気が付いていて、気になっていたのです。
奈良県の春日大社を思わせる名前。
祭祀は、中大兄皇子が天児屋根命(あめのこやねのみこと)という神様をここにお祀りしたことが始まりと伝えられています。
この神様を祖神とするのが藤原鎌足と言われ、後に、その神様が祀られていることを知った藤原田麻呂が大和の国春日より三柱を迎えて併せ祀り、春日大明神として創建したとのこと。
とても古いです。
天児屋根命は天照大神が天の岩戸に隠れたときに祝詞を奏上し、それがあまりにも美しかったので天照大神を連れ戻すことができた、というお話がありました。
言霊の神、祝詞の神と言われているそうです。



こちらの手水鉢がSNSで評判になり参拝客が増えた、というのを聞いていたので予想はしていましたが、予想通りたくさんの人。
(でも混雑しているのは駐車場と手水舎の周りだけ(笑)

気になる手水鉢・・・

ですが。

すぐに目に飛び込んできたのはこちら。



f0364707_16022318.jpg


4本の大きな御神木。
楠です。

なんと立派な・・・
ああ素晴らしい。



f0364707_16030668.jpg




f0364707_16034394.jpg


大規模な剪定作業が行われていて、周囲は広く立ち入り禁止にしてありました。
そして切り落とされた枝葉が下に。
辺り一面、クスノキの香りが漂っていました。
天然のアロマテラピーです。
とってもいい香りで、心から癒されました。
切られてしまうのは木にとってはイヤなことでしょうけれど、かなり街中の小さな神社なので縦横無尽にとはいかないのが哀しいところだと思います。
地域との共存も必要なことなのでしょう。
そのおかげで、参拝に来た私たちは香りを浴びて最高の神社参拝になったと思います。
ありがたいです。



f0364707_16041371.jpg




f0364707_16043151.jpg


共存と言えばこちら。
なんとこの木は藤の木と共存です。

楠の葉と藤の葉が入り乱れて一体化しています。



f0364707_16045619.jpg


藤の木がすがりついているみたい。
楠はそれを静かに受け止めているという雰囲気です。

お互いに一生懸命生きているんですね。




さて、何はさておき御神木をしっかりと拝見した後は、評判の手水舎へ。




f0364707_16071884.jpg


遠くからは人だかりしか見えません。

が、近づいて拝見すると、まあなんてキレイな手水鉢。




f0364707_16084152.jpg


色とりどりのアジサイは境内に咲いているものなのでしょうか。
水が似合いますね~。

カメラやスマホで撮影している人たちが囲んでいたので、私もササッと3枚ほど撮って、そのあとお浄めをしました。
知らない人は「何事!?」と言った様子・・・(;^_^A
デスヨネ~



f0364707_16091935.jpg


ちょうどこちらの神社も風鈴祈願をやっているようで、たくさん下がっていました。
音がとても涼し気です。
風鈴祈願と言えばカエル寺!
今年はまだ行ってないなぁ・・・



f0364707_16093411.jpg


ご神殿へ参拝。

笹の葉飾りがありました。





f0364707_16095955.jpg




f0364707_16124810.jpg


厄割り玉。
面白いですねぇ。
これに厄を吹き込んで割るんだそうです。
厄よけ祈願です。



f0364707_16125649.jpg




f0364707_16140458.jpg


絵馬やおみくじもたくさん奉納されていますね。




f0364707_16143059.jpg




f0364707_16145268.jpg


社務所のそばにも大きな楠があり、その根元に小さな手水鉢が。
中には紫陽花。
こっちには誰も来てないのね・・・




f0364707_16155465.jpg




f0364707_16171232.jpg




f0364707_16180951.jpg




f0364707_16185244.jpg




f0364707_16191953.jpg


ご由緒。



f0364707_16194176.jpg




f0364707_16201476.jpg


有名なお祭りだそうです。
前年に結婚した新郎新婦を祝福するためのお祭り。
花婿対男衆の戦いですね。
重要無形民俗文化財指定となっていました。




f0364707_16204005.jpg


歯固め石。

初めて見ましたーーー!
娘のときも知っていたらやったのになぁ、残念。
(あ、やってなくても歯は丈夫だった)

