人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

f0364707_08462203.jpg


阿蘇郡南小国町の「茶のこ」さん。
この写真は3月10日に行ったときのものです。
(下書きボックスに入れて放置してました(;^_^A

この日、初めてお邪魔しました。
期間限定のスイーツが美味しいというお話を聞いてやってきたのです。



f0364707_08465944.jpg





f0364707_08473475.jpg


お洒落なディスプレイ。

壁の飾りはお茶の葉をイメージしたものかな~。




f0364707_08480379.jpg


本がたくさん置いてありました。
この辺りがゆっくりと滞在できるお店の雰囲気を出しています。




f0364707_08515101.jpg





f0364707_08542507.jpg




f0364707_08544873.jpg


前の記事でもアップしていますが、こちらは接写。
揺れる蝶々にピントを合わせるのが大変でした。



f0364707_08551102.jpg





f0364707_08553724.jpg


初茶のこさんでの初スイーツ!!

期間限定のいちごのパフェです。



f0364707_08555765.jpg





f0364707_08562009.jpg


お値段はそこそこするのですが、それでも食べてみたいと思ってしまいます。
細部までこだわりを感じさせる盛り付けが素敵。



f0364707_08565511.jpg


いちごとアイスだけではなく、中身も様々に工夫されていて、複雑な味でした。
もちろん抜群に美味しかったです。






f0364707_08590926.jpg


3月16日。
それから6日後にもまたまた来店(笑)。
(小国って近い!!)



f0364707_08593302.jpg


この向こう側は雑貨コーナーです。
オーナーさんのお好みでしょうね、なかなか普段見ることのないお洒落小物がたくさん並んでいました。
見るだけでも楽しいです。




f0364707_08595848.jpg


この日は軽食で、ハヤシライスをいただきました。
これも評判の美味しさ。




f0364707_09002054.jpg





f0364707_09004589.jpg





f0364707_09010644.jpg


お漬物も美味しい。




f0364707_09012900.jpg





f0364707_09021325.jpg


お茶はポットで登場。
そしてデザート付きでした。




f0364707_09031664.jpg


何もかもが美味しくて幸せな時間でした。
もう少し近ければもっと足を運ぶのにな~。
とても居心地の良いお店でした。







by dawn1225aki | 2019-08-31 08:25 | 喫茶・カフェ

f0364707_09480434.jpg


南小国町のお洒落な雑貨&カフェの「茶のこ」さんに行きました。
こちら、カフェスペースの隣にとてもセンスのある雑貨がたくさん並んでいます。
入り口から店内を見たとき、前回はなかった素敵なランプが。
蓮の花のランプです。
あの形は睡蓮かな?
とにかくパッと目を引く美しさ。



f0364707_09492855.jpg


遠目でイメージしていたより大きめ。
ペーパークラフトのような感じです。
触ってないのでわかりませんが。


カフェスペースはナチュラルな雰囲気で、居心地がとても良いのです。
時間がある時はゆっくりと入り浸ってしまいそう。



f0364707_09482272.jpg




f0364707_09484420.jpg




f0364707_09490588.jpg


いつも気になる蝶のモビール。
キラキラ揺れています。
吊っている糸?が細くて目立たないので本当に蝶が飛んでいるみたいです。


お食事も出来ますが、心惹かれるのは季節ごとに違うスイーツ。
旬の果物を使ったパフェが茶のこさんのイチオシメニューです。



f0364707_09495039.jpg


今の時期は当然、「桃」!!

桃のパフェです。
(名前は何かもっと違ったお洒落な感じでした。なんだっけ~~)



f0364707_09502451.jpg


アップにしてパチリ。
美しい~~。




f0364707_09504329.jpg


横にぴょんと飛び出しているほそーい葉っぱ。
表情があってとても可愛いです。
小さいのですが、パフェと一緒に食べると香りがすごく合うのです。
何のハーブかな?
聞いてみたら良かった。




f0364707_09512417.jpg


友人のパフェも一緒にパチリ。
桃は生ではありませんでしたが、それがパフェによく合って美味しかったです。
中にはゼリーやブラマンジェのようなムースが入っているのもとても新鮮。
オシャレで美味しいスイーツでした♡




by dawn1225aki | 2019-08-30 21:03 | 喫茶・カフェ

f0364707_08444213.jpg


黒川温泉の温泉手形加盟の南城苑に行きました。
手形は1つ1300円で、加盟している温泉施設の日帰り温泉に3ヶ所入れます。
一つ入るごとにその施設のスタンプを押してもらいます。
全部で28ヶ所ほどあるので、スタンプラリーのように楽しんで入るのもいいですね。

