人気ブログランキング |

タグ:散策 ( 114 ) タグの人気記事

f0364707_20564602.jpg


2019年8月17日。
阿蘇郡産山村のヒゴタイ公園です。

ここに来たのはなんといっても、幸せを呼ぶ青い蜂、Blue beeに会うため!
ブルービー(ルリモンハナバチ)と言えば、南阿蘇の葉祥明絵本美術館が有名ですが、こちらのヒゴタイ公園にも飛来してくるのです。
毎年8月中旬から11月頃まででしょうか。
その期間に見かけることができます。
近年数が減っているらしく、場所によっては絶滅危惧種と言われているのだとか。
2年前もちょうどこの時期、ここで会うことができたのでした。




f0364707_20590632.jpg


ヒゴタイもたくさん咲いています。
緑の草原の中に、紫色の丸いぽんぽんが浮かび上がっているのはとってもキレイです。




f0364707_20592746.jpg


女郎花も真っ盛り。




f0364707_20594795.jpg




f0364707_21000664.jpg




f0364707_21003484.jpg




f0364707_21005666.jpg


これは普通のミツバチ。
花蜂も他の虫たちもそれはそれはブンブンとたくさん飛び交っています。




f0364707_21011478.jpg




f0364707_21013472.jpg




f0364707_21015535.jpg


この日はかなり熱いさなかでしたが、カメラを提げたグループが何組も撮影していました。




f0364707_21022972.jpg




f0364707_21024950.jpg




f0364707_21192220.jpg


時間も押し迫っているのであまりゆっくりはできません。
ブルービーが来るというミソハギの咲いている場所へ急ぎます。
2年前に、ヒゴタイ公園ではそのお花に来るという情報を知り、その場に行ったらすぐに見つけることができました。
今年も間違いなく会えると意味もなく確信(笑)。




f0364707_21043057.jpg


会えました!
小さすぎてこの写真ではよく見えないかも。


明らかに他の虫とは違う色合いに、一目でブルービーだとわかるのですが、動きが素早いのでiPhoneで追っかけるのがもう大変。
捉えた!と思った瞬間に何でもいいからシャッターを切らないとすぐにわからなくなってしまうのです。




f0364707_21204263.jpg


撮影隊?の人たちもブルービーに夢中です。

あそこですよ!ここにいますよ!とわいわい大騒ぎでした。





f0364707_21052923.jpg




f0364707_21062978.jpg




f0364707_21070712.jpg




f0364707_21072719.jpg




f0364707_21074927.jpg




f0364707_21085626.jpg


太陽光が強いので、くっきりはっきりと鮮やかに写りました。
が、背景の花や葉っぱも鮮やかに写るので、ブルービーがあまり目立ちません(;・∀・)
やはりiPhoneの限界でしょうねぇ。
こういう時にはカメラかなぁ、との思いが頭をよぎります。


バズーカみたいなレンズを付けて撮影していた方に、画像を見せていただくと、もうもう比べ物にならない美しさ。
当たり前ですけどね(;^_^A

やっぱり綺麗なブルービーを撮りたいなぁ・・・
カメラかなぁ・・・(笑)。


来年までゆっくり考えます。


何はともあれ、あえて嬉しかったです。
幸せを呼んでくれるかな???





by dawn1225aki | 2019-08-21 21:40 | 熊本

f0364707_18101399.jpg


前回のリベンジ。
阿蘇、仙酔峡です。
今回は無事到着できました。

山の中腹くらいに見える仏舎利塔を目指してどんどん上っていくと、到着したのが仙酔峡の駐車場。
震災のために通行止めになっていましたが、今年4月から開通しました。
周辺散策のみ可で、登山はできません。
以前はロープウェイの乗り場でしたが、2010年から故障のために運休。
翌年に営業停止になり、今ではロープウェイを繋いでいた塔と、閉めてしまったと思われる建物だけが寂しく立っています。




f0364707_18104203.jpg




f0364707_18110481.jpg


車を降りたとたんに火山ガスなのか、喉に違和感・・・
そういえばこの日は朝から痰が絡んだような感じになっていました。
噴煙の勢いが強まっているせいでしょうか。

(実はこの翌日、また噴火があったそうです)




