裏山の紅葉

f0364707_14221743.jpg


裏山のモミジが見事に紅葉していました。


f0364707_14221810.jpg



f0364707_14221959.jpg



f0364707_14221910.jpg


一昨年から色付き方が変わったように感じます。
あ、でも去年はイマイチだったかな?(笑)
一年おきにいいのでしょうか。
それにしても、先週見た時はそうでもなかったのが、今週はもう、輝くばかり。
坂の下から見上げると、パッと彩が目につき驚きました。
自然って凄いです。




[PR]
by dawn1225aki | 2018-11-27 14:21 | 紅葉

f0364707_14374539.jpg


福岡市中央区天神の水鏡天満宮へ行ってきました。
大宰府に流された菅原道真公をお祀りした神社です。
博多の地に降り立った道真公が、川の水に映った自分の姿を見て、これからは不正に苦しむ人々を護っていこう、と決心されたとのこと。
そのお話から、水鏡天満宮と言われたとか。
「天神」という地名もこの神社由来だそうです。

大宰府も社殿が鮮やかな朱色ですが、こちらの天満宮も同じような色合いですね。




f0364707_14374760.jpg


狛犬さんと牛。
大宰府にも牛の像が置いてありますね。


f0364707_14374997.jpg



f0364707_14375139.jpg


拝殿。



f0364707_14375226.jpg


飲食店が並ぶ、小さな路地のすぐ隣にある神社でした。

ご利益は、鬼門除け、方除け、災難除け、開運。
そして、学問に励む人や無実の罪に嘆く人の守り神として信仰されています。



f0364707_14454864.jpg


御朱印。
御朱印料は、お気持ちで、と言われました。
お気持ち、と言われると難しいですが、だいたいどこも300円のところばかりなので、そのくらいをお渡しすれば良いと思います。


近くには、博多の守り神、警固神社があります。
まだお参りに行ったことがありませ~ん。
次回は必ず!





[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-29 14:37 | 神社巡り

f0364707_23025621.jpg


鳥羽水族館、イチオシのこの方登場~~

ジュゴンのセレナです。

日本で唯一、ジュゴンに会えるところがこの鳥羽水族館なのです。
ジュゴンは飼育が難しく、世界でも飼育されているのはたったの五頭。
その中の一頭がセレナです。
本当に貴重な個体なのですね。

セレナが来てから31年。
フィリピンで保護された時は一歳だったそうなので実際は32歳です。
もう少しで最長飼育記録に近づきます。

セレナについて→こちら





f0364707_23030145.jpg


ずーっとお食事。
モグモグと海草のアマモを食べていました。

その様子( ^ω^)・・・
海牛類と言われるのがよくわかります。



f0364707_23030830.jpg


ちょっと休憩で、フワッと浮かび上がった瞬間。

泳いでるとこ見られました!!\( °▽° )/

この向きから見るといつも笑っているみたい。
会えてよかった~。




f0364707_23031273.jpg


クリオネ。




f0364707_23031798.jpg


天使だぁ




f0364707_23032237.jpg


そして今回、大ヒットだったのがこの方。

ラッコのメイちゃん!


後から調べてみると、SNSなどで結構有名なラッコだったようですが、予備知識ゼロで来たのでもうもう大感激でした。
けど、予備知識ゼロでこんな幸運有り!!??

ただ背泳ぎで貝を食べる生き物としてしか認識なかったのにーーー


可愛すぎて悶絶です。



f0364707_23032836.jpg


飼育員さんと交流。
微笑ましい・・・
てか、ラッコって立つんだ


f0364707_23033383.jpg


ちょ・・・
何このポーズ♡


f0364707_23033837.jpg


ギャーーー
たまりません♡♡





こんな可愛らしい仕草を長時間見せてもらえて幸せ過ぎます。

閉園までそんなに時間がないのに、ここに釘付けでした。

途中でアシカもトレーナーさんと一緒に通路に乱入。
サービス精神旺盛な鳥羽水族館でした。




f0364707_23034454.jpg


ラッコの興奮覚めやらず、でも早く回らないと閉園時間になってしまいます。

ということで、アザラシ。




f0364707_23034857.jpg


ペンギン。
ガラスにぶつかってもひたすら泳ぎ続けていました。
全然前進しないけど、気づいてない模様。



f0364707_23035347.jpg


ペリカン




f0364707_23035854.jpg


フラミンゴ

同じブースには、トドとセイウチもいました。
一頭一頭、どの子がどんな性格なのか、など細やかな説明書きが貼ってありました。
海獣って動物園の動物たちより身近に感じられにくい部分があると思います。
性格云々なんて意識しにくいなぁと。
私の個人的な感覚ですけど。
でも、説明書きを読んでいると、それが払拭されていきますね。
親しみを感じました。