お食い初めのときに噛ませるのかな?と思ったら、お箸を当てるだけでした。
お箸で石を運ぶのはダメですね。万が一のことがありますから。

友人にお孫ちゃんが生まれたので買い求めました。




f0364707_16210653.jpg


人だかりがしていたのは手水舎の周りだけで、御朱印は難なくスムーズに戴けました。
一旦預けますが、番号札などがないので、御朱印帳の表紙を見せ、中も確認して「お間違えはないですか?」と重々聞かれて返されました。
大切な御朱印帳を他人に持ち去られてしまったという事件がありましたから、神社側も注意しているのでしょう。
番号札を利用していてもそんなことがあるのだったら、いったいどうしたらいいんでしょうね。
ていうか、神社でそんなことしますか?
あまりにも予想外すぎて、社務所の方も御朱印帳の持ち主も想像もしなかったでしょう。
人様が参拝した証と、それらにまつわる思い出を奪い取って、なんの喜びがあるというのか。
謎すぎる。





f0364707_16214836.jpg


お水にぷかぷかと紫陽花。

涼しそうでした。



今度は平日に行ってみよう!





by dawn1225aki | 2019-06-23 18:23 | 神社巡り

f0364707_22115657.jpg


かき氷で有名だという日田のCafe & BAR「琴音庵」さんへ行ってきました。
かき氷命!の友人を連れて遠路遥々日田市へ。
初めて行くので場所がわからず、ナビにおまかせです。
すると着いたところはあの豆田町!
千年あかりや雛の祭りに何度かお邪魔した素敵な町です。
豆田の通りを抜けてすぐのところにありました。
駐車場は近くの公営の場所へ。

小さめでかわいいお店です。
入り口には「すぐにご案内できます」との表示が。
開店して間もない時間だったのでグッドタイミングでした。



f0364707_22125061.jpg


お店の中。
カウンター席4つ。テーブル席が3つほど。
そしてこの日はランチメニューはお休み。
というのも、かき氷が人気過ぎて、繁忙期はランチメニューをお休みし昼間はかき氷のみになっているそう。
(夜はBARとして営業だそうです)

私と友人は、入り口すぐ横のテーブル席へ(2人用)。




f0364707_22134726.jpg


メニューです。




f0364707_22135830.jpg


これが有名なドルチェかき氷。
ラインナップを見ているとまるでケーキか何かのデザートのよう。




f0364707_22142572.jpg


普通のかき氷もあります。





f0364707_22144722.jpg


そしてそして!!
期間限定マンゴーかき氷!!

いやはや凄いお値段ですが、宮崎産のマンゴーを使っているとのことですから、納得。
年に一度、これを目的にということなら・・・
アリですかね?(笑)

この日はマンゴーまみれ(2800円)は売り切れ。
マンゴーが入荷次第再開するとのこと。




f0364707_22151251.jpg


スプーンは木製。
冷たいかき氷にはこんなぬくもりのあるスプーンがいいですね。




f0364707_22153654.jpg


キターヾ(°∀° )/ー!

完熟マンゴーレアチーズ。

1700円!!!



後にも先にもこんなお値段のかき氷をいただくことは、もう無いかも。




f0364707_22155901.jpg


友人がチョイスしたのはこちら。
レアチーズかき氷のストロベリーソース。




f0364707_22162721.jpg


こんなかき氷、初めて見ました。

氷の上に何かクリーム状のものがかかっています。
そしてマンゴーソースに完熟マンゴーたっぷり。
ドルチェかき氷です。なるほど。
このソースも同じマンゴーを使って作られているフレッシュソースなのです。
は〜、なんて贅沢。




f0364707_22165059.jpg


上にかかっていたのは甘さ控えめのレアチーズクリーム。
そして氷の食感が不思議でした。
サクッでもない、氷特有のシャリシャリ感もない、

しっとり


これはケーキ!??
ケーキですよ、これ。

マンゴーレアチーズケーキ!

中にもレアチーズのクリームがぎっしり。
そーしーてー!!