f0364707_18112388.jpg


仙酔峡にかかる花酔い橋。
橋の先にあるのはミヤマキリシマの群生地だそうです。
きっと酔うほどに美しい眺めなんでしょうねー。




f0364707_18114826.jpg


橋の上から。




f0364707_18124089.jpg




f0364707_18131193.jpg




f0364707_18133085.jpg




f0364707_18151256.jpg




f0364707_18153772.jpg


噴火のときに流れてきた溶岩がこのような形状を作ったそうです。
なるほど~。






f0364707_18282705.jpg




f0364707_18290585.jpg


下に降りられる道があったので、降りてみました。




f0364707_18292619.jpg




f0364707_18301401.jpg




f0364707_18302292.jpg




f0364707_18313559.jpg




f0364707_18315815.jpg




f0364707_18322090.jpg




f0364707_18324159.jpg


空は青々としてとても良いお天気でした。
ただ、噴煙の勢いがすごくてあまり長時間は居られない感じ。
早めに降りることに。

ここも、火口のように退避壕が作られていました。
小規模噴火の灰を避けるにはいいかもしれませんね。
(大噴火になったらとてもこの程度では・・・(;^_^A


まだまだ中岳は活発なようです。
早く落ち着くといいですね。


今度は5月に、有名なミヤマキリシマを見に来たいです。



by dawn1225aki | 2019-08-21 19:11 | 熊本

f0364707_21390750.jpg


2019年8月16日。
午後10時に出発して阿蘇、大観峰へ。
到着してから仮眠して日の出を待とう、という計画で熊本へ向かいました。
翌日は晴れの予報。
けれど夜は雲がどんどん出てきて今にも降ってきそうな雰囲気でした。
そんな中、十六夜の月が雲から顔を出したり引っ込めたり。




f0364707_21394613.jpg



大観峰に到着したのは翌17日の0時半頃。
大観峰の駐車場でひと眠りします。



そして翌朝5時。
(日の出は5時39分)





f0364707_21410634.jpg


5時ですが、月が煌々と出ていました。



f0364707_21414459.jpg




f0364707_21420358.jpg


市街は雲が降りています。
雲海の期待もちょっとだけありましたが、この程度の薄さでは無理ですね。




f0364707_21423284.jpg




f0364707_21425061.jpg


明るくなってきましたが、空が焼ける気配はなし。
前回と同じような感じになってきました。
日の出も無理かもしれないなーと思い、移動することに。




f0364707_21443371.jpg




移動したのは蛇の道と言われるくねくね道が見える丘。



f0364707_21454215.jpg


あれが蛇の道です。
~>゜)~~~蛇のようにくねくねしていることから「蛇の道」だそうです。





f0364707_21463133.jpg




f0364707_21463995.jpg




f0364707_21541259.jpg


そうこうしているうちに、空がだんだん赤くなってきました。
あれ?もしかしたら朝焼けかも・・・と期待。

そういえば前回も無理だなーと思って移動した先で朝焼けを見られたのでした。
今回もそのパターンのようです。




f0364707_21542741.jpg




f0364707_21551314.jpg


大好きな電信柱のシルエット。





f0364707_21554063.jpg


すると・・・・


お日様登場!!!





f0364707_21554772.jpg




f0364707_21573540.jpg




f0364707_21580578.jpg




f0364707_21582848.jpg




f0364707_21583679.jpg


無事、日の出が見られました。
iPhoneでの撮影なのでこんな感じですが、実際は御来光がピカーーーッと差してきて眩しいくらいでした。
思わず手を合わせて頭が下がります。

