f0364707_21483345.jpg

みやこ町の果樹園レストラン、ふるーつ工房 えふさんの記事は、過去二回もアップしています。
そういえば、決して近いとは言えないところなのに、結構な頻度で行っています。
今回はお友達からもらったバレンタインデーの友チョコのお返しに、こちらのいちごパフェをごちそうすることにしたので行きました。


土曜でしたが時間的にちょうど良かったのか、お客さんは少な目。
待たずに座れました。




f0364707_21490502.jpg



f0364707_21493157.jpg



f0364707_21500357.jpg

前回来た時と変わらず、季節のパフェはまだいちごです。





f0364707_21503659.jpg

奥の席へ。




f0364707_21511245.jpg

私はいちごパフェはもう食べたことがありましたので、他のでも、と思ったのですが・・・

やっぱりパフェの輝き?には勝てませんでした。





f0364707_21515628.jpg

プラス250円でドリンクセットに。





f0364707_21532940.jpg

コーヒーが届いてしばらくすると、本日の主役登場!!

相変わらず美しい立ち姿。




f0364707_21540449.jpg

なんでしょうねぇ、この理由の要らない佇まい。
もう2度目ではありますが、心底感激します。

今までパフェは数えきれないくらい食べてきていますが、ここのお店のほど美しいパフェは経験がないですね!(断言!)




f0364707_21542900.jpg

食べるのがもったいないくらいです。
ゆっくり鑑賞します。
被写体としても最高なので、何枚も写真を撮ったりして。
さぞかしお店の人は「はやく食べて!」と思っていることでしょうね・・・




f0364707_21550498.jpg

ああ、もう・・・
鷲掴まれた!!!♡



f0364707_21563072.jpg

食べかけでも絵になるという。


味を損ねるほど長時間眺めることはしません。
パフェに失礼ですから。
美味しい状態でいただきました。
いちごが甘くて瑞々しいです。
生クリームはしつこくなく、アイスはフルーツの味を引き立てる味。
ところどころに散らばるフレークの食感のおかげで、こんなに大きなパフェなのに、全然飽きさせません。
前回も同じように感動したはずですが、今回もお約束通りです(笑)。




f0364707_21574434.jpg

コーヒーソーサーに「えふ」の文字。
オリジナルのカップだったのですね。




f0364707_21581196.jpg

トイレにかかった額にもほっこりします。


いちごパフェは5月くらいまで。
その後はマンゴーパフェか桃パフェか、どっちだったかな。
さすがに3回目のいちごパフェはないでしょうが、何度食べても同じように感動する味だろうなーと思います。

バレンタインのお返しにはかなりいい線行っているのではないでしょうか!!??(笑)
友達も喜んでくれました。




フルーツ工房 えふ(HP)

<関連記事>
フルーツ工房 えふ(2017.12.17)
フルーツ工房 えふ(2018.1.31)

[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-08 15:12 | 喫茶・カフェ

f0364707_18454011.jpg

小さな小さな、ツリーハウスのような(実際は木の上には建ってないけど・・・)パン屋さん。
「そらいろのたね」さん。
店名を見てすぐに思い出したのは、なかがわりえこさんの絵本「そらいろのたね」。
そらいろのたねを植えたら芽が出てどんどん伸びて、そらいろのおうちが育ち、住人も増えてどんどん大きくなって・・・というお話。
絵本からとったのかなぁ、なんて思いました。




f0364707_19111619.jpg

そらいろではないけれど、階段を上へ上へとのぼっていったところにある小さなおうち(お店)です。




f0364707_22013137.jpg


とってもちっちゃい!!
ドアを開けるとほんの目の前にパンが並んだカウンターがあります。
大人が4人も入ればぎゅうぎゅうになるくらいの狭さ。
けれどお客さんはどんどん来るし、パンもどんどん売れるし、小さいくせになんだかパワフル、そしてアットホーム。
自家製ベーコンのパンや、天然酵母パン、ジャージー牛乳から作ったクリームのパンなどがおススメ。
自家製だから、他にはない味です。




f0364707_19244519.jpg

購入したのは、木の実パンとメロンパン。
木の実パンには、ひまわりの種やくるみ、ゴマ、などがたっぷり。
そのパンに、クッキー生地をかぶせて焼いた木の実メロンパン。
珍しいです。
香ばしくて味わい深--いメロンパンでした。




f0364707_19250354.jpg

これもおススメ、ねじりアンパン。
あんこがねじねじになって練り込まれているアンパンです。
普通のアンパンよりも軽いのでパクパク食べれてしまいます。
他にもシナモンロール、クリームパン、グリーンカレーパンなどなど、そそられるパンがたくさんでした。

お天気の良い日には、ちいさなお店の小さなテラスでいただくのも、きっと楽しいでしょうね~!




