人気ブログランキング |

タグ:カフェ・レストラン ( 51 ) タグの人気記事

f0364707_15292448.jpg


2019年5月12日。
湯布院へ行ってきました。
ずーーっと先延ばしにしていた母の喜寿のお祝いに、女三人、温泉旅です。


先にお宿に寄って荷物を預け、チェックインまで散策へ。
食事がまだだったので、お蕎麦屋さんに入りました。
石臼びきそば こうき。
由布駅の前にも同じ名前のお店を見かけました。姉妹店でしょうか。

湯布院の賑わう通りの喧噪とは全然かけはなれた静けさ。
人も少ないです。



f0364707_15301617.jpg




f0364707_15304621.jpg


ざるそば。
本わさびつき。



f0364707_15310793.jpg


その場でおろしていただきます。
こういうのは珍しいですね。
なかなかうまくおろせず、母と妹と三人で交代でおろしました。
お蕎麦は美味しかったです。



f0364707_15311605.jpg


レジのところには石臼。
昔使っていたものでしょうね。
上の穴に蕎麦の実を入れて、棒をぐるぐる回して挽いていたんですね。
食べてしまうのは一瞬ですが、なんと手間のかかることでしょう。
なんでもありがたくいただかないといけませんね。




f0364707_15314019.jpg




f0364707_15320544.jpg


馬車を見つけました!

あの人数に馬がたった一頭・・・・馬って凄い!

ばんえい競馬の道産子馬みたいなゴツイ馬でした。



お蕎麦屋さんの向かい側に見つけたのがこちら。


f0364707_15323093.jpg


ノーマン・ロックウェル湯布院美術館。

ノーマン・ロックウェルはアメリカのイラストレーターで、本の挿絵や社会を風刺した風刺画、人間らしさがにじみ出るような日常風景などを描いた有名な人です。
名前を聞いても「?」かもしれませんが、その絵をみたらきっと「あぁーこの絵ね!」と思う人が多いことでしょう。
母も妹も知らなかったのですが、私は昔から好きだったので引っ張っていきました(笑)。




f0364707_15502873.jpg




f0364707_15505417.jpg




f0364707_15512328.jpg


一階、二階に豊富な絵の展示。
美術館にまつわる新聞記事や、一言メッセージが書けるノートが置いてあったり。
ゆっくりと時間をかけて閲覧できる雰囲気でした。

手書きの説明カードがそれぞれの絵に添えられていて、それを読むのがとても楽しい!
絵にちなんだエピソードなども豊富。
じっくり読みながら回ると時間が経つのも忘れそうです。

その中に、「The Marriage License」という絵があります。
直訳すると「結婚許可証」。
つまり婚姻届けでしょうか。
それを出しに来ている若いカップルの姿を描いたものです。
上の方にカレンダーがあり、日付は6月11日。
実際にこの美術館でも、この日に彼女をこの絵の前に連れてきてプロポーズしたカップルがいるそう。
そして毎年6月11日にはここに立ち寄り、写真を撮られるとか。
そういうエピソードが書かれてありました。

素敵~~~~~~♡
素敵すぎる~~~♡
もしかして車のナンバーも・611とかですか~~~????
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

他にもとある絵の女の子のモデルになった人は、大きくなってノーマンロックウェル美術館(米)のスタッフになられた、とか。
そんな素敵エピソードがたくさんあります。

湯布院は美術館が多いので、いつか湯布院美術館巡りをやってみたいです。

しばし散策の後、休憩がてらカフェへ。





f0364707_15325726.jpg


カフェDUOさん。
駐車スペースはお店のすぐ横の壁際です。
数台停められます。




f0364707_15331819.jpg


実は入るときは気づかなかったこのタペストリー。
ラテアートや3Dアートが凄いみたいですが、何も知らずお店に入りました。




f0364707_15334129.jpg


これ、オシャレです♪




メニューには、ラテアートの写真がズラリ。
私は普通のコーヒーでしたが、妹はカフェオレを注文。
すると登場したのが・・・




f0364707_15340272.jpg


3Dラテアート!!
初めて見ました!

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-ー
と感動することしきり。
崩れないうちに、と写真も撮りました。




f0364707_15342214.jpg


シロクマかな~。
可愛いです。
このカフェはこのアートが売りなんだなーと思いました。
飲むのがしのびないようで、どこから飲んだらいいの?と迷っていた妹ですが、思い切ってズズッと飲んでおりました(笑)。
今度は普通のラテアートも見てみたいです。


この日は日曜。
お土産屋さんなどのお店が並んでいる通りは、まるでホコ天のように人が歩いています。
でもそこ車道ですからーー!!
そこを車で通るのが大変で大変で。
人をかき分けて進むという具合。
駐車場がその道沿いにあるので仕方ないのです。
精神的にいけませんね。ヘトヘトになりました。
せめて端に寄るとかして歩いてほしいものです。