阿蘇は昼間は30度超えますが、夜や朝方は上着があっても寒いくらいです。
けれどさすがに真夏だし、と薄手のパーカーを持ってきていたのですが、やっぱりそれじゃ寒かった・・・
寒暖の差が激しいですね。
御来光が暖かかったです。







by dawn1225aki | 2019-08-18 22:12 | 熊本

f0364707_13383574.jpg


扇棚田の後はすぐ近くの山吹水源へ。

こちらは駐車場から遊歩道をしばらく歩きます。
うっそうとした林の中の小道をてくてく。
木漏れ日が差して散策にはとても気持ちがいいところです。
ただ、曇天や雨降りにはあまり来たくないかな。
雨の日は水辺には近づかないように、と昔から言われていましたからね~。





f0364707_13391458.jpg


ここは自然のままにしてある水源です。
倒木が水に浸かっていてもそのまま手つかずです。




f0364707_13394571.jpg




f0364707_13400565.jpg




f0364707_13402526.jpg


暴れまわっている藤の木。




f0364707_13404623.jpg




f0364707_13410738.jpg




f0364707_13412899.jpg


水源到着。

大きな水音がしてどんどん水が流れていきます。
湧水量は毎分30トン。

澄んだ水はいつ来ても驚きの透明度です。


f0364707_14043589.jpg




f0364707_14050761.jpg


底がこんなに!




f0364707_14052924.jpg




f0364707_14061545.jpg


祠があり、ちゃんとお祀りされています。
水の神様を祀ってあるのでしょうね。




f0364707_14064099.jpg




f0364707_14070716.jpg




f0364707_14074030.jpg




f0364707_13421299.jpg




f0364707_13424337.jpg


遊歩道から周りを眺めながら戻っていると、こんな花が目に留まりました。
シャキーンと屹立しているオレンジのお花。
彼岸花に似ていますが違いますね。
周りにも何本か咲いています。



f0364707_13430350.jpg


花がとても大きいです。
そして花弁が6枚。これは特徴的です。



後で調べてみると「キツネノカミソリ」という名前でした。
変種で「オオキツネノカミソリ」というものもあり、もしかしたらそっちかも。
「リコリス」とも言います。




f0364707_13432101.jpg


木漏れ日が差し込む中、ぽつりぽつりと咲いていました。





f0364707_13434147.jpg


花言葉は「妖艶」

山の中にひっそりと咲いていたら、そう見えるのもわかる気がしますね。









by dawn1225aki | 2019-08-08 14:09 | 熊本

f0364707_16321282.jpg


2019年7月27日。
藤谷神社から次の目的地、扇棚田へ向かう途中の展望所で、阿蘇の田んぼの風景を堪能しました。

一面の緑。




f0364707_16323799.jpg


今回初めての涅槃像です。

それにしてもなんと青々とした田んぼなんでしょう。
初秋くらいの黄色や茶色のパッチワーク風景もいいですが、やっぱりこの時期が一番ですね。



そして向かうは扇棚田。





f0364707_16420163.jpg


水が張ってある風景は今年も残念ながら見られませんでした。
(一度くらい見てみたい~~)
でも緑の棚田もすごくキレイです。



f0364707_16432202.jpg


ポツンと一本だけヒゴタイ。





f0364707_16445361.jpg





f0364707_16452401.jpg


これだけでした。
他には見当たりません。
種がどこからか飛んできたんでしょうか。




f0364707_16455077.jpg


うすーく紫に色づきかけた姿。
これもいいですねぇ。




f0364707_16493160.jpg





f0364707_16501909.jpg


青空も見えて、良かったです。







by dawn1225aki | 2019-08-08 13:14 | 熊本

米塚と草千里展望所 sanpo

f0364707_14563221.jpg


何度見てもとっても可愛い米塚。




f0364707_21161919.jpg


上がぺこんってへこんでいるのは火山の名残り。





f0364707_21164963.jpg


可愛くて何枚も撮ってしまいました。
実はこんなに間近で米塚を見たのは初めて。
今までは草千里の展望所から遠目でしか見たことがありませんでした。
近くで見ると一層、この山の美しさがわかります。
この日は遠くの連山にも雲が良い感じでかかっていて、とっても絵になりました。




f0364707_21172305.jpg


道路を挟んで向かい側に立っているごついお山。
これも上がぺこん。
けれど、震災の爪痕でしょうか、山肌に亀裂が入ったまま、まだ草も生えていない様子。
荒々しい表情に見えています。





f0364707_21193800.jpg


それはそれで勇ましいというか、雄々しいというか。

(道路にもヒビが見えますね。修復済みです)