そらいろのたね



[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-25 22:11 | パン

晩白柚の外皮

f0364707_17332852.jpg

晩白柚の皮のピールが出来ました。

先日砂糖漬けを作ろうとしてジャム化した晩白柚。
黄色い外皮が残っていたので、今度はそれをピールにしました。
自分では買ってまでは無理ですから、とても貴重な晩白柚。
余すところなく使い切ります。

細切りにして水に浸けておいたものをザルに上げ、たっぷりの水で3回ほどゆでこぼします。
軽く水洗いしたのち、水ときび糖で煮るのですが、今回は隠し味に梅酒も入れて煮てみました。
どこかでそういうレシピを見たものですから、試したくて(笑)。

もちろん自家製梅酒。
いつ漬けたのか定かではなく・・・何年ものだろっていうのが我が家にはいくつもあるのです・・・。
こんな時に出番が来るとは!!
きび糖だけで煮るよりも、味に深みが出ました。
ひと味違う晩白柚ピールです。

無事完成。
きび糖を使っていますから、見た目はあまり良くありませんが、これは成功のようです。
やったー!
お茶請けにぴったりです。

一個分ですが、晩白柚なので思ったより多めに出来ました。
大きいミカンって、いいですねぇ〜
( ^ω^)・・・




[PR]
by dawn1225aki | 2018-02-06 13:33 | 備忘録

f0364707_20331303.jpg

学生時代からの友人と一緒に、フルーツ工房えふさんに行ってきました。
松木果樹園のフルーツをたっぷりと使ったスイーツが大人気のお店です。
この日はランチとデザートのつもりで。
ワクワク♪




f0364707_20334554.jpg

敷地内には直売所もあります。




f0364707_20341588.jpg

今の時期の季節のパフェは、いちごパフェ!!
他にもいちごを使ったスイーツが色々あります。
なんて美味しそう~~~。
これを見ていたら全制覇したくなってしまう。

店内のショーケースの中のケーキもほとんどいちごシリーズなんですよ~




f0364707_20344912.jpg

奥の席へ。




f0364707_20352047.jpg

窓から果樹園を見渡せます。
着いたときは雪が舞っていました。
少し高いところにあるからでしょうね。




f0364707_20354950.jpg



f0364707_20394471.jpg

いちごパフェ。
お値段は季節のパフェによって変わります。
高いな、と思われるかもしれませんが、このお値段だけの価値は大ありなのです。
とにかく果物が美味しいんです!

ランチセットにはミニパフェがつくので、ここはセットをやめて、ご飯もの単品&いちごパフェにしました。
目的はパフェ!!(笑)




f0364707_20504675.jpg

きのこピラフ。
数種類のキノコ入り。
見た感じは普通なんですが、キノコの風味がいい感じ。
歯ごたえのあるキノコで食感に変化があり、飽きのこない味でした。
美味しかったです。




f0364707_20541083.jpg

友人の注文した今週のパスタ、イカと明太子のクリームパスタ。
イカがたっぷりですね~~~
明太子好きの友人も、美味しい美味しいと大満足でした。




f0364707_20544069.jpg

今日のメイン!

いちごパフェです。


あーもう、立ってるだけでいちごオーラが!
このいちごの量たるや・・・普通に1パック買ってきたとしても家族で分けないといけないし、一人でこんなに食べることなんて不可能。
(・・・に近い)
なんと贅沢な。




f0364707_20551041.jpg

二つ並ぶとこの迫力。

感動するのは、このいちご、アイスやソースの甘さに全然負けていないのです。
スイーツに乗っているいちごと言えば、どうしても酸っぱいイメージしかありませんでした。
けれど、こちらのものはそんなイメージを覆してくれるいちごです。
しっかり甘い。
まずいちごの美味しさに感動し、そして独特のアイスクリームに感動し、更に、サクサクのフレークの食感の絶妙さに感動。
どうしてアイス系のデザートにはフレークやウエハースが添えられているのかというと、それらは口の中の温度を一時的に上げてくれるからなのだそうです。
アイスばかり食べていると口の中が冷たくなり、味がだんだんわからなくなります。
そんなとき、フレークを食べると温度が上がり、またアイスの味を楽しめる、と。
よく考えられていますね!