カフェを出たあとはお宿へ・・・。



by dawn1225aki | 2019-05-27 17:05 | 湯布院

f0364707_10463468.jpg


2019年4月20日。
月廻り温泉でお風呂に入ったあと、すぐ近くの高森田楽の里へ行きました。
ちょうど日の入り間際。
山に沈むお日様をしっかり見ることができました。




f0364707_10470837.jpg





f0364707_10482488.jpg


駐車場からこの階段を上がっていきます。





f0364707_10485340.jpg


田楽のお店だけではなく、何店舗かあるようでした。




f0364707_10491571.jpg


入り口を入ると土間。
右側に広いお座敷があります。
靴を脱いで上がります。




f0364707_10493756.jpg


入ってすぐのレジのところの照明。
木製の車輪に電球を下げたものです。
荷車などに使われていたような感じの車輪。
面白いです。




f0364707_10495991.jpg


部屋にはいくつも囲炉裏が設えてあり、その傍に座ります。
火があかあかと熾っていました。
その勢いですぐに顔が火照ってしまいます。
(夏は絶対暑い・・・・)
この日は日中気温が高く、暑かったのですが、夕方になるとそれほどでもなくなったので大丈夫でした。




f0364707_10501798.jpg


天井の梁の長いこと。
立派な古民家です。




f0364707_10504196.jpg


田楽セット。
一番お手頃です。

前菜にお漬物やぬた、ちょっとした煮物が一皿に盛られてでてきます。
そして、こんにゃくと椎茸。
炭火の周りにも串にさした野菜や豆腐などが並べられていきました。





f0364707_10510940.jpg


里芋、お豆腐、野菜(沢蟹つき)、そしてヤマメ~~~~♪
三種類の田楽味噌がついてきます。
山椒みそ、柚子みそ、あとはなんだっけ~。
梅の風味がしたような・・・忘れてしまいました。
お店の人が、お野菜にはこれ、お豆腐にはこれ、と合うお味噌を説明してくださいます。




f0364707_10513667.jpg


生揚げ。





f0364707_10521001.jpg





f0364707_10523654.jpg


ナスとししとうの上には沢蟹です。
あまりのさりげなさに最初はよくわかりませんでした。
片面が焼けると向きを変えて反対側も焼きます。

連れは赤牛とネギの串を一本追加。

それぞれの食材に合うお味噌を教えてもらいましたが、どれを付けていただいても美味しかったです。
結局、一つのものに三種類ともつけて食べ比べたりしてました(笑)。
カニはそのままバリバリと食べれるくらいの固さ。
ワイルドです。

ヤマメだけは塩を振ってありましたので、そのまま塩焼きで。
火が通るのが思ったより早く、ほっくりと焼けてこれもまた美味。
川魚ってどーしてこんなに美味しいんでしょうね~。

私は魚を食べるのが下手な方ではありません。
自分で言うのもなんですが、猫みたいに食べてしまいます。
でも昔はあの骨が苦手で、結構ぐちゃぐちゃになったりしてました。
あるとき、お魚をキレイに食べるにはどうしたらいいかという文章を読んだのです。
出所は忘れてしまいましたが、「骨の標本を作るつもりで食べると良い」と書いてありました。


なにそれーー。


って思うでしょうね。
けど、それからなんとなく、お魚を食べるのが上手になったような気がします。
(笑)(^^;




f0364707_10525975.jpg


だご汁、そしてご飯が付きました。
この辺りのだご汁と言えば味噌仕立て。
でもこれはお醤油ベースのだご汁でした。
珍しいね~と言いながらいただきましたが、田楽でお味噌が出てくるので、お汁はそうじゃない方で、ということなのかもしれません。
いただいたあと、やっぱりこのセットではこっちの味付けの方がいいな、と思いました。
ご飯は残ったお味噌でいただくと、とまらない美味しさです。




f0364707_10532670.jpg


食事が終わるとフタがかぶせられました。
とたんにスーッとほてりが治まる・・・(笑)
同時に、カチコチに凍ったおしぼりを持ってきてくれます。
熱々で食事をしていたので、それがとっても気持ちが良いのです。


同じ部屋で何組ものお客が食事をするので、親近感がアップです。
話の内容も様子も丸わかりですから。
そんな中、ちょうど私たちの隣りで食事をしていたグループの中にお誕生日の人がいたようで、サプライズでケーキを用意していたみたいでした。
お座敷の人たちみんなが「おめでとうございます!」と和やかムードに。
言葉を聞くと韓国から来られた方たちだったようです。
ケーキを小分けにして、一皿ずつ他のテーブル(囲炉裏?)のお客さんたちにおすそ分けしてくれました。




f0364707_10534831.jpg


お祝いのおすそ分けです。

(人''▽`)ありがとう☆





by dawn1225aki | 2019-04-29 13:54 | そとごはん

道の駅むなかたへ行ってきました。

オープンは9時。
到着は9時半頃だったでしょうか。
開店から30分くらいでもう既に入り口近くの駐車スペースは満車。
第二を通り過ぎて第三の駐車場へ誘導されてしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)
(入り口までが遠い・・・)
駐車場は新しくなったようで広々としていました。