f0364707_23040205.jpg


そうそう!
この子もいました。
マナティ~

この無表情さがちょっと怖い・・・(笑)



ジュゴン、マナティ、スナメリ・・・。
見たことがない生き物をたくさん見られて大満足でした。



f0364707_23040838.jpg


鳥羽水族館、楽しい時間をありがとう!

また行きたいなーー。
(遠いけど)





[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-05 21:47 | 伊勢志摩

f0364707_23011841.jpg


ミキモト真珠島を横目に見ながらしばらく歩くと鳥羽水族館に到着。
日本でジュゴンが見られるのはここだけなのだそう。
飼育の記録も世界記録に近づいています。



f0364707_23012121.jpg


料金は大人2500円。
年中無休、9時~17時です。



f0364707_23012648.jpg


入館するなりお魚の群れ。



f0364707_23013107.jpg


美しいです。




f0364707_23013499.jpg


ウミガメがゆっくりと回遊していました。
何匹もいて、こちらを見ながら泳ぐので、私たちの方が見られているような気持ちになりました。




f0364707_23014158.jpg


青いザリガニ!
鮮やかですが、こんな色だと岩陰にいてもわかりません。




f0364707_23014653.jpg


最後のアシカショーに間に合いました。
トレーナーさんとの信頼関係が垣間見られて、微笑ましいです。
愛情があってこその芸なのだなぁと思います。




f0364707_23015517.jpg


トレーナーさんとポーズ。



f0364707_23015959.jpg


逆立ち!!




f0364707_23020696.jpg


得意技のアッカンベー(笑)。
表情豊かです。



f0364707_23021075.jpg


最後に、立ち上がってのご挨拶です。







ショーが終わっても、最前列にいた子供たちのために、前に出てきてくれていました。



f0364707_23021641.jpg


ショーの後は、会いたかったスナメリとご対面。



f0364707_23022083.jpg


近くまで来てくれるんですが、あまりに速くて写真が撮れません。



f0364707_23022452.jpg


ちょっと顔が見えた!!


丸い顔が、オバケのQ太郎の弟、Oちゃんみたいで可愛い。




f0364707_23022935.jpg


ボーッとくつろいでるように見えますが、一瞬です一瞬。



f0364707_23023458.jpg


口を開けた瞬間!
レアですよ~~(笑)




f0364707_23023998.jpg


リクガメ。
暑いですからね。甲羅の中に隠れたままです。




f0364707_23024365.jpg


スナドリネコ。




f0364707_23024778.jpg


スナドリネコと言って思い浮かべるのは、もうアレしかない!
f0364707_23025255.jpg


スナドリ、とは「漁り(すなどり)」という言葉で、魚や貝をとって食べる、漁(りょう)をする、という意味だそうです。
スナドリネコがフィッシングしている映像が、そばのモニターで流れていました。
カッコイイです。
さすがぼのぼの界のイケメン!



珍しい生き物いっぱいの鳥羽水族館です。






[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-05 17:00 | 伊勢志摩

鳥羽駅へ

f0364707_22593036.jpg


伊勢神宮へ参拝のために、兵庫から一泊二日で出かけました。
ずっと行きたいと思っていたお宮です。
どんなところなのだろうかとワクワクしてました。

が、とにかく出発地から遠い・・・。
特急で約二時間です。




f0364707_23000051.jpg


賢島行きの二階建て特急。
何て読むんだろ、と考えてましたが、「かしこじま」って読むのですね。
乗ってしまえば二階という感じはありません。
一階に窓が無いせいでしょうね。




f0364707_23000761.jpg



f0364707_23001332.jpg



f0364707_23001661.jpg


なんという快適空間。
さすが特急!