南城苑は黒川温泉の中ほどにある公営駐車場の敷地内にあり、停めてすぐに行けるので便利です。




f0364707_08450948.jpg


河童?猿?

表情がかわいいので撮ってしまいました。




f0364707_08452907.jpg




f0364707_08454843.jpg




f0364707_08461291.jpg




f0364707_08463717.jpg


何だろうと思ったら、中にはお魚が。
いけすでした。




f0364707_09452788.jpg


温泉卵が売られていました。
残念ながら完売???(;・∀・)




f0364707_08470901.jpg


フロントで受付をして、日帰り湯の半露天風呂へ。



f0364707_09451853.jpg




f0364707_08474662.jpg


ロッカーは暗証番号で開閉ができるものでした。
コイン無しで利用できるので、いいですね。
(番号を忘れないように・・・(;^_^A




f0364707_08482363.jpg


半露天の「星の湯」と「月の湯」
男女日替わりです。

この日の女湯は月の湯だったかな。





脱衣所に入ると、ドライヤーを設置している洗面台にこんなものが!!!


f0364707_08502650.jpg



「温泉顔蒸し器」!!!!


初めて見ました。



f0364707_08485347.jpg





f0364707_08495177.jpg


お湯が張ってあります。
この中に顔を伏せて蒸すということらしいです。
呼吸する、と書いてあるのでお湯には浸けず、蒸気を当てるんですね。



でもちょっと抵抗あるかなー。



珍しいもの見たさに開けましたが、閉めました(笑)。






f0364707_08505084.jpg




f0364707_08511363.jpg


貸し切り状態だったのでパチリ。

ここで体を洗ったり洗髪したりはできませんが、入り口からすぐ右側にあるシャワー室にはシャンプー、ボディソープが常備されているので、そこで洗えます。

湯船は二段になっていて、手前の湯温が低めだそうです。
でも上の段もそれほど熱くありませんでした。
どちらも私にはちょうどいい湯加減で、とっても気持ちよかったです。
その隣の足水がまたいい感じ。
底には砂利が敷き詰めてあって、歩くと程よい刺激が。
お湯に浸かったり、足を冷やしたりと楽しめました。





by dawn1225aki | 2019-08-30 09:23 | 温泉巡り

f0364707_22415059.jpg


2019年8月25日のランチは、この夏4回目のあそら食堂さん。
7月14日に初めてきてからもう4回目・・・
それだけ阿蘇に来てるってことです。
我ながらすごい。

・・・何が凄いかわかりませんが(;^_^A




f0364707_22421072.jpg




f0364707_22423124.jpg




f0364707_22425139.jpg


もうすっかりおなじみになった入り口。




朝ごはん定食が11時までで、それ以降のご飯メニューは3種類。
NO MEAT と書かれた「おから野菜バーグ定食」、「ノンフライ鶏から定食」、「ノンフライ鶏から&ポテト」
単品でごはんパンや玄米ご飯、白ご飯などあり。

気になるのはもちろん、おから野菜バーグ。
いつも朝ごはんの時間しか来なかったので、気になりつつも今までは食べられませんでした。
今日はいただいてみます。

100円プラスで玄米ご飯に替えられるとのこと。
食券機には白ご飯の880円しかなかったので、厨房のところで100円を手渡し。




f0364707_22433851.jpg


玄米ご飯のおから野菜バーグ定食です!