前日までの陽気とは打って変わって寒いです。
海が近いので風も強め。
来る途中に桜の木が何本もあったので眺めながら来ましたが、八分咲きまでいかないものもたくさんありました。
海が近くて盆地より寒いからでしょうか。

物産館内は相変わらずの多さ。
休日に来るなら覚悟はいります。
人の波を縫うように館内を散策して、とりあえずお買い物は一通り終了。
ここに来たら他に必ず寄るのが同じ敷地内の米粉パン工房「姫の穂」。
しっとりもっちりの米粉パンがとても美味しいパン屋さんです。
新しいお土産やさんもできていました。

宗像観光おみやげ館。
(画像はお借りしました)


f0364707_14034614.jpg


物産直売所には置いていない、宗像の特産物や福岡のおみやげ品が置いてあります。
となりのスペースはテラス席のようになっていて、休憩することもできます。


正助ふるさと村のアンテナショップ。


f0364707_14013335.jpg


テイクアウトのソフトクリームやドリンク類が売られています。
ソフトクリームは八女玉露とかあまおう苺とか、福岡らしい~。
孝行焼きっていうのがちょっと気になったんですが、実はちいさな人形焼みたいなものでした。
正助さんは親孝行で有名な方でしたからね。

f0364707_14090240.jpg


あれ?

寒い・・・って言ってなかったっけ?


(;・∀・)




あまおう苺。
このコーンが好きなんです。
このコーン限定で好きです。



フレッシュな苺の味わい。





実はここの道の駅に来たら、いつも入りたい入りたいと思っていた食事処。

レストラン おふくろ食堂はまゆう。

田舎って、いいなぁ~って思えてしまう店名。


でもいつも、たまたま日曜でお客さんが多かったり、時間の余裕がなかったり、だいたい直売所がオープンする9時前後に来るので11時開店まで待ちたくなかったり(なんじゃそりゃ)、とか入れない理由の方が多くて叶いませんでした。

が!

今回は待ちました。



f0364707_13501824.jpg


直売所の左寄りの出入り口のところに、レストランの入り口があります。
なんか店構えが微妙な場所で・・・
なんでこんなことになってるんだろ
まるで大きな衝立の陰に並んでいる感じ。

あ、でも、ここに並ぶことで、お買い物のお客さんの邪魔にはなりませんね。
なるほど。
11時開店ですが、10分前くらいになると列ができてきます。





f0364707_13515175.jpg


カフェテリア方式、とでも言うのでしょうか、順に並んでそれぞれ好きなお料理を取ってトレイに置いていきます。
メインおかずから副菜やデザートなどが何種類も並べてあります。
丼ものは列の最後のレジで注文します。

お会計を済ませてから席へ。
(先に席を取るのはNG)



f0364707_13521354.jpg


早春メニュー。
鯛とブリの丼セット(お味噌汁、お漬物、丼のタレ付)1100円。
野菜サラダは140円で、計1240円。
なかなかお値打ち価格では?
これにイクラが乗ると1300円。

サラダは見た目そうでもなさげですが、ぎっしりキャベツが詰まっていて、ボリュームがありました。
ドレッシングや、その他の調味料は別テーブルに置いてあるので、そこに行って使います。




f0364707_13523548.jpg


刺身醤油でいただいても良かったのですが、せっかくタレが付いていたのでそれをかけてみました。
甘口ではありますが、甘ったるくはありません。
お刺身は歯ごたえがあり、美味しいです。
ほかほかご飯も美味しい~~。
ワサビは私には効きすぎ(笑)。ていうか、多いです。
でも無いと物足りないですね。


前々から入りたいと思っていたところですが、案外簡単でした。
そんなに1時間も二時間も並ぶ必要はなかったし、10分くらいですかね。
そのくらい待ってれば入れました。

一人で~を、シリーズ第3弾(?)。

一人で海鮮丼を食べる女。
しかも道の駅食堂で。


・・・特に問題なし。







by dawn1225aki | 2019-03-31 14:42 | そとごはん

f0364707_21114051.jpg


南阿蘇の洋菓子店、「苺凛香(ばいりんか)」さんに行きました。
地元の食材を使った、新鮮で安全安心の手作りスイーツです。
ショーケースに並ぶケーキたちが宝石のよう~。
うっとりしてしまいます。