というか、お客さんほとんどいませんね(笑)。



f0364707_23002445.jpg


鳥羽駅到着。
体感的には二時間もかからなかった感じ。
早かったです。




f0364707_23002779.jpg


鳥羽駅構内より。
海がすぐそば。



f0364707_23003242.jpg


鳥羽駅。
停まっているマイクロバスは、旅館の送迎バスです。




f0364707_23003988.jpg


駅前の鳥羽マルシェ。
じりじりと暑かったのですが、海風に乗って噴水のミストが飛んできて多少ひんやりでした。



f0364707_23004839.jpg


あまりの暑さに梅スカッシュ。




f0364707_23005264.jpg


あ、ビールでも良かったな〜(# ̄m ̄)


徒歩圏内に、ミキモト真珠島や鳥羽水族館があります。
ミキモト真珠島、という案内板を見て初めて日本初の真珠の養殖地だったのか!と思う始末。
けれど一も二もなく、水族館に行こう!と決定しました(笑)
2ヶ所は時間的に無理だったので。
次回のお楽しみができたからいいか。
(でも次も水族館行きそう)



f0364707_23005603.jpg



f0364707_23010148.jpg


ミキモト真珠島へ渡る歩道が見えます。
ひとつの島がミキモトの所有なのですねぇ。
凄い!
真珠博物館など興味深いです。
やっぱりまた来ないといけません。



f0364707_23011111.jpg


鳥羽駅から歩いて散策するだけでも面白いです。
海の風景、真珠島の景観。
眺めながら歩くと時間がゆったり流れていくようでした。






[PR]
by dawn1225aki | 2018-09-04 13:05 | 伊勢志摩

近場の桜

f0364707_15225068.jpg

遠出してあちこちの桜ばかり見に行っていましたが、気づくと近場の桜も花盛り。
地域の施設の清掃活動のときに見たのは、その敷地内に咲く八重桜。
一週間前までは全然開いていなかったのに、この日は満開。
地域の人たちと掃除をしながらお花見でした。





f0364707_15230736.jpg

その施設のすぐ裏の古墳公園。
ここも桜の名所でした。
小山になった公園にズラリと桜が咲いているのです。
遠くから見ると、桜の山のようです。
毎年気になりつつも、来たのはこの日が初めて。
本当に灯台下暗しとはこのことです。





f0364707_15232525.jpg

満開は少し過ぎ、散り始めていました。





f0364707_15235736.jpg



f0364707_15241314.jpg

でもこの散り始めが美しいんですよね。





f0364707_15242910.jpg

桜と菜の花と遠くの山々・・・
なんという素晴らしい眺め。




f0364707_15244734.jpg



f0364707_15250617.jpg

今年、見られて良かったです。




f0364707_15253015.jpg

こちらもよく車で通る道。

例年、ソメイヨシノが終わったあとに、ヤマザクラが咲くのに、今年は急に気温が上がったせいか、同時開花でした。
濃いピンクと薄いピンクが交互に見えて、本当にキレイでした。




f0364707_15261740.jpg

ゆっくり車を停めて鑑賞したのはこの日が初めて。
4月1日です。
もうほとんどの桜が散りかけていました。





f0364707_15263240.jpg

風もかなり強かったので、花びらがヒラヒラどころか、すごい勢いで散っていきました。
まさに桜吹雪。
今年は遠くの桜よりも地元の桜を楽しむ機会が多かったです。
たくさん堪能させてもらいました。
良い年になりますね!きっと♪



↑の桜並木の桜吹雪の動画です。






[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-08 15:48 | お花見

f0364707_21181937.jpg


雨の降る中、強風の吹く中、飯塚市の勝盛公園に咲いているという緑の桜、「御衣黄(ぎょいこう)」を見に行ってきました。
あまりにも酷い嵐だったので、この後だと散ってしまうかもしれない、と思ったのです。

が、着いたものの、雨風が激しい・・・
気温も冬なみで、挫折しそうでした。

急いで御衣黄を探します。




f0364707_21194871.jpg


咲いている、という情報と花の写真だけで、どこに咲いているのか全然わかりません。
お天気の良い日なら、お散歩でもしながら探せますが、とてもそんな余裕はなし!(笑)