しっかりと堪能した後は草千里へ。
少し前までの雨で池が2つになっているとのこと。




f0364707_21201622.jpg


この池が2つ目の池でしょうか。





f0364707_21211905.jpg


空が青いので水面がキレイに見えます。

先々週来たときはめっちゃお天気悪くて、馬しか見えなかったなー。





f0364707_21214494.jpg


草千里の反対側の山。
ちょっとラピュタの道っぽい???





f0364707_21221727.jpg


展望所にて。

2つの池を一緒にパチリ。
ぎりぎりですなぁ。





f0364707_21230088.jpg


左を見ると、中岳の噴煙。
かなりたくさん上がっていました。
火山雲になるくらい。
まだまだ落ち着かないですね。





f0364707_21232886.jpg


展望所から見た米塚。
雨の後で空気が澄んでいるからか、割としっかり見えました。





f0364707_21234991.jpg


ズーム!!


iPhoneガンバレ!


おや、意外にいけるんじゃない?




f0364707_21242113.jpg















で、米塚と言ったらこれをやりたくなるんです。











f0364707_21555596.jpg



親しみのわく米塚。
というのも私の愛車に似てるんですよ。




f0364707_23175104.jpg


こんななんで。





f0364707_23203012.jpg



ねっ?









by dawn1225aki | 2019-07-29 23:14 | 熊本

f0364707_22291325.jpg


朝の5時半過ぎくらい。
だんだん明るくなってきました。
この日の日の出は5時24分。
でも雲がかかっていたのでいつお日様が出てきたかがさっぱりわかりません。

かぶと岩展望所から絶景駐車場まで移動して景色を堪能しました。
また違う風景が見えてきます。




f0364707_22293803.jpg


山があると雲の流れが面白いです。
滝雲といって、滝のように雲が降りてくる様子が何だか最近インスタ映えなのだとか(笑)。
これもちょっとそれっぽいです。





f0364707_22301298.jpg





f0364707_22304348.jpg





f0364707_22312012.jpg


カラスの声がカアカアと近くでするので振り返ってみると、すぐそばにいました。




f0364707_22321395.jpg


滝雲!?




f0364707_22325465.jpg





f0364707_22340010.jpg


映えますかね?




f0364707_22354890.jpg





f0364707_22364455.jpg





f0364707_22374598.jpg


背後のカラスがバサバサッと飛び立っていきました。
あ!来る!と思ったので咄嗟にパチリ。




f0364707_22382796.jpg


カラス、ゲットでーす。

もともと黒いので、シルエット加工しなくてもいいのが嬉しい。





f0364707_22402664.jpg


日の出はこんな感じでした。
雲がある方がiPhoneでは撮りやすいです。
快晴でお日様だけがピカーッて出ていると、スマホのニュアンスではうまくいきません。
(私が下手なだけ?)
(カメラ買えって?)


曇りでもいいところはたくさんあるものです。




by dawn1225aki | 2019-07-28 08:48 | 熊本

f0364707_21515019.jpg


夜中0時に出発して阿蘇まで走り、朝日を見る!という朝活(阿蘇活)をやってきました。
日の出までの時間は車中で仮眠。
なかなかハードですが、そんな遊びをよくやっています。

これは2時半頃の眺め。



f0364707_21523004.jpg


夜中なのに明かりがついていてキラキラ綺麗です。
阿蘇の天気予報はあまりよくなく、このときも小さな雨が降っていました。
でも夜景は曇ってても綺麗ですね~。


かぶと岩展望所の駐車場で仮眠。
朝4時半頃にもそもそと起きて展望所まで行きました。
日中はもうどうにかなりそうなほど暑くて暑くて仕方がなかったのですが、夜中から明け方にかけては肌寒いくらい。
さすが山です。
長袖の上着をはおって外へ・・・