f0364707_21120481.jpg


生洋菓子だけではなく、焼き菓子なども置いてあります。
テーブルもナチュラルな雰囲気で素敵ですねー。

イートインスペースがあるので、お店のケーキをここでいただくこともできます。
ドリンクとセットにもできます。





f0364707_21123331.jpg





f0364707_21125165.jpg





f0364707_21131305.jpg


ホットコーヒー。




f0364707_21135024.jpg


お店の傍の自家農園で栽培されたいちごを使ったケーキ。
そして、イートイン限定のチョコレートケーキ。
どうしても選べなかったので2つともいただきました。(;^_^A




f0364707_21141333.jpg


ケーキのデザインもお洒落です。
フォークで崩すのが偲びないですね。




f0364707_21145201.jpg


とても綺麗にみえているいちご。
イチゴも本望でしょう。
ビジュアルにも見とれてしまいます。

甘さ控えめ、あっさりしたクリームのケーキなので、イチゴの美味しさが際立ちます。
ペロッといっちゃいました。




f0364707_21143211.jpg


イートイン限定のケーキです、とおススメされました。
どうしてイートイン限定なんだろう???
興味津々・・・
見た目はチョココーティングされたケーキなのですが。
(思わず、福岡産アイスのブラックモンブランを思い出してしまいましたよ~。こんな感じでコーティングされてますよねぇ??ナッツ入りで)


ナイフを使って切ってみると、謎が解けました。



f0364707_21150997.jpg


ケーキってより、チョコレートムース!!

すっごく柔らかくて、フワフワトロトロ。
周りのチョコのおかげで形を保っている感じ。
なんとまぁ、繊細な。

この感じを楽しむにはやはり買ってすぐ、店内でいただくべきですね。
口の中で溶けていくようで、とーーっても美味しかったです。

土曜日だったこともあり、お客さんはひっきりなしでした。
イートインの人も多かったです。
落ち着いてくつろげる、いい雰囲気なんですよね。

美味しくいただきました♡




by dawn1225aki | 2019-03-15 21:58 | 喫茶・カフェ

f0364707_20572130.jpg


飯塚市秋松の「ふらんす亭」さんに行ってきました。
こちらは1980年オープン、もうすぐ40年を迎える老舗のフランス風レストランです。
昔からお店は知っていましたが、ランチのときにしか行ったことがありませんでした。
ランチはとてもリーズナブルなお値段で美味しい洋風料理がいただけます。
今回は、家族の還暦のお祝いにということで初めてのディナーです。





f0364707_20574320.jpg




f0364707_20580105.jpg


入り口のドアを開けるともうひとつ、店内へ向かうドア。
開けた途端、目の前にこのお店のマスターご自慢のオーディオセットがど~んと出迎えてくれます。
ものすごいスピーカー・・・
音が素晴らしいです。

半個室のようになっている席へ案内されました。



f0364707_20582478.jpg


こじんまりと落ち着く雰囲気。




f0364707_20584142.jpg


フルコースのカトラリーがズラリ。
気になったのは左端のトングのようなもの。
何を挟むんだろ・・・

サーブしてくださる方はとっても感じの良い方で、気さくにお話できました。




f0364707_20590320.jpg


フランスのトリコロール国旗が下がっている奥が厨房です。
照明もゴージャスですね。
お店のオーナーシェフが4年間過ごしたというフランスのレストランをモデルにした造りだそうです。
雰囲気が素敵です。



予約のときに「お祝いなので」と言うと、Bコースをおススメされました。




f0364707_20593770.jpg


オードブル2品。
ホウレンソウのムース、地鶏(美濃かしわ)のスモーク サラダ添え。
地鶏だけあって歯ごたえ抜群。
しっかりしていました。
ホウレンソウのムースはホウレンソウと卵なんですけど、それだけじゃないような不思議な味わい・・・。
とても美味しいです。
ソースが独特なのかな~、スパイシーな感じもしました。




f0364707_20595440.jpg




f0364707_21001668.jpg


パンはドイツロール。
ホカホカです。
見た目はハードに見えますが、手に取ると柔らかで食べやすいです。
ソースにもスープにもなじみます。




f0364707_21003866.jpg


エスカルゴ。

気になったトングはエスカルゴを挟むためのものでした。
初めて使うので手元が挙動不審・・・(笑)。
けれどお店の方が丁寧に教えてくださいました。
エスカルゴ自体、初めて食べます。
トングの形が貝に合っているのでしょう、かっちりと挟んでくれて使いやすかったです。
挟んだ貝の中身を、細いフォークのようなもので出していただきます。
お皿の真ん中の凹んだところに貝の中のオイルを出して、パンにつけて食べると美味しいですよ、とのこと。

おお~それは素晴らしい!




f0364707_21010584.jpg


早速♪

ていうか、エスカルゴがめっちゃくちゃ美味しいんです!
もっと食べにくい味かと・・・何しろカタツムリの一種でしょ~
ところが、臭みをしっかりと取り去り、まるでアヒージョのようにオイルとソースで味付けをしているので味わい深い。
まさかこんなに美味しいとは思ってなかったので、感激でした。
今日のイチオシです。

そのオイルに浸したパンも最高です。




f0364707_21013283.jpg


魚介類のココット インディア風味。
カレー風味のココットです。

凄い熱々。
中にはアサリなどの魚介がたっぷり。
食べるスープみたいな感じでした。
カレー風味なのでスパイシーなのにまろやか。
優しさを感じる味でした。



f0364707_21020547.jpg


この壺のようなものは・・・???