ほとんどの桜は散っていましたが、この木は嵐にも負けず、可愛らしく咲いていました。
ジュウガツザクラです。
名前の通り、10月から4月にかけて咲く花で、花言葉が「神秘な心」「寛容」




f0364707_21202730.jpg


花の色は白だったり薄いピンクだったりでとても可愛いです。
寒さの中でもちょっと和みますね。


けれど、目的の御衣黄がわかりません。
花が緑色ということなので、サラッと見るだけでは葉っぱに紛れてわからないかも・・・
と思っていたら案外アッサリと見つかりました(笑)。




f0364707_21212385.jpg


・・・こうしてみると全く普通の木。
特にこんな天候だと、近づかなければ花が咲いているのかもよくわかりません。
場所をしっかりと確認。バイパスや寿会館が見える位置です。




f0364707_21220145.jpg


間違いありませんでした!
これが御衣黄です。




f0364707_21224877.jpg


背景の草に紛れていますが、まさしく緑色!
そういえば、丸い手毬のような形をした菊にも緑色のものがあります。
目立たないだけで、案外他にも緑色に咲くものはあるのかもしれませんね。




f0364707_21233527.jpg



f0364707_21241914.jpg



f0364707_21250094.jpg


初めて見るので、どれが見頃の開きなのか、わかりません。
ぱあっと開いているものより、少しつぼんだ感じのものの方が風情があるように見えます。

物凄い風で枝がビュンビュン煽られて、まともに撮ることができませんでした。
一瞬の隙を見てパチリ、とやったものばかりなのでピントも合ってるのか合ってないのか(笑)。
何とかマトモに撮れたものだけ上げています。





f0364707_21263498.jpg


その背後には、しだれ桜がユラユラと。
(こっちの方がキレイ・・・(笑)

どんよりしたお天気ですから、色を見ると尚更ホッとします。




f0364707_21275892.jpg


早く帰ればいいものを、駐車場に戻って行く時に懐かしいものが見えました。




f0364707_21283770.jpg


蒸気機関車です。
D60。
炭鉱の町でしたから、機関車は大活躍していたことでしょう。


f0364707_21292210.jpg



f0364707_21312678.jpg


芸術的な文字なので、若輩者の私にはよく読めません・・・・・・




f0364707_21320725.jpg


懐かしいです。

乗ったことがあるわけではありませんよ(笑)。
小さい頃、祖父がよく連れてきてくれていたのです。
車がなかったので、当時は汽車(汽車って言ってました!年代バレバレ!)に乗って新飯塚駅まで来て、そこから歩いて勝盛公園まで来ていました。
今では考えられないくらい、よく歩いていましたね。
多分、幼児の足です。すごいわー

動物もまだまだたくさんいて、今のように規制はあまり無かったので、エサなども結構自由にあげていました。

動物を見て、その後この機関車を見て、それから帰っていました。
今思えばたったそれだけのことではありますが、当時、私にしてみれば特別なお出かけでした。
その思い出のおかげで、今この場所に来ても、何か他のところと違う特別な楽しさを感じることができるのだと思います。
両親とではなく、祖父との懐かしい思い出です。




f0364707_21325208.jpg



f0364707_21335213.jpg


更に歩いていくと、唐子咲きの椿「朴伴」の大木を発見。
これ、何故かマイブーム(笑)なんですよー!
ここにもあったのね!と感動。
(相変わらずの大嵐なのに)




f0364707_21344273.jpg


まるで薔薇のようです。




f0364707_21352481.jpg


ゴージャス、でも私には可憐に見えるのです。
やっぱり椿だからでしょうね。




f0364707_21380202.jpg


美しい大輪の花が咲き乱れていました。
これも鑑賞できて、とても嬉しかったです。


駐車場につく頃になると雨が小降りに・・・・・・
(晴れ女だったはずなのに)
傘はあまり役に立たず、すっかり濡れてしまいました。

公園は晴れの日に散策しましょう(笑)。


[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-07 21:47 | 自然・散策

f0364707_20023129.jpg

果樹園レストラン、ラピュタファーム。
約半年ぶりに行ってきました。
ずっと晴天続きだったのに、ここ数日は荒れ模様。
今日も物凄い風雨に加え、雨がだんだんミゾレになってきているという寒さ。
その中を頑張って行ってきました(笑)。
4月にミゾレなんて!
九州ですよ~、信じられない。