f0364707_20554913.jpg

大絶賛のいちごパフェをいただきながら、会話に花が咲きすぎて2時間半も入り浸ってしまいました。
けれどそれだけ居心地が良いということかな~と。

美味しく楽しい一日でした。

いちごパフェは1月~5月くらいまで。
その後、7月頃からパフェのレジェンドともいえる、桃パフェの季節がやってきます。
行かねば!(笑)



フルーツ工房 えふ(松木果樹園内レストラン)




[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-31 21:50 | 喫茶・カフェ

f0364707_19295890.jpg


年明けに、事情があって通い続けた友人宅がありました。
そのすぐ近くで営業しているとっても素敵な手作りケーキ&カフェのお店、ボヌジュルネさん。
そちらのケーキをよくお茶菓子にいただき、すっかりファンに。
ついに行ってきました。

ああ、またしても食べ物屋さん巡り日記復活・・・
でも今日はスイーツだから。

建物の一階部分がお店で、二階がアパートになっているようです。




f0364707_19300773.jpg


このコーナーがなければこちら側は味気ないただの壁と鉄階段。
でもこのお花とコニファー的な植木のおかげで凄くいい雰囲気になっています。
この辺りで私にはどストライク。




f0364707_19302337.jpg


どストライクどころか見送り三振してしまいそうにやられました。
バケツいっぱいに可憐な白い花、そしてラベンダーでしょうか。
このセンス、素敵です。





f0364707_19304435.jpg


派手さのない、落ち着いた店先。
こういう雰囲気ってきっとオーナーさんのお人柄なんでしょうね。
聞くところによると、私と一つか二つしか違わない女性の方だとか。
(急に焦りが(笑)





f0364707_19305830.jpg



f0364707_19310828.jpg


ボヌジュルネの「B」と「J」をあしらったロゴが。
お洒落だなー。

入口の戸は引き戸になっていますが、半自動扉なので、開けた後は無理に閉めなくても自然と閉まります。
これを無理やり閉めようとすると、傷んで壊れやすくなりますのでお気をつけて。

入り口を入ってすぐにショーケースがあり、美味しそうなケーキがズラリ。
ロールケーキが変わっていて、生地がシフォンケーキのようなんです。
クリームも独特。
右手奥にはカフェスペースがあり、そこでドリンクと一緒にいただくこともできます。
せっかく来たのでケーキを買って帰るだけでは勿体無い!
おひとり様ティータイムを楽しむことにしました。
まぁ、いつもおひとり様ですけどね。
あえて言うまでもなく。




f0364707_19312648.jpg


カフェスペース。
一番奥の席から入り口の方へ向けて撮っています。

写真いいでしょうか、とお尋ねすると、サラッと「どうぞ」と。
物言いも少なく、とっても控えめなオーナーさんなのです。
一つか二つの差だったら、学生時代に街中ですれ違ったこともあったかもしれませんね。

テーブルの配置といい、置いてある鉢植えや小物といい、空間がとっても心地よい感じです。




f0364707_19313487.jpg


この窓際の席にするか、奥にするか迷いました。
この席も素敵。




f0364707_19314421.jpg


どうしてこの色のヤカン!?
チョイスが良すぎ!(笑)。




f0364707_19315222.jpg



f0364707_19320683.jpg


新年らしく、でも仰々しいこともなく。




f0364707_19321554.jpg


そしてこちらには何と!デザート三種、または四種セットなるものがあり、ケーキorアイスなどから三つか四つ選べるプレートがあるのです。
ケーキ三つって!!(笑)
初めて見ました、そんなメニュー。
女性にはたまりませんね。

でもさすがにそれは無理だったので、普通にケーキセットです。
ケーキのお値段にプラス50円でドリンク付き。



f0364707_19322963.jpg


モンブランです。
全体的に甘さは控えめ。
スポンジもキメが細かくフンワリです。
とても上品。
味わっていると質の良い素材で丁寧に丁寧に作られたのがよくわかります。



f0364707_19324277.jpg


可愛いーー♡




f0364707_19330136.jpg


このスプーンにも惚れました。
ペタンとしたフォルムの可愛らしいこと。
いつもはブラックの私でも、思わずお砂糖を入れてかき混ぜたくなりました。




f0364707_19293771.jpg


親しい人と一緒に来るといいだろうな、とも思いますが、おひとり様でもとても居心地の良いところ。
また絶対来たいです。
テイクアウトとカフェの時間が違うのでご注意を。




ケーキ&カフェ ボヌジュルネ(Since1999)
〒8220002
直方市頓野875-1
0949268806
定休日 第1日曜・月曜&毎週火曜(変更あり)