f0364707_22171262.jpg


(見た目悪くて申し訳ないです)
掘り出したらマンゴーがどんどん出てきました。
この溢れるマンゴー感!!
なんかもう、強引にお値段納得!って感じ。

そしてとても美味しいのです。
かき氷もここまで進化するのですねぇ。

友人のレアチーズストロベリーは、中に細かいスポンジ?かクッキー生地のクランブル入りで一層ケーキっぽくなっていました。
もちろんその子も大喜び。
満足してもらえて良かったです。




f0364707_22175273.jpg


期間限定のこのマンゴーシリーズは6月末まで。
けれどその前に売り切れになる可能性もありますね。


美味しくいただいて外へ出ると、テイクアウトの表示もありました。


f0364707_22182459.jpg




f0364707_22184545.jpg


こちら側はテイクアウトの受付です。
家まで持ち帰り、というのは難しいかもですが、店内が一杯のときは、外でいただく手もアリです。




f0364707_22190949.jpg




f0364707_22193656.jpg




f0364707_22201158.jpg


初!ドルチェかき氷でした。
進化したかき氷、一度は食べてみる価値あります。





by dawn1225aki | 2019-06-22 22:22 | 喫茶・カフェ

f0364707_16162207.jpg


ヤマメの南蛮漬け。



f0364707_16164395.jpg


素揚げしたヤマメなのでこれも頭まで食べられました。バリバリ・・・
しっかり漬かっていますが、濃すぎるということはありません。
1尾まるごとの南蛮漬け。
なんて贅沢・・・





f0364707_16204121.jpg


南蛮漬けに似てますが、これはヤマメの唐揚げ。




f0364707_16210869.jpg


ここまでで丸ごと4尾のヤマメにお目見えしました。
お刺身も1尾分かな~。
だったら5尾ですね。
(お腹の中で泳ぐかも)

ヤマメは「唐揚げ」で出てきたのですが、お野菜は天ぷらでした。
面白いですね。
1つはレンコンってわかるけど、もう1枚の葉は何の葉だったのか・・・
食べてみてもわからないのです。聞けばよかったなー。
食べたあとに、フッと残った風味が特徴的でした。





f0364707_16213430.jpg


ラストのヤマメ。

塩焼きです!

全然需要がなかった囲炉裏が満を持して使用されました!(笑)

串を刺すだけ。

ヤマメはもうすっかり焼けていて、串を抜いてお皿に入れていただくのです。

なんか・・・刺さなくてもいいよ~、せっかく灰がキレイなのに・・・もったいない。




f0364707_16220100.jpg


せっかくなので、刺さってるところをアップ。
串焼きの雰囲気が味わえました。




f0364707_16222100.jpg


お皿にのせてみます。
(刺したまま!)



f0364707_16224162.jpg


おお・・・・
迫力・・・・



キレイに抜いてキレイにいただきました。
川魚といったら王道の塩焼き。
美味しいです。




f0364707_16230468.jpg


あわご飯、お味噌汁、お漬物。

ホントーーーーーは、途中からご飯が欲しかった~。
(多分ほとんどの日本人は同じキモチになると思います)
(仕方ないけど)
お味噌汁にはヤマメのアラが入っていました。
何から何までヤマメ尽くし。
川魚好きにはたまらないコースでした。




f0364707_16232644.jpg


食後のコーヒーに釘付け!

なんですかこれはーー。




f0364707_16234759.jpg


ホットコーヒーでした。

葉っぱのソーサーにキノコのカップ。
遊び心満点です。
自然に囲まれた空間だから、なんだかとっても似合っていました。

この器にプリンとかゼリーとか入れてサーブしても楽しいと思います。




f0364707_16243558.jpg


よく見えませんが、メダカのような小さな魚が泳いでいたような。




f0364707_16245697.jpg


やまめのイメージはやっぱり清流。
キレイなお水は川魚にはつきものです。
そのイメージに合ったお庭の造りなのでしょうか。
水路や水鉢など、水に関連したオブジェを目にします。
とても爽やかです。




f0364707_16252177.jpg





f0364707_16264300.jpg





f0364707_15592723.jpg


喫煙所です。



f0364707_16271310.jpg




f0364707_16273416.jpg


昔の農耕の道具ですね。
これは上から籾を入れるとお米と籾殻が分かれて出てくるのでしょうか????
これは初めて見たかも。




f0364707_16275824.jpg


これは脱穀のときに使うものですね。
何度か見たことがあります。

お米と言う字は、お米が実るまでに88回も手をかけるから、といわれていますが、そう言わせるほどの手間がかかっていたんですね。
今はそうでもない、脱穀も精米もずっと楽、と農家の方から聞きましたが、それでもお米は粗末にしてはいけない、という気持ちが心にいつもあります。
それほどお米というのは日本人にとって他の食材とは一線を画す存在なのかな、と思います。
他の食材は無駄にできるって意味ではないですけどね。





f0364707_16282694.jpg


青々とした緑も見ごたえのあるお庭。
きっと紅葉の時期は凄いと思います。

ヤマメ、心行くまで堪能しました。
年に1回食べるか食べないかくらいのお魚なのに、一体、何年分食べたんだろーー(;^_^A






キノコのコーヒーカップ、とっても可愛かったので裏の銘を見てみたのですが、マーク?しか印字されてなかったのでわかりませんでした。
帰宅してすぐに検索!
すると、小石原焼のオススメの窯元11選、というところで見つけました!!
6番目のやままる窯さんです。
キノコのコーヒーカップが写っていました。