それでも一重の桜の後に、八重桜が美しく咲いていました。





f0364707_20053005.jpg

周りがあまりにもどんよりしていたので、少し露出を多めにして写しました。
ちょっと眩しかったかも。




f0364707_20055343.jpg

実際はこんな感じ。
ここは山の上の方にある果樹園なので、どんより具合が効いています。




f0364707_20062089.jpg

前日に予約を入れておいたので、受付をしてレストラン開店時間を待ちます。
受付は10時半より。
予約は電話で、11時半からの分、または12時50分からの分を取ることができます。
開店は11時半~。
土日祝は14時半までの受付。平日は13時半です。
80分のビュッフェスタイルです。




f0364707_20064745.jpg

半年前に来たときよりもレイアウトが変わっています。
こちらはカフェになっていて、ランチバイキングだけではなく、スイーツやカレーなどをいただくこともできるようです。




f0364707_20070732.jpg
パン博のポスターが!!
毎年すごーーく気になりながら、用事が入ってしまい行けないままなのです。
今年も22日は予定ありです・・・(涙)。




f0364707_20073296.jpg

ショップにはラピュタファームオリジナルの調味料や食材、雑貨の他に、地元産のものも置いてあります。




f0364707_20080143.jpg

(ノ・ω・)ノオオオ
古野さんとこのお酢!!!
合鴨農法で有名な古野農場です。

三年熟成ってなかなかありませんよ~。
凄いお酢です。




f0364707_20084318.jpg

お洒落なハーバリウムも。




f0364707_20091564.jpg

予約をしていない人は、ここで待つことができます。
コーヒーやお茶のドリンクサービスもあります。




f0364707_20093654.jpg

前日に予約を入れたのに、5番目。
土曜なのに運が良かったです。
お天気が悪かったからかなーー???





f0364707_20095805.jpg

4月のお料理はこんな感じです。
春になって、様々なお野菜が登場していました。
青い葉物が出てきたのがすごく嬉しいです。




f0364707_20102592.jpg


f0364707_20104686.jpg

左下の方にこんもりと乗せてあるのは自家製もろみ漬け豆腐。
味噌漬け豆腐とはまた全然違った味わいです。
ご飯やパンと一緒にいただくと絶対美味しい!




f0364707_20111237.jpg

定番メニューのグリーンカレー。
激辛。

私はヒーヒー言いながら食べています。
昔は全然平気だったのに、この頃辛いのが苦手になってしまいました。
でも美味しいので少量だけいただきます。




f0364707_20113399.jpg

ほとんどが野菜料理なので、嬉しさのあまり食べすぎてしまう・・・




f0364707_20115638.jpg

春キャベツにご飯とジャコを乗せていただきます。
ついでにもろみ漬け豆腐も乗せると絶品!




f0364707_20121969.jpg

デザート。

他にもまだ何種類もありますが、お腹がいっぱいになってしまったので、あんバターフォカッチャとコーヒー風味のケーキのみ。





f0364707_20124338.jpg

お天気がいいと待ち時間に周りを散歩するのも気持ちがいいです。
まるで外国のよう。




f0364707_20130621.jpg



f0364707_20132829.jpg

最初に見たとき、本物かと思ったカエル(笑)。




f0364707_20135479.jpg

数年前からちょこちょこ通っているレストランです。
お値段も時間も状況に応じて少しずつ変わっていきましたが、お料理のコンセプトは変わりません。
それが一番だと思います。
地元野菜中心のお料理。
お肉や乳製品を使ってあるものもありますが、ビュッフェスタイルなので選べます。
菜食中心の人や、ベジタリアンの人にもとても助かるお店だと思います。




ラピュタファーム/果樹園の中のレストラン(HP)

<関連記事>
ラピュタファーム(2017.5.05)
ラピュタファーム(2017.9.26)