添えられたお豆腐をみて、「あ!卵のこと言うの忘れてた!」と気づく始末・・・
ちゃんとお豆腐に変更してありました。
覚えていてくださってたんですね、感激!!




f0364707_22435816.jpg


ボリューム満点のおから野菜バーグ。
確かにおからではありますが、ぱさぱさ感もないし、香辛料がほどよく使われていてパンチの効いた味になっています。
当たり前ですが、おからの煮物とは全く別物。
和風ソースも美味しいです。
本当に野菜たっぷりでとても嬉しい~。

玄米ご飯もお味噌汁も安定の美味しさ。




f0364707_22442190.jpg


卵バージョン。
おからバーグはNO MEATですが、お肉を普通に食べる人も卵が付くと満足感があると思います。
ボリュームがあるのでお腹いっぱいになりますよ~~(^▽^)/






by dawn1225aki | 2019-08-27 23:03 | 熊本

f0364707_08133674.jpg


2019年8月25日。
この日は友人の用事に付き合って、いつもよりゆっくり阿蘇巡り。
(また阿蘇!)

休憩で寄ったコンビニ前にいた鳥が全然飛ばない!




f0364707_08141918.jpg


カメラで追ったのですが、飛ぶことなくトコトコと歩いて去っていきました。
セキレイみたいな感じです。
道路と同化してるみたい(笑)。




f0364707_08450258.jpg


フォトスポット。
ここから撮るのは初めてかな?
涅槃像のおへそ辺りから噴煙が見えます。




f0364707_08454802.jpg





f0364707_08462425.jpg





f0364707_08464633.jpg


米塚~~~♪
遠くからでも存在感抜群。



f0364707_08470901.jpg


友人が、「あそこが大観峰」と教えてくれました。
筋金入りの方向音痴の私は「へえええええ」と感動。
こういうとき、方向音痴って得かもしれません。
いちいち(そんなことくらいで)感動できるんですから。





f0364707_08473267.jpg


一件用事を済ませたあとに寄ったのはここ、南阿蘇TEA HOUSEさんというハーブティーのお店。
前の道をよく通っていたのに一度も来たことがないんです。
「ハーブ園」と書いた看板が立っているのは気づいていましたが、「ハーブ園があるんだなぁ」くらいでした。




f0364707_08550036.jpg


古民家風の素敵な建物。
ハーブティーのお店とは思えない和風な感じです。





f0364707_08572513.jpg





f0364707_08575464.jpg


中にはたくさんのハーブティーが並んでいました。
ただ飲んで楽しむだけではなく、どんなメンタルのときにどんなハーブが合うのか、というようなことなども記載されてあったりして、ハーブを選ぶのが楽しくなるようなお店です。
ハーブを淹れるためのポットやカップなども豊富。




f0364707_08581257.jpg


2種類のお茶を試飲できました。
左が水出しのハーブティー、右が二十六茶という、二十六種類の野草がブレンドされたお茶です。
右は香ばしくて飲みやすく、左はハーブの甘さが際立つ味でした。
どちらも美味しかったです。





f0364707_08583066.jpg




f0364707_08585288.jpg


試飲でいただいたお茶が美味しかったので、探して購入しました。
多分こちら。
それと気になったハーブソルト。
塩大好きなんです(^ω^)




f0364707_08591421.jpg


ビューティースマイルというお茶。
ローズヒップ、ハイビスカスなど、美容に良いハーブが使われています。
ハイビスカスが入ると鮮やかな色が出るんですよね。
綺麗な赤いお茶でした。
甘さを感じたのはステビアが入っていたせいかも。
砂糖の甘さではなく、ほんのりとした甘さでちょうどよかったです。