行者杉の近くに窯元さんたちが集まっている皿山という場所があります。
小石原焼き発祥の地だそうです。
15軒ほど窯元が並んでいる中に工房を開いてあります。

行者杉ばっかり見にいってて、その先には行ったことありませんでした。
今度行ってみまーす。






by dawn1225aki | 2019-06-17 18:20 | そとごはん

f0364707_15563448.jpg


朝倉郡東峰村小石原のヤマメ料理のお店、「やまめ山荘」に行ってきました。

行きたかったんで嬉しい~~!!





f0364707_15572407.jpg


小石原へ向かい、ずっと峠を上っていくと、山の茶屋さん(閉店)や、やまふくうどんのお店が見えてきます。
そこを過ぎて右折し、国道500号線に入ります。
水害以来、途中から通行止めになっていますが、やまめ山荘までは開通しています。
ところどころ、工事中のために信号機がつけられていたり、車の通りが少ないために対向車(ほとんど工事用トラック)が結構スピードアップして走ってきたりしますので注意が必要です。
まだまだ水害の爪痕が残る道ですが、お天気がいいと木々の緑がとても綺麗です。

道をずっと上ってきて右側にお店と駐車場あり。
道路を挟んで左側にもあります。
山門のような門から中へ。




f0364707_15574606.jpg





f0364707_15581213.jpg


一歩中に入るとどこからともなく水のせせらぎが聞こえてきます。
庭に水路を作ってずっと水を流しているのです。
なんとも涼し気。




f0364707_15590340.jpg


周り中が緑!

今は緑がとても美しい時期ですね。
シャクナゲの木がたくさんあったので、もう少し早い時期だと見ごろだったかな~。




f0364707_15595507.jpg


庭から門をみたところ。





f0364707_16003067.jpg


門から先が長い(笑)。
待ち時間があった場合、お庭を散策しながら待つお客さんも多いようです。





f0364707_16005188.jpg


ここにも水路。
水が勢いよく流れ出てきてます。




f0364707_16011505.jpg


水音が本当に涼しい気持ちにさせてくれますね。





f0364707_16014328.jpg





f0364707_16020945.jpg


お店に到着。





f0364707_16023631.jpg


これも水車・・・?





f0364707_16030236.jpg


お店の玄関です。





f0364707_16033165.jpg





f0364707_16035924.jpg


素敵ですねぇ~~~。

ここで休憩してみたい。





f0364707_16042303.jpg


お手洗いをお借りしましたが、このトイレットペーパーホルダーのカバーがなんとも良い雰囲気で、思わずパチリ。
素朴で素敵。





f0364707_16044708.jpg


手洗い場です。

この陶器の手水鉢はもちろん小石原焼き。




f0364707_16051680.jpg





f0364707_16241354.jpg




f0364707_16053768.jpg


一応、店内は禁煙ということでした。




f0364707_16061097.jpg





f0364707_16083672.jpg


なんと、照明に使われている傘は大きなショウケ。





f0364707_16092191.jpg


テーブルには囲炉裏のように真ん中が掘られて灰が敷かれています。
こちらにはやまめ料理の他に、鶏の炭火焼や牛肉のお料理もあるので、そのときはここで焼いたりできるんだそうです。

この時は席はたくさん空いていましたが、あっという間に予約のお客さん、飛び込みのお客さんで埋まってしまいました。





f0364707_16094313.jpg





f0364707_16135297.jpg


お庭を見たり、お部屋の雰囲気を楽しんだりしているうちにお料理が登場。

贅沢にヤマメ料理のフルコース、「石楠花コース」です。
お料理は、ヤマメ料理、鶏肉、牛肉のお料理の三種類あり、ヤマメ料理のコースはお値段に合わせて3コースあります。




f0364707_16104051.jpg


前菜3品。




f0364707_16123932.jpg


煮物。
ニンジン、こんにゃく、そして割り干し大根です。




f0364707_16130043.jpg


酢の物。




f0364707_16132307.jpg


柑橘の皮の甘煮。





f0364707_16141325.jpg


胡麻豆腐。
上にちょんと乗っているのは柚子胡椒。
プルプルでした。




f0364707_16143682.jpg


ヤマメの甘露煮。
昆布で巻いてあります。



f0364707_16145832.jpg


梅の甘煮が乗っているのは笹船です。
ホンモノの葉っぱで折ってありました。
感激~~~。

小川に流したい!(⌒▽⌒)