[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-07 20:48 | そとごはん

f0364707_16205428.jpg


里山公園を出て熊本に入り、途中下車したのはここ。
去年も来ました。
前原の一本桜。
去年は木に虫が入ってしまったということでツボミがつかず、とうとう大きな枝を二本ほど切ってしまったそう。
今年は咲いてるといいな、と思いつつやってきたのですが・・・




f0364707_16225888.jpg


ああ、やはり咲いている風ではありません。




f0364707_16231708.jpg


明らかに枝のみのシルエット。
残念でした。

けれど広い牧草地の中、スックと立っている桜の木の姿はそれだけで絵になります。





f0364707_16214689.jpg



f0364707_16221167.jpg


よく見ると少ーしばかりツボミがついているようでした。
咲くと良いですが。

上の方の枝の先の方は枯れかかっている感じ。
弱ってしまっているのですね。
頑張ってほしいです。


けれど幹の下の方を見ると、脇から新しく、細い枝が伸びてきていました。
自然の生命力は凄いですね。




f0364707_16212194.jpg


そばにはお地蔵様の祠。




f0364707_16241759.jpg


木ばかり見ていましたが、周りを見ると綺麗な緑。
風で波打っています。
この牧草地には入らないように、と立て札がしてあったのですが、今年は見えません。
中にどんどん入って行って撮影をする人が増えてきて牧草が荒れてしまい、管理されている方が困っているそうです。
そんなことをして撮った写真に価値などありません。
美しいものを撮りたい、という思いでカメラを向けているのであれば、自身の行動も美しくありたいです。




f0364707_16252521.jpg


農道があります。
ここで撮ればいいよねー




f0364707_16255877.jpg


そこで撮った写真。




f0364707_16262380.jpg


枝を落としてあるので、形が全然変わりました。




f0364707_16264166.jpg


バンザイしているみたいです。  \( °▽° )/




f0364707_16270086.jpg


ここで、本州から来られたというアマチュアカメラマンさんと、地元の方に出会い、親しくなりました。
聞けば、撮影に回られているところがほぼ同じような場所。
このあと向かう目的地も同じでした。
行動パターンが似てますね〜と意気投合してしまい、SNS経由で、撮影した写真を送っていただくことになりました(笑)。
地元の方は、地域活性化のために色々と地元の整備などをやっておられるようで、キャンプ場や駐車場も持ってあり、宿泊する場所も貸せますよ、とのこと。
震災でそのほとんどが流れてしまったというお話には胸が痛みました・・・。
けれど、車中泊も辞さない私たちにとっては何よりの申し出!
嬉しい出会いでした。
ほんの立ち話のつもりだったのに、人のご縁って面白いものですね。

これからの旅がますます楽しみになってきました!



<関連記事>
桜めぐり~

[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-02 16:36 | 自然・散策

f0364707_16165458.jpg


4月1日。
だいたいこの日の本当の目的は、小国町の鍋ヶ滝のライトアップ。
一路そこへ向かうにはまだ時間が早いので、途中下車を何度もやっています(笑)。
次なる途中下車は、日田市の石井里山公園。
でもこれも、ここを通っている時に「この辺、桜の名所あったよね」という話になって急遽向かった行き当たりばったり。
この時期になると上の方に電球が下がっているのを見ていたので、前々から気になっていた場所ではありました。
上の方の駐車場へ向かい、狭くて急な道を走ります。

そして里山公園の絶景場所に到着。

愛の鐘、なるモニュメントが立っていました。
ハート型・・・
鳴らせますが、結構な音でいきなりだとびっくりします。




f0364707_16171413.jpg


絶景石段。




f0364707_16173102.jpg


確かに。

もう散りかけなので、満開だとホントに絶景でしたねぇ、ここ。




f0364707_16175160.jpg



f0364707_16181137.jpg


時間的にもそれほど人は多くなく、ベンチに座っていると気持ち良い風が吹いてきて、たまらない居心地の良さ!
時折、少し強めの風に煽られて、桜吹雪が起こります。

いいなあ、ここ。




f0364707_16182973.jpg


下の道路に看板が出ていて、どこだろうと気になっていました。
「カフェ 里山」
ここだったんですね。

山小屋風。
靴を脱いで上がります。
時間があれば入ってみたかったです。

また良いお花見スポットを見つけました♪




[PR]
by dawn1225aki | 2018-04-02 16:20 | 自然・散策