f0364707_08593570.jpg


ここ南阿蘇店が本店で、他に支店が5店舗ほどあります。
また来たくなる素敵なお店でした。





by dawn1225aki | 2019-08-27 22:37 | 熊本

f0364707_07584179.jpg


かみさまがすまう森の廃墟と遺跡。

次のお部屋はこちら。
「廃墟の湯屋にあるメガリス」

長方体のオブジェが隣立している面白い空間です。



f0364707_07593507.jpg


床からボコボコと生えてきたようなイメージ。





f0364707_08001253.jpg




f0364707_08005772.jpg


表面のデザインは流れるように動いてどんどん変わっていきます。





f0364707_08013581.jpg


いつの間にか水がサラサラ流れ落ちてきて




f0364707_08021144.jpg


気がついたら雨の中みたい。




f0364707_08023577.jpg




f0364707_08034303.jpg




f0364707_08041596.jpg




f0364707_08051789.jpg




f0364707_08061756.jpg


写真はすでにヒマワリが満開ですが、最初は一輪、二輪。
少しずつ増えていってこうなりました。



f0364707_08063991.jpg




f0364707_08073456.jpg




f0364707_08075880.jpg


満開~~( °▽° )/


どれくらい変化するのか最後まで眺めていたい気もしました。
時間かかるでしょうね( ̄▽ ̄;)。



その次の場所はこちら。



f0364707_08085350.jpg


「地下道の奥の廃墟に舞う群蝶、そして超越する空間」

案内されて地下道の入口に立った時は、その雰囲気にドキッとしました。
足元に連なる明かり以外はほぼ視界ゼロ。



f0364707_08091345.jpg


蜘蛛の巣までも演出ではなかろーかと思えます。
(演出だったりして)




f0364707_08093786.jpg


奥に四角く切り取られた場所が見えます。

が、手前何メートルかで柵がしてあり、側まで近づけません。
遠いのではっきりとは見えず、何が起こっているのかさっぱりな感じが残念でした。
視力が悪いからかもしれませんね。
説明を読むと、コンセプトは素晴らしいです。
それを感じ取ることができなかったのが残念でした。



f0364707_08101663.jpg


帰り道。



次の順路はそこから御船山楽園ホテルのフロントロビーまで繋がった通路になります。
いきなりホテルの廊下に出てしまい、びっくり(笑)。
宿泊のお客さんもいたりして、ここホントに通っていいのかな?と思ってしまうほど。
でもそのまま進むとロビーに出ます。


ロビーはランプの森。


f0364707_08103529.jpg


去年とは雰囲気が違います。
その変化が楽しいですね。 






by dawn1225aki | 2019-08-27 12:20 | イルミネーション

f0364707_22164368.jpg


武雄市では毎年この時期、「武雄あかりめぐり」というライトアップのイベントが開催されています。
市内の大きな自然公園の御船山楽園では、チーム・ラボが主催する大規模な展覧会が開催されていて注目されています。


↑↑↑こちらをどうぞ。


「かみさまがすまう森」開催時間は基本は日没からですが、11時30分から日没まで「かみさまがすまう森の廃墟と遺跡」というタイトルで、施設内の湯屋跡で、昼の部が同時開催されています。

その昼の部目当てに行ってきました。
いつもの御船山楽園の駐車場に着くと、スタッフさんから別の駐車場を案内されました。
昼の部のみ、臨時駐車場が出来ていて、裏の方の入り口から入場するようになっていました。
(湯屋にかなり近かった)



f0364707_22171440.jpg


御船山の雄大なこと。




f0364707_22174118.jpg


夜の部になると、この山と麓のツツジの群生が見事に照らされます。
まるで生きているように光が明滅し、とても綺麗なのです。


「廃墟」として会場になっている、敷地内の大浴場跡へ。


f0364707_22204861.jpg


「廃墟の湯屋にすむ生き物たち、レッドリスト」

暗闇の中、入場すると鮮やかな生き物たちが出迎えてくれました。
入ってすぐの部屋で、生き物たちの塗り絵をすると、自分の描いたものがこのスペースに投影されて動き出すという趣向。
子供たちは喜びますね。




f0364707_22205848.jpg




f0364707_22210931.jpg




f0364707_22212202.jpg


カエルやサンショウウオたちがぴょこぴょこ動き回ります。
人の足にぶつかるとパッと色を散らしていくのが面白いです。
ライトだから実際にはぶつかりません。
なのにそんな変化が起きるのが不思議。
これこそ、人が関わることによって変化していく姿を見せるという、チーム・ラボの真骨頂なんですけどね。
最初はカエルが潰れるのかな、と思って見てたのですが、色を散らすだけでカエル自身は飛び去って行きました。