甘露煮は、頭まで普通に食べられるほど柔らかく、美味しく煮てありました。
大きな山椒の葉っぱが敷いてあったので、香りが移って更に美味しさが引き立ちます。





f0364707_16152892.jpg


ヤマメのお刺身と背ごし。

ヤマメのお刺身なんて初めてです。
お刺身で食べられるのか!と衝撃でした。
そして背ごし。
骨切りをしてそのままお刺身のようにいただくのです。
こりこりというかパリパリというか、骨の食感がめちゃめちゃ新鮮でした。
まだ若いヤマメだから大丈夫なんでしょうね。
こんな食べ方も初めてです。
驚くことばかり・・・



f0364707_16155707.jpg


氷がしっかりと敷かれた冷たいお皿にオニオンスライス、その上にお刺身の盛り付けで、見た目もとても涼し気で美しいです。
ヤマメって身がピンク色なんですね。
なんてキレイなんでしょう。
私は鯛のように白いのかと思っていました。
全然臭みもなく、歯ごたえありで美味しかったです。




2へ続きます。



by dawn1225aki | 2019-06-17 17:29 | そとごはん

徒然に読む本

f0364707_14405669.jpg


時間がある週末なので読書。

火災による強制断捨離?のあとはできるだけ本を買わないようにしていますが、たまには衝動買いしてしまいます。
書棚をぐっと小さめのものにしたので、その中に入るくらいまでなら・・・と許容範囲を作ったりして。
でもそういうことが増えるきっかけになるんですよねぇ。
ただし、買うときには吟味に吟味を重ね、手に取ってもしばらくしてまた棚に返す、といったことを繰り返した上で買っています。

澤村御影さんの高槻先生シリーズ。
この作家さんの別のシリーズを読んで予想していた以上に面白かったので手に取ってみました。
お話の軸をなしている「民俗学」の高槻先生の講義が詳しくて面白い。
知識欲まで満足させられてしまう本ですね。
まだ途中。
今後の展開を楽しみに読みます。

小林泰三さんのアリス殺し。
この作家さんの本は初めてです。
気に入った作家さんの本ばかり集中して読むタイプなので、なかなか新規開拓できません。
そうすると新刊が出ない場合、待ち時間が長すぎてツライ・・・
面白い、と売れている本の中から新規開拓するべく選んでみました。




f0364707_14412019.jpg


船瀬俊介さんの本は、私の中でノンフィクションの定番中の定番。
気になったタイトルの本は手に取って読んでいます。
この手のことをずっと勉強して、断食体験も何度もしていますが、違う立ち位置にいる方からのお話はまた色々発見があり、面白いです。

石持浅海さんの座間味くんシリーズ。
この作家さんの本はちょっと不思議な雰囲気があります。
例えば、殺人犯がいて事件が起こるわけですが、最後に明かされる動機が「え?こんな理由?」と思うような内容。
でもお話の中では至極当然だよね、って感じられる造りになっているのです。
読者を思わず納得させてしまうという・・・これってすごくない?
好き嫌いはわかれるかも。
でも私は好きでーす。
数年前に好きになって、かなり読み漁りました。





f0364707_14473417.jpg


あまりにも有名な空海!
私の住まいのすぐ近くにも、お大師様の札所があります。
宗派関係なく、地域の信仰の対象になっているので、親しみを感じますね。

この著者は古典や童話(グリム童話など)を独自の視点で解析。
「大人もゾッとするグリム童話」とか。
著書を読むのはこれが初めて。
眠れないほど面白いのなら読んでみようかな~と思いました。