[PR]
by dawn1225aki | 2018-01-14 19:35 | 喫茶・カフェ

f0364707_16594125.jpg

2017年12月14日。
みやこ町の松木果樹園内レストラン、フルーツ工房えふさんに行ってきました。
ここは果樹園の季節の採れたて果物を使ったパフェが大人気。
休日には広ーい駐車場が満車になるほどたくさんのお客さんが殺到するレストランです。



f0364707_17000064.jpg

この時期の季節のパフェはチョコレートパフェでした。
そしてクリスマスシーズン限定のスイーツも出ています。
季節のパフェが目的でしたが、果物が使われていないので悩みどころ。
けれどここのパフェは、果物もさることながら、アイスクリームがとても美味しいのです。
初めて食べたのはマロンパフェとリンゴパフェ。それぞれをシェアしていただきましたが、アイスクリームの美味しさに感動!
他のところとは一味違います。
なんだろう、この違い・・・
全然しつこくなくて、かといって物足りないわけでもなく。
果物の美味しさを引き立てるような爽やかなアイスなのです。
これは食べてみないとわかりませ~ん。



f0364707_17001551.jpg

この日は微妙な時間帯だったので、空いてました。
奥の席へ。
去年クリスマス限定パフェを食べにきたときもこの席だったなー。



f0364707_17003831.jpg



f0364707_17005691.jpg

クリスマスのオブジェがたくさん♪




f0364707_22293040.jpg

連れその1がオーダーした、ブルーベリーチーズケーキ。




f0364707_22300464.jpg

と、ウインナーコーヒー。
とてもお洒落ですね。




f0364707_22371446.jpg

連れその2がオーダーした「クリスマスツリー」
そして私がオーダーした「サンタの帽子」

クリスマスツリーはワッフルの上にアイス、その上に抹茶クリームと果物が乗っています。
サンタの帽子はパンケーキの上にアイス、そしてマロンクリーム。




f0364707_22373033.jpg



f0364707_22381658.jpg

クリスマスオブジェと一緒に。

クリームでしっかりとガードされているのでアイスはまだ溶けません(笑)。




f0364707_22383532.jpg

こちらも。



f0364707_22384834.jpg

中の様子。
マロンクリームが美味しい~~~~
クリームだけではなくて、アイスが入っているところがしつこさを感じさせなくていい感じ。
けれど如何せん、かなりガッツリ系でした。見た目と違って。(見た目も?)
後半戦が徐々にしんどくなり、
・・・これは二人で半分こにした方が良かったかも~。
と思いました。
(連れその1にパンケーキを半分食べてもらいました)



f0364707_22390159.jpg

クリスマスツリー、中身。
ワッフルがしっかり主張しています。
果物がところどころに入っているのがいいですね。
これもガッツリ系なので、最後に果物に救われる、という結果に。

プラス250円でコーヒーが付くデザートセットになります。

ガッツリ系でも、途中で苦しくなっても、美味しさは変わりません。



f0364707_22391630.jpg

この後はクリスマス限定パフェが出るのでしょう。
今年はどんなパフェかな~?

レジの横にはショーケースがあり、ケーキやスイーツをテイクアウトできます。




f0364707_22392993.jpg







f0364707_22544970.jpg

去年初めていただいた、マロンパフェとリンゴパフェ。
このリンゴ!!
家で普通にむいて食べるリンゴと同じ果物とは思えません。
パフェになったらどうしてこんなに宝石チックになるんでしょうね。
中にはシナモン風味の煮リンゴがたくさん入っていました。
この日は12月7日。
今年もその辺りだったらまだ出てたのかな~。




f0364707_22552352.jpg

クリスマス限定パフェ。(12月23日)
何しろ大人気のパフェなので、開店とほぼ同時に到着しました。
朝早くからパフェを食べにはるばるみやこ町まで・・・
なんと○○な私たち。



f0364707_22555026.jpg

いちごのサンタさんが可愛かったです。







フルーツ工房 えふ(松木果樹園内レストラン)



[PR]
by dawn1225aki | 2017-12-17 22:40 | 喫茶・カフェ

f0364707_19590686.jpg

宗像市のお菓子屋さん、菓子工房&Cafe「椋の木ムック」さんへ行ってきました。
知り合いの方から教えていただいたのですが、お店の近くに見える大きな楠(今井神社)が印象的だったというお話から、「楠の木」?「椋の木」?と混乱してしまいました(笑)。
楠だとしたら、「ムック」っていうのは不思議なネーミングだなぁと思っていましたら、やっぱり「椋の木」でした。
JR鹿児島線の「教育大前」駅から徒歩5分。
私は車で行きましたが、その辺り、学生街なので同じようなアパートがたくさん並んでいて、いったいどの道から入るのか・・・
Google mapのお力を借りて到着しました。