f0364707_21550084.jpg


ぼんやりと月。
雲が多くて星はほとんど見えませんでした。




f0364707_21560942.jpg


明るくなってきたので下の様子が見えてきました。




f0364707_21572172.jpg


これを見て雲海を期待したのですが・・・




f0364707_21574717.jpg


残念ながら雲が晴れてきました。




f0364707_21585345.jpg




f0364707_21592048.jpg


お日様が昇ってきたので光が差してきました。




f0364707_21594776.jpg




f0364707_22010209.jpg




f0364707_22013292.jpg




f0364707_22021941.jpg


平地ではすっかり雲が晴れました。



f0364707_22024448.jpg


曇りだったので日の出も見られず、雲海も消えてしまいました。
残念でした。



f0364707_22031165.jpg





by dawn1225aki | 2019-07-27 22:23 | 熊本

秋田最終日

f0364707_11071946.jpg


GWのことだったのに、更新が遅すぎ・・・
もう5月も終わるよ(笑)。

なかなかPCの前に座れません。
(座った途端にすぐ眠くなる)
春眠暁を覚えずですね。
ってもう初夏。



秋田2泊目の夕方。
次は必ず日本海に沈む夕日を見る!と決意した日でした。




f0364707_11080212.jpg


日本海じゃなくてビルの谷間に輝く日の光。





f0364707_11100924.jpg


翌朝。
ゆっくりとホテルをチェックアウトした後、催し物をやっている「エリアなかいち」へ。


美術館や文化交流館、お土産屋さんやなどが入った商業施設です。
広場があり、イベントなどが開催されています。


f0364707_11104299.jpg


狐の像。

与次郎といいます。
佐竹義宣に使えた老狐だとか。

参考までに。
↓↓↓





f0364707_11114944.jpg


広場では、秋田ラーメンフェスタが開催中。

私はラーメンは食べませんが、娘が食べたそうにしていたので、どーする?と聞くとしばらく考えて「やっぱりいい」と。
ホテルの朝食が遅めだったのであまりお腹は空いていなかったようです。

それよりも暑くてついこっちの方に視線が・・・(笑)。




f0364707_11121110.jpg


秋田にはこのあくらビールの他に、田沢湖ビールがあります。
田沢湖ビールは何度も飲んでいるので、こっちのあくらビールを。




f0364707_11125163.jpg


季節限定のオオダテビール、ブラックエール。
黒ビールはコーヒーのようなクセはありますが、香ばしくて私は好きです。




f0364707_11151239.jpg


札幌ラーメン。




f0364707_11152113.jpg





f0364707_11154682.jpg


令和盛り・・・。





f0364707_11170581.jpg


凄いですね。
カニ出汁だって。
その隣は炙り肉盛り。
せっかく丸大豆醤油のラーメンなのに、そんなにお肉盛ったら味がわからなくなりそう。
ラーメン目的なんだか、肉やカニ目的なんだかさっぱりわからない。


でも結局、一番長蛇の列ができていたのは、博多豚骨ラーメンでした。




f0364707_11172551.jpg




f0364707_11174598.jpg





f0364707_11180788.jpg


秋田の3日間、とっても良いお天気でした。



f0364707_11183904.jpg


空港行きのバスに乗る前に、駅ビルのひとつであるアルヴェへ。
多目的ホールは自由に座れるようにテーブルと椅子が置いてあります。
人の少なさにホッと一息。
(秋田市民のほとんどがラーメンフェスタにいるんじゃないの・・・?(娘談)




f0364707_11190542.jpg





f0364707_11193921.jpg


大阪ならわかるけど、何故かこんなところにビリケンさんが!




f0364707_11195941.jpg


時間になったのでバスに乗り、秋田駅とはお別れです。




f0364707_11201965.jpg


この日は5日。
Uターンラッシュの勢いなのか、15分遅れで出発でした。




f0364707_11203977.jpg


機内へ向かう通路からふと外を見ると、鯉のぼりを振ってお見送りしてくれてました!(≧▽≦)




f0364707_11210318.jpg


風、結構吹いていたのに一生懸命振ってくれてました。
あんなに大きな鯉のぼりを。
嬉しかったです。




f0364707_11212582.jpg




f0364707_11220105.jpg


伊丹空港着。




f0364707_11222421.jpg


ここからそのまま新大阪駅へ行き、娘と別れて新幹線で帰宅。
一ヶ月前から切符を取ってて良かった。
とても自由席を争う?気力なし。

こうして5月1日~5日の伊丹~秋田の旅は終わりました。
5日間で歩いた歩数はこちら。




f0364707_11225687.jpg


1日一万歩以上は歩いてます。
秋田ではレンタカーを借りましたが、行ったのが神社とか道の駅の公園とかだったりしたので、ほとんど歩いてました。
夕方駐車場へ入れたらあとは出さずに徒歩でしたし。
地元にいたらこんなに歩かないよな~、と。
やっぱり旅は健康的ですね。