と思っていたら、オニオングラタンスープ。




f0364707_21022337.jpg


フタは熱くないのですが、器がこれまた熱々で、中身をかき混ぜたときにジューーッて言うほど。
このままオーブンでグリルしたのでしょうね。




f0364707_21084018.jpg


どこにオニオンがあるの?ってくらいとろけています。
そしてスープが沁み込んだパンが・・・・

あ~~ 幸せの味。

フレンチフルコースにオニオングラタンスープなんて初めてです。
すっごく嬉しい。


ここまででもう目一杯満足していたのに、メインディッシュはこれからだという。
大丈夫か私
予想以上にボリュームあります。




f0364707_21085754.jpg


天然白身魚(多分甘鯛)の料理。
ホウレンソウとファルファッレが添えられています。
細かいお料理の説明がなかったので、テーブルに置かれてあったメニューを色々と見比べて考えるに、モリネソース添えかと。
モリネソースを調べてみると、ベシャメルソース(ホワイトソース)にブイヨンを入れて煮詰め、チーズを加えたもの、とありました。




f0364707_21091396.jpg


ソース、絶品です。
お魚はほろほろと柔らか。
食材はオーナーシェフが吟味したものだそう。
どれも美味しいです。


そしてお肉料理へと・・・

若い人なら大喜びでしょうね。
いえ、もちろん私たちも美味しさに大喜びでしたけど。




f0364707_21092982.jpg


牛ヒレステーキ シャリアピンソース。
シャリアピンソースって何?と思ったのでまたまた調べてみると、玉ねぎとニンニクを使ったステーキソースのことだそうです。
滑らかなこのソースは玉ねぎとニンニクなんですね。
サラッとしているのでピューレ状にしているのでしょう。




f0364707_21094583.jpg


予想外のボリュームだったんですが、間違いない美味しさでした。


更にデザート、コーヒーと続きます。


f0364707_21100181.jpg


今日は、この時期限定のいちごのデザートでした。
何の変哲もない普通のいちごのムースっぽく見えますが、変哲ありあり。
まずいちごソースのクリーミーかつフルーティなこと。
すっごい美味しい!!!
そして中になんとビスケットが入っているんです。
そのビスケットが濃厚なバター風味で、ソースをグンと引き立てて、リッチな味に変化させています。
美味しくて楽しめるデザートになっていました。
ホント凄い!
もーー、ナニコレ~~って思うほど。
絶品でした。
限定デザートをいただけて幸せです。




f0364707_21102347.jpg




f0364707_21104095.jpg




f0364707_21111476.jpg




f0364707_21113348.jpg


店内にどーーんと存在感をアピールしているオーディオ&スピーカー。
見事ですね。
音は抜群です。



f0364707_21115205.jpg


ふと上を見ると・・・

鹿の角です。

これまた奇抜な(笑)。
でもアーティスティックで面白いです。

味よし人よし雰囲気よし。
何から何まで私たちには大満足のひとときでした。
還暦の良い記念になったかな~。

またいつか利用させていただきたいと思います。





by dawn1225aki | 2019-03-02 22:22 | そとごはん

f0364707_21252793.jpg


2019年2月23日。
京都郡みやこ町のフルーツ工房えふさんに行ってきました。
えふさんの中でも人気の一品、この季節のパフェ「いちごパフェ」が目的です。
夏の桃パフェがナンバーワンの人気を誇っていますが、いちごパフェも美味しいのです。
桃パフェよりも期間が長いのが嬉しいところ。
パフェのお値段は時価のようなものですが、今年も900円でした。




f0364707_21254907.jpg


外が見えるカウンター席にて。




f0364707_21261581.jpg


ランチは今週のパスタ「サーモンのクリームパスタ」です。
サーモンと言えば、ホウレンソウだよねーと思っていたら、やっぱりホウレンソウも入っていました。
嬉しい♪
サーモン、ホウレンソウ、クリーム・・・というのは王道ですね。




f0364707_21263852.jpg


サーモンもホウレンソウもたっぷりと。
どこに具があるの~?ってパスタも多い中、ボリュームもあって満足感のあるひと品です。
ランチはミニパフェのついたセットにもできますが、目的はいちごパフェなので単品で。




f0364707_21280298.jpg


はい。本命登場(⌒∇⌒)