看板にシンボルツリーの木。(多分これが椋の木でしょうね)
そして一見、「え?店舗?」と思ってしまうような小さな小屋のような建物が。
もしかしてここで店頭販売もしていたのかもしれませんね。




f0364707_19591755.jpg



f0364707_19593154.jpg

奥に駐車スペース3台分、そして店舗がありました。
看板が可愛い。
まるでお菓子のおうちみたいです。
菓子工房にピッタリな佇まい。



f0364707_19593819.jpg

ウェルカムマットの先を進むとお店の入り口です。



f0364707_19594710.jpg

小さいお店ですが、店内には洋菓子販売のスペースと、その横にカフェスペースあり。
席は4か5テーブルくらいでしょうか。
すでに2テーブルは御予約席の札が置いてありました。
こちらはランチからディナーまでいただくことができます。
席がとても少ないので予約していかないと、飛び込みでは無理かもしれません。
残念ながら私が行ったのは日曜日、そしてちょうどお昼頃だったので満席。
竹炭焙煎のコーヒーをいただきたかったのですが、諦めました。
せっかく来たのに叶わなかった、ということは、いろんなお店で何度もありますが、これはご縁が無かったのではなく、次回また来るチャンスをもらった、つまりご縁が繋がった!ということだと思っているので、さほどガッカリはしないのです。
今度いつこよーかなーーーなんて思いながら帰りました。




f0364707_19595537.jpg

ムックさん一番人気らしい、五右衛門という名前の抹茶のケーキ。
和洋折衷の美味しいケーキです。上の抹茶ムースが濃厚。唐草模様がいいですね~。
そして酒粕チーズケーキ。
酒粕の風味が強く、お酒の苦手な人はどうかな、と思いますが、大好きな人にはたまらないケーキですねぇ。
(大好きな口)
チーズも酒粕も発酵食品なのでとても合うんです。

美味しかったーーー!



f0364707_20000259.jpg

側面図。
キレイですね。
小豆の入ったクリームも絶品。




f0364707_20001084.jpg

側面図。
底にさりげなく入っているフレークのおかげでケーキらしさがアップ。
ムースでもなくやっぱりケーキ。
そう思わせてくれます。

持ち帰りの時間を聞いて保冷剤を入れてくださる心配り。
ありがたいです。
その保冷剤がですねー、ケーキの箱に仕切りを入れてその隙間に入れてくれるのですけど、こんな風に袋に入ってるんです。


f0364707_20335946.jpg

紙が余計な水気を吸ってくれるし、とても丁寧な感じがして、いいなぁーと思いました。






f0364707_20001928.jpg

その帰り、大人買いした本たち・・・
(ここからは備忘録のつもりで)

「スープ屋しずく」はシリーズ3冊目。
日常の些細な謎解きが中心のほのぼのとあたたかいお話です。
「櫻子さん」はシリーズ・・・何冊目だ?
そろそろ佳境に入ってくるころです。
骨格標本士の女性が事件を解決していくお話。
謎解き、よりはハードな内容です。
太田紫織さんの本は、登場人物の内面を掘り下げてストーリーに組み込んでいくようなお話が多いです。
面白いです。
「連城三紀彦レジェンド2」
ずっと気になりつつも手を出せなかった作家さん。
人気作家さんたち数名が推薦する短編集です。
もっと年配の方かと思っていたら、赤川次郎さんと同じくらいだとか・・・(知らなかった)
短編ひとつひとつが独特の雰囲気。
この人の長編はどうなんだろ。読んでみたいなーと思いました。
また新しい開拓の予感!!(嬉しい)
「内臓とこころ」
これはお借りしたことがある本なので保存用?に購入。
著者の三木成夫さんは、とても面白い着眼点を持つ、人体哲学者、とでもいうような方です。
信田桃紅さんは105歳の現役書道家の方。
この本の表紙の字もご本人の作品です。
死ねないのも困る・・・すごい言葉ですね。ここまで生きてきた人しか言えない究極の人生語録です。
私なんてまだまだ赤ん坊みたいなものですね。
この方の半分も生きていないのですから。
読むのが楽しみです。




菓子工房&Cafe 椋の木ムック

[PR]
by dawn1225aki | 2017-11-26 19:56 | 喫茶・カフェ