SFファンタジーの巨匠、梶尾真治さんの「黄泉がえり」
これを知らない人はいないでしょう~~~。
映画化もされましたし!
これはその続編です。
この物語が始まるきっかけは先の熊本大震災なので、リアリティを感じます。
他の作品にも熊本を舞台にしたものがあります。
私もよく行っている場所が出てきたりして、そういう意味でも面白いです。





f0364707_14475583.jpg


梶尾真治さんの1999年の本、クロノス・ジョウンターの伝説。
なんでこの本を知ったんだろう。もう覚えていません。
黄泉がえりの随分前だしなー。
この作家さんの本を読んだのはこれが初めてでした。
タイムトラベルものですが、タイムパラドックスの問題なども書かれてあって、トラベラーになった人たちの思いがなかなか叶わずすごく切ないです。
で、パラッとカバーをめくってみると、



f0364707_14481850.jpg


本の帯が中に入れてありました。

そうです!
キャラメルボックスが舞台化していたのでした!
それでこの本を手に取ったのかな??

キャラメルボックス、休団になってしまいました。
好きな劇団で、公演でこちらに来たときはよく観に行っていました。
少し小さめのホールでマイクを使わず地声でお芝居をやっていたのがとても印象的でした。
休団は残念です。
復活してほしいなー。


というわけで、今「積読」状態になっている本たちでした。

ちゃんと読みます。






by dawn1225aki | 2019-06-15 15:30 | 備忘録

いつかの昼食

f0364707_14275909.jpg


いつかの昼食。

素麺の豚骨ラーメン風。

あくまでも「風」なので、豚骨は入っていませーん。

豆乳、ニンニク(すりおろし)、味噌、ごま油、塩、コショウ、そしてちょっとジャンクな風味を出すために野菜ブイヨン。

これでなんちゃってラーメンに感じられます。

更に練りごまを入れたり、素麺ではなくて中華麺にするともっとラーメンぽくなりますね。





f0364707_14281728.jpg


これは素麺ですけど(笑)。





f0364707_14283843.jpg


これもいつかの昼食。

蕎麦の焼きそば。

普通のやきそば麺で作るよりこっちの方が好きです。

普通にゆでて麺つゆで食べるよりも、こっちの方が蕎麦の風味を強く感じられるのが不思議。

具は紫玉ねぎとキャベツだけ。
(それだけしか冷蔵庫になかった・・・(;^_^A

なので、物足りない場合は鰹節を多めにふりかけてどうぞ。






by dawn1225aki | 2019-06-15 14:35 | 備忘録

フジバカマ

f0364707_08192406.jpg


去年は白しか出なかったので、もうピンクは消えたかなと思っていましたが。

今年は一緒に出てきました。

右がピンクで左が白です。




by dawn1225aki | 2019-06-07 08:19 | 備忘録

f0364707_23590804.jpg


SONYのミラーレスとC-レンズで色々撮ってみました。




f0364707_23592975.jpg




f0364707_23594901.jpg


C-レンズ。




f0364707_00002051.jpg


焦点合わせているところ以外のボケ方、面白い。




f0364707_00004251.jpg


車のヘッドライト。




f0364707_00010722.jpg




f0364707_23584410.jpg



ここまで大きく写そうとするとピント合わせが大変でした。

日ごろスマホばかりで撮ってるからでしょーねーーー。

ほんっとに大変でした(;^_^A





by dawn1225aki | 2019-06-04 00:05 | 備忘録

f0364707_14230308.jpg


2019年5月17日。
キューコクの日。
太宰府天満宮の梅ヶ枝餅屋さんでは、古代米の梅ヶ枝餅が販売されます。(販売してないお店もあります)
だからというわけでもないですが、見てみたいお花もあったので行ってみました。

目指すは天満宮奥のお茶屋さんのお石茶屋さん。
そのお店の外席に大きな栴檀の木があります。
ちょうど花が満開になるのがこの時期。
散り始めると、まるで雪が降ってくるようにサラサラと花が落ちてくるのです。
二日ほど前から他のところでの栴檀が満開になっていたのを見たので、太宰府はどうかな?と思ったのでした。