去年はいちごは半分に切って盛り付けられていましたが、今年は丸ごといちごで埋まっています。
どっちでもいちごオーラは変わりません。
キラッキラしています。
何度ここに来ていても、何度パフェを食べていても、こうやって出してもらったときには毎回歓声が出るんです。




f0364707_21282855.jpg


アイスクリームに負けないいちごの甘さ。
感動ですね~。
そして相変わらず、フルーツの味を引き立てるように作られているアイスクリーム。
アイスもいちごも冷たいので、生クリーム(これも冷たいはずですが)が常温に感じる・・・
そしてそれが、冷たくなった口の中をホッとさせてくれるのです。
ところどころに敷かれているフレークの食感も楽しい~♪
絶品です!
冬場でも関係なく、食べたいと思わせるパフェですね。





f0364707_21290813.jpg


食べたばかりなのに、またリピートしたくなる美味しさでした。



<フルーツ工房 えふの記事>



by dawn1225aki | 2019-03-02 15:20 | 喫茶・カフェ

f0364707_20201534.jpg


直方市頓野にある、ケーキ&カフェのお店「ボヌジュルネ」
この四月まででカフェ営業を終了するとの話を聞き、慌ててやってきました。
終了するのはカフェのみで、お店はテイクアウト専門として続けるそう。

この日はあいにくの雨模様・・・



f0364707_20203520.jpg




f0364707_20210398.jpg


入り口前のボードにお店の改装のお知らせ及び、今後の営業スケジュールが貼られてありました。




f0364707_20215837.jpg


20年もの間、営業なさってたんですね。
それなのにカフェを利用したのはこの日で2回目。
知らなかったとはいえ、残念です。
前回来たときも、その居心地の良さがすっかり気に入ってしまったので。
(前回の記事→こちら

終了の日までまだ日にちがあるので、まだ来れるかなぁ。




f0364707_20222961.jpg


この前も見て感動したストーブ&ケトル。




f0364707_20225798.jpg


素敵な空間なのに、本当に残念・・・(´;ω;`)




f0364707_20233173.jpg


各テーブルの上にもお知らせがありました。

再オープンは9月ということになります。


では、悔いが残らないように、憧れの?「デザート4種セット」にチャレンジ。
指定されたケーキとジェラートの中から4種類選べます。
ドリンク付き。


3種セットの方にしようか迷ったのですが、後になって4種にしとけばよかったーって思うかもしれないので、やっぱり4種に!と。
一緒に行った友人も、私に引っ張られて同じく4種に(笑)。

いやいや、絶対食べれるって~~!と推しました。




f0364707_20235528.jpg


あ、全然食べれそう。

名前を忘れてしまいましたが、手前右から、イチゴとカスタードクリームのシュー(パイ?)と、紅茶とホワイトチョコレートのケーキ(生地はシフォン)、イチゴのクリームのロールケーキ、抹茶のジェラートです。
ドリンクはホットコーヒー。

みな、軽めのケーキに加え、1つはジェラートなので普通にいただけました。




f0364707_20241791.jpg




f0364707_20243688.jpg


お値段はそれなりにしますが、こうやってデザートが勢ぞろいした姿を見たときの幸福感・・・
1つ1つのかわいらしさ。
見た目の満足感も加味されてのお値段だと思っています。




f0364707_20245301.jpg




f0364707_20251519.jpg


器類やカトラリーもお洒落。
スイーツタイムを心から楽しめました。

友人とも話が弾んで、気が付いたら3時間くらい話し込んでたかなー。
その間もお客さんが入れ替わり立ち替わり。
幸い都合よく人が流れて、私たちがいるせいでお客さんが座れない~なんてことにはなりませんでした。
(そうなったら出てますけど(;^_^A)


カフェ終了までに、もう一回来れるといいなぁと思います。



ケーキ&カフェ ボヌジュルネ(Since1999)
〒8220002
直方市頓野875-1
0949268806


f0364707_11104857.jpg




by dawn1225aki | 2019-02-22 11:11 | 喫茶・カフェ

f0364707_11294701.jpg


阿蘇神社からほど近くの宮地駅内にある、エレファントコーヒースタンドさんへ行ってきました。
元々、阿蘇神社の門前町にあったのですが、震災の被害でこちらへ移転。
移転してから初めて来ました。
出入口の上に大きな看板が掲げてあります。
メニューボードも。
このドアから入り、すぐ右がお店でした。




f0364707_11301699.jpg


インパクトのある壁画・・・と思いきや、これもドア??
開くのかな?と思ったのですが、そのとなりの店内が見渡せる入り口から入りました。




f0364707_11304123.jpg


使用済みの電車のレールが展示され、阿蘇の紹介コーナーがありました。
上の大きなモニターには、阿蘇の山々や大自然の映像が流れています。
何度見ても癒される風景です。