ホッ(笑)




f0364707_22213752.jpg




f0364707_22215212.jpg




f0364707_22220630.jpg




f0364707_22221867.jpg


カラフルなクジラが二頭、優雅に足元を泳いでいるのが美しかったです。







by dawn1225aki | 2019-08-27 09:02 | イルミネーション

f0364707_21431240.jpg


武雄神社。
佐賀の巨木ベスト3のひとつ、樹齢3000年を誇る御神木の大楠がある神社です。
境内に入るなり、雨足が一気に強くなり土砂降りに・・・ハァ。
参拝するときにお天気が変化するのは、歓迎されている証、とも言われますが、土砂降りっていうのもそうなの?
傘をさしても濡れる勢い。




f0364707_21440465.jpg


しっとりした境内。


参拝して、去年お世話になった御守りを返納しました。
今回はこれが一番の目的。
やっとお返しできたーーー。



f0364707_10053458.jpg
ありがとうございました。





御神木の大楠のところへ。





f0364707_21462857.jpg


雨に濡れた大楠はどんな雰囲気なんだろう~。
と思っていたら、周りがすっきりとしていたので意外にも明るかったです。

もっと重くて深~い雰囲気を想像していたんだけど。




f0364707_21470956.jpg


でも、なんだか嬉しそう。
気持ちよさそう。
雨ってやっぱり草木にとっては嬉しいのかな。


遠いので行く機会は年に一回ほどですが、年に一度、神の木のフィトンチッドを浴びてるわけですから、元気でいられそう。



大楠に会ったあとは、もうひとつの目的へ。



f0364707_21484561.jpg


良縁成就、商売繁盛、金運、心願成就などのご利益があると言われる夫婦檜。
今回はここに祈願します。




f0364707_21493559.jpg





f0364707_21575259.jpg


夫婦檜に祈願するのに、むすび鈴のついた宝来守があります。
鈴についた紐の色によって祈願の内容が違います。



f0364707_10242051.jpg






f0364707_21583931.jpg


赤い紐で!!!(^▽^)


ちなみに、自分の願掛けではありませ~ん(笑)。
(私なら黄色か白!)
何事も祈願というのは自分のために祈るより、人のために祈った方が叶うと言われていますね。
強いご利益を持つ高塚地蔵尊では、病気平癒の祈願をされる人が多いですが、そのときも大事な人のために祈願すると叶いやすいと言われています。




f0364707_21590517.jpg


この、人の想いの多さよ・・・


しっかりと結んで祈願しました。





f0364707_21593794.jpg


こちらの御守りは身につけます。


この祈願をして程なく、2人の娘さんのご縁談が成就した友人がいます。
効き目がすごい!!

叶うといいなぁ。





f0364707_22005909.jpg


新しい大楠守です。

武雄のあかりめぐりの期間中の限定授与品。
通常の大楠守と同じように大楠の洞の中で祈願されたもので、ご利益は変わりません。
毎年出ているものかはわかりません。
私は今年初めて見ました。

金色の御守りが透けていて、ライトアップされた大楠の姿が写っているようです。




f0364707_22011854.jpg


ピカピカ。



f0364707_22013888.jpg


せっかくなのでこちらを戴いてきました。

大楠守をいただくのはもう4年目くらいでしょうか。
あちこちの神社に行きますが、身に着ける御守りとして毎年いただくのはこちらだけです。
大楠の守護の力を信じています。





f0364707_22000390.jpg


令和記念の御朱印。
五月だけの授与かと思っていたら、まだありました。
シンプルでキレイな御朱印です。


毎年7月には参拝に来ていたのですが、今年はなかなか来れず、焦っていました。
行くつもりだったのに大嵐でキャンセルしたり、予定が詰まっていたり。
今回も雨が降ってしまったのですが、この日がダメだったら次はいつになるかわからない状態だったので決行しました。
やっと来られて良かったです。

今年もきっと、健康で良い一年になることでしょう。





by dawn1225aki | 2019-08-26 10:59 | 神社巡り

f0364707_21305811.jpg


2019年8月24日。
佐賀県武雄市の「塚崎の大楠」へ行ってきました。

武雄と言えば有名なのが、樹齢3000年を超えると言われる武雄神社の御神木「武雄の大楠」。
なんといっても神様が宿る木そのものの風貌をした素晴らしい楠です。
ところがそれ以外にもベスト3に入る素晴らしい巨樹があるのです。
ひとつは「川古の大楠」(これは佐賀県ナンバー1)、そしてもうひとつが、ここ、塚崎の大楠と言われる木です。
武雄の大楠と川古の大楠には会いに行ったことがありますが、ここは初めてでした。