千年楠、包丁塚、筆塚、夫婦楠などのそばを通り・・・





f0364707_14233247.jpg


筆塚なんてあったのね。
今更ながらに意識して見てみてちょっと驚き。




f0364707_14235127.jpg


たくさん植樹されている梅の木にはたわわに実がなっています。
太宰府幼稚園のこどもたちが梅の実落としに毎年来ているようです。
去年はその光景が見られました。




f0364707_14241590.jpg


お石茶屋へ。

とはいうものの、この時の時間はまだ10時前。
お石茶屋は10時半開店なので開いてないのはわかっていました。
でも木々が生い茂っている中、白い花が見えています。
やっぱり花は満開のようでした。




f0364707_14244035.jpg


モミジの葉っぱのその上に見えるのが栴檀の花。

こんな風にモミジに覆われていて、その葉の隙間からサラサラと落ちてくるのです。
最初は見上げても、一体何がどこから落ちてくるのか全然わかりませんでした。
不思議でしたよ~。
知らないままの方が良かったかもしれません(笑)。





f0364707_14250291.jpg


お石茶屋さんは準備中。
真ん中の木が栴檀です。

じーーーっと見てましたが、散ってくる様子はなし。





f0364707_14252322.jpg


うーん。
まだ早かったようです。残念~~~。

それもそのはず、一昨年その姿を見たのは5月25日でした。
5月も終わり頃だったんです。


完全に早かったです。



栴檀は諦めて、次の目的へ。
お石茶屋さんから更に上に上がったところにある、天開稲荷社。




f0364707_14254411.jpg


この鳥居、なんだか神々しさを感じ、立ち止まってしまいました。


天開稲荷社は、参道が石段&坂道になっていて、ちょっとハードな道のりです。
(子供たちは走って上ってたけど・・・・)

お稲荷さんは、商売繁盛、人と人とのご縁を結ぶ大変ご利益のある神様です。
この天開稲荷神社は、天に向かって開かれたといわれているお社。
いつもは石段に躊躇してしまい、ここまでお参りには来ないのですが、この日は思い切って行ってみました。

・・・これまでもっとハードな道のりを歩いてお参りとか行ってるくせに、このヘタレ加減はどうでしょう。





f0364707_14260320.jpg


鳥居に一礼して上らせていただきます。




f0364707_14262811.jpg


この緩やかな段差が結構辛い。

ヘタレです


途中、近道と思われる階段と坂道の2ルートがありますが、階段は剪定のお仕事をされている人がいたので、坂道の方へ行きました。




f0364707_14265751.jpg


・・・坂もね、




f0364707_14272229.jpg


結構、急でしたよ。





f0364707_14280139.jpg


到着。

手水鉢のお水でお浄めをします。

そばには湧き水を汲める水道があり、ペットボトルに詰めている人もいました。
長寿のご利益があるそうです。



f0364707_14282736.jpg


ご神殿。




f0364707_14284890.jpg


天開稲荷社、ご由緒。





f0364707_14291476.jpg


そして奥の院へ。




f0364707_14293499.jpg


上に向かう石段。



f0364707_14295467.jpg


神弧さんがしっかり護っていますね。





f0364707_14301686.jpg


一旦上まで上るのですが、祠はそこから2、3段ほど下ったところにあります。
不思議な場所です。





f0364707_14310424.jpg


洞窟のようなところにお祀りされてあるのです。
中には祠。
天に開かれたお社なのに、奥の院はまるで土の中のようです。
けれどこれが本来あったお社なんですよね。
中は空気がひんやりとしていて、先ほどのご神殿とは全然雰囲気が違います。
神様としっかり向き合ってお参りができそうな場所です。

ここで思い出したのですが、似たようなところがありました。
岩と岩がくっつきあったような、まるで岩がご神体のようなところ。
胸の観音寺だったかな・・・???(過去記事はこちら
そこの奥の院がこんな感じだったような。
下って行く毎に空気がひんやりしてきて、冷たい空気はその真正面からくるはずなのに(方向的に)、真横に祀られている閉じた祠の方から漂ってくるような感じでした。

あぁ、絶対こっちにいる、と感じずにはいられませんでした。

一隅を照らせよ、との幟もありましたし、龍神様もお祀りしてあったし、巨岩がご神体・・・なんだか色々混ざり合った土着信仰のようなところでした。
(そこも二年前に行ったきり・・・)




ということで、天開稲荷社の参拝もすみ、御朱印もいただきました。




f0364707_14315261.jpg


稲穂のような、米俵のような、円が三つの御朱印。
とても明るく前向きな気持ちになるのはどうしてでしょう。
稲は日本人にとって大昔からこの上なく大切な命です。
絶やすことはない、と天が見守ってくださっている。
そう思えるような印だからでしょうか。


こちらの御朱印は、太宰府天満宮の御朱印授与所で授与していただけます。




by dawn1225aki | 2019-06-01 23:15 | 神社巡り