アンティークのファイアーキングのカップを模した、ミルクグラスがたくさん。
あちこちに置かれている雑貨を見るのも楽しいです。




f0364707_11311314.jpg


注文カウンターの棚の中のカップは、ファイアーキング。(非売品)
今ではなかなか手に入らないアンティーク食器です。
私も、ジェダイのDカップ1個しか持っていません(;´▽`A``
高かった・・・(笑)



f0364707_11314189.jpg




f0364707_11320456.jpg


古びた味のあるダストボックス。
「ゴミ箱」って響きは似合いません。
さりげなくエレファントがくっついていました。




f0364707_11323095.jpg


エレファントコーヒーのホット。380円。
スリーブも可愛い。
クセのない飲みやすさ。でも香ばしい。
コーヒーが大好きという人はもちろん、それほどでもない人でも抵抗なく美味しくいただけると思います。
他にもたくさんのドリンクメニューがありました。
あまり見たことが無い、ホットタピオカドリンクなど。
タピオカって絶対アイスで飲むものだと思ってた!(めっちゃ気になる~~)
次回のお楽しみにとっておきます。

窓からは列車や阿蘇の山々が見渡せます。
女の子たちが次々に入ってきました。
居心地がいいのでしょう。
若い子たちの憩いの場になってるのかな~。




f0364707_11325400.jpg


あそぼーいが停まっていました!
初めて見た~~~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪




実は今回の目的のひとつに、阿蘇人(あそんもん)Tシャツがありました。
門前町にお店があったころ、このエレファントコーヒーさんで、阿蘇災害復興の阿蘇人Tシャツが販売されていたのです。
私が持っている1着は、ここで買ってきてもらったものでした。
使いまくってきたので最近は特にくたびれた感じに(笑)。
かなり前に品薄になっているとの噂をきき、ネットショップでも確認したことがありますが、在庫なしだったのです。
それで、もしかしたら置いていないだろうかとやってきたのでした。


f0364707_11332780.jpg

阿蘇人Tシャツ。
(この画像はネットショップのASOMOよりお借りしました)

聞いてみたところ、お店には置いていませんが、ネット販売していると思います、とのこと。
いつの間にか入荷していたようです。
iPhoneで確認したら、大人用の白と黒の二色のみ。
Sサイズ以外は在庫ありでした。

早速購入~~~♪

このTシャツはとても着やすくて動きやすいので、仕事着にちょうど良いんです。
他にも動きやすいTシャツはあるにはありますが、せっかくですから支援につながる方を使いたいです。
手に入らないかもと思っていたので嬉しい~(^▽^)/


更に、道の駅でくまモンTシャツも購入。
全く同じものを一昨年くらいに買っていて、それも使い果たした感ありだったので2代目にする予定です。


f0364707_12055827.jpg


仕事へのテンション上がってきたーーーーーーーーー!!
私は形から入るタイプ

月曜から着ちゃうよーーー!!(笑)


Tシャツを注文したネットショップはASOMOさん。
阿蘇の逸品を揃えた、なかなか面白いショップになっています。
雑貨だけではなく、食品、お菓子と様々。
見ているだけでも楽しくなってきますよ~。





by dawn1225aki | 2019-02-17 12:17 | 喫茶・カフェ

f0364707_23382542.jpg


嘉穂郡桂川町「より処 知音(ちいん)」さんに行ってきました。
住宅街の普通の一軒家をお食事処にしている小さなお店です。
ご近所の方が気軽に通え、集まれそうなアットホームな雰囲気。

住宅地のやや上の方まで上がっていきます。
ナビでちゃんと表示されるので、迷うことはそれほどないと思いますが、道によっては細かったり曲がりくねってたりするところもあるので、車は気を付けて来られるといいと思います。
駐車場は数台停めれるスペースがあります。

看板の文字は、オーナーの高校時代の恩師が書かれたものだとか。




f0364707_23384993.jpg


各テーブルに備えてあるメニューカードもすべて恩師の方の文字だそう。
素敵ですね~。

メニューは1250円のおもてなしメニューのみ。
季節によってちょこちょこ変化のあるお料理です。




f0364707_23392190.jpg


本日のお料理はこちら。

お正月明けには白いお野菜が良いとのことで、ふろふき大根を付けました、と。
白は陰陽五行で言えば秋の色で、徐々に寒くなる時期に白いお野菜を取り入れると身体が整ってきます。
けれど、白で根っこのものは肺などの呼吸器系、お腹にもとても良いので、この時期にもピッタリだと言えます。
風邪ひきさんが増えてくる時期には、大根、いいですね~~♪
かけてある味噌だれは八丁味噌だそうです。
これも身体を温める効果が高いお味噌です。
味噌だれの甘さが大根とマッチしてすごく美味しいです。
ご飯は十穀ご飯か白米ご飯を選べます。
雑穀って嬉しいですよねー。