奇しくも武雄神社のすぐ近く、武雄市文化会館の敷地内に入り口があります。
車は館内の駐車場に停められますが、催し物があるときは満車になっていたりします。
その場合は武雄神社の駐車場に停めるといいと思います。
それほど遠くないですよ。






f0364707_21333061.jpg


塚崎の大楠の看板です。
まだ新しい感じなので最近立てられたものかな?





f0364707_21343794.jpg


ここは武雄城(塚崎城)の跡地だったのですね。
だから塚崎の大楠なんだ!




f0364707_21354764.jpg



入り口に立っている杉の木の間を通り抜け、進んでいきます。
まるで山登りのような雰囲気。
すると結構段差のある階段がありました。
それをしばらく上がっていくと、獣道のような道が続きます。
雨降りだったのですが、山の中に入っていくと木の葉が遮ってくれてあまり雨粒は感じませんでした。
そのせいか、蚊が凄かった~~~。

距離は看板にもあったように50m程度。
こんな天気じゃなければそんなに大変ではありません。


進んでいくと唐突に現れた姿。


f0364707_21364169.jpg


間違いなく「あれだ!!」と確信できる姿でした。




f0364707_21370626.jpg


周囲の木々とは全く違う威勢を放っています。
すでに圧倒されつつ近づきます・・・




f0364707_21373031.jpg




f0364707_21375022.jpg


凄いです。

iPhoneのファインダーに収めるのが申し訳ない。





f0364707_21381739.jpg


こんなもんじゃないんですよー、実際は。

山の中に突如存在する大楠。
予備知識も何もなくこの姿を初めて発見した人はどれだけの感動だったことか。
その驚異に震えたかもしれませんね。




f0364707_21383863.jpg




f0364707_21390215.jpg


昭和38年の落雷で、主幹の半分以上が失われてしまったそう。
けれどしっかりと生きています。




f0364707_21392060.jpg





f0364707_21400246.jpg


中へも入れなくはないですが、近年土が踏み固められたりして幹回りが衰え、空洞の進行が懸念されている、という記載があったので何だか入れませんでした。





f0364707_21402757.jpg




f0364707_21405037.jpg





f0364707_21412978.jpg




f0364707_21414768.jpg


武雄の大楠も空洞がありました。
神社では、そこで祭祀が執り行われていますが、年月を重ねた木は空洞化していくものなのでしょうか。


今回は中に入れなかったけど、例え入って来られたことで何らかの影響が出てしまったとしても、私たちが自分の足で近づき触れることで起きた影響なら、
許してくれるのではないかなーとかも思うんですよね。
私たちよりも遥かに長い遠い年月を生き抜いてきた樹ですから、今、私たちが関わろうとしてきても、それはそういう流れだったんじゃないかと。
守っていきたい気持ちはもちろんありますが、それすらもおこがましいような気持ちになったりします。
結局、あまりにも偉大なんですよね。
樹齢2000年~3000年なんですから。
私たちの思惑なんてどうでもいいと達観されているような気もします(;^_^A




by dawn1225aki | 2019-08-26 09:43 | 巨樹

ソルトランプ

f0364707_21221799.jpg


ヒマラヤ岩塩のランプ。
中は電球です。
点灯すると、マイナスイオンが発生して、鎮静効果、癒しの効果が高まります。
夜も熟睡できるようになるとのこと。
そんなに強い熱を発生するわけではないのに、点しているとその方向から熱を感じてくるのです。

岩塩パワー、効き目ありそう~。



f0364707_21224031.jpg


部屋の電気を消して点すとこんな感じ。
光量は調節できます。

今は自室に置いていますが、家中に置きたいくらい。
でも、毎日1時間は点しておかないと、湿気の多い時期は溶けてくるんです。
だから家中っていうのはムリだろーなー。
確実に忘れず点灯できる部屋のみにしておきます。




by dawn1225aki | 2019-08-25 21:30 | 備忘録