by dawn1225aki | 2019-05-21 11:24 | 秋田

f0364707_10333501.jpg


道の駅てんのうに向かう道路沿いに、海を一望できる展望スペースがあります。
車もゆっくり停められるので、一休みには良い場所です。
ここからサーフィンのために下へ降りていく人もいるようです。
日本海は波が高いから、サーフィンには好都合なんでしょうね。




f0364707_10340592.jpg




f0364707_10343005.jpg


遥か向こうに見えるのは男鹿半島。
時間があれば足を伸ばしたかったけど。





f0364707_10345301.jpg


ということで、昔よく行っていた道の駅てんのうへ。
天王グリーンランドです。
芝生がいっぱいに広がる広い広い公園。
連休だからか、親子連れが大勢遊びに来ていました。

駐車場はほぼ満車。




f0364707_10352399.jpg


道の駅の展望タワーです。

農産物直売所や、お土産屋さん、お食事処などなど、施設がたくさん。
住んでいた頃に比べると随分賑やかになっていました。

ここの天然温泉くららに良く通っていたのです。
塩分を含む塩っぱい温泉です。
鉱石分も含まれていたのかな?
お湯がキラキラしていたような気がします。
四十肩で辛かった時期に通いつめていました。
冬だったので、露天には雪がチラチラと。
当時は雪道でも運転するのが普通だったので、冬場もガンガン出て行っていました。
だって運転しないと仕事行けませんでしたからねぇ。
真逆の地に戻ってきた今は、ちょっと信じられない思いです(笑)。


この日は初夏。




f0364707_10354973.jpg


牛乗り像と呼ばれる銅像。




f0364707_10371460.jpg


八重桜が見頃です。




f0364707_10374604.jpg


橋を渡った先には、伝承館や、古代集落を復元した広場など文化的にも興味深い場所があります。



f0364707_10381340.jpg




f0364707_10383788.jpg


みんな鯉にエサをあげています。
集まってきてますね(笑)。




f0364707_10385946.jpg




f0364707_10391964.jpg




f0364707_10394010.jpg


丸く固まって咲いている桜が可愛くて歓声をあげるほど。



f0364707_10400682.jpg




f0364707_10402885.jpg




f0364707_10405612.jpg


スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治したときのモニュメントです。




f0364707_10411449.jpg


オロチの尻尾から天叢雲剣(草薙剣)を取り出しました。
傍に控えているのはクシナダヒメです。




f0364707_10430530.jpg




f0364707_10432467.jpg




f0364707_10441954.jpg


スサノオの村。


高床式倉庫です。




f0364707_10444097.jpg




f0364707_10445835.jpg


物見櫓。

登れるので登ってみました。




f0364707_10452434.jpg


上は鳥の糞だらけ・・・。

しっかりした造りでしたが、床板の隙間から下がチラッと見えて、その途端、高所恐怖症の娘は手すりにつかまったまま固まってしまいました。

だから登る前「大丈夫?」って聞いたのに。

「下が見えたら怖い・・・」

とそのまま微動だにしない娘。


なので私だけ景色を眺めました(笑)。



f0364707_10454587.jpg




f0364707_10460662.jpg


昔は高い建物などなかったでしょうから、このくらいの高さでも遠くまで見渡せたんでしょうね。




f0364707_10462981.jpg




f0364707_10470727.jpg




f0364707_10472904.jpg




f0364707_10474941.jpg


森の緑がとてもキレイでした。



直売所に寄ってみると、


f0364707_10481783.jpg


スサのん!!\( °▽° )/




f0364707_10484158.jpg


潟上市てんのうのマンホール。
日本海に沈む夕日もモチーフになっています。
ここまで来たのに今回は時間がなくて、海に沈む夕日を見られませんでした。
この次来た時は、リベンジです!



道の駅 てんのう 天王グリーンランド



by dawn1225aki | 2019-05-21 11:06 | 秋田