全体的にお野菜料理中心で、身体にとっても優しく丁寧に作られているのがわかります。




f0364707_23394384.jpg


ひじき煮にお酢か柑橘系を使ってあるのか、酸味がありました。
面白い味付けです。
金柑の甘煮も喉に良いのですよ~。

・・・っていつもそんなことばかり考えながら食べてるわけではありませんけど(笑)。

もちろんお味も美味しかったです!




f0364707_23400660.jpg





f0364707_23402509.jpg


食後のデザートは黒糖饅頭、コーヒー付き。
ふかふかの黒糖饅頭は温かくて蒸したてのようでした。
ほっこりするなぁ・・・

そしてそして、目が釘付けになったのがこの器たち。


まるで宇宙を思わせるような、星空を思わせるような、美しい青。




f0364707_23404645.jpg


食器類は小石原焼きが使われていたので、これもそうかな?と思い、銘を見てみると「小石原秀山窯」と。
小石原焼きにこんなデザインがあるなんてーーー!
ハイカラですねぇ。(死語?)

セットというわけではなく、バラで揃えてセッティングした雰囲気ですが、まるでコーヒーカップセットのような感じですね。
釉薬が醸し出すデザインが本当にキレイです。




f0364707_23410842.jpg


トイレの壁にも書画。

トイレだけではなく、あちこちのお部屋に恩師の方が書かれたという書が飾られているのです。
それを拝見するのも楽しいと思います。

これは面白いなーと思ったので撮らせていただきました。



f0364707_23413025.jpg




こちらのお家はオーナーの持ち家で、住む人がいなくなり売りに出そうかとも考えられたそうですが、ご近所の方々がぜひここに居てほしい、と。
この辺りは高齢者ばかりが住まわれているし、集まるところも無いとのことで、寄り合い場所のようなスペースがあるといいなと思われたそうです。
ご近所の方々が気軽にご飯を食べに来られるように、との思いからこのお店ができました。
心温まるお話です。

今年からはお食事スペースの隣りのお部屋に、服も置いてあります。
メイドインネパールの服、普段着に良い服などなど、見ていて面白かったです。

遊びに来ました~~って感じで、また来てみたいなと思えるお店でした。
来店の折には、予約を入れた方が確実です。



より処 知音
〒820-0609
嘉穂郡桂川町吉隈269‐16
080-5808-9665
営業時間 11:30~15:00(オーダーストップ14:00)
定休日 不定休(電話にてご確認ください)



by dawn1225aki | 2019-01-14 12:15 | そとごはん

f0364707_12153272.jpg


JR博多シティアミュプラザ博多くうてん9F、フルーツ&パンケーキ・カフェのお店「キャンベル・アーリー」さんです。
(入り口の写真はお借りしました)
この写真では入り口に様々なフルーツが並んでいますが、今はあまおうの季節。
パックに入ったあまおうが、このショーケースの中を埋め尽くしていました。
こんなにたくさんのあまおう、使い切ってしまえるんだろーか・・・などと余計な心配をしてしまいます。
お客さんはひっきりなしだったので、多分大丈夫でしょう。





f0364707_12155823.jpg


お店の外の椅子にズラリとお客さんの列。
30分待ちと言われましたが、とりあえず待つことに。
カフェって長居してしまいそうなイメージなのですが、お客さんが多いところは適度な時間で切り上げて出られる方ばかりのようで、待ち時間が長かったなーという印象はありませんでした。
どんどん入れ替わる感じで、思ったより早く入れた感覚。
でも時間を見るとやっぱり30分経ってました。
目安を言い当てるスタッフの方も凄いですね。

店内で並んでいるときもディスプレイが可愛くて素敵なので飽きることがありませんでした。




f0364707_12162260.jpg


キウイくんのお人形。
端っこはさりげなくゴールデンキウイですよ~。




f0364707_12164366.jpg




f0364707_12170539.jpg


待ち時間の間、メニューをいただいて選んでいましたが、とてもとてもすぐには決められない。
季節限定のあまおうパンケーキも捨てがたく・・・
どれも美味しそう過ぎる~~~~

その中から悩みに悩んで決めたのが、ミックスフルーツパンケーキ。
と、ホットコーヒー。

このフルーツてんこもりの姿を見ただけで、幸せな気持ちになれますねー。
添えてあるのは生クリーム。
そしてメープルシロップ。
フルーツはみな甘味が強くて、パンケーキによく合います。




f0364707_12172849.jpg




f0364707_12175282.jpg


パンケーキとホットケーキの区別がいまいちつかない私。
薄いのがパンケーキ?
フワフワなのがホットケーキ?

ところがここのは、薄くてフワフワ。
フワッフワ!!
すごく軽くて、見た目ボリューム満点なのですが、全然問題なく完食できました。
お腹にももたれません。

洗練されたパンケーキはどこか違う・・・



これも特別なお楽しみということで。







by dawn1225aki | 2019-01-07 12:37 | 喫茶